2017/08/20

旅の思い出 - ホアヒン Hua Hin, Thailand

TM_0505 HuaHin TH_076 

ホアヒンはバンコクから南西に向かって車で約3時間。王室の別荘や静養地があるタイでも由緒あるリゾートです。1911年にバンコクからマレーシアに抜ける鉄道が開通し、その後、主に外国人が保養地として利用していたことで有名になりました。バンコクの南東にある有名な保養地パタヤとは全く異なる雰囲気で、都会の喧噪から離れて静かな時間を過ごすことができます。町中心部に近いビーチは岩が多かったように思いますが、北側には綺麗な砂浜が延々と続いていて浜辺をゆっくり散歩するのが楽しかったです。

私が訪れたのは、もう12年も前のこと。それまでパタヤやプーケットには何度か行ったことがあり、タイのリゾートはどこも艶やかで騒々しいのかなと思ってましたが、ここホアヒンは全く違いました。私が泊まったホテルは、ナイトマーケットなどがある中心部から北側に約4km行ったところで、リゾートならでは、ホテル内にも木々が生い茂り目の前には白砂のビーチが延々と広がっていました。

町までシャトルサービスはありましたが、ほとんどの時間をホテル内で過ごしたように思います。なにしろ、必要なものは全てホテル内に備わっているし、ビーチで寝っ転がって何も考えずに時間を過ごすのがこの上なく楽しかったから。精神的な満足っていうのでしょうか、癒やされましたね。

10年以上も経ったので随分変わったのではないかと思いますが、また時間が取れたら是非行ってみたい場所です。

2005年に撮った写真をいくつか紹介します。Top画像はビーチサイドで毎日いただいたスイカジュース。火照った体を冷やすのには最高の飲み物でした。ほんのり甘くて美味しいし。

タイで最も美しい鉄道駅と言われるホアヒン駅です。駅構内には売店があって駄菓子のようなものを売ってました。列車の本数は多くないので、駅前で客待ちのおじさんも暇そう。バンコクでは見かけなくなった自転車版サムロー、なんか雰囲気よかったです。

TM_0505 HuaHin TH_077  TM_0505 HuaHin TH_078

TM_0505 HuaHin TH_080  TM_0505 HuaHin TH_083

ほとんどの食事はホテル内ですませました。大好物のグリーンカレーとヤムタレー(タイ風シーフードサラダ)そして、海を見ながらビーチサイドで一眠り。

TM_0505 HuaHin TH_021  TM_0505 HuaHin TH_011

TM_0505 HuaHin TH_014  TM_0505 HuaHin TH_041

街中で食べた海鮮は安くてボリュームもり、なかなか美味しかったです。

TM_0505 HuaHin TH_087 

ちなみに、これらの写真は Casio Exilim EX-S3 という超薄型カメラで撮りました。胸ポケットにも入る小型で薄く軽かったので旅行にはいつも持って行ってました。
Exilim_EX-S3.jpg 

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント