2017/08/18

海外でプリペイド SIM を使う - iPhone の設定変更を忘れずに!

私は最近、海外に行くときは Amazonでプリペイド SIMカードを買って使ってます。現地価格に比べると多少高い場合もあるけど、到着後直ぐに使えるメリットの方が大きいです。以前は、Mobile Wifi を空港で借りたこともあるけど結構高い。ソフトバンク iPhone ならアメリカでも日本と同様に追加料金なしで使えてお得です。海外ローミングって滅茶苦茶高いですからね。だいたい一日あたり 3,000円くらい。一週間行けば 20,000円以上の出費になるので痛いです。

使ってる Mobile Wifi は NECの Aterm MR05LN。これ、デュアル SIM スロットなので、日本のSIMと海外のSIMを両方同時に入れておくことができて、海外に着いたら海外SIMに切り換えるだけです。飛行機が着陸したらゲートに着くまでの間にさっと切り換えてます。(一応、電波を発信するデバイスなので離着陸時は OFF)

Aterm MR05LN 

日本での感覚からすると Wifi スピードが遅いと感じるけど、繋がることの方が大事なのであまり気にしません。プリペイドなので通信量制限があります。頻繁に通信するとスピード制限に引っかかります。制限に達すると通信速度が極端に遅くなって、Google Mapもまともに使えない状況になります。私がタイで使ってる SIMの場合、2.5GB / 7 days でだいたい 1,000円前後。現地で買ってもそんなにかわりません。通信量制限があることから、Wifi をバリバリ使ってると痛い目に遭います。YouTubeはもっての外ですが、意外と落とし穴なのは iPhone が勝手に通信すること。

前回の訪タイで、やってしまいました。いつも注意はしてましたが、すっかり忘れてて。 タイについて翌朝、Aterm の通信量を見てみるとなんと1.5GB。一瞬、目を疑い何が起こったのかわかりませんでしたが、原因は iPhone の設定。運悪く、夜中の間に、MSさんの巨大なアプリ三部作が一気の更新されていた上に、前日撮った写真データが全て iCloud にアップロードされてた。

日本に居る時は Wifi は自宅でしか使わないので「Appのバックグラウンド更新」が ON でも困らない、と言うより、勝手に更新してくれるので便利。モバイル通信で大きなファイルを更新しない設定にするのは直ぐに思いつくし簡単ですが、つい忘れがちなのは Wifi 環境下で更新するアプリ。更新しなくても使えなくなるわけじゃないので、忘れないように日本を出る前に OFF にしておいても良いかと思います。海外に着いたら最低限やることは三つ

1) Appのバックグラウンド更新を OFF にする
2) iTunes StoreとApp Storeの設定で全部 OFF にする
3) 写真とカメラ設定で マイフォトストリーム を OFF にする

※ iCloud フォトライブラリを使っている場合、これを OFF にするとデータが消えてなくなります。ON にした時、再度 iCloud からダウンロードして再構築するので膨大な通信が発生します。私はこの中途半端な iCloudフォトライブラリは OFF にして使っていません。マイフォトストリームも同様ですが、これは別に無くても困りません。iPhone で撮った写真はカメラロールに入っているので。

IMG_2544.jpg   IMG_2543.jpg

モバイルデータ通信の設定の通信オプションでローミングの設定もありますが、これは普段から OFF にしていて何の不都合もありません。これが ON だったら、海外で電波拾うと勝手に通信されて高額な海外ローミング代がかかります。通信オプションのローミング設定は常に OFF

IMG_2541.jpg 

これで安心して海外 SIM が使えます。

経験上、YouTubeなど動画を再生しない限り、Google Map を頻繁に使ったり、Webで画像の多い観光サイトを見る程度なら、一日で 多くても 200~300 MB くらいかな。一週間で 1.5GBはちょっと心許ないけど、2.5GBあれば多少余裕なんじゃないでしょうか。海外ローミングに比べると安いので、予備としてもう一枚 SIM を買っておけば安心です。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント