2017/08/12

iOS 11 で変わる iPad - PCの代わりになる?

ios11dock-640.jpg 

iOS 11はこの秋に登場しますが、数々の新機能の中で一番注目しているのが Filesアプリ、iPadのDock、そして Drag & Dropです。これにより、iPadをよりPCライクに使えるようになるのではと期待しています。iOS 10 ではほとんど無視されていた iPad なので、今回のバージョンアップで Apple製品の中での iPadの位置づけが明確になるのではないでしょうか。じり貧続きだった iPadの売上も上半期は久しぶりに増加したようですし、タイミングとして良い感じかな。

まずは、画像のような見栄え。これって、まさに iOS と macOS を合体したような感じです。これまでの Dock は Home 画面からしかアクセスできなかったのが、iOS 11 ではいつでもスワイプして呼び出せます。しかも、Dock に入れられる App もご覧の通り(iOS 10 では6個までだったかな)。画面をスプリットしたマルチタスキングではアプリを3個まで表示できます。それぞれのウィンドウサイズを変更するのも簡単です。アプリの立ち上げも簡単、画面下からスワイプして Dock を表示し、アプリアイコンをドラッグするだけです。アプリの切替はコントロールセンターからできます。

iOS11dock 2-640   iOS11dock 3-640

マルチ画面表示できるので、画像やテキストなどを Drag & Drop でコピーするのは簡単です。写真やファイルをメールに添付するときも、アプリから呼び出すのではなくて Drag & Drop できると便利ですね。macOS と同じ感覚で操作できるのは有り難い。

これ以外にも重要な特徴があります。これまで Apple Pencil は限られたアプリでのみしか有効に使えなかったのが、iOS 11 では様々なアプリで使えるようになります。PDFにマークアップ(Instant Markup)したり手書きノート(Inline Drawing & Instant Notes)をメールに添付したり、使える場面は格段と増えるとのことです。

ファイル管理については iPhone と共通で、iCloud Driveアプリは無くなり PCライクは Filesアプリになります。iCloud だけでなく、Dropbox, One Drive, Google Drive などのサードパーティー Cloud もシームレスに管理できるようです。

このように、iOS 11 on iPad は、iOS と macOS のいいとこ取りした感じです。もちろん、まだ macOS にしかできないことはあるでしょうが、MacBookを脅かす存在になることは間違いなさそうですね。鍵はアプリ側の対応ってところでしょうか。デベロッパーさん、期待してます。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。

★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです