2017/08/09

今秋、Appleは新製品ラッシュ?

iOS iPhone iPad 

Macファンにとっては嬉しくもあり悲しくも・・・複雑な心境ですね。今年の前半には廉価版iPadに加えて10.5-inch iPad Proが発売になりました。うちの初代iPad Pro 9.7-inchがiOSの更新と共に突然亡くなったこともあり、10.5-inch iPad Proを購入する羽目になりました。これはこれで驚くほど快適で満足してますが。

さて、6月のWWDC Special Eventでは、例年通りOSのアップデートに加えてiMac ProHomePodを年内販売開始するが発表されました。もちろん、iOSバージョンアップに併せて新iPhoneが登場するのは恒例のこと。ネット上では、iPhone 7s だの iPhone 8 のウワサが飛び交っています。またLTE対応AppleWatchが出るのでは・・という話もあり、時期はともかく現実的な情報でしょう。OSの更新に関しては、macOS high sierraiOS11, Watch OS4, tvOS11のpublic beta versionの発表が相次いでいて、開発は順調に進んでいることをうかがわせます。

    Roundup: Here’s everything Apple will release before the end of 2017 (9to5mac)


でも、私が注目しているのは・・・・たったの 2点 (笑)

一つは Apple TV  これはもう噂では無く、4K対応Apple TVがでるのはほぼ確実でしょう。iMac, iPhone, iPadをAirPlayで4Kテレビに繋ぐためには必須のデバイスです。iPhone 7 plusで撮った4Kムービーや、4Kカメラで撮ったムービーをiMacで編集し、そして4Kテレビに移す。そんな当たり前(?)の流れがいままで出来なかった訳なので、4K Apple TVは我が家にとって一番重要なハードウェアなのです。動画だけではありません、写真も解像度が上がるので綺麗になるのは間違いありません。

もう一つは、iOS11のファイルアプリ。iPadをPC的に使えるようにならないかなぁ・・・という期待。これはOSだけでは解決できなくて、iOSアプリ自体も改良されていかないとPC代わりに使っていくのは困難かもしれません。現状、旅行に行くときにはMac BookとiPadを両方持っていってます。ネットブラウジングやメール、簡単なフォトレタッチや動画編集などはiPadだけでもできます。が、ネックはiPad上のファイルに直接アクセスできないこと。いくつかのアプリではiPad上のファイルを開くことも、添付することも、そして参照することすらできません。これらが改善されれば、Mac Bookはいらなくなるかなぁ・・・と考えてます。もちろん、自宅には母艦としてiMacがあること前提ですけど。

気になる点もいくつか。動画にしろ画像にしろ新しいフォーマットが採用されます。Appleの言い分は、動画はHEVC (H.265) 採用により40%も圧縮効率が上がるとのこと。これはまぁ業界標準規格だし、従来のH.264とも互換性があるので歓迎です。が、画像フォーマット HEIF の方はどうなのでしょうか、まだ良くわかりません。同じ画質で圧縮率が50% upって凄いとは思うけど、JPGなど従来の標準フォーマットとの互換性が少し気になります。Googleも新フォーマットWebPとか言ってるわけで機種依存性が高まるのは有り難くないです。もちろん、どちらも現状を見てのことなのでJPGなりPNGに変換してシェアするのは容易なようですけどね。

Apple TV で4K  これを実現する上で重要なのが AirPlay です。動画や画像の圧縮効率を上げることは 4Kや将来の8Kに向けて必須となる技術であることは疑いようがありません。実は、Appleさん、FaceTimeでは転送効率を考えてHEVCを既に使ってるんです。
関連記事

コメント

非公開コメント