2014/11/16

Previewアプリを使って JPG画像から背景を透明にして PNG画像を作る

pngファイルフォーマットの特徴は、jpgと違って透過色を指定できること。
jpgだと背景色があるので、画像を重ねたときに枠ごと表示されてしまいます。
でも、pngだと、対象物のみを残して背景を透明にして表示することができます。

左図がJPGファイルで、右図がPNGファイルを重ねたものです。

   141116 JPG_PNG  

ICON作りにはpngファイルの方が良いのがわかりますね。

ただ、jpgよりpngの方が全て良いというわけではありません。背景を透過にする必要が無い写真などでは、jpgの方が圧縮率が高くより小さいファイルを作ることができます。 

Mac標準アプリの Preview を使って pngファイルを作る方法を紹介します。
Previewは単に写真などの画像を表示するためだけのアプリではありません。色調整、文字追加など簡単な編集もできるし、画像のフォーマットを変更することも、そして何より便利なのは透明色を指定して png ファイルを作成できること。 

 まず、背景を透過したい.jpgファイルを Preview で開きます。
Preview の表示 > マークアップツールバーを表示します。
『インスタントアルファ』(左から二番目のツール)を選択して、透過したい背景部分をクリック&ドラッグ。ドラッグする程度で透過する範囲を自由に調節することができます。
選択部分が破線で表示されるので、deleteキーを押して削除します。
PNGに変換するかどうか確認ウィンドウが表示されます。
変換をクリックすると、元の画像が .png に変換されます。

141116 JPG_PNG141116_アラート 

Preview には、これ以外にもアプリのアイコンファイルを開いて書き出すなど優れた機能があります。 




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。

  関連したランキングページに移動します。









★ ご協力有り難うございます。
関連記事

コメント

非公開コメント