2011/08/08

ライオンの調教

Version番号は0.1も上がってないけれど、Lionはひと味違う。
不具合もまだまだあるし、PowerPC互換環境がなくなって使えないソフトも出てきた。

致命的なダメージを受けたアプリは、
1. MacTheRipper 266 : ICONに禁止マークがべっとり張られて起動不可。
Macでは数少ないDVD Rippingソフトだっただけに使えなくなり残念。
MacTheRipperX.jpg

2. Constrictor : 起動するので一見動作しているように思えたが、クリップボードにコピーした画像は乱れて全く機能してない。長らく愛用してきた画面キャプチャソフトです。古いアプリですが、動画画面をそのままカシャッと取ることができる優れものでした。

3. Shupapan 5.9.0.5 : 予期せぬエラーとのことで全く起動しません。Renameアプリは色々ありますが、使いやすいソフトでした。今年になってからもUpdateされているので、Lion対応版がリリースされることを期待しています。

Shupapan.jpg


決定的に使えなかったのはこれらのアプリですが、早々にUpdateされて使えるようになったものもあります。
Default Folder X は、即Updateされて使えるようになりました。感謝ですね。

DVD Rippingは、Win7/VMware Fusionの助けを得てWinアプリを動かしています。
画面キャプチャは、システム標準装備の機能を使っているが、やはりちょっと面倒くさい。
ファイル名変換は、NameChangerというアプリに代えましたが、慣れるのにちょっと手間取ったかなぁ。


ま、こんな感じで、ぼちぼちと気まぐれに書き込みしていきます。
関連記事

コメント

非公開コメント