fc2ブログ
2020/01/29

ラックムアン Lak Mueang / City Pillar Shrine, Phitsanulok(街の守護神)

TMH_SNA07649R2.jpg

ラックムアン Lak Mueang (City Pillar Shrine) は、新しく街を造る際に繁栄を祈願して最初に建てる柱で、街の守護神として祀るものです。古代インド宗教バラモン教の「新しい町を作るときに礎となる柱を建造して繁栄を祈願する」という考えに基づいていると言われています。現在、タイの県庁所在地や大きな都市などのほとんどで建てられていますが、多くは現王朝時代になってから造られたもののようです。

ラックムアンとして守護神の柱を建てる風習がいつ頃から始まったのはわかりませんが、少なくとも現タイ国の起源とされるスコータイ王国時代、13世紀頃には始まっていました。スコータイ旧市街やシーサッチャナライ、カンペーンペットにもラックムアンは残されています。いずれのラックムアンも王宮のすぐ近くにあります。

※ チェンマイやピーマイ遺跡にもラックムアンはありますが、スコータイ王朝期のものとは “守護神” の形が異なり “柱” とは言い難い

TMH_SNA07454R.jpg
スコータイ旧市街ワット・マハータートそばにあるラックムアン

TMH_SNA02692R2.jpg
シーサッチャナライの宮殿跡脇にあるラックムアン

TMH_SNA02841R2.jpg
カンペーンペットのワット・プラケーオ隣にあるラックムアン

ピッサヌロークのラックムアンはナレースワン橋の西側、 Chan Palace の南側の城壁内にあります。見るからに新しい建物なので近年になって建造されたのは間違いありません。ですが、現在のピッサヌロークの街の発展を考えると、この場所が起点になっていたとしても不思議ではありません。

ソンクエー Song Khwae(元ピッサヌローク)の街は元々クメール人が造ったと言われています。スコータイ王国のリタイ王(1347 - 1368)が現在の場所に街を移動して、ワット・プラシーラッタナマハタートなどの寺院を建立しました。もしもその時に Chan Palace (あるいは類似の王宮)を造ったとするなら、その時代にラックムアンも現在の場所に造られたとしてもおかしくはありません。

Chan Palace Historical Center に掲示されている説明では、Chan Palace はインタララーチャー1世(1409 - 1424)が後の国王である自分の息子をピッサヌローク(当時のナーン川西側チャイナート Chainat)に住まわせる為、あるいはトロイローカナート王(1448 - 1488)がアユタヤ王国の都をピッサヌロークに移す時に造ったと書かれています。前者はチャイナートの街を造る際に、後者はピッサヌロークを王都として整備する際にラックムアンを建てたとも考えられます。

現在のラックムアンは少し土を盛った小高い上に造られています。案内板によると 1996年に建てられたもののようです。

TMH_SNA07645R.jpg

入口階段にはナレースワン大王の象徴である大きな闘鶏の置物が置かれており、建物周辺にも数多くの置物が置かれていました。

TMH_SNA07641R.jpgTMH_SNA07643R.jpg

最後に、こちらがラックムアン本体です。柱の周囲には金箔が貼られ、高さは3.29mもあってかなり大きな物です。

TMH_SNA07648R2.jpg

タイで初めての街に行くときはラックムアンを最初に探します。そこが街の発祥地であると思うと、何だか歴史を感じることができます。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2020/01/27

ワット・ウィハーントーン Wat Wihan Thong, Phitsanulok - プラ・アッタロットを祀る寺院

TMH_SNA07670R.jpg

Chan Royal Palace Historical Center を挟んで Chan Palace の南側にワット・ウィハーントーンはあります。ピッサヌロークでは遺跡を含む現役寺院が多いのですが、この辺りは遺跡だけが残っています。町の中心がナーン川の東側だったので、西側の Chan Palace 付近一帯は近年になるまで忘れ去られて遺跡だけが残っているのです。

建立された時期は正確にはわかっておらず、案内板には建築様式などから考えて14世紀から15世紀と記されているだけです。14世紀とするなら、建立したのはスコータイ王国の都をソーンクウェー(Song Khwae, 現ピッサヌローク)に移した リタイ王(1347 - 1368)でしょう。彼は1362年から7年間、ソーンクウェーに滞在していたので、その間に造ったのではないかと思われます。15世紀説をとるならば、1463年にアユタヤ王国の都を一時的にピッサヌロークに移した第8代トロイローカナート王(Borommatrailokkanat, 1448 - 1488)の時代かもしれません。

Chan Palace はリタイ王が造ったとする説が強いので、ワット・ウィハーントーンも同時期に王宮寺院として建立されたと考えるのが自然です。しかし、Chan Palaceの建設がトロイローカナート王の手によるとするならばワット・ウィハーントーンも15世紀に建立されたと考えられます。ただ、礼拝堂に祀られていたプラ・アッタロット仏立像はスコータイ王朝時代に鋳造されたと考えられているので、リタイ王の時代から100年も経っているのは説明が難しい。

Wat Wihan Thong の Wihan は礼拝堂、Thong は黄金を意味します。直訳すると黄金の礼拝堂の寺院になります。ブロンズの仏立像は黄金色に輝いていたと思われるので、それを祀る礼拝堂がある寺院と言う事でしょう。同名の寺院はスコータイやアユタヤなど各地にあります。

TMH_SNA07671R.jpg

さて、ワット・ウィハーントーンで最も有名なのは、ワット・プラシーラッタナマハタートにあるようなプラ・アッタロット仏立像です。つなぎ合わせること無く鋳造されたブロンズ像の高さは10mにも及ぶそうで、当時としては最大級の仏像だったと思われます。現在その姿はワット・サケートで見ることができます。ちなみに、この仏立像の正式名称は Phra Attharot Srisukot Thossaphonyabophit と言うそうです。ワット・プラシーラッタナマハタートの物とは異なります。

入口から入ると、まず目に付くのが礼拝堂跡と巨大なプラ・アッタロット仏立像です。実はこれ、2013年に造られた物で、背中側は鉄骨でガッチリ固定されています。この大きな仏像が祀られていた礼拝堂なので相当大きな建物であったのだろうと想像できます。

TMH_SNA07672R2.jpg
TMH_SNA07676R.jpg

そして、寺院の象徴とも言える大きな仏塔・・・跡。

TMH_SNA07687R.jpg

ここにはワット・プラシーラッタナマハタートでも見られるトウモロコシ型をしたクメール様式の立派な仏塔があったと考えられています。Chan Royal Palace Historical Center にその想像図がありました。

TMH_SNA07727R2.jpg

そして、礼拝堂と並ぶように建てられていた本堂。入口は東側を向いています。

TMH_SNA07683R.jpg

スコータイ歴史公園を見て回った後なので、規模的には目新しさを感じられませんでしたが、特筆すべきは柱の太さです。明らかに、スコータイ歴史公園にあった寺院遺跡のものよりも太いと思います。つまり、建築技術が進歩してより大きな建物が建てられていたのだろうと思われました。

Chan Royal Palace Historical Center にあった寺院全体像の模型です。こじんまりとした敷地内に仏塔 Prang、礼拝堂 Viharn、本堂 Ubosot、そして東屋 Sala が整然と配置されていたのがわかります。

TMH_SNA07725R.jpg

ワット・ウィハーントーンの直ぐ億には別の寺院遺跡もあります。同時期かそれ以前に建立された物だと言われています。Chan Palace を含め、この辺りはまだ発掘調査と復元が進められているので数年後には様子が変わっているかもしれません。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2020/01/24

ワット・ナンパヤー Wat Nang Phaya, Phitsanulok(女王の寺院) - タイのお守りプラクルアンで有名な寺院

TMH_SNA07825R.jpg

ワット・プラシーラッタナマハタート(ワット・ヤイ)から道を挟んですぐ隣にあるのがワット・ナンパヤーです。寺院名からもわかるように女王ゆかりの由緒ある古い寺院なのですが、ワット・ヤイと比較すると寺院敷地も狭くどうしても見劣りします。境内は駐車場と化していて、参拝客や観光客が訪れるのは礼拝堂 Viharn の周りだけです。とは言え、美しい礼拝堂の建物、そして豪華な内装と仏像があり参拝客は絶えません。

ワット・ナンパヤーは、タイ人なら知らない人はいないと言ってよいほど有名な寺院です。正確には、その名が知られているのは寺院の歴史そのものでは無くて、この寺院で発見されたタイのお守り「プラクルアン Phra Kruang」です。プラクルアンとは、タイの人がよく首からぶら下げている仏像を象った小さなペンダントのようなお守り(魔除け)です。以前、テレビでも放送されていましたが、高価な物は億単位の価値があるのだそうです。

有名なのはベンジャパーキー Benjapakee と言われる5種類のプラクルアンのセットで、全て本物ならとてつもない値段になるそうで、とてもジャラジャラと首からぶら下げられるような代物ではありません。ワット・ナンパヤーで発見されたプラ Phra はそのうちの一つです。ベンジャパーキーはプラソムデット、プラナンパヤー、プラロート、プラポンスパン、プラソンゴールで構成された五種類のプラです。

Benjapakee.jpg

プラ・ナンパヤーは1901年にラーマ5世がこの寺院を訪問するにあたり境内を整備していたところ、壊れた仏塔の下から数多く発見されました。製造されたのはアユタヤ王朝第17代国王サンペット1世(Sanphet I, 1569 - 1590)の時代1570年頃と考えられています。当時のアユタヤ王朝は1564年にビルマ軍に敗れて以降ビルマの属国になっていました。元のピッサヌローク領主であったサンペット1世(Maha Thammaracha)を中心として独立戦争が始まり、1584年にアユタヤ王国をビルマから奪還しました。その頃、ビルマ軍との戦勝を祈念してプラが仏塔に奉納されたと言われています。

さて、ワット・ナンパヤーについて建立年は諸説あるようです。アユタヤ王国の都をピッサヌロークに移した第8代トロイローカナート王が建立したと書かれている記事や、サンペット1世の王妃ウィスッカサトリー(Wisutkasattri)によって建設されたと書かれたものもあります。戦下で崩壊した寺院を王妃が修復したということかも知れませんが、「女王の寺院」と名付けられていることからしてウィスッカサトリー王妃が関わっていることは間違いないのでしょう。ちなみに、この王妃はナレースワン大王の母にあたります。

正面入口の目の前に周囲を回廊で囲まれた礼拝堂 Viharn があります。入口前には仏像があり、参拝客はその仏像に次々と金箔を張り付けていました。

TMH_SNA07827R.jpg

礼拝堂内部の壁には仏陀の生涯を描いた絵でしょうか、数多く描かれており、一番奥に大きな仏像が。。。あれ?っと思うはずです、パッと見た目はワット・プラシーラッタナマハタートのチンナラート仏とそっくりなのです。よく見ると顔の表情は異なっており、こちらの仏像の方が少し頬がふっくらとして若い感じに見えます。😊

TMH_SNA07828R.jpg

礼拝堂外壁も綺麗に装飾されています。そして古そうな仏像が置かれており、奥の方には仏塔もありました。

TMH_SNA07831R.jpg

回廊だった場所にも鮮やかな絵が描かれており一見の価値はあります。

TMH_SNA07830R.jpg

私は初めての場所を訪れるとき、ほとんど下調べをせずに見て回ります。その場所で見たままの印象を大切にしたい・・・と言うと綺麗事になりますが、後で写真の整理をしていると撮り逃した場所や物が必ずあるのです。この寺院の場合も先を急いでいたこともあり、礼拝堂裏手の仏塔や回廊に置かれているであろう仏像などを見て回りませんでした。それらは次回訪問の機会があれば、その時の宿題とします。

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2020/01/23

ワット・ラチャブーラナ Wat Ratchaburana, Phitsanulok - 築600年以上の仏塔が有名な寺院

TMH_SNA07852R.jpg

ワット・ラチャブーナラには、ピッサヌロークがアユタヤ王朝の都であった時代から残っている唯一の古い仏塔があります。1463年、アユタヤ王朝第8代王トロイローカナート王(Somdet Phra Borommatrailokkanat, 1431 - 1488)は、ピッサヌロークに遷都して新たな寺院を建立し、既存の古い寺院の修復を行いました。ワット・ラチャブーナラはその時代に建立されたとの記述もみられますが、“Ratchaburana” (royal renovation) と言う寺院名からすると、スコータイ王朝時代に建立され、スコータイ王国のリタイ王やアユタヤ王国のトロイローカナート王により修復されたと思われます。同名の寺院はアユタヤやバンコクにもあります。

場所はワット・プラシーラッタナマハタートから大通りを挟んですぐ南側です。通りから入ると、直ぐ目の前に現れるのが真新しく美しいモンドップです。

TMH_SNA07840R.jpg

内部には仏塔のようなものが祀られており、壁一面に美しい絵画が描かれています。

TMH_SNA07843R2.jpg

礼拝堂近くの大木前には大きな法輪が置かれています。法輪とは「車輪が転がるように仏陀の教えが広まることを意味する」とのことで、主に古代タイのドヴァーラヴァティー国で広く作成され祀られてきました。

TMH_SNA07849R.jpg

法輪の後ろに見えるのが礼拝堂 Viharn で、この東側に有名な大きな仏塔があります。レンガ造りの土台の上に仏塔が建っているような形です。形だけ見るとバンコクにあるワット・サケートのプーカオトーン(黄金の山)のようですが規模は全く違います。写真の右に見えるのは鐘楼 Ho Rakhang です。数年前の写真では朽ち果てそうな姿だったのですが、最近、修復されたのでしょう。

TMH_SNA07851R.jpg

礼拝堂 Viharn も比較的新しい建物です。

TMH_SNA07855R.jpg

礼拝堂の北側(写真では右側)には古い小ぶりの仏塔が残っています。

TMH_SNA07859R.jpg

礼拝堂内部はかなり暗くなっており、仏像だけがライトアップされて幻想的な雰囲気でした。

TMH_SNA07856R.jpg

結界石を探して本堂を目指しました。本堂は入口から入って直ぐ右側、木々で覆われていたため気がつきませんでした。礼拝堂から見ると東側になります。本堂に行く前に、大木の前に変わった仏像がいくつも祀られていました。

TMH_SNA07860R.jpg

本堂の周りには結界石が置かれていました。建物外観には何の装飾もありません。

TMH_SNA07864R2.jpg

写真に見られる本堂の入口は西側を向いています。ここを入ると直ぐにご本尊様の裏手に出ます。つまり、本堂の本来の入口は東側にあるわけで、仏像も東を向いています。ですが、本堂の東側は直ぐに大通りになっています。おそらく、大通りができる前までは本堂前にも寺院の敷地が広がっていたのでしょう。

本堂内は、礼拝堂とは異なり外の明かりが入って明るく作られていました。大きな仏像とその後ろに小さな仏像が祀られていました。ご本尊様の後ろに大きな仏像が祀られているのは他の寺院で見たことがありますが、ここでは小さな仏像は大きな仏像に隠れて全く見えません。

TMH_SNA07869R.jpg

そして、この寺院でもう一つ価値があるのは本堂の壁に描かれた古い絵画です。礼拝堂にも描かれていたらしいのですが、暗くてほとんど見えませんでした。

TMH_SNA07867R.jpg

ナン川添いの道路側にも入口があります。通りから見た仏塔は次の通り。バイクに乗った人や車から、仏塔の大きさがわかります。

TMH_SNA07875R.jpg

古い仏塔が有名なこの寺院ですが、本堂も仏像も見所は多いです。ワット・プラシーラッタナマハタートからは歩いて直ぐなのでお見逃し無く。😊




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2020/01/22

ワット・チュラーマニー Wat Chula Manee, Phitsanulok(天国の仏塔) - クメール様式の古い塔堂 Prang がある寺院

TMH_SNA08027R.jpg

ワット・チュラーマニーはピッサヌロークで最も古い現存する寺院だと言われています。ピッサヌロークがまだソーンクウェー Song Khwae(二つの川の町)と呼ばれ、現在より8km程南西に町が広がっていた時代、その中心部にあったのがワット・チュラーマニーです。1465年、アユタヤ王朝第8代トロイローカナート王(Borommatrailokkanat, 1448 - 1488)が礼拝堂を建て、2,348名もの僧侶を連れて8ヶ月と15日間も修行を行った寺院として有名です。

寺院の建立はスコータイ王朝第6代リタイ王(Li Thai, 1347 - 1368)の時代との記述がありますが、寺院の中心的存在とも言える塔堂 Prang がクメール様式であることから、その前からこの地にはクメール人の寺院があったのではないかと思われます。ちなみに、市街地を現在の場所に移したのはリタイ王です。

TMH_SNA07980R.jpg

建物の配置は次写真のようになっており、本堂 Ubosot と隣の礼拝堂 Viharn は遺跡の上に屋根がつけられています。

Wat Chula Manee location

塔堂 Prang の入口は東側にあって中に入ることができます。塔堂なので、元々は写真左側の部分にはスコータイ歴史公園にあるワット・シーサワイーの様なトウモロコシ型の塔が建っていたのですが、現在は崩れ落ちて天井が開いたままになっています。塔堂内部には小さな仏像が祀られていました。

TMH_SNA07984R.jpg

塔堂の外壁には白鳥や花などの細かい装飾が施されています。ワット・シーサワイーの塔堂装飾は少々おどろおどろしい感じがしましたが、こちらの装飾は平和的です。

TMH_SNA07987R.jpg

次は昔の本堂 Ubosot です。結界石が残されているので本堂であったことがわかります。現在は屋根が取り付けられていて、本堂内も綺麗にタイル張りされています。

TMH_SNA07993R.jpg

中に入ることはできませんでしたが、本堂奥にはご本尊様? Luang Pho Khao という仏像が祀られていました。タイル張りの床を見ると、ラテライトでできた支柱の一部が露出しているのがわかります。

TMH_SNA07995R.jpg

隣の礼拝堂には Luang Pho Luang と呼ばれる黄色く塗られた珍しい仏像と真っ黒な仏像(Luang Pho Dam ?)が祀られていて、どちらも由緒あるものだそうです。

TMH_SNA07997R2.jpg

塔堂の東側にも礼拝堂があります。ワット・チュラーマニーで特徴的なのは、遺跡の外壁を残したまま、その上に少し小ぶりの新しい礼拝堂が建てられている点です。こんな遺跡・寺院は見たことありません。

TMH_SNA07999R.jpg

東側正面から見ると元の礼拝堂の大きさが良くわかります。そして内部には Luang Pho Phet と呼ばれる穏やかな表情をした仏像が祀られています。

TMH_SNA08007R.jpgTMH_SNA08003R2.jpg

この礼拝堂の隣にはモンドップ(仏堂)があります。

TMH_SNA08009R.jpg

入口は東側を向いていますが、裏手(西側)にはアユタヤ王朝第27代ナライ王(1656 - 1688)が書いたと言われる石碑がガラスで覆われた小さな出窓のような部分に残されています。

TMH_SNA08000R.jpg

そして、塔堂内部にはナライ王が作らせたと言われる仏陀の足跡が残されています。写真の下の方に少しだけ見えるのが足跡の一部です。(下調べができてなくて、全体写真はありません。言われないと価値がわからないようなもの・・かも)ちなみに、写真内の緑の掲示板には「仏陀の足跡の呪文」と書かれているようです(Google翻訳)

TMH_SNA08002R.jpg

最後は現在の本堂。元寺院の東側、通り沿いに本堂はあります。この建物を見ただけでは古さは全く感じません。本堂は東側を向いていて、十字構造の建物なので南側にも入口があってドアが開いていました。東側正面には真新しい結界石があり、その模様から王室ゆかりの寺院であることがわかるのだそうです。

TMH_SNA08020R.jpg

現在のご本尊様はこちら。壁に描かれた絵もなくて、かなりシンプルな感じがしました。

市街地から離れているので、タイ寺院に全く興味がない観光客は訪れる意味はないかもしれません。ピッサヌロークの歴史を知る上では必ず登場する寺院です。時間に余裕があるなら是非訪れてみることをお勧めします。



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。