fc2ブログ
2019/10/29

【門司港散策】清滝の路地を歩く(2)

TMH_SNA06964R.jpg

門司港は坂の町です。子供の頃は気にもしなかったのに、この年になって町を散策してみると、こんなにも坂道が多かったのかと驚かされます。😅 門司港が繁栄していた大正から昭和にかけて、花街の中心だったのが清滝界隈です。多くの料亭があったそうで、その代表格が三宜楼です。三宜楼は栄町銀天街の桟橋通側から少し坂を登ったところにあります。

清滝には古い路地がまだ残っています。車や重機も通れない狭い路地の先に民家があり、昔の人はどうやって家を建てたのだろうかと不思議に思えるほどです。その狭い路地と坂のおかげで再開発を免れ今なお昔のままの姿を残しているのでしょう。

清滝の路地は何度も散策しています(清滝の路地を歩く)。清年神社に行くのも路地散策になるのですが、今回は坂の一番上にある “とある方” のお宅外観を見たくて登ることにしました。清滝の路地の先にある少し変わった建物ということで、ネットでも何度か見かけたことがあります。私も何度か探したのですが雑草と蜘蛛の巣に阻まれて行き着くことが出来ませんでした。グリシェンカフェの方に聞くと、場所的には間違いないとのこと。きっと、あの蜘蛛の巣の先にお宅はあるのだろう・・

TMH_清滝の路地01

出発地点は「むつみ関門荘」前の路地。路地まで正確に記載されてる Yahoo地図にコースを記します。むつみ関門荘の坂を登って左折、そして直ぐに右折して坂道が始まります。直ぐに見えてくるのは赤煉瓦の塀で囲まれた民家。その前にも家があったのでしょうが、更地にされ草が生えた広場になっています。この写真の真ん中の家が「路地裏ギャラリー(週末のみオープン)」になっています。

TMH_SNA06966R.jpg

先を更に真っ直ぐ進むと、イイ感じの坂道の路地が続きます。

TMH_SNA06486R.jpgTMH_SNA06487R.jpg

その先で道は二股に分かれます。この辺りに家を建てるためには石垣は欠かせません。まるで城の城壁をのような立派な石垣は見逃せません。

TMH_SNA06491R.jpg

この角を道なりに真っ直ぐ進むと一番奥には民家があって行き止まりです。既に取り壊されて整地された民家跡もいくつかありました。

TMH_SNA06490R.jpg

かなり登ってきた感覚で、この辺りで下を見下ろすと関門橋と門司港レトロの町並みを見ることができます。車も通れない坂上に家があると上り下りは大変ですが、こういった景色を毎日みられるなんて、ちょっと贅沢な感じもしました。

TMH_SNA06492R.jpg

お目当てのお宅は先ほどの二股を右に曲がって清年神社に抜ける道にあります。道を曲がったところまでは何度か来たことありますが、その先に入るのは今回が初めてでした。

TMH_SNA06494R.jpg

道が先に続いているのはわかっても、目的無くしてなかなか先に入ってみようとは思えない雰囲気。この角のお宅も既に空き家になってる感じでした。蜘蛛の巣を払いながら少し先に進んでみると・・・

臆病者な私は、猪とか小動物、蛇などが出てくるのではないかと恐る恐る先に進んだわけですが、この道の先にお目当てのお宅を発見、無事に外観を拝見することが出来ました。多分、季節によっては木々や草が生い茂ってなく散策路として安全な場所だと思います。

TMH_SNA06983R.jpg

グリシェンカフェのママは「タイルの家」と呼んでるそうで、明らかに普通の民家ではありません。タイルと言えば昔のカフェ(喫茶店では無い)を思い浮かべますが、カフェの典型的な構造とは異なります。2階の丸い窓や、窓越しに見える内部のふすまの装飾などからすると、元々は料亭だったのでは・・・と想像しています。建物の周りは枯れ葉などが散財して荒れ果ててるようにもみえましたが、入口の明かりは付いていたので、まだ使われてる家なのだとわかります。

もう少し路地を進んで上から見てみると、枯れ葉が積もって人通りが無いのがわかる小路の先に見える「タイルの家」もなかなか趣があって良い。

TMH_SNA06987R.jpg

更に上の方はこんな感じで、登って行くには少々勇気がいりました。蜘蛛の巣が張りめぐらされてて、ここで断念。この先、20~30m進むと清年神社に出ることが出来ます。

TMH_SNA06982R.jpg

TMH_SNA06992R.jpg

お宅の前には朽ち果てそうな門構えだけが残っています。1970年のゼンリン住宅地図を見てみると、ここには北辰という会社の寮があったようです。現在、門の内側には何も建物は残って無く草木が生い茂っていました。数十年間も放置されたままだと草木が生え放題で森に戻る・・・まさにそんな感じだと思いました。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/10/28

【門司港散策】大正時代創業のカステラの三玉家、門司銘菓・与次兵衛

TMH_SNA07073R.jpg

鎮西橋から老松公園方面に少し入ったところに、大正10年(1921年)創業の菓子店「三玉家」はあります。この通り、何度も通っているのに店の存在に全く気がつきませんでした。門司港が栄えてた頃は通りには店も沢山あり賑わっていたのでしょうが、現在は開いてる店を探す方が難しいくらい。😅

店主は3代目だと話されていたと思います。以前、菓子折に入れてた昔のしおりを見せて頂きましたが、それによると、創業者は長崎でカステラ作りの修行をして、この地に店を構えたのだとか。当時の門司港の繁栄ぶりからすると、立地条件は最高だったのではないでしょうか。

TMH_IMG_4761.jpg

大正10年頃と言うと、同じ通りには映画館などが建ち並び、老松公園の場所に公設市場が開設された頃です。また、店の前にはまだ掘(第一船溜と第二船溜を結ぶ運河)があり船が行き交っていたことでしょう。日本銀行門司支店は掘を挟んですぐ目の前です。門司港は戦後になって急速に衰退していきますが、1970年代頃まで栄えてた東本町商店街の入口にあたります。

私は店主お薦めのカステラと門司銘菓・与次兵衛を購入しました。カステラは大変素朴で昔ながらの美味しさ・・とでも言いますか、甘過ぎず飽きの来ない味わいでした。与次兵衛を購入したのは、その名が門司ゆかりの明石与次兵衛に由来するからです。直径5センチほどの変わった菓子で、ほんのりした甘さと塩加減、そしてコロコロとした食感も楽しめました。

TMH_SNA07080R.jpg

さて、明石与次兵衛について、時代は豊臣秀吉の頃に遡ります。文禄元年(1592年)、朝鮮出兵のために名護屋城にいた秀吉が、母の急病を知り急遽大阪城に戻る際に海峡の篠瀬で座礁してしまいました。その時、当時の船奉行だった明石与次兵衛が責任をおって大里の浜で割腹して亡くなりました。後の豊前国藩主が明石与次兵衛の死を悼むと共に、往来船舶の安全の為に篠瀬に「与次兵衛塔」を建てて示標としたと言います。

戦時中は海中に放置されていましたが、昭和30年(1955年)地元有志により引き上げられて海難守護神として和布刈公園内に移され、関門橋建設に伴い昭和47年(1972年)に現在の地に移されたとのことです。場所は、和布刈公園入口の直ぐ近くです。

TMH_SNA06740R.jpg
この裏手の小高い場所に「明石与次兵衛の塔」はあります。(階段あり)

TMH_SNA06742R.jpgTMH_SNA06744R.jpg

この場所から関門海峡を眺めることができます。

TMH_SNA06745R.jpg

ノーフォーク広場から和布刈公園に向かう坂道を歩いて直ぐの場所です。散策の途中に寄ってみたらいかがでしょうか。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/10/03

【門司港散策】清滝にある清年神社

TMH_SNA06507R.jpg

清年(きよとし)神社は三角山の麓から少し登った高台にあります。ルートは、むつみ関門荘脇の路地から進む方法と三宜楼側から登っていく道です。どちらも清年神社で繋がっています。Google Maps では道が途中で途絶えてしまっていますが、Yahoo Map なら細かい路地までほぼ正しく描かれています。

清年神社地図

清年神社の建立年や由来など詳細不明ですが、甲宗八幡宮のご縁によりご分社・ご末社として成立されたと言われています。主祭神は、伊邪那岐神(いざなぎのかみ)と伊邪那美神(いざなみのかみ)です。清滝地域の土地神として、また、昭和28年水害の鎮魂神治神、太平洋戦争の出征地神として、戦艦衣笠の砲弾が祀られています。毎年、10月に秋祭りが行われ、正月の後にはどんと祭り(お正月に飾った門松や松飾り等を神社や地域の人達で集めて焼く年中行事・火祭り)が開かれているそうです。

私は、むつみ関門荘脇の路地から登ってみましたが、残念ながら、うっそうと生い茂る草木と蜘蛛の巣に阻まれて神社手前で挫折してしまいました。普段は人通りが無いのでしょう。猪が出る可能性もあったのでさっさと退散して三宜楼側から登り直すことにしました。

TMH_SNA06976R.jpg

三宜楼側から登ると神社鳥居脇まで民家があります。坂と階段でかなり体力を消耗して、やっとの思いで清年神社に辿り着きました。途中の道は次のように比較的安全 😊、清年神社正面の鳥居は冒頭写真にある通りです。

TMH_SNA06520R.jpg

階段を上って鳥居をくぐると、右手に手水舎があり、更に上に続く階段脇に灯籠と狛犬が置かれています。

TMH_SNA06516R.jpgTMH_SNA06509R.jpg

左側の狛犬の奥には上に登る道があります。この道が、むつみ関門荘脇を登るルートの道に繋がっています。地図で見たところ、私が断念した場所から清年神社までは約20~30mくらい、途中に脇道があり、かつてはその先にも民家があったようです。

TMH_SNA06510R.jpg

正面には、木造で古びた拝殿があります。中を覗いてみるとテーブルが一つ置かれていました。祭りの際にはここで “宴会” が催されるのでしょう。

TMH_SNA06511R.jpg

写真を整理していて、ここで致命的なミスを犯していることに気付きました。実は、この拝殿の奥に本殿があるのですが写真に収めるのを忘れてしまってたのです。まぁ、かなり疲れ果ててましたから致し方ないというか・・・またの機会の宿題とします。とりあえず、ネットで拾った写真を貼らせて頂きました。(https://plaza.rakuten.co.jp/sengokulily/diary/201203050000/

清年神社 2012
写真左下に写っているのが砲弾です。

拝殿前の階段上から撮った写真がこちら。遠くに関門海峡が見え、神社直ぐ脇まで民家があることがわかります。

TMH_SNA06514R.jpg

狭い境内は地元の方々が時々清掃しているのでしょう。落ち葉が集められたり手が加えられてることがわかります。秋の例祭には地元の子供達も集まるらしいです(そのような写真を見たことがあります)。大人はもっぱら、御神酒でしょうか 😆

町内の掲示板によると、今年の秋の例祭は10月27日(日)とのこと。甲宗八幡宮から宮司をお迎えして執り行われるようです。宿題もあるし、都合付けてまた行きたい。。



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。