fc2ブログ
2019/03/31

【門司港散策】約6年の復元工事を終えて生まれ変わった JR門司港駅

TMH_SNA04600R.jpg

門司港駅(当時は門司駅)は1891年に九州鉄道の起点駅として開業しました。1914年には元の駅から海側に約100m離れた場所に移設され、それと同時に新駅舎が建てられました。それから約100年、何度かの修復を重ねながら駅舎は現在も使用されています。1988年に駅舎としては全国で初めて国の重要文化財に指定されました。重要文化財指定の現役駅舎は門司港駅の他に東京駅しかありません。2012年9月から2019年3月まで大がかりな工事が行われ、開業当時の姿に復元されました(冒頭写真)。

電車を降りるとレールの先に終着駅であることわかる「電車止め」があります。そして、この駅が九州の鉄道網の起点であることを示す0哩標もあります。開業当初の門司港駅(門司駅)の0哩標は九州鉄道記念館入口の前に置かれています。九州鉄道記念館は1891年に建てられた元九州旅客鉄道の本社ビルです。

TMH_SNA04369R.jpgTMH_SNA04374R.jpg

門司港駅は九州鉄道の起点であると同時に本州(下関)に繋がる関門連絡船の乗り場でもありました。現在、船着場までの通路は塞がれていますが、その入口を見ることができます。

TMH_SNA04418R.jpg

駅舎の復元工事には約6年ほどかかりましたが、内部のほとんどの部分は復元工事前と変わりません。改札口には ICカード用の改札機と共に、駅員さんが切符を切っていた改札ブースも残されています。

TMH_SNA04377R.jpg

古めかしい洗面所も以前と変わりありません。残念なのは、男子トイレにあった重厚な大理石製の仕切りが撤去されてしまったこと。あれは門司港駅の特徴の一つだったので是非残して欲しかった。。

TMH_SNA04636R.jpg

洗面所前の水道は 1914年に新駅が開業したときに設置されたものです。門司港の水は “おいしい”と評判で、門司港に入港する船舶は水を大量に補給していたと聞きます。この水道は戦前戦後を通して帰国した人々の喉を潤してきたことから「帰り水」と呼ばれています。

トイレには開業当時から設置されている青銅製の手水鉢があります。戦時中、軍への拠出を免れたことから「幸運の手水鉢」とも言われ、パワースポットになっているのだとか。

改札を出るとホールがあります。以前は味気ない蛍光灯が何本か下げられていましたが、復元後はシンプルなシャンデリアで飾られています。天井や改札入口付近はほとんど変わりありません。

TMH_SNA04427R.jpg

改札ホール左手に見えるのが券売所です。一番奥には自動券売機がありますが、それ以外は当時のブースに復元されています。工事前は味気ない掲示板になっていました。

TMH_SNA04612R.jpg

復元工事の際、駅入口にあった太い二本の柱は撤去されました。建築当時は無かったもので、補強のために後に取り付けられたのだと思います。駅舎外の日差しも建築当初は無かったものなので撤去されています。

入口横のアーケードには趣あるランプが取り付けられています。その奥は Starbucks のテーブルが置かれています。店内からこのテーブルが置かれた場所に直接出ることはできません。その為か、ここで珈琲を飲んでる人はほとんどいませんでした。

TMH_SNA04430R.jpg

夜の門司港駅も美しいです。少し暗めの照明で、駅舎全体が浮き上がるようにデザインされているのでしょう。昼間に見る淡い黄色調から一転して、壁が暗く落ち着いた色合いに見えます。

TMH_SNA04744R.jpg

駅舎上部には、1918年に九州で初めて設置された電気時計が取り付けられています。開業当時は無かった物なので撤去も検討されたようですが、九州最初の電気時計という希少価値から復元後も設置することになったそうです。また、工事前には無かった唐草模様の屋根飾りも復元されています。

2階には「みかど食堂」が復活しています。1階の右ウィングには Starbucks が入っています。そこには復元前、庶民的な古いうどん屋さんがあったのですが、無くなってしまいました。

綺麗になった門司港駅。昼も夜も写真を撮る人達が居ます。国の重要文化財で現役の駅舎ですから、それを目当てに訪れる鉄道ファンや観光客も多いのでしょう。東京駅も数年前に復元工事が終わって昔の姿を取り戻して美しくなりましたが、日夜大勢の人達が慌ただしく行き交う東京駅に比べると、門司港駅は大変静かで落ち着いています。門司港駅は「大正ロマン」を感じさせる日本で唯一の駅舎ではないでしょうか。

復元工事開始前に訪問した際の記事はこちら

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/03/23

【バンコクの寺院】ワット・ソマナス Wat Somanas Rajavaravihara, Bangkok

TMH_SNA03588R.jpg

ラーマ IV世(King Mongkut 1851 - 1868)の時代に建立された寺院です。ラーマ IV世は古都アユタヤに習い、王宮を取り囲む城壁・壕の外側に寺院を建てることを決めました。そうしてできたのがワット・ソマナスと前記事に書いたワット・マクートです。両寺院ともラッタナコーシン島の北東に位置し、約600m離れて建てられました。ワット・ソマナスは 1853年に、ワット・マクートは 1968年に建立されて、どちらも第二級王宮寺院です。

寺院名は、ラーマ IV世が即位して直ぐに他界した王妃 Somdej Phranangchao Sommanat Wattanawadi に捧げられたことから、この名前が付けられました。タイ語の発音は難しいです。英語表記では Wat Sommanat Wihan あるいは Wat Sommanat Ratchawora Wihan と書かれたものもあります。(Wihan は Vihan とも表記)

同時期に建立されたこともあり、ワット・ソマナスとワット・マクートは全体的によく似ています。境内の広さはほぼ同じで、いずれもクルン・カセーム通りに面しており礼拝堂は北東向き、その後ろに回廊で囲まれた中に大きな仏塔、そして一番奥に本堂が配置されています。違いは、ワット・マクートでは本堂の向きが礼拝堂と仏塔の並びとは90度回転した東南方面なのに対して、ワット・ソマナスでは礼拝堂・仏塔と同じ向きで本堂入り口は北東を向いています。また、仏塔の色も異なります。ワット・ソマナスの仏塔は黄金色です。

TMH_SNA03592R.jpgTMH_SNA03598R.jpg

この二つの寺院だけに見られる特徴があります。通常、聖域とされるのは結界石で囲まれた本堂だけなのですが、この寺院では二重に結界石が置かれていて、外側の結界石で囲まれた中にある礼拝堂でも神聖な儀式を行うことができるのです。

私が訪問した時は本堂の中を見ることはできませんでしたが、礼拝堂から回廊に入り仏塔を間近で見ることができました。こちらの本堂には、かつてラーマ IV世が修行を積んだワット・ラチャチワット Wat Rachathiwat に安置されていた仏像 Phra Budha Siri が 1856年に移設され、ご本尊として祀られています。

TMH_SNA03603R.jpgTMH_SNA03606R.jpg

タイの寺院は遺跡を含めて数多く見てきました。色々な構造を持つ寺院がありますが、私の中では、礼拝堂・仏塔とそれを取り囲む回廊・本堂が直線的にゆったりと配置され、ごちゃごちゃと数多くの仏塔や礼拝堂、サーラなどが無い方がシンプルで美しいと思っています。そういった意味では、このよく似た二つの寺院は最も好きな寺院で、何度も訪れたいと思うお薦めの寺院なのです。主要アトラクションから離れているので観光客も少なく、ゆっくりと落ち着いて見て回ることができます。

TMH_SNA03613R.jpgTMH_SNA03611R.jpg





★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/03/19

【バンコクの寺院】ワット・マクート Wat Makut Kasattriyaram, Bangkok

TMH_SNA03574R.jpg

ワット・マクート Wat Makut Kasattriyaram Ratchaworawiharn はラーマ IV世(King Mongkut, 1851 - 1868)にちなんで名付けられ 1868年に建立されました。第二級王室寺院です。

寺院は巨大な仏立像で有名なワット・インタラビハーンの東側約500mの所にあります。ラッタナコーシン島の外側の堀 Khlong Phadung Krung Kasem のほとり、クルンカセーム通り沿いです。この辺りは主要な観光スポットから離れているので寺院内でも観光客らしい人を見かけることはありませんでした。

クルンカセーム通り沿いの正面から見ると広い駐車場の奥に冒頭写真の大きな礼拝堂が眼に入ります。その奥には白い仏塔も見ることができます。境内は綺麗に整備されていてゆっくり回ることができます。礼拝堂の中には装飾された大きな柱がいくつもあり、その奥に仏像が祀られていました。礼拝堂内の壁の絵も見応えがあります。

TMH_SNA03565R.jpg

【注意】礼拝堂や本堂の周りには僧侶の住居があり、そこには大変優秀な番犬が居ます。下手に近づくと襲われそうになるので注意が必要です。

この寺院の特徴は、結界石が二重に造られていることなのだそうです。通常は本堂の周りに8個の結界石 Khantha Sema が置かれているだけですが、この寺院では寺院全体を囲む壁にも Maha Sema (Great Sema) が置かれています。二組の結界石がある寺院はバンコクではこの寺院と、隣にある双子のような寺院ワット・ソンマス Wat Somanas Rajawara Vihan だけだそうです。

礼拝堂と仏塔の裏手に東向きの本堂があります。残念ながら本堂は施錠されていてご本尊を拝むことはできませんでした。本堂屋根は白系で美しく装飾されており、ドアは王室ゆかりの像をあしらった黄金色の豪華なものです。

TMH_SNA03578R.jpg
TMH_SNA03580R.jpg

現在は大変美しいワット・マクートですが、2000年代初頭には朽ち果てかけていたそうです。王室ゆかりの寺院であることから、約6年かけて修復され、前国王の80歳の誕生日祝いを記念して 2007年に完成しました。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/03/13

マックで写真管理 Adobe Lightroom + Mac写真App

Lightroom Top

貯まり続ける写真の管理にはいつも頭を悩ませてきました。一昔前、Apple が純正の写真管理アプリ Aperture を販売していた頃は「Aperture 一択」だったのですが、販売もアップデートも終了してしまってから難民になりました。Apple 純正は「写真App」しかありません。

※ Aperture は 64bitアプリなので現在でも使えますが、カメラやレンズ新機種に対応しないので RAWファイル現像時に不具合が出る可能性があります。

写真を JPG 保存していた頃は 写真App でも何とかなりました。iPhone でしか写真を撮らない人にはベストチョイスなのは間違いありません。でも、デジカメで RAW 保存するようになってからは 写真App ではどうにもならない。とりあえず読込はできるけれど細かい調整や補正はできません。

※ 写真App の良い点と気に入らない点は以前に記事にしました。

現在、落ち着いたのは、Adobe Lightroom と 写真App のコンビネーションです。何を今更感がありますが、Aperture から Lightroomへの乗り換えは結構敷居が高かったのです。写真管理のコンセプトが異なってる感じがして直ぐには馴染めずに Aperture を使い続けていた次第です。Aperture なら、Lightroomと写真Appの大部分の機能を一つのアプリでできていましたから。

写真を管理するだけなら Adobe Lightroom で事足ります。なぜ、写真Appも使うのかというと、iPhone, iPad などと同期して写真を見るためです。写真Appには見て楽しむための機能が色々とあり、しかも素人でも迷うこと無く簡単に使えます。(言い換えれば、細かい設定はできなくて Apple の思惑にはまってるだけですが 😆)Adobe Lightroomで写真を現像・管理して、一旦ファイルを書き出して写真Appに読み込む操作が必要ですが、それでも写真Appを使うメリットがあると思っています。

現在メインで使ってるカメラ SONY α7R III は iPhone と連携して GPS 情報を書き込むことができます。よって、iPhone で撮った写真と混在しても写真Appの中でマップ表示にも問題はありません。GPS情報を含まない昔撮った写真は専用アプリを使って位置情報を書き込んでいます。


【写真管理の手順】
1. Adobe Lightroom で RAW写真を読み込む
2. 写真にタイトルを入力して、必要に応じて説明、キーワードも入力する
 ※ ここで入力したタイトルと説明、キーワードは写真Appでも繁栄されます。
 ※ GPS情報の記録漏れ写真があった場合は、この段階で元ファイルに位置情報を書き込みます。
3. ピンボケやボツ写真を除いて一枚ずつ写真を見ながら現像する
 ※ いらない写真をこの段階で除去します。
4. 現像した写真を一括で JPGファイルに書き出す
 ※ ファイル名の重複を避けるため、私はファイル名の後に「R」を付けて保存しています。
Lightroom_Save.jpg

5. 書き出したファイルをフォルダー単位で写真Appに読み込む
6. 撮影日時を調整する
 ※ 位置情報を後で書き込んだファイルでは、撮影時間に時差情報が含まれてない。
写真App日時調整

 ※ 写真Appの中で撮影場所を指定することもできるが使いづらい
7. 写真をリサイズし、必要に応じて画質調整する
8. Flickrなど写真共有サイト向けに写真を書き出す
9. Th-MakerX で写真をリサイズと同時にウォーターマークを入れる


写真Appには「スマートアルバム」という機能があります。設定できる項目は Aperture に比べると制約ありますが、タイトル、キーワードなど主要な項目でスマートアルバムを設定すると該当する写真だけを自動で表示できます。撮影年月日が異なる写真に同じタイトルやキーワードなどを設定しておくと、スマートアルバムで一括表示できるので便利です。

写真Appには iCloud 同期するファイルを設定できます「ファイル -> 統合」。私はこの機能を使っていません。iPhoneやAppleTVで表示できるようになるので便利なのは間違いありませんが、必要性を全く感じません。その理由は、
- iCloud同期から外すためには統合したファイルを削除して再読み込みしないといけない
- iCloud の容量を使うので、全ファイルを同期するには容量アップ契約が必要
- 写真Appの中から元のファイルをファインダーに表示できなくなる
- スマートアルバムは同期されない
など

iPhone, iPad との写真の同期は iTunes 経由で行っています。面倒そうで、これが一番確実なように思います。スマートアルバムの同期も問題ありませんし。

AppleTVで写真を見たいときは、iMacからは写真Appをフルスクリーン表示して AirPlay で見る・・・、もっと簡単には、iPhone, iPad から直接 AirPlay で表示することができます。AppleTV用にスクリーンセーバー写真だけは iCloud同期しておくと良いです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2019/03/11

Adobe Lightroom を使って写真を印象色に補正する

昨年、メインカメラを SONY α7R III に変えてから、旅写真の保存を RAW ファイルにすることにしました。それまでは、RAW の良さはわかってたけれど、現像する面倒さとファイル容量の大きさから躊躇してました。RAW ファイルならできることが沢山あります。補正も自由のままで、実際に見たときの印象に近い色合いにすることができるのです。

その一例として、失敗写真として諦めていたものを Adobe Lightroom で補正してみました。
JPG保存した写真がこちら。全体の露出はあってると思いますが、くすんだ感じでパッとしません。

TMH_Original JPG

Lightroom で RAWファイルを開いて現像画面を見たところ。JPGファイルはカメラ内で現像されているのと同じなので、こちらの写真が撮ったままのデータで、更に暗い感じがします。
TM_Lightroom_01.jpg

この写真に Adobe Lightroom で補正を加えていきます。

1. 写真の傾き補正。僅かに傾いているので補正します。
TM_Lightroom_02.jpg

2. 「自動補正」HDRと同じように全体の明暗を平たくします。画像右上のヒストグラムの変化を見れば結果の違いは明らかです。
TM_Lightroom_03.jpg

暗部は明るくなりましたが全体的にのっぺりした感じになるので、コントラストを補正します。
3. コントラスト補正「ゼロ」に戻す。
TM_Lightroom_04.jpg

少しだけ全体にしまりが出てきました。これでも良いのですが、更にメリハリを付けるために「明瞭度」と「かすみの除去」を調整します。

4. 「明瞭度」調整 全体がクッキリします。明暗共に色コントラストが強調されている感じ
TM_Lightroom_05.jpg

5. 「かすみの除去」調整 本来は遠景のかすみを除去してクッキリ見せる為の機能ですが、全体のモヤモヤ感を軽減して空の色などを引き締める(より青く)効果があります。
TM_Lightroom_06.jpg

6. 「シャドウ」補正 暗い部分を明るくします。Lightroomでは、黒く潰れた部分だけ色付けできるので、それを参考にしてつぶれが多少残る程度まで調整します。
TM_Lightroom_07.jpg

7. 「黒レベル」補正 より暗い部分の黒潰れ無くします。
TM_Lightroom_08.jpg

「シャドウ」「黒レベル」を明るく調整しすぎるとのっぺりした写真に逆戻りしてしまうので、多少潰が残る程度の方が良いでしょう。

8. 「ハイライト」「白レベル」補正 暗部と同様に白トビがあれば補正します。ハイライトを落とすことで、写真左上部の雲がより鮮明に見えるようになりました。
TM_Lightroom_09.jpg

9. 「色温度」「色かぶり」補正 「色温度」は個人の好みでしょう。私は少し色温度を下げて青を強調した方がスッキリして好きです。逆に、色温度を上げれば日中撮った写真でも夕焼けのようにすることもできます。
TM_Lightroom_10.jpg

これでほぼ完成です。補正前の写真と比較して、暗部が明るくなって空の色も綺麗な青空になりました。左下の店内の様子も潰れずに表現されています。ですが、なんかバランスが悪い。

ここからが Lightroom の更に凄いところ。写真を部分的に補正することもできるのです。「段階フィルター」「円形フィルター」「ブラシ」が用意されていて、それを使うとフィルターをかけた部分やブラシでなぞって指定した部分のみ補正をかけることができます。

上の写真では右側の木々が明るくなりすぎて五月蠅いので「段階ブラシ」補正してみました。
10. 「段階ブラシ」「円形ブラシ」「ブラシ」で部分補正
TM_Lightroom_11-2.jpg

フィルターをかけた部分だけ露出を落として彩度を下げてみました。写真の左側に影響を与えず、右側の木々だけが少し暗くなって全体的に引き締まった感じがします。これで完成です。

目で見た時は視点を合わせたところだけが綺麗に見えています。その周辺は見えてる気がしてる程度で邪魔にならないのですが、写真にすると全体が均一に記録されてしまう。中心となる被写体以外を暗くしたり彩度を落とすことによって、実際に見たときの印象に近づけられるのではないかと思います。

最後にもう一度、JPG保存した写真と Lightroomで現像補正した後の写真を並べて表示します。違いは明らかです。

TMH_Original JPG
TMH_Lightroom Final

JPG写真でも補正することはできますが、RAW写真に比べると補正できる程度が低いです。また、RAW の方が JPG よりダイナミックレンジが広いので白トビや黒潰れも低減されます。白トビ部分は補正のしようが無いので、RAW で少し露出アンダー気味で写真を撮っていれば失敗が少なくなります。

RAWファイルで写真を保存すると現像が面倒なのは間違いありません。ですが、旅写真の場合は、一枚ずつ現像することで旅の思い出が蘇るので苦にはならないのでは無いでしょうか。

明暗が激しい被写体の場合は露出を変えて撮った写真から HDR 写真を作ることができます。Lightroomにも複数の写真を合成して HDR写真にすることができます。シングルショットの写真と HDR写真を同じように補正して比較してみましたが、素人が見る限り、違いはほとんどわかりません。RAWファイルはJPGに比べてファイルサイズが大きいので、RAW で連続写真を撮る意味はほとんど無いのではないでしょうか。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。