fc2ブログ
2018/09/27

macOS 10.14 Mojave にアップグレード ダークモードはいいんだけど・・・

macOS Mojave Dark

macOS Mojave のダークモードを早く使ってみたくて早々にアップグレードしました。iMac と MacBook Pro をアップグレードして二日間使ってみましたが、今のところ特に問題は起きていません。不具合を検索してみると、希にログイン後すぐ自動的にログアウトされる問題が報告されているようですが、私の使用環境では問題ありませんでした。HDD以外に外付け機器はできるだけ付けないようにしていて、2.5K 外部ディスプレイを接続してデュアルにしてるくらいです。


ダークモードは画面が引き締まる感じがしてなかなか使い勝手良いです。設定は、インストールした際に設定するほか、システム環境設定の「一般」で簡単に変更できます。

Dark01.png  Normal01.png

Mojave ではフォントのアンチエイリアス処理が変わったみたいで、文字が全体的に細くなった感じがします。Retina ディスプレイで見る限りは見づらさはありませんが、外付けのディスプレイの方では以前より若干見づらい感じでしょうか。「一般」設定の一番下「試用可能な場合は滑らかな文字を使用」にチェックを入れておくと文字の太さは多少改善されるようです。

ダークモードでは全体が暗くなって雰囲気は良いのですが、困る場合もあります。マップアプリの地図が真っ暗くなって大変見づらい。明るく設定できないか探してたところ、表示タブの「ダークマップを使用」のチェックを外すと明るいマップに変更できました。マップアプリで明るいマップを使用すれば、写真アプリの「撮影地」でも明るいマップが表示されます。

Dark Map Normal Map

同様に、カレンダーも真っ黒。慣れ次第でしょうが違和感あります。
メモもデフォルトでは真っ黒なのですが、環境設定からバックを明るくすることができます

よく使う機能で、スクリーンショットが使いやすくなったのは有り難いです。これまでもショートカットキーはありましたが、Mojave からは新たに Command + Shift + 5 でスクリーンショットを撮る画面が表示されます。指定フォルダに保存することもできるし、必要に応じて Preview で直接開いてマークアップすることもできます。以前は Command + Shift + Control + 4 でクリップボードにコピーして Preview で開き、そしてファイル保存・・という操作だったのでかなり楽です。

Command + Shift + 5 でできることはスクリーンショットだけではありません。これまでは QuickTime を使って撮っていた画面の動画キャプチャもスクリーンショットと同様の操作で簡単に行うことができます。

Finder の使い勝手も良くて、Finder やアプリから iPhone などをダイレクトに起動して写真を撮ったり書類をスキャンすることもできます。写真スキャンは多少の慣れは必要ですが、斜めに傾いた書類でも綺麗に成形して表示してくれます。

Finder のギャラリー表示では、内容やファイル情報が確認できます。以前はクイックルックで見たり情報を開く必要がありましたが、Finder の中で簡単に見ることができ大変便利です。動画の場合は Finder の中で回転やトリムなどの操作(QuickTime機能)ができてしまいます。

カレンダーの表示はバックグラウンドカラーを選択できるようにするなど改善は必要でしょうが、全体的にみると Mojave は使いやすくアップグレードしない手はないでしょう。

これから細かい不具合が発見されるかもしれないけど、今のところはアップグレードして大変満足しています。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/09/25

macOS Mojave 10.14 をインストール

App_Store_macOS_Mojave_download.jpg

本日より更新ファイルのダウンロードが可能になりました。App Store のトップページにからダウンロードページを開いてクリックするだけです。

対応機種は 2012 年以降に発売された Mac で下記の通りです。
iMac Pro (2017) 以降
iMac (Late 2012) 以降
Mac mini (Late 2012) 以降
MacBook Air (Mid 2012) 以降
MacBook Pro (Mid 2012) 以降
MacBook (Retina, 12-inch, Early 2015) 以降
Mac Pro (Mid 2010)とMac Pro (Mid 2012)のMetal対応GPUカードを搭載したモデル以降

我が家には旅行する際に持ち歩く5年位前に購入した MacBook Pro (Late 2012) があるので、まずはそれからアップグレードすることにしました。

Install_macOS_Mojave.jpg

残り時間は出ますが、いつものことながら目安にもなりません(笑)。ダウンロードに 5~6分、画面が暗くなりインストールが終わって再起動するまでに約50分かかりました

設定画面が表示されます。まず最初に出てくるのは「外観モードの設定」で、当然「ダークモード」を選択しました。

IMG_3638a.jpg IMG_3639a.jpg

Google Drive を使ってるとアクセス許可を求めてくるので、ボタンをクリック。

Google Drive Access Permission

これで設定は終わり。Finder を開いてみると、ダークグレーのバックグラウンドで全体が引き締まって綺麗に見えます。これだけでも macOS Mojave にする価値があります。

Mojave_Finder.jpg 

macOS Mojave は 32bitアプリが動く最後の OS になります。よく使うアプリの中にもまだ32bitアプリがあるので要注意です(サポートしているだけで全ての 32bitアプリが完動するとは言ってないらしい)。

macOS Mojave の新機能は、
1. ダークモード ← クッキリ見えて目が疲れない!
2. Preview と QuickTime が合体したような Finder
3. 追跡防止機能が強化された Safari
4. ダイナミックに画面変更可能なデスクトップ
5. スクリーンショット ユーティリティ(アプリケーションのユーティリティフォルダ内)
 Shift + Command + 5 で起動できます。
6. 使いやすくなった App Store と iTunes
7. iPhoneカメラとの連携
などでしょうか。

メジャーアップデートの際はトラブルが付きもの。母艦の iMac はしばらく様子を見て更新する予定です。

1600x1000bb.jpg
【追記】MacBook Pro にインストールして特に問題無さそうだったので、iMac もアップデートしました。こちらは完了までに1時間半以上かかってしまいました。気持ち、サクサク動くようになった感じがします。一通りアプリを開いてみましたが、32bitアプリを含め全て無事に動作することを確認しました。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/09/21

バンコクに巨大商業施設 ICON SIAM が11月9日オープン

icon-siam-magnolias-bangkok.jpg

チャオプラヤ川のトンブリ側、巨大商業施設 ICON SIAM の開業が 11月9日と発表されました。昨年秋の工事進捗状況からすると年内オープンは難しいかなと思っていましたが、タイにしては珍しく(?)計画より約1年遅れでオープンにこぎつけたようです。チャオプラヤ川沿いに立ち並ぶ高級ホテル群(ペニンシュラとミレニアム・ヒルトンとの間、川を挟んで目の前にはオリエンタル、シェラトン、シャングリラホテル)のど真ん中と言ってもよい場所にあります。ただ、モノレール(Gold Line)の開業は遅れているため行くにはボートを使う必要があり必ずしも便利とは言えません。

BTS サイアム駅の目の前に SIAM Paragon がオープンしたとき、なんて巨大な商業施設なんだろうと驚きました。ICON SIAMも同じ系列のモールで、総床面積はなんと SIAM Paragonよりも広いのだそうです。ちなみに、タイで一番広いモールは、2015年にオープンした Central Plaza WestGate(地下鉄パープルラインの終点の一つ手前タラードバーンヤイ駅)で、ICON SIAMも同じくらいの広さになるようです。日本最大のモールは越谷市のAEONレークタウンですが、その倍近い広さです。

余談ですが、世界最大とされる商業施設は中国の広東省中部の東莞市(とうかんし Dongguan)にあって、その広さはなんと約66万平方メートル、越谷AEONレークタウンの2.5倍くらいの広さです。さらに驚くのは、2005年にオープン以来ほとんどの店舗スペースが空き家なんだそうです。世界最大の廃墟と言っても良いくらいで、さすが中国ですねぇ。(笑)

ICON SIAMの目玉と言っても良いのは、タイ初出店となる高島屋デパートです。地下1階から地上7階までの3.6万平方メートルを占める巨大な店舗で、おそらく、シンガポール高島屋と同様に富裕層をターゲットにした高級感漂うスペースになるのでしょう。その他、Apple Store もタイ初出店になるのではと噂されていますが、公式ページにはなにも記載されていません。

SookSiam - 11_ICONSIAM

観光客にとって楽しみなのは、SookSiamとヘリテージ・ミュージアムでしょうか。
SookSiamはタイ全国の中小企業や職人、アーティストなど 3,000を越える団体・個人が製品やサービスを提供する場所になります。バンコクに居ながらにして主要地域の文化遺産、地方の歴史、芸術、
手工芸品、舞台芸術などに触れることができ、タイ全県からの製品や作品を見て回れるのは有り難いです。

ICONSIAM Logo



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/09/18

iOS 12, watchOS 5, tvOS 12 にアップデート

image_large_2x.png

本日から iOS 12 などのアップデートが可能になりました。メジャーアップデートの際には「お決まりのバグ」があったりして注意が必要なのですが、新しもの好きは一刻も早くアップデートして新機能を試してみたいと思うものです。

iOS 12 は 64 bit プロセッサーを搭載した全機種で動作します。つまり、2013年に発売された iPhone 5s や iPad mini 2 以降の機種が対象になります。現在、どれほどの人が iPhone 5s を使ってるのかわかりませんが、5年経ってもサポートされるなんて有り難いことです。私は iPad mini 2 が引出の中に眠ってましたので、これもアップデートしてみました。

iOS 12 のアップデートにかかった時間は約15~20分程度で、機種により多少の差がありました。よく使うアプリを一通り使ってみましたが、特に問題がありそうには思えませんでした。動作速度は、気にしてみると確かに Home 画面などがサクサク動いているように感じます。iPad mini 2 ではモッサリしてたのが iOS 12 ではサクっと動くようになった気がします(笑)。

私はまだ iPhone 7 Plus を使っています。今年は iPhone Xs に機種変更する予定ですが、まだ予約もしていません。今の iPhone 7 Plus でも動作が遅い感じは全くありませんが、iPhone Xs にするときっとキビキビ動いてくれるのでしょう。

さて、iOS 12 の新機能は沢山あるようですが、見た目に変化は全くありません。違和感なく使えるところは Apple のスゴいところだと思います。一番気になったのは「計測アプリ」。早速使ってみましたが、思いのほか性格に測定できて驚きました。これでもう、定規を探しまわる必要もありません(笑)ちなみに、この計測アプリは ARKit 2 を使ったアプリなので、A9 プロセッサ搭載機種(iPhone 6s)以降でのみ使うことができます。(iPad mini 2 では Iconも表示されません)


iOS New App


さて次は watchOS 5 のアップデート
これは毎回覚悟して実施しないといけません。アップデートにとにかく時間がかかります。iPhone 7 Plus + 第二世代 Apple Watch の組み合わせで、ファイルのダウンロードに 1時間半、準備に 30分、インストールに約 30分、アップデート完了までで合計 2時間半もかかりました。OS内部的には大きな変更があるのだと思いますが、見た目では何も変わりません(笑)。watchOSのアップデートは何故こんなに時間がかかるのでしょうね。マイナーアップデートでも 1時間くらいは余裕でかかってしまいます。夜寝る前にアップデートすることをお勧めします(笑)。

最後は tvOS 12 のアップデート
こちらはアップデート時間約10分でした。更新内容は次図テレビ画面の通りです。私にはあまり関係なさそうです(笑)。

tvOS update

macOS Mojave のアップデート開始は今月 9月 25日です。Dark Mode は大変楽しみにしているので待ち遠しいです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/09/13

新 iPhone 発表 - iPhone Xs, iPhone Xs Max, iPhone XR スペックと価格のまとめ

iphone_xs_large_2x.jpg

毎年、この時期に恒例となった Apple の新製品発表イベント。今年は日本時間の13日深夜に Steve Jobs Theater で行われました。毎年、高機能になると共に価格もどんどん上がってきました。(笑)

今年の発表はなんだか目新しさに欠けました。というのも、冒頭の写真を含め事前にリークしてた情報と大きな差が無く、サプライズも無かったためでしょう。iPhone という、ある意味、完成された製品の新製品を毎年発表していくことの難しさなのかもしれません。とは言え、製品仕様(スペック)と価格は気になりますので、現在わかっている情報をまとめてみました。 

Apple Store を見てみると、昨年発売された iPhone X は販売終了していて、iPhone 7, 8 は価格を落として販売継続しているのがわかります。これまで毎年機種変更してきて「優良顧客」だった私ですが、昨年は触手が動かず購入を諦めました。よって、現在も iPhone 7 Plus を使っています。ですが、全く不満を感じていません。インターネットが利用できて、Suica使えて、数百枚分のCDを常時携帯できて、いつでも写真と動画が撮れて、写真や動画を大量に保存していつでも見られる。これ以上望むことが現状ではない・・というのが率直な感想です。(笑)

現在販売中の全ての iPhone について、スペックと価格をまとめたのが次の表です。

iPhone Comparioson 2018b
 (2018/09/20 更新)

ハード的に目新しいのは通信用チップと、より高度な防水対策が施されたくらいですが、久しぶりにカラーバリエーションもあって選択の幅が広がったように思います。もちろん、ベーシックな機能だけでよい人は iPhone 7 を購入することができ、最も安い機種は約5万円です。

iPhone Lineup 2018

昨年は購入を諦めた私ですが、今年は購入する予定にしています。iPhone 7 Plus と決定的に違うのはワイアレス充電と 4K動画の 60p 撮影機能で、この二つの機能は欲しい。問題は価格。iPhone X から iPhone Xs は価格据え置きで機能もほとんど変わりません。4K 60p 動画を撮るとなれば 256 GB のメモリでは少々心許ない感じがするので、512 GB か。そうすると約 15万円にもなります。痛い出費ですけどねぇ。下取り購入すれば多少安くなりそうですが、iPhone 7 Plus なんて今や二束三文なので自宅でゲーム機として使う方が得策ではないかと考えています。

トランプ政権は中国からの輸入品に25%の完全をかけると言っているので、iPhone なども対象になるのは間違いないでしょう。とすると、いずれ値上げも考えられますが、日本に入ってくる iPhone は中国から直接輸入しているので関係ないかな・・・とも思ったりしています。いずれにせよ、安定供給されだしてから購入を考えます。

予約開始は今週 9月14日(金)からで、出荷は 21日からだそうです。ちなみに、iOS 12 は 9月18日からダウンロード可能になるようです。macOS Mojave は少し遅れて 9月25日から。楽しみです。

今回のイベントでは期待された iPad Pro や iMac などの発表はありませんでした。ですが、おそらく、年末から来年初頭に何らかの新製品がしら〜っと発売になるのではないかと期待しています。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。