fc2ブログ
2018/03/31

iPad Pro 9.7 inch iOS 11.2.6 にダウングレード再インストールする

iTunes-5.jpg

昨日、iPad Pro 9.7 inch の OS を最新の 11.3 に更新して iPad Pro 9.7 が死亡したことを書きました。iOS 11.2.6 ではうまく動いていたので、なんとか前のバージョンをインストールできないものか試みました。

Apple さん、酷い! 死んだはずの iPad pro 9.7 が復活(2018/02/17)

ネット上には頼もしい方が沢山居るのですね。有り難い限りです。iOS のダウングレード方法を書いた記事がいろいろとあります。iOS をインストールするには、SHSH(Signature Hash)というものが Apple から発行されている必要があって、これに端末固有の ID や iOS のバージョンなどのデータが記載されています。インストールの際は Apple のサーバーに確認して、SHSHが発行されていればインストールできるのだそうです。新OSがリリースされると、旧バージョンの SHSH は数週間程度で発行が停止されるので、リリース直後なら旧バージョンにダウングレードすることもできる・・・らしい。

もう一つ重要なのは、機種毎の iOS ファームウェアです。これもネットを探せば見つけることができます。私が参照したのは、【全バージョン全機種網羅!最新iOS 11.3】iPad用iOSファームウェアダウンロードリンクリスト(Appleオフィシャルipsw、OFW)【2017/03/30更新】というサイトで、ここにファームウェアの全リストが載っていました。この中から iPad Pro 9.7 用の iOS 11.2.6 をダウンロードしました。

iPad_ダウングレード300

これで準備は OK です。ダメもとで iPad の復元作業を行いました。
死んでる iPad Pro 9.7 をケーブルで iMac に接続して、iTunes を立ち上げ、電源ボタンとホームボタンを長押しします。iTunes が反応してリカバリーモードに入ったことがわかります。

iTunes_M-2.jpg

ここで「復元」するわけですが、そのまま復元ボタンを押してしまうと最新 iOS のインストールが始まってしまいます。私の iPad Pro 9.7 inch の場合は、数回トライしたけれど iPad は立ち上がること無く死亡しました。ポイントは、復元ボタンをクリックするときに Option キーを同時に押しておくと、ファイル選択ウィンドウが開きます。そこで、ダウンロードした IPSW ファイルを選択してインストールするだけです。

結果、iPad Pro 9.7 inch は再び復活しました。問題なく動作しています。

ハード的に何か問題があるのだと思いますが、iOS によって動作したりしなかったり、なんだか変な感じです。でも、まぁ、動くようになったので一安心。もう iOS の更新はしません。(笑)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/03/30

iOS 11.3 アップデートで iPad Pro 9.7 が再び死亡

新型 iPad(六代目)にのみリリースされていた iOS 11.3 が今日からダウンロードできるようになりました。iPhone, iPad Pro など手持ちのデバイスにインストールしましたが、ここでまた問題発生。iOS 11.2.6 で復活した iPad Pro 9.7 inch が再び死亡しました。症状は以前と同じで、再起動を何度も繰り返すだけで先に進みません。やっぱり、この iPad はハード的に何か問題があったのでしょう。それにしても、iOS 11.2.6 では何事も無かったかのように生き返って普通に動作していたのですが。。。


この iPad Pro 9.7 は買ったときから時々おかしな動作をしていました。アプリ使用中に突然墜ちる頻度が高かったように思います。思えば、その時に修理に出していれば無料だったのでしょうが、アプリが墜ちるのは良くあることなので、さほど気にもしてなかったんですよね。そして iOS の更新で問題が発生して使えなくなってしまったのです。症状は再起動の無限ループ(笑)

iOS 11 になってから、ダメもとで再度挑戦してみたら、上のリン記事で書いたように、何事も無かったように iOS に更新されて問題なく動作するようになりました。

そして、今日、iOS 11.3 に更新しようとしたら・・・

Connect-to-iTunes-iPad.jpg

前回うまくいった方法でリカバリーを試してみましたが、再起動を繰り返すだけで以前の状態に逆戻りです。時々、思わせぶりなメッセージが出たりしますが、直ぐに消えて再起動します。
iTunes-3.jpg
ここで復元とアップデートをクリックしても、OS のインストールまではできるのですが、その後もまた再起動を繰り返します。たまにパスコードの入力画面が表示されることもありますが、直ぐに墜ちる。運良くパスコード入力が成功するとホーム画面にはなるものの、また直ぐに墜ちて使えない。

再び死亡ですね。次の OS 更新の際にまた試してみることにします。

ちなみに、iPhone や iPad Pro 10.5 の iOS 11.3 への更新は問題なくできました。今回の更新の目玉は iPhone でバッテリー状態をチェックできるようになったことでしょうか。現在使用中の iPhone 7 Plus は新品と比較して 89% でした。使ってない iPhone 6 で調べてみたら 84%。さほど落ちてなくて安心しました。iPad ではこの機能はありません。ですが、Apple のサポートページによると iPad でもバッテリーコントロールは改善されているようですね。

【追記】 この iPad Pro 9.7 inch、iOS を 11.2.6 にダウングレードすることで再復活した話はこちら。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/03/29

タイの紙幣と硬貨が間もなく変わります

31713s.jpg

タイの紙幣には国王の肖像がが描かれているのですが、一昨年10月にプミポン前国王が亡くなられたことを受けて、新国王の肖像画を入れた新紙幣に切り替えることになっています。変更になるのは紙幣だけでなく硬貨も対象です。

新硬貨は、4月6日のチャクリー王朝記念日から流通します。色合い、形、大きさは現行の物と同じなので、混在したとしても間違うことはないでしょう。まぁ、コイン一枚一枚に何が描かれているかなど、これまでも気にしたこと無いですけどね。

新紙幣は、20 BTH, 50 BTH, 100 BTH が同じく 4月 6日からで、 500 BTH と 1000 BTH はワチラロンコン新国王の誕生日である 7月 28日から流通するそうです。紙幣も色合い、大きさなど同じなので間違うことは無さそうです。

紙幣のデザインは下記のページに掲載されています。

表麺にはワチラロンコン国王の肖像画が、裏面にはチャクリー王朝の歴代国王が2人ずつ描かれています。

最近はカードで支払いを済ませることが多いのですが、海外ではできるだけ現金を使うようにしています。以前、何度かスキミングにあった経験があるからです。幸い、カードの保険でカバーされて実被害はありませんでしたが、再発行にかかる手間と時間はほんとに面倒です。海外在住中だと再発行しても直ぐに受け取ることできませんし。一度、両替所に並んでいるときに財布毎スラれたことがあって、警察へ被害届を出したり、カード会社に連絡したり色々な手続きのために1日かかったことがあります。幸いにも別のカードをパスケースに入れていたので、ホテルの支払いなどはそのカードですることができて無事に帰国できましたけど。

バンコクについたら最初にすることは両替です。スワンナプーム国際空港の地下にある Airport Link 乗り場の脇に○○Rich など両替屋が並んでいて、そこで滞在期間中に使う予定のお金を全部両替しています。普通の銀行よりも5〜10%近くもレートが良いです。カードで支払うのは確実なホテルくらいでしょうか。なので、支払いの際にスキミングにあったとしても、何処でやられたか直ぐにわかります。

もう無くなりましたが、以前、日系の旅行会社でホテル代をクレジットカードで支払いしたときにやられたことがあります。日系ということで多少安心していたのに。応対してくれたのも日本人でしたしね。カード会社から連絡を受けたときにその旅行会社の名前を出すと、ブラックリストに登録されていたようでした。クレジットカードでの支払いは便利ですけど注意するに越したことはないです。

最近はほんとに現金を使う機会が少なくなりました。ほとんどを Suica かクレジットカードで済ませています。多分、今年になってから一度も現金をおろしてないのではないかなぁ。(笑)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/03/29

毎年恒例 新しい iPad が発売になりました - スペック比較 -

9_7インチiPad_-_Apple(日本)-2

毎年この時期になると Apple は iPad を発表しています。昨年は五世代目となる iPad 9.7 inch を、そして一昨年は iPad Pro 9.7 inch が発売されました。今年は六代目 iPad 9.7 inch です。歴代 iPad とスペックを比較してみました。結果は次の通り。

iPad_比較

iPad (6th) の特徴は、 iPad Pro に迫る A10 Fusion プロセッサを搭載して Apple Pencil に対応したことです。しかも、価格は据え置きで。こうなると iPad Pro との棲み分けが微妙になってくるわけですが、今のところはまだ明確な差別化ポイントがあります。iPad に比べて二倍容量の内臓 RAM によるマルチタスクと、120 Hz まで変動する画面の Refresh Rate によるスムースな動作です。まぁ、それだけの違いで倍以上の金額を払うかどうかは人それぞれの懐事情によるわけですけど。

私は iPad 5th を持っていませんが、意図せずに iPad Pro 9.7 と iPad Pro 10.5 を持っています。いきさつは別の記事に書いたとおりで、死亡判定を下された iPad Pro 9.7 が iOS 11 の登場で生き返ったからです。


iPad 6th の性能は、二年前に発売された iPad Pro 9.7を完全に越えているといって良いと思います。iPad で写真や動画を撮るわけでもなく、WEBを見たりゲームをするだけなら動作速度が一番重要ですからね。でも、iPad Pro 10.5 は全然違います。

マルチタスク操作や Apple Pencil の使用など、その必要性もほとんど感じないのですが、画面の美しさとスムースでエレガントな画面タッチは別格です。Cult of Mac のレビュー記事には、iPad を買うつもりなら、iPad Pro 10.5 に触るな!とさえ書かれています(笑)。True Tone と Anti-reflection coating、そして ProMotion の威力はスペックを見ただけではわかりません

もう一つ iPad Pro でないとダメな点は、メモリーの容量です。写真や動画を詰め込んでいたら 128 GB では不足してしまうからです。512 GB とは言わないまでも、256 GB は欲しい。現状で使用容量を調べてみると、写真が約80GB、音楽が20GB、アプリと関連ファイルが6〜7GB、iCloud や Google Drive, DropBox のダウンロードファイルが数GBはあります。これに動画が加わります。映画 1本を約5〜10GBくらいに圧縮して入れるとすると、多少余裕をみみて 150 GB くらいにはなるので、iPad の 128 GB では心許ないのです。

余談ですが、iPad では Full HD の m2ts ファイルを直接再生できないので mp4 に変換しないといけません。iPad で見る場合、どれくらいまで圧縮しても画質を損なわないかを以前調べたことがあります。だいたい、2時間の映画で 5 GB(オリジナルの約 1/5)あれば綺麗に見ることができました。

PCの世界でも同じですが、CPU 性能の向上速度は多少穏やかになってきたように思います。今後、iPad が MacBook 化するのか、それとも iPad は iPad として存在価値を高めていくことができるのか、将来が楽しみです。多様化の時代、使用する人の目的に応じて色々なデバイスがあっても良いのかなぁ。iPad は iPad であって欲しい。。。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/03/28

日本からタイへの直行便の数

TM_1208 Thai_136

昨年、タイを訪問した外国人数は約3,540万人だったそうです。日本は大幅に増加したといってもまだ2,870万人なので、いかにタイが外国人観光客を引きつつけているかがわかります。最も多いのは言うまでも無く中国で約1,000万人! 次いで、隣国のマレーシアが336万人。日本は一昨年から微増して155万人でした。一方で、日本へ来るタイ人の数は2013年からビザ免除が始まったこともあり、約100万人まで増加しました。この数は今後もますます増加していくと予想されています。

航空会社も動き出しています。つい先日、タイ国際航空(TG)が成田便を増便することを発表しました。また、TGは、成田と関西便に Airbus A380 を投入して観光客数の増加に対応しています。

1日にどれくらいの数の直行便があるか調べてみました。日本から直行便が出ている空港は、成田、羽田、関西、中部、福岡、そして札幌千歳です。タイ側はスワンナプーム国際空港とドンムアン国際空港の二箇所のみ。以前はプーケットやチェンマイにも直行便がありましたが、残念ながら短期間で無くなってしまいました。

各空港のフライトスケジュールからバンコク便をピックアップしてみると、なんと、1日に27便も飛んでいることがわかりました。香港、台湾、韓国経由でタイに行く人もいるので、毎日7〜8,000人もの人が移動している計算になります。すごい数ですね。結果をまとめたのが次の表です。

タイ航空路線

成田からが 12便と最高で、次いで羽田の 6便、関西の 5便と続きます。LCCは合計で 6便がドンムアン空港に飛んでいます。懐かしいなぁ〜、ドンムアン空港。スワンナプーム国際空港ができるまではタイの玄関として活躍していた空港です。

この表では全日空便が少ないように思うかもしれませんが、タイ国際航空とコードシェアしているので、それを加えると、なんと 15便もあることになります。JAL 日本航空は全部で 6便、成田と羽田が 2便ずつで、関西と中部から 1便です。タイ国際航空は毎日11便も飛ばしてるんですね、力の入れようが良くわかります。便数は国同士で取り決めがあるので、タイが合計11便、日本は10便と言うことになります。以前は福岡からもJAL便があったように思いますが、無くなったのでしょうか。

機種を見てみると、大型機が多いですね。昨年、Boeing 747 型機は日本の空から無くなったはずでしたが、タイ国際航空が 2便飛ばしているようです。A380も導入しているので輸送能力はかなり高いはずです。

私は約20年来、JAL一筋です。ゆったりと旅をするなら昼便が良いですが、バンコクを経由して別の場所にいくなら羽田からの深夜便が便利です。バンコク着が朝の5時頃なので、チェンマイやプーケットへも乗り継ぎが容易です。それに、その時間帯は「中国人・韓国人観光客」が少ない時間帯でもあるので、雑踏の中に入りこまなくてすみます(笑)。


日本からタイへの直行便をみると、アメリカ系航空会社が全く入っていません。昔はユナイテッド航空とかノースウェストが飛んでいて、バンコクから成田経由でアメリカに向かっていたんですよね。だから、バンコク発は深夜から早朝にかけてで不便なこともあり格安チケットが手に入ったものでした。

昨年、タイに数回行ったときは、羽田を深夜に発って朝の4〜5時頃にバンコク着、少し時間を潰してチェンライやチャチュンサオに向かいました。多少眠くても到着したその日から街歩きに出られたので、高まった気分のまま旅が始められてイイ感じでした。帰国はバンコクを朝10時頃に発つ便でした。以前は夜便を使っていましたが、帰国日に観光をすると名残惜しくなってしまうので、旅を締めくくるのに良かったのかどうか。。。最近はどの便も混んでて、希望通りの便が取れるとは限りません。以前は、年末年始頃でもマイレージで旅行ができていたのですけど、最近はそうもいきません。次回の訪タイをいつにするか、行きたいところはまだあるので、頭を悩ましています。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。