2017/09/30

チェンマイの誕生と共に建立された古い寺院 ワット・チェンマン Wat Chieng Mun

TM_9912 ChiangMai_026 
1999年撮影

タイ第二の都市チェンマイは、ランナー王朝を建国したマンラーイ王 Mungrai がその首都として1296年に築いた町です。チェンマイ Chiang Mai とは「新しい都城」を意味し、「北方のバラ」とも言われています。ワット・チェンマン Wat Chieng Mun は、ランナー王朝の名残を残すチェンマイ旧市街の城壁の中にあります。Wat Chiang Mun と表記されているものもありますが、寺院標識には Wat Chieng Mun と書かれています。

TM_9912 ChiangMai_015 

マンラーイ王は、チェンマイを造成するにあたって、元々郡の駐屯地を兼ねた離宮の一つ Wiang Lek(Wiang Chieng Munとも呼ばれる)のあった場所に王宮を築き、その敷地内にチェンマイ最初の寺院を建立しました。それがワット・チェンマンです。建立はチェンマイの造成と同じ1296年とされています。

TM_9912 ChiangMai_016 

この寺院で有名なのは四方をゾウの像に取り囲まれた仏塔 Chang Lom で、そこには釈尊の髪舎利が納められています。また、本堂(旧本堂)には、タイで聖なる仏像と言われる白水晶で作られたSetangamani仏像(Phra Keo Khao とも呼ばれる)と石板像(Phra Sila)の2体が安置されています。ちなみに、他に聖なる仏像とされるものは、ワット・チェンマンからほど近い王室一級寺院の一つワット・プラシン Wat Phra Singh に安置されているシヒン仏像(獅子仏)と、バンコクのワット・プラケオ Wat Phra Kaeo (Wat Phra Sri Rattana Satsadaram) にあるエメラルド仏像の4体のみです。Phra Kaeo(エメラルド仏像)はタイの守護神として安置されているのは有名です。

TM_9912 ChiangMai_021 TM_9912 ChiangMai_022

Setangamani仏像と石板像は、中央に少しだけ見えるガラス張りの格子付き厨子の中に並べて安置されています。

Setangamani仏像:あらゆる危険を防ぐ守護力を持つとされる。
Phra Sila(石板像):生命の蘇生と再生する力があり、雨を降らすことができる。チェンマイのソンクラーンで重要な役割をはたす。

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
★ ご協力有り難うございます。
2017/09/29

macOS High Sierra にアップデート後の不具合について

mac-sierra-homescreen-1.jpg 
今回のアップデート、大幅な機能変更があったわりには比較的安定しているように思います。それでも、ネット検索してみると様々な不具合が起こっているようですね。


私の iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014) で起こっている不具合は次の通り。再現性がなかなか取れないので、何が悪いのか、本当にバグなのか、良くわからない部分はあります。

1. iMac が時々起動しない。
これは痛いです。毎回ではないですが、起動ボタンを押しても全く反応しません。何度か押してると起動します。試しに、起動ボタンを長押ししても何も起こらず、その後に起動できたときは「問題が発生したため終了しました」みたいなアラートが表示されます。このまま、本当に起動しなくなったらどうしよう・・・と不安を抱えながら毎日起動しています。昨日は一発起動でしたが、今日は5回目くらいでやっと起動。持ち主に似てきたのか、気まぐれ度、半端なくなってきました(笑)

ちなみに、MacBook Pro では、この症状は全くありません。

2. iTunes が終了できない。
かなりの頻度で起こります。何となくですが、デバイスと同期作業中だったり、同期作業を中断した後だと iTunes が終了してくれません。おそらく、バックグラウンドで何か処理してるのかもしれません。忘れた頃に iTunes が落ちていることもあるので。Option + Command + esc による強制終了はいつでもできます。

3. Trackpad が切断されました・・とアラートが出る。
起動時など、Trackpadは繋がっているにも関わらず、「切断されました」と表示されます。これは、ほぼ毎回かなぁ。

4. アプリについて
予想に反して、32bitアプリも特に大きな不具合なく動いています。
とっくにサポートが終了した FileMaker Pro 12 ですら動きます。ただ、ファイルをクリックして開くとほぼ確実に落ちますが、アプリを立ち上げてからファイルを開くと使えます。難しい作業はさせてなくてデータ倉庫としてしか使ってないので問題は見えてないのかもしれません。
ちなみに、Bento も何事も無かったかのように普通に動作しています。

Adobe Photoshop CC 2017 の起動が速くなった。理由不明ですが、以前が遅すぎた(Win版と比較して)のだと思います。

Safari, Chrom, Opera とも体感上、動作速度の低下はありません。
全般的な動作速度も、顕著な低下はありません。

こんな感じです。1 と 3 については、昔から伝わる Macのおまじない(PRAMクリア)で改善するかもしれません。Command + Option + P + R を同時押しで再起動ですね。

SMCリセット(システム管理コントローラー)という手もありますが、これで何かが解決した経験は過去に一度もありません。(笑)iMacなら、電源コードをしばらく外してから再起動です。

まだ色々と不具合は出てくるかもしれません。ぼちぼちアップデートされていけば良いかな。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/09/29

Icon Siam 大型商業施設 - トンブリ地区 チャオプラヤ川沿いの再開発

Icon Siam Tower S

BTSシーロムラインがバンナー Bang Na まで延長されてから、トンブリ地区の再開発が急ピッチ(?)に進んでいます。チャオプラヤ川沿いにはミレニアム・ヒルトンやペニンシュラホテルが既にできていて、トンブリは川沿いを中心に今後ますます発展が期待されるエリアです。Icon Siam はミレニアム・ヒルトンホテルの直ぐ隣に建設中です。二棟の超高層マンションと大型商業施設からなるコンプレックスです。2017年に完成・・との予定でしたが、例に漏れず、完成にはまだしばらくかかりそうです。

さらに、この Icon Siam の直ぐ隣に Bangkok Observation Tower なるものが建設されるようです(Top画像)。高さは459mでキャンドル型をした非営利施設で、2019年の完成予定だそうです。商業施設は入れずに、タイの歴史と文化、77県の紹介などを中心に、国内外からの観光客にとって魅力ある施設にするとのことです。

さて、Icon Siam について、当初の開業予定は2017年でしたが、どうみてもまだ半分も完成していません。早くても2018年末あたりが現実的なのじゃないでしょうか。下の写真は、2017年9月に撮ったものです。超高層マンション Magnolias Waterfront Tower 1 は 315mで70階建てです。Tower 2 は 269mで52階建てになりますが、まだ最上階まで達していません。

TM_DSC07625.jpg 

ミレニアム・ヒルトンホテルに泊まったので直ぐ脇で行われている工事状況を見ましたが、まだ骨組みを組み上げてるような状況なので、この後、外装や内装など作るには1年以上かかるのではないかと思いました。そして、Icon Siam の商業施設はチャロン・ナコン通り Charoen Nakhon 沿いにできます。そちらも、下写真のように、まだまだです。

TM_DSC07502.jpg 

かなりデカい施設になるので、完成後はトンブリ地区に行く機会も増えるかもしれませんね。

問題は、このエリア、アクセスが非常に悪いこと。BTS Krung Thon Buri まで行っても、そこから 1Kmくらい離れています。一番楽なのは BTS Saphan Taksin からボートでしょうか。けれど、大型施設完成後は、それだけでは人の流れを裁ききれないのは明白です。ということで、BTS Krung Thon Buri から Gold Line モノレールの建設が進められることになっています。2018年の開業を目指して今年の4月に着工予定でしたが、見た限りでは工事が始められているとは思えませんでした。タイのことですから、年単位で予定が遅れるのは普通ですから。

Icon Siam ができたら、タイ初の Apple Store が入るという噂もあります。BTS の南側には、Asiatic 2 を建設する計画もあるようですし、トンブリ地区の今後の発展が楽しみです。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
★ ご協力有り難うございます。
2017/09/28

スタバのお気に入りコーヒー

P1020185.jpg 

ワインやウィスキー、そしてコーヒーなどの味と風味を表すのは難しいです。専門家の方々は一見“なるほど”と思わせる決まり文句を使って表現します。コーヒーについていうならば、「酸味」「コク」「芳香」「スパイシー」「後味」など、わかるようで具体的にはわからない表現が使われます。プロの方、通な方には、きっとわかるのでしょう。味や香りというのは人それぞれ感じ方が異なるので、言葉で表現するのは難しいですね。

この時期のスタバは、アニバーサリーブレンドを販売しています。これ、数年前に始めて買ってからお気に入りです。何がいいかというと・・・あえて表現するなら「まろやかで奥深い苦みと余韻」。。。なんのことかわからないですよね。多分、「まろやかで奥深い」というのが「コク」に相当するのかも。少なくとも、飲んでるときの「酸味」はほとんどないけれど、飲み終わった後味のなかに「喉で感じるほんのりした僅かな酸味」が良いです。アニバーサリーブレンドの深いコクは熟成珈琲豆から来ているのだと思います。

スタバのWebを見てみると、「なめらかで深いコクとスパイシーな風味が特徴」とあります。
風味:酸味(Low)、コク(Full)
キーワード:スパイシー、ボールド

「スパイシー」という表現がよくわかりません。刺激的な風味ってどういうのでしょう。。(笑)

いつも買っているのは Caffe Verona こちらも風味は、酸味(Low)、コク(Full)
似ていると言えば似てますが、こちらの方がロースト感が少し強いかな。アニバーサリーブレンドと比べると、喉に残る後味が少なくて、若干、苦みが残る。

私は、豆のまま買って、自宅でグラインドしています。グラインダーは色々と試して、最終的に Vario の電動グラインダーに落ち着きました。豆を少し細かめに挽いて、ペーパーフィルターを使って90℃前後で抽出しています。温度が高いと少し苦みが強くなるので、低過ぎないぎりぎりの温度で入れています。(一応、キッチン温度計で計測)十分に蒸らした後は速やかに抽出し、定量一杯になったら残りは捨てます。すっきり透き通ったコーヒーは見た目にも気持ちいいです。

毎日3〜4回、こんな感じでいれてますが、味わいは体調によっても変わります。凄く美味いって感じるのは一日一回あるかどうか。(笑)コーヒーを飲むことも好きですが、コーヒーをいれる作業も楽しんでます。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/09/27

巨大なピンクのガネーシャ(2)Wat Saman Rattanaram

TM_DSC06703.jpg 

巨大なピンクのガネーシャ(1)Wat Phrong Akat」で座ったガネーシャを紹介しましたが、こちらは有名な寝そべった巨大ピンク・ガネーシャです。ここは観光客も多く、寺院というよりもテーマパーク的な存在です。ガネーシャはヒンドゥー教の神の一柱ですが、中国的な建造物や、さらにはミャンマーの軌跡の岩のミニチュアまであって、何がなんだか・・・。Wat と言って良いのかどうか迷うくらいです。大きさは22mなので、Wat Phrong Akat のガネーシャに比べると小ぶりで迫力に欠けますが、ピンクのど派手な姿には、やはり圧倒されます。

TM_DSC06682.jpg 

場所は Wat Phrong Akat から約20Km離れています。こちらの方がチャチュンサオ駅のある中心部から近いので行きやすいです。チャチュンサオ県の観光巡りとしては、Khlong Suan百年市場に行って、チャチュンサオの Wat Sothon とバーンマイ百年市場、そして Wat Saman を回るコースが良いかもしれません。チャチュンサオ市街には Wat Sothon 以外に見るべき所はないので、日帰りで全部見て回れます。

中華系建造物もど派手です。原色が色鮮やかで、日本ではこういうの見ることできないですね。

TM_DSC06693.jpg 

そのほか、こんな艶やかな仏像もありました。いずれも巨大です。(笑)

TM_DSC06695.jpg TM_DSC06698.jpg

かなり広い敷地に、このような巨大な建造物が色々とあります。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
★ ご協力有り難うございます。