2017/08/31

中国製偽物 iPhone 7 の品質には驚かされます。見ただけでは判別不能

fake-iphone-home-screen-comparison-780x585.jpg 

Cult of Mac に興味深い記事が載ってました。ぱっと見て違いが全く無い iPhone 7 plus の偽物が出回っているとのことです。中国の Hdcplayer Technology Co./ Ltd が製造して Shenzhen と言う会社が販売しているようです。中古市場でゴミを掴まされないよう注意が必要かもしれません。Top画像に見られるように、電源を入れた状態でも全く区別ができません。これ、右側が偽物なのだそうです。

裏面や待機画面でも全くと言って良いほど区別ができません。
fake-iphone-back-comparison-780x585.jpg  fake-iphone-lock-screen-780x585.jpg

さらに驚くのは、一部のアプリは起動できるので、iPhone を知らない人が見ると信じてしまいそうなこと。ただOSは酷いもので、iOS をコピーするようにハッキングした Android なのだそうです。たとえば、Touch ID オプションはあるものの指紋認証は機能しない、ロックもできない。Apple Watch や Find My Phone などももちろん動かない。Mapアプリは起動するけれど Android 環境と同様に動くだけで Apple Mapには繋がらない。iPhone の個体識別 IMEI 番号を調べてみたら、16GB gold iPhone 5s だったのだとか。

もしも Apple ID とパスワードなどを入力してしまったら・・・何が起こるかわからないけど、最悪の場合はこの中国企業に個人情報が流れてしまうのかもしれない。てことで、誰もトライしなかったのだそうです。

外見は全く本物と変わらないものの、中を見てみると明らかに違ってます。
fake-iphone-internal-photo-780x1040.jpg 

もちろん、上が本物で、下が偽物。カメラの品質も全然違っててこんな感じ。
fake-iphone-camera-comparison-780x585.jpg 

左が本物の iPhone で、右が偽物

それにしても、見かけはほんとに良くできています。これらのパーツを iPhone 7 plus と同じサイズに詰め込む技術は大したものです。なんと、この偽 iPhone 7 plus、値段も付いてて$85〜$170で売られてるのだとか。メモリーもアップグレード可能で、64GBで$20、128GBで$40なのだそうです。

外見は iPhone 7 plus、中身はAndroidのまがい物で不完全な動作。こんなものがほんとに売れるのかどうかわかりませんが、中国のコピー技術の発達にはほんとに驚かされます。ここまでやってしまう中国人の発想にも驚きます。iPhone 人気にあやかった商売なのか、品質問題で iPhone を貶めようとする意図的なものなのか定かではないけれど、Appleも大変です。

おそらく、日本語には対応してないでしょうから、日本で出回ることは無いかもしれませんね。でも、海外で使う目的で Free SIM 版を買う際にはちょっと注意した方が良いのかもしれません。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。

2017/08/31

iOS 11 に更新するための準備 - iPhone の対応状況を調べる

まもなく Apple 製品の OSがアップデートされます。iPhoneは iOS 11になって完全64bit化します。Appleのサポートページに「iOS11に備える」というページが出ています。これを見ると、対応機種は iPhone 5s 以降です。なぜ iPhone 5s 以降かというと、この機種から64bit Processorが使われているからです。

iPhone 5s では Apple初の64bit processor A7 が使われています。見た目がほとんど同じ iPhone 5 や iPhone 5c は 32bit processor の A6 なので iOS 11 に対応しません。iPhone 5 の発売は 2012年9月、もう5年近くも経っているのですね。iPhone 5s の発売は2013年9月です。iPhone 5s と同時に発表された iPhone 5c は、発売後まだ4年ちょっとですが対応機種から外れます。iPhone モデルの比較表を作ってみました。

iPhone list 

iPhone 5 と iPhone 5s は見た目はそっくりですが、簡単に見分ける方法があります。

iPhone 5_5s 
違いは Homeボタン。iPhone 5 の Homeボタンには □ が書かれています。

iPhone の他に全ての Apple製品のモデル名やサポート状況は、AppleのWebで確認できます。
保証状況の確認」でシリアル番号を入力するとモデル名とサポート状況が表示されます。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。

★ ご協力有り難うございます。
2017/08/31

Apple関連の話題 まとめ


Apple TV 4K 到着(2017/09/22)

噂の 5th Apple TV(2017/08/22)



★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/08/30

富士山はやっぱりいいなぁ。帰国便の窓から見た富士山

IP4s_0815.jpg 

東南アジア方面から帰国するとき、進行方向に向かって左側の席(A)から富士山を見ることができます。富士山が見えてくると、あぁ〜帰国したんだなぁって実感します。何度も見てきたはずですが、整理してみると写真に収めたのは数回しかありませんでした。残念。もちろん、いつも見られるわけでは無くて、雲が厚かったり飛行コースが海側だったりすると見ることできません。それに、私は急に旅行を決めるので、A席は既に埋まってることも多いんですよね。

Top画像は、まさに「頭を雲の上に出し〜」って感じで、雲の合間から富士山が見えてます。夏の富士なので頂上に雪は見られません。この時は、幸いにも富士山にもっと近づいてくれました。

TM_1208 Thai_563 
2012年8月撮影

下の写真は、随分と前のものになりますが、多分、あまりに綺麗に見えたので写真に撮ったのだと思います。2005年5月と2008年2月に撮影した写真です。
TM_0505 Mt Fuji_001 TM_0802 Bangkok_02

富士山はやっぱり頂上付近に雪が残っていた方が綺麗ですね。
(写真はいずれもバンコクからの帰国便です)

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
★ ご協力有り難うございます。

2017/08/30

バンコク高架鉄道 BTS が 10月より値上げ

DSC06155 (2) 

1999年に開通したバンコクの高架鉄道 BTS ですが、最近は混雑が激しい。開通当時はほとんど乗客は居なくて、冷房だけは異常に効いてて、外の暑さと車内の寒さでカラダ壊しそうでした。あれから18年、いまや市民の足として完全に定着しました。同時に、乗客が増えていつもラッシュ状態。まぁ、東京の朝の混雑には比べものになりませんが。

利用者が増えて収益は上がっているはずなのに、10月から値上げが発表されました。ここまで庶民の足として定着したら、多少値上げしても客は減らないだろうと踏んでのことか、値上げするより先にすることはあるだろう・・と言いたい(笑)。混雑解消のために少なくとも6両編成にするのは必須でしょう。来年以降も路線の延伸が計画されているので、今後も乗客が増えるのは間違いないですからね。(ちなみに、開通当初は3両編成で、現在は4両編成になっています)

値上げ幅は隣駅までなら 1バーツ。最大で3バーツの値上げです。率にすると5〜6%位でしょうか。それでも東京のJRや私鉄に比べると1/3〜1/5以下なので、日本人観光客からすると微々たるものです。ちなみに、ローカルバスなら東京と比べて 1/5〜1/10以下、タクシーも短距離で 1/5程度なので、庶民の足となる移動手段は滅茶苦茶安いです。

DSC06151.jpg 

つい先日、シーロム線でネックになっていたサファンタクシン駅の改装工事が発表されました。この駅、もともとシーロム線が完成した当時は終点だったので、駅ホームは片側しかないのです。運転本数を増やす上で大きな課題でした。駅の両側を道路が通っているので、片側しか線路を引けなかったみたいですが、道路部分を約2mほど移動して新たに線路を引く計画のようです。完成は2019年12月末を予定していそうなので、まだまだ先のことです。

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
★ ご協力有り難うございます。