2012/08/11

Air Display を試す

既におなじみですが、Mac や Win から iPad をセカンドディスプレイ化する優れものです。お出かけの際にしか使っていなかった iPad を、自宅でも有効活用しようと思い、遅ればせながらインストールしてみました。同じ名前のアプリですが、Mac をセカンドディスプレイ化するものと、iPad など用があり、どちらも Air Display という名前です。iPad など用は iTunes の App Store から、Mac 用は App Store アプリで購入できます。

App Store - Air Display


アプリを起動すると、Mac または Win の設定方法が日本語で表示されます。
Avatron.com から母艦用の設定をダウンロードしてインストールします。再起動後に有効になります。

メニューバーに Air Display アイコンが表示されますが、もしも表示されていなかったら、システム環境設定を開くと Air Display があるので、そこで『オン』にします。ここで接続するデバイスを選択できます。

Air Display2

設定をクリックすると、デバイスの設定ができます。iPad (3rd) ならば HiDPI解像度を有効にして Retina Display を楽しみましょう。Safari や主な Apple 製アプリは Retina Display に対応してます。他の人達がレビューしていますが、小さな文字までクッキリと、とてつもなく美しいです。

Air Display3

ディスプレイの設定はこのようになります。iPad の本来の解像度でも表示できますが、やはり Retina がいいです。従来の 1 dot を 4 dots で表示するのだから、紙の印刷物なみの美しさになります。

Air Display

Air Display は無線LANを使っているので、同じネットワークに居るときだけ使うことができます。セカンドディスプレイとして iPhone を選択することもできますが、iPad と iPhone の二台同時接続はできません。

使ってみて、画面表示は思ったよりもスムースです。画面の反応も良好ですが、iPad の上で作業ができるほどにはいきません。よって、母艦 PC で作業する際、邪魔なメニューウインドウなどを置いておくか、参照資料の閲覧などの用途が妥当かと思います。iPad は素晴らしいですが、PC の代わりを100% こなせるわけではありません。Mac Book Air 11 inches と iPad なら、合わせても 1.7kg にしかならないので二台持ちも現実的です。850円で iPad をセカンドディスプレイ化できるなんて、ほんとに素晴らしいの一言です。