2012/05/23

Blu-Ray 映像、どこまで圧縮しても iPad で綺麗に見られるか

iPad の Retina Display は、肉眼ではドットが見えないくらい緻密です。そのため、大画面液晶テレビでは荒くて見るに堪えない映像でも、かなり綺麗に見ることができます。Blu-Ray の映像は 30 GB 程度はあるので、それをリッピングして iPad に入れて見るのは無理があります。ということで、どれくらいまで圧縮しても Blu-Ray Full HD 映像を綺麗に見ることができるか試してみました。

使った映像は市販の Blu-Ray です。こちょこちょと DVD Fab Passkey でリッピングした m2ts ファイルを HandBrake で Video quality を変更して確認しました。

HandBrake の Video quality 変更は RF: ○○ で行います。数字が小さいほど高画質です。また、 Picture Settings で Detelecine (Default), Decomb (Default) にしています。どのような処理が行われているのかわからないけど、経験的にこの設定にしておいた方が画質は綺麗です。特に、地デジ映像の場合は走査線間補完が必要なので必須です。

結果はこんな感じ。

120523 Bit Rate

あくまで個人的な感想なので絶対的なものではありません。参考程度に考えてください。
ちなみに、約2時間の Blu-Ray 映像を Full HD で変換した場合、RF20 なら 9GB、RF30 なら2.1GB でした。4倍もサイズが違うと、最低限満足いくレベルの RF30 の方が良いと思っています。

RF15 と RF18 は、大画面テレビで見ても全く区別できません。

RF18 と RF20 は、大画面テレビで見ると、映像の内容によっては多少の差が出ます。ですが、通常の映画の場合は無視できる程度で、Virtual Trip シリーズのような映像の美しさを楽しむものは RF18 の方が良いです。ただし、これも、静止画にすると差が出る程度なので通常見る範囲では RF20 で十分と思います。

RF25 になると大画面ではディテールが潰れて明らかな画質劣化を感じます。ですが、iPad で見る限り、RF20 とほぼ同等と言っても良いです。静止画にすると、わずかに劣化しているのがわかりますが。

RF30だと大画面では無理です。iPad でも画質を特に気にする人は厳しいですが、映画をみて楽しむだけなら問題ないレベルです。RF35 まで落とすと iPad でみてもディテールが潰れてブロックノイズも目立ち始めます。

AB2000は、Average Bitrate を2000にして試した結果です。

ということで、結論
大画面テレビで見るなら RF20
iPad で見るなら RF30


二種類ファイルを作らないといけないけど、夜中にやれば苦にはなりません。
RF30 なら Blu-Ray Full HD 映画を 10本くらいは楽勝で持ち歩けます。

HandBrake 以外の動画変換アプリも何種類か使ってみましたが、
同じ Bit Rate なら何故か HandBrake の方が高画質です。

最近は、レンタルした Blu-Ray をリッピングして HD に保存しているので、HD の使用量が半端ないです。1本でだいたい 30 ~ 40GB も占めてしまいます。また HD の増設を考えないといけなくなってきました。
2012/05/20

iPad の Retina Display はやっぱり凄い

遅ればせながら New iPad を手に入れました。iPhoneのようにいつも外に持ち歩くわけじゃ無いので、Wi-Fi仕様のものです。外で使うときは、SoftBank 007Z ULTRA WiFi モバイルルーターを使っています。

第一印象は、やっぱり Retina Display の凄すぎる美しさです。Display というより、紙の印刷物を見ている感覚です。先代の iPad と比べると・・・比べるまでも無い。New iPad の Display を見たら、もう旧 iPad には戻れないです。色々は評に書かれているように、これはもう全く別次元です。

Blu-Ray 映像は大画面で見ても美しいと感じますが、それと同じ解像度の映像をわずか 9.7 インチの画面で見れるわけなので、画面の緻密さは半端ないです。Blu-Ray や地デジ映像をリッピングして楽しんでいます。

問題は容量です。64GB でも、ちょっと不足かもしれません。Blu-Ray 映像を満足いく品質でリッピングすると約8~10GB 位にはなるので、多くの映画を入れておくのはちょっと無理があります。ですが、画面自体が緻密なので少々ビットレートを落としても iPad で見る限りはかなり綺麗です。2時間モノで 6GB 位に落としても全然問題なさそうです。このサイズだと、流石に大画面テレビだと厳しいですが。。。

ファイルサイズを抑えるには、解像度を 1080p ではなくて 720p にするという手もあります。両者を比べてもほとんど区別がつかないくらい綺麗です。(480p との違いは歴然です)

iPad から 母艦 iMac の iTune 動画を再生
1080p 動画も全く問題なく再生されました。まぁ、当然のことと思われるかもしれませんが、同じファイルを Apple TV (3rd) で再生すると時々画面がガクガクするものもあったので、それに比べると、さすが A5X Chip のおかげでしょうか品質は相当高いと言えます。

こんなことなら、もっと早く iPad にすれば良かったと思う今日この頃。(笑)
これで旧 iPad は動くピクチャーフレームとして余生を送ってもらうことになりそうです。

ふと思う。
Jobsは、Displayという機械的なモノでは無くて、紙の印刷品質を表現できるモノを求めてたのかな・・・と。そういう意味では、New iPad はゴールの一つにたどり着いた結果なのかもしれません。デザインと画面の美しさは Mac が最初から一貫して求めていたモノだと思います。見えるスペックではなく、本当に素人でも普通に違和感なく使える品質を求めているのが良くわかります。そんなところが Apple なんですよね。

iTV の話題が上がっていますが、Apple が出すテレビは Retina Display を採用して、画素が見えない紙の印刷物と比べて遜色ない画面品質になるんじゃないでしょうか。4K 技術も開発されたことだし、ようやく Apple が求めるテレビを作れる環境が整ってきたように思えます。

itv_apple_tv_concept_by_guilherme_schasiepen_4.jpeg