2012/01/10

SHURE E530 がまた危篤状態

shure-e500-468.jpg

SHURE のイヤホンをもう5年も使っています。
一代目は E500 で、当時、ビックカメラで約5〜6万円もした代物です。
高級イヤホンの先駆けとも言える製品で、財力にモノを言わせた親父連中に人気と話題にもなりました。

付属のコントローラーがバカでかくて、せっかくの iPod の携帯性を損なうような作りで、流石アメリカ製と変に感心しました。でも、音は期待通り、iPod touch でも凄い音が出せるんだ・・・と感心させられたものです。それ以来、SHURE の虜になってしまった訳です(少々誇張しすぎ)。

当初より頑丈な作り、本体ではなくてコードが太いうえにゴツくて取り扱いにくいのが難点でした。SHURE のイヤホンは耳にかけて装着するので、コードの適度な堅さは耳かけには最適だったのかもしれません。

ところがです、日本の寒い気候では頑丈なコードが仇となり、二年目の冬にコードの被膜が割れて使えなくなってしまいました。

二代目 SHURE は、E530
一応現役で、3年目を迎えました。E500と比べるとコードが少し細くなり柔軟性も増したように思えました。多分、メーカー側でもコードのトラブルが頻発していたのだと想像できます。本体そのものは、見た目は全く変わりません。ジャックの部分にも少し工夫が見られ、折れ曲がって断線するのを防ぐようになっていました。

120110 SHURE E530 120110 SHURE E535

で、今回、この二代目 SHURE もやはりコード問題で危篤状態になりました。コードの折れ曲がり防止部分とコードの付け根あたりが割れてしまい、銅線が剥きだし状態になりつつあります。本体はまだ全く問題なく鳴っているので、またしてもコードにやられました。5万円近くもする高価なイヤホンが、コードがだめになって使い物にならなくなるなんて・・・なんか、悔しいと思いませんか?

最新モデル(E535)はどうかというと、上の図でわかるとおり、コードが着脱式に変更になっています。これって、明らかにコード問題が多発してメーカー側が取った苦肉の策なのでしょう。

不条理を感じるものの、3年間もいい音を聞かせてくれたので、お役ご免として安らかに眠っていただこうかと思っています。

次は何にするか。実は、BOSE や SONY も試してみました。いずれも、SHURE E530 と比べると “音の質” が全く異なります。音の緻密さ、分解能、つややかさ、いずれを取っても、SHURE に慣れた耳は受け付けませんでした。

最初の SHURE から約5年、当時に比べると値段も30%程度安くなっています。きっとまた、SHURE にお世話になることでしょう。
2012/01/07

Mac Blu-ray Player 快適です

Macで Blu-ray 映像を見るためには、外付け Blu-ray ドライブの他に映像再生に対応したアプリが必要なのは言うまでもありません。Macgo Mac Blu-ray Player は初めて市販されたプレイヤーアプリです。Blu-ray Disc の他、DVDはもちろん、wmv, mp4, m4v, mov, ram, flv や、プロテクトフリーの vob, m2ts 等、ほとんどの映像ファイルも再生できます。(手持ちのこれらのファイルは全て再生できました)

120106 Mac Blu-ray Player


VLC player も多くのフォーマットに対応していますが、当然ながら市販のDVDやBlu-rayなどプロテクトされたディスクの再生はできません。見るためには、DVDFab Passkeyなどでリッピングしなければいけません。
 やっぱり凄い、VLCメディアプレイヤー  - DVDFab Passkyによるリッピングから再生まで。

リッピングした Full HD映像の再生を比べてみると、さすが市販品です、Mac Blu-ray playerの方がスムースに再生できました。再生位置をマウスで移動した際に、VLC では画像が乱れてどうしようもなくなるのに対し、Mac Blu-ray player では続けて再生することができました。

VLC player と DVDFab Passkeyがあるから、わざわざ Blu-ray player を買う必要はないと思っていましたが、やはり、市販の Blu-ray を直ぐに再生できるのは重宝します。ちなみに、手持ちの 10数枚の市販 Blu-ray Disc は全て問題なく再生することができました。

ここまでは良かったのですが、問題もあります。
うちでは、東芝 REGZA に外付けした HDD に録りためた番組を DTCP-IP で Blu-ray Disc に焼いているのですが、Sony PS3 では難なく再生できたのに、Mac Blu-ray Player では再生できませんでした。この場合は、やはり DVDFab Passkey でこちょこちょ一手間かけないといけない・・・

買ってよかったと思う最大の理由は、Mac に HDMI 接続したテレビに映すことができたことです。

VLC player でも、テレビ画面に再生は可能です。iMacをREGZAに繋ぐ(2) - Mini Display Port to HDMI Adapter -
VLC player のビデオメニューから「出力するビデオデバイス」を HDMI に変更してフルスクリーン表示にすると、テレビ画面からのみ映像が再生されます。同様に、オーディオメニューの「オーディオデバイス」も HDMI に設定します。けれども、問題は、母艦の Mac の画面もブラックアウトしてしまい、Mac 上で他の操作ができません。

Mac Blu-ray Player の場合は、出力するビデオデバイスの設定はなくて、出力オーディオデバイスのみの変更が可能です。音声メニューからオーディオ出力先を HDMI にするとテレビから音が出ます。映像は、Mac Blu-ray Player のウインドウごとテレビ画面までドラッグして移動し、そこでフル画面操作にすると、テレビ画面でのみフル画面の映像が表示されます。Mac の方の画面は普通にデスクトップが表示されているので、他のアプリを操作することもできます。

Blu-ray 映像をテレビで見ながら Mac を使う意味があるのか・・と突っ込まれそうですが、Music video などを再生しながら Mac で他の作業をするというのは結構あると思います。VLC player なら再生中は Mac が使えなくなりますが、Mac Blu-ray Player ならば、“ながら”作業もできて快適です。しかも、再生中の映像と音はテレビか AV アンプから出しながら、Mac 上の操作音は Mac から出るのです。

¥3,000ちょっとの出費でしたが、値段以上の価値があったと自己満足しています。
2012/01/05

Mac Blu-ray Player がお得だったので買ってみた

MacでもBlu-rayを。
うちの iMac には外付けで I-O DATA 製 Blu-Rayドライブ BRD-U8DM を付けているので、この製品には以前から興味があり試用版を使ってみたことはあるのだけれど、DVDFab Passkey の強力な Ripping (Win7/VMware Fusion)と VLC player があるので必要性を余り感じていませんでした。実際、機能のほとんどは VLC player でもできるし、VLC の方が格段と高機能です。

とは言え、クリスマスセールをやっていたので、購入サイトを覗いてみました。

Mac版は $10値引きで $49.95
Win版はなんと $20値引きで $39.95
Mac版とWin版のバンドルパッケージもあり、こちらは $69.95。

円高なので、バンドル版は ¥5,500 足らず。Win版込みなら買ってもよいかなと思って、さっそくネットでクーポン検索(Discount Software)。

ありましたぁ(笑)
Mac Blu ray Discount Coupons  Promo Deals, Downloads - Search Software at SoftCns.com

ここからが、お得な理由です。
Mac版、Win版は既にクリスマス割引されているので逆に割引率が下がってしまいましたが、バンドル版の場合は、クーポンコードをクリックすると、$69.95から15% Off が適応されました。

Macgo Inc. online store 値引き前

     

Macgo Inc. online store 値引き後

ダメもとでクリックしてみたのだけれど、$10 もお得に買うことができました。円高もあるから、¥4,500 で Mac版と Win版をゲットです。

Mac版を使ってみて、一点だけ、すごく実用的で VLC playerよりも使い勝手が良い機能がありました。
それだけでも買ってよかったと感じています。

そのお話は 次回