2011/09/25

 やっぱり凄い、VLCメディアプレイヤー  - DVDFab Passkyによるリッピングから再生まで。

Blu-RayもDVDもMacのHDDに保存して、いつでもMacから操作して見たい。いちいちDiscを探して、DVD playerやPS3に入れて再生するのは面倒だし、レンタルしたDVDやBlu-Rayをまた見たいときに再度借りるのは面倒な上にバカらしい。もう一つの課題は、そうして録りためた動画をMacの画面では無くテレビで視聴したいということ。

試行錯誤の上、たどり着いたのが現在の環境です。(かなりの無駄な出費もしてしまいましたが)

1. Blu-Rayドライブ : I-O DATA 製 DTCP-IPネットワークダビングに対応した外付けBlu-Rayドライブ BRD-U8DM(Windows PCで動作) [REGZAでHD録画した番組をBlu-Ray Discに焼く]

2. Blu-Ray, DVDリッピングアプリ : DVDFab Passkey (Windows7 / VMware Fusion 3で動作) [DVDFab Passkeyによるリッピング]

DVDはARccOSプロテクトを含めリッピングできなかったことはありません。Blu-Rayもこれまで失敗したことはありません。地デジをDTCP-IPコピーしたBlu-Rayからもリッピングできます。

こうして出来上がるファイル形式は、DVDは.VOB, Blu-Rayは.m2tsなので、iTuneやAppleTVで再生することはできません。iTuneで動画管理してAppleTVで再生するなら、動画を.m4vや.mov, .mp4に変換しないといけません。

3. 動画変換アプリ : Xilisoft Video Converter Ultimate for Mac(究極動画変換 for Macエディション)[Xilisoft HD Video Converter 6 による動画変換] 、 [m2tsファイルをApple TVで再生可能なファイルに変換]

VLCプレイヤーで視聴したり、PlayStation3 (PS3) から視聴するなら.m2tsファイルを変換する必要はありません。

4. DVD, Blu-Ray (.m2ts) 動画再生 : VLCメディアプレイヤーが最強だと思います。DVDはTSフォルダごと読み込むとDVDプレイヤーと同じように再生できるし、Blu-Rayからリッピングしたm2tsファイルも、プレイリストに登録すれば連続して再生することもできます。

110924 VLCメディアプレイヤー-1
赤丸部分をクリックしてプレイリストを開くと
110924 VLCプレイリスト

Blu-Ray Discの再生は、MacでもBlu-Ray Playerを使えば可能です。動作安定性はVLCプレイヤーより優れていますが、設定項目はVLCに比べて圧倒的に少ないし、BDMV/STREAMフォルダを読み込むことができるのに、何故か連続再生ができませんでした。プレイリストやライブラリ機能もありません。Blu-Ray Discからの再生に機能を絞っているように思えます。DVDFab Passkeyでリッピングしたファイルの場合は、VLCプレイヤーの方が全然優れています。

最後に、VLCプレイヤーからの映像をテレビ画面に表示させることですが、Moshi Mini Display Port to HDMI Adapterが使えます。

iMacをREGZAに繋ぐ - Mini Display Port to HDMI Adapter -
iMacをREGZAに繋ぐ(2) - Mini Display Port to HDMI Adapter -

システム環境設定の「サウンド」でHDMI出力を選択するのですが、VLCプレイヤーの場合はメニューの「オーディオ」から出力先を設定することができます。

110924 VLCスクリーンショット

更に、画像についてもメニューの「ビデオ」で出力先を設定できます。(全画面表示の場合)

110924 スクリーンショット

全画面表示するとMac側のディスプレイは真っ暗になり簡易コントローラのみが表示されます。メニューバーはマウスカーソルをディスプレイの上にあてると表示されるので、操作に困ることはありません。

DVDFab Passkey, VLCプレイヤーはすばらしいです。
2011/09/23

Adonit Writer for iPad 2 - これってもうNote PCと変わらないんじゃないか?

一時期、NetBookなる廉価版Note PCが流行って各社とも製品投入してた頃、Appleは廉価版PCを出さずにMac Book路線を堅持してきました。そして投入したのが iPad。従来のPCとは一線を画す新しいタイプのタブレットPCでした。iPhoneを大きくしたようなルックスは、PCの概念を完全に覆して、情報端末としてのマーケットを創世してきたように思います。

価格帯はNetBookとほぼ同じなのに、グラスカバーのディスプレイとアルミバックで高級感があります。何より斬新で持ってて格好良い。Korean Companyのプラスチックカバーとは大きな違いです。iPodが発売されたときのような感動を覚えました。

で、表題の Adonit Writer for iPad2。Bluetoothキーボード付きのカバーの一種なのですが、こうしてみると完全にNote PCです。
110923 Cult of Mac | Apple News, Reviews and How Tos-2

重さは486gなので、iPad2とあわせると約1.1Kg。サイズは幅24.4cm、奥行20.4cmです。iPad 2を装着して上の写真のようにして置くと奥行は22.4cmになります。大きさも重さも小型のNote PCとほぼ同じです。

Appleがこうなることを予想して廉価版PC NetBook市場に参入しなかったのかどうかは別として、やはりPCから離れられない人達も沢山居るというのが間違いない現実のようです。

US Amazonで $99.99 で販売されており、星の数は3個半です。「iPad2をまさにPCにした」「エレガントで機能的で iPadを更によいものにした」などと絶賛するコメントがある一方、直ぐ壊れたとかバッテリー装着に問題ありなどの否定的なコメントも書き込まれています。ちなみに、日本のAmazonでは販売されていませんが、キーボードは日本語JISにも対応しています。
2011/09/23

iPhone用のタッチペン - 慣れると結構使いやすい。トラックパッドでも使える!

iPhoneのタッチ操作は便利なのですが、スマホ対応Webページ以外では文字が小さくて指でクリックするのは至難の技でした。ピンチして表示を大きくしてからクリックするのも面倒だし。ということで、タッチペンを “何度か” 購入しました。

初めて買ったものはイライラするほど感度悪くて使えず、すぐにお払い箱に。三度目の正直とばかりにネットで下調べの後に購入したのが、プリンストン PIP-TP2W [iPad/iPhone/iPod touch専用タッチペン ホワイト] です。メーカーサイトに表示されている税込み価格は1,580円ですが、Amazonでは874円で販売されています。

110923 PIP-TP2 プリンストンテクノロジー

指操作からタッチペン操作にすると、最初は押し加減など慣れが必要ですが、この製品はすばらしく感度が良いので普通にタッチする感覚でiPhone操作ができます。もちろん、iPadでも同様です。

iPhoneとの大きさの比較は下図のような感じで、気をつけていないと無くしてしまいそうなくらい小さいです。

110923 Touch pen

このタッチペン、当然と言えば当然なのかもしれませんが、トラックパッドでも使えます
iPhoneの時に比べて少し抑え気味で操作するとカーソルを動かすことができ、カチッと音がするまで押し込むとクリック操作ができます。

グラフィックアプリでドローイングする際、トラックパッドを指で操作するのは相当大変です。マジックマウスもはっきりいって持ちづらいので操作性が悪いです。そんなとき、このタッチペンだとトラックパッドで楽に操作できます。Amazonで買うと1,000円以下ですし、持ってて損は無い一品だと思います。
2011/09/23

iPhoneがAUから販売されるという話題でもちきりですね 

iPhone5がいつ発売になるのか世界中で話題になっている最中、日本ではAUからiPhone販売というニュースでもちきりです。ソフトバンクの株価が一気に10%以上も下落した一方で、KDDIの株価は日経平均が下がっている中でも年初来高値を更新 [ITmediaニュース]。あらためてiPhoneのすごさを見せつける結果となりました。当然のことながら、AppleからもKDDIからも正式なコメントはまだありません。

1国1キャリアで始めたiPhone販売も、いまや複数キャリアはあたりまえ。日本だけがソフトバンクの独占を通してこれたのが不思議なくらいでした。孫氏とSteve Jobs氏との個人的なつながりが取りざたされてきましたが、Appleにとっては、Jobs氏のCEO退任が良いきっかけになったのかもしれません。第3位のキャリアだけに任せていてはAndroidの攻勢に勝てないと考えるのは当然ですから。

個人的には、繋がりにくいと評判のソフトバンクが膨大なトラフィックを生むiPhoneを独占していることに不満を感じていました。iPhoneは完全に情報携帯端末として使ってきて、携帯電話として使ったのはこの数年間で数えるほどしかありません。せっかくの情報端末なのに、地方に行けば繋がらないこともあるし、都内の山手線沿いでも安定接続が難しい場所があります。夕方、帰宅時間帯のJR都内主要駅では、まずサクサクとは繋がりません。快適に使っているように見えるAUやDOCOMOのスマートフォンユーザーがうらやましく思えます。

10月4日に何らかのプレスリリースがあるのではないかと言われていますが、そこで何が発表されるのかもまだわかりません。iPhone5は発表されるのか、それともiPhone4Sなのか、3G iPod touchの可能性もあります。言うまでも無く、iCloudとiOS5については当然ととらえられています。どうなるのか楽しみです。

本当に、AUからiPhone5の販売が発表されたら、多分乗り換えるかな。
どう間違っても通信環境はソフトバンクよりも良くなりそうだから。

■ KDDI、「iPhone5」参入の衝撃 ソフトバンクの独占崩れ、auで11月にも発売 [日経ビジネス]
■ KDDI、iPhone販売へ ソフトバンク独占崩れる 来年から [日本経済新聞Web]
■ 「KDDIがiPhone販売」の陰でささやかれるソフトバンクがほくそ笑む意外な理由 [週間ダイアモンド]
■ KDDI、2011年9月26日(月)10:00から新商品発表会(USTREAM生中継) [KDDI]
■ 緊急アンケート、結果発表!au に乗り換える派とSB のまま派は半々! [AppBank]
2011/09/22

慣れてくるとMacのトラックパッドは便利だと思う

iMac (2011 May) の購入を機に、Bluetoothキーボードにマジックマウス、トラックパッドを購入しました。最初はマウスもトラックパッドも使いづらくて、しかもデフォルトではスクロールの方向も以前と逆になっていたので戸惑いました。今では、Win PCのマウス操作の方がおかしく思えてきました。『スクロールの方向:ナチュラル』という表記が確かに自然で、なぜ今までマウスのスクロールって逆向きに移動してたのだろうと不思議にすら思えます。

Lionになってから、iPhoneとかiPadと同じような操作ができます。もちろん、アプリが対応してないといけないのだけど、マジックマウスをタップすると拡大したり縮小したり楽です。