2011/08/31

フォントの良くわからないお話 - Macでカラー絵文字 - 

Mac OSX Lionからカラー絵文字が使えるようになりました。昨今、携帯電話ではカラー絵文字が普通に使えるので、Macも時代の流れに乗って絵文字に対応したのだと思います。しかし、ここに大きな問題点があるのは既に皆さん経験済みでしょう。

昔から、MacとWindowsでは機種依存文字というのがあって、Macでは表示されるのにWindows (DOS) では正しく表示されない文字があり、これは常識的に理解するしかなかったのです。印刷業界ではデザイナーがMacを使用することが多かったので、Windowsで作った原稿からデザインする場合、文字化けを起こしたりしていました。

絵文字になると更に複雑で、携帯電話キャリア間でも機種依存性があります。携帯から送った絵文字はパソコンでは表示されなかったり、携帯電話同士でもキャリアが異なれば正しく表示されない場合があります。統一する方向で動いているような気もしますが、それでも多くの絵文字は機種依存です。

そこにMacも絵文字が使えるようになったのです。当然ながら問題はあります。Mac同士で、現状ならOSX Lionユーザー間なら問題は無いと思いますが、それ以外の場合は化け化け必至です。また、アプリが対応していない場合は、OSX Lionであってもカラー絵文字は使えません。

まずは、Mac OSX Lionでカラー絵文字など特殊文字を入力する方法をまとめてみました。



続きを読む

2011/08/30

SamsungがAppleに対抗するためwebOSを購入するかも by AppleInsider

SamsungがHewlett-PackardからwebOSを買うことに興味を示しているという噂です。もちろん、これはハードウェアとソフトウェアを統合しているAppleの強みに直接的に対抗するためです。[AppleInsider]

今月初めにHPはPCビジネスから撤退するプランを発表しました。それに伴い、Palmにより開発されたwebOSをもスクラップにするということです。Samsungは当初よりHPのPCビジネスを買うのでは無いかという候補に上がっていました。

しかしながら、DigiTimesの新しいレポートによると、Samsungは利幅の小さいPCビジネスには興味を示していないものの、webOSについては購入を考慮していると伝えています。もちろん、SamsungもHPもこのことは否定していますが。

OSを手に入れて、Appleに対抗することも一つの可能性としてありますが、もしもSamsungがwebOSを購入すれば、それはGoogleにも対抗することになりかねません。

今月初め、GoogleはMotorola Mobilityの買収を発表しました。これにより、GoogleはMotorolaの豊富な特許をにアクセスできるだけ無く、Motorolaの持つAndroidベースのハードウェアも手に入れることになります。SamsungもAndroid端末を製造していますので、GoogleがMotorolaを購入したことは脅威に感じているはずです。そのため、Samsungが自社製品を差別化するためにスマートフォンのOSを物色しているのではないかと言われました。

AppleとGoogleという巨人が、急激に成長するスマートフォン、タブレット市場において、ハードとソフトの両面を統合する戦略に出ている中、Samsungはどう対抗するのでしょう。やはり、HPからwebOSを買って、Windows-base PCビジネスを強化して差別化をはかる戦略に出るのかもしれませんね。
2011/08/30

NYC 9.11 メモリアル画像、映像アプリが期間限定で無料

もう間もなく10年になります。まるで映画でも見てるかのようでした・・だけど、あれは現実でした。
いとも簡単にあの巨大なビルが二つも同時に無くなってしまうなんて、想像もできませんでした。
何度となく屋上の吹きさらしの展望台に上り、遠くに見える自由の女神やスタッテン島を見たものです。ワールドトレードセンターから見るアッパーマンハッタンの景色もすばらしかった。でも、もう見ることはできないのです。

2004年まで跡地をどうするか決まっていませんでしたが、結局、ふたたびワールドトレードセンターが作られることになり、その核となるOne World Trade Centerは2013年に完成する予定です。高さは、アメリカ独立の年にちなんで1,776フィート(541m)になるそうです。

ちょうど10年目を記念してということでしょうか、Steve Rosenbaum が “The 9/11 Memorial: Past, Present and Future” アプリを AppStore で販売するとのことです。400枚以上の静止画像、40以上のオリジナルビデオも収録され、iPadならではのインターラクティブ操作が楽しめるようです。

AppStoreでのダウンロード販売は 9/1 からです。iPad 専用。
9/1 から 9/12 までは無料で、その後は $9.99 になります。

The 9_11 Memorial

http://www.911memorialapp.com/
2011/08/28

Macライフを楽しむ便利な小物アプリ - Launchpadの整理 -「Launchpad-Control」

Mac OSX 10.7 Lionから新しく搭載された機能「Launchpad」ですが、iPad のような使い方ができるようになるので、MacBook ユーザーには有り難い機能の一つだと思います。

ただ困ったことに、Launchpad はアプリケーションフォルダに入っているアプリを全て表示してしまいます。つまり、普段は使わないアプリからアンインストーラーまで表示してしまうのです。

【注意】 Launchpad では、アプリを選択してクリック長押しすると、iPhoneiPad のようにアイコンがフラフラ揺れて、アプリを削除する × が表示されます。ここで削除すると、アプリケーションフォルダからアプリが完全に削除されてしまうようです。

これを解消して、必要なアプリだけを Launchpad に表示できるようにしてくれるのが Launchpad-Control です。ダウンロードはこちら

Launchpad-Control | chaosspace.de

操作は簡単で、インストールするとシステム環境設定に「Launchpad」アイコンが現れるので、クリックして表示されるパネルで、Launchpad に表示させたくないアプリのチェックを外すだけです。残念ながら、このパネルでアプリの移動はできないようです。

Launchpad-Control | chaosspace.de-1

使わないアプリを表示しないので、Launchpad がスッキリします。
欲を言うならば、iPhone, iPad のようにアイコン画像を見ながら変更や場所の移動ができるといいですね。
2011/08/27

ライオンの調教は続く - アップデートして良かったですか? -

バージョン番号で、わずか 0.0.2 の違いですが、Snow LeopardからLionへと大きく成長したと言われる Mac OSX 10.7 Lion。新しいOSにアップグレードするときは、いつも、ワクワクした期待と互換性という不安がつきまとうものです。1ヶ月あまり使用してみて、個人的に思った感想を書いてみたいと思います。

アップル - OS X Lion - 世界で最も先進的なコンピュータのオペレーティングシステム。

Appleによると新機能は250以上とのことです。Appleの新機能紹介の順番にあわせて話を進める前に、どこにも触れられてない互換性と不具合について最初に書きます。

1. Rosettaを廃止してPower PC時代と決別したことにより、古くから使っていたアプリが使いもにならなくなりました。今も開発が続いているアプリの場合は良いですが、すでに開発終了しているフリーウェアの場合は、使用を諦めるしかありません。記事にも書きましたが、リッピングアプリの MacTheRipper が使えなくなったのが痛いです。

2. 互換性では、Safari 5.1 と日本語入力の不具合は、かなり致命的です。少なくとも、私の環境では未だに解決していません。Flashを走らせるサイトを見ると、その後でWeb内での文字入力ができなくなります。サイトにログインすることもできなくなります。一旦、ウインドウを閉じて再度新たに開くと文字入力の不具合はなくなりますが、イライラします。他のブラウザでは、そのようなことが起きないので、おそらくは Safari 5.1 そのものの不具合と思っています。その昔、2003年に Safari が発表になったころ、日本語表示が頻繁に文字化けしたり、更にさかのぼって漢字TalkやOS7の時代に日本語インライン入力ができなかった頃の記憶が蘇りました。

そのほか、毎年のようにアップグレードを繰り返している某宛名印刷アプリなども、早々と Lion 非対応をアナウンスして、既存ユーザーへのサポートよりも商売優先を明確にしたところもあります。長年使っているATOKもそれに近いです。あたかも、OSX Lionでは ATOK に不具合がでるかのような逆説的な宣伝「ATOK 2011はOSX Lionに完全対応保証」で、Lionへのバージョンアップと一緒に購入した人も多いのではないでしょうか。ATOK は以前のバージョンでも Lion でちゃんと動きます。

Appleの QuickTime Player が動かなくなるとの噂もありましたが、Appleのサポートサイトから QuickTime Player 7.6.6 を ダウンロード してインストールすれば、Lionでもちゃんと使うことができます。Pro版を購入していた方は編集もできます。

こんな風に、今のところ利用者としてメリットを感じることができる点があまりないのが現状です。
この後、新機能についての所感を書いていきます。

続きを読む