2018/07/11

4Kテレビでも十分なのに、8Kテレビなんて本当に必要なのか? 大画面テレビと解像度のお話

20170622162055_wRHuhvM0T1.png

既にケーブルテレビやCSで4K映像を視聴している方はいると思いますが、480i 時代の昔のテレビやDVD映像からフルハイビジョン FHD 1080i/p に変わったときほどの感動が無いと感じてる人は多いのではないでしょうか。簡単に言うと、通常の視聴状況において、FHDでも既に人間の目が見分けられる限界に近づいているからです。画面から1m以下の至近距離でテレビを見る人はまず居ないでしょう。普通は2〜3mは離れて見ます。大画面になればなるほど少なくとも2m以上は離れていないと画面全体を見渡すことができません。

人間の目は都合良く出来ていて、視認限界というのがあって、網膜の解像度を超えると物理的な解像度をいくら高くしても同じに見えてしまうのです。iPhone の Retinaディスプレイというのは「網膜解像度を持つディスプレイ」のことで、これ以上画面解像度を上げても意味ありませんよ・・と、Apple さんは言っているのです。スマホ画面の大きさで 4K をうたうものがありますが、明らかにオーバースペックな訳です。多くの画素を制御するにはCPUパワーが必要なので、スマホの4K化は百害あって一理無しと言っても良いのかもしれません。

読書する程度の至近距離での視認限界は300dpi程度と言われています。これは 1インチ(2.54センチメートル)に同じ太さの線を150本等間隔を引いて区別出来る程度の解像度です。これは約85ミクロンになります。虫眼鏡で見ればシャギーがわかるけど、30センチ程度離れて肉眼で見ると綺麗に見えます。ちなみに、iPhone 8 は 326dpi、iPhone 8 plus は401dpiです。スマホを虫眼鏡で見る人は居ないので、これだけの解像度があれば十分すぎるわけです。(iPhone X は 458dpi)

視認限界には物理的な解像度だけでなく距離も関係してきます。低解像度の画像でも離れて見ればシャギーが気にならないわけです。どれくらいが限界かと言うと、視力検査からそのヒントを知ることができます。

視力検査では、ランドルト環視力測定が通常行われています。これは、ざっくり言うと、5m離れた所から1.5mmの隙間を認識できる視力を1としています。視力1相当を視認限界とするならば、iPhone の画面解像度の場合は約25cm離して見たときがそれにあたります。それより近づけると焦点が合わなくなるので現実的な距離だと思います。(視力2の人はこの条件でもシャギーが見えるのかもしれませんが、私にはわからず検証不可。また、視力2の人は1の人の倍の解像度を認識できるわけではありません)

これをテレビに当てはめるとどうなるか、と言うのが本題です。まず、計算した結果から。
4K8K画面解像度_xlsx

この表で一番重要なのは右端の「視力1相当の視認限界」です。これだけの距離を離れて見ると視認限界を超えることを示しています。Mac の Retinaディスプレイでは、iPhone で約25cm, iPad で約30cm, iMacでは約40cmとなり、現実的な距離であることがわかります。

テレビの場合は、FHDテレビでも2〜3m離れて見ると、もはや視認限界を超えてしまいます。65型以上の4Kテレビならわずか1.5m離れて見るだけで視認限界に達します。大型テレビを至近距離から見る人は居ないと思うので、通常の視聴環境なら4K解像度を活かしたたくっきり綺麗な映像を見ることができるわけです。メーカーの取扱説明書にも 2〜3m離れて見てくださいと書かれていますからね。

そして 8K。これはもう家庭用としてはオーバースペック以外無いでしょう。わずか1m離れるだけで画素を区別することができません。Sharpさん、70型の8Kテレビを100万円で売り出すそうですが、私なら迷うことなく80型の4Kテレビを買います。100インチくらいなら多少8Kのメリットはあるのかもしれません。

政府肝いりのプロジェクトだし、何としてでもテレビの買い換え需要を起こそうと様々なプロモーションが行われています。「8Kになると奥行き感が表現される」とか「その場に居るような体験ができる」とか、消費者の興味をそそりそうな言葉が並んでいます。ですが、実際はどうなんでしょうね。まず、ソフトが限られるし、放送用に画質を落とした(ビットレートを落とした)映像では 8Kはおろか4Kでも真価を発揮出来ないのでは無いかと思います。

4月にレコーダーを買い換えることになって Ultra HD Blu-Rayレコーダーを買いました。併せて 4K UHDも。正直言って、Full HD の映像と見比べてみましたが、ほとんど区別できませんでした。なんとかして違いを見つけたくて・・・、30〜50センチ位まで画面に近寄ると、UHDでは看板に書かれた小さな文字がなんとか判読できる!という違いを見つけました。ほんとにどうでも良い話です。


オーディオの世界では「空気感が伝わってくるような自然な音」なんて表現を聞くことありますが、年を重ねた評論家さん達には、きっと聞こえない音まで聞こえてるのではないでしょうか(笑)。映像の世界もどうやらその域に達してきた感じがします。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/05/03

4K Ultra HD Blu-Ray は必要か?

TM_P1020271m.jpg

先月、Blu-Ray レコーダーを買い換えて UHD Blu-Ray にしました。Panasonic DMR-UBZ2030 という機種です。これにしたのは、HDR対応の他、4K/60p/36bit出力に対応しているので、しばらくは買い換える必要がないかなぁと思ったから。テレビの方は同じく Panasonic のビエラで、HDR非対応のちょっと前の 65型です。

4K の美しさは YouTubes の映像でも感じています。「感じて」というのは、2Kより綺麗なのは間違いなくてもスゴいというレベルではなかったからです。ビットレートを抑えたストリーミングによる制約かもしれないとも思いましたが、SD から HDハイビジョン映像に変わったときほどの感動はありませんでした。

地デジのビットレート最大値は約17Mbpsで、BSでは24Mbps です。いずれも可変ビットレートなので平均するとそれぞれ14Mbpsと18Mbps くらいだと言われています。これが Blu-Ray だと最大約54Mbpsで平均40Mbps程度です。ちなみに 480pのDVDは約10Mbpsです。

YouTubes はどれくらいかというと、ダウンロードした映像をいくつか調べてみたところ、4K で約22Mbps(H.264)くらいのものまでありました。2Kでは6〜8Mbpsくらい。4Kでは画面面積が2Kの4倍なので画質的には2K動画よりも悪いと考えられ、綺麗に見えるのは解像度が上がったためでしょう。

UHD Blu-Ray は最大 100Mbps(H.265)くらいとされています。DNR-UBZ2030はもちろん、H.265/HEVC で 100Mbpsに対応しています。動画の圧縮技術は H.265/HEVC でより高画質な圧縮が可能になっています。
Panasonic UBZ2030_03 H.264 と H.265/HEVC とでは画質はどれくらい違うかというと、H.265では大体30〜40%ビットレートを落としても H.264と同等だと言われています。つまり、100Mbps(H.265/HEVC)は22Mbps(H.264)とを比べて約 6〜8倍以上高画質ということになります。UHD Blu-Rayではかなり綺麗に見られるものと期待が膨らんでいました。

前置きがすご〜く長くなってしまいましたが、冒頭の UHD Blu-Ray を再生してみた結果です。

テレビから約2m程度離れて UHD Blu-Ray を再生してみると、綺麗は綺麗ですが「ん?」といった感じ。試しに同包の HD Blu-Ray と比べてみても違いがよくわからない。真剣に目をこらしてみると、UHD だと確かにメリハリがはっきりしている感じでした。「宮古島」など風景では違いを探すのは容易ではありませんでした。「Star Wars」のテロップなどの文字では明らかに UHD の方がクッキリしているように感じました。

価格で倍近くも高い UHD Blu-Ray を買ったので何としても違いを納得したい。。そんな思いから UHD と HD を見比べてみました。結果として、画面から 40〜50cm位の距離から見てみると静止している部分で違いがわかりました動いている場面では違いを探すのは困難かもしれません(笑)。

HD と 4K UHD では記録されている動画には画質に明らかな違いがあるはずです。でも、テレビで見ると違いを明確に認識できない・・・。考えられる理由は、UBZ2030で HD映像を再生する時に「4Kダイレクトクロマアップコンバート」で 2K信号が 4Kにアップコンバートされているためかもしれません。なかなか優れもののようです(笑)。まぁ、たしかに、地デジを見ていても細部まで特に違和感なく、シャギーも無く美しく見えていますからね。

結論です。
テレビ画面から 2〜3m 以上離れて映画を見るなら、UHD Blu-Ray は必要ない

かも。

これからはネット配信がますます増えてくるでしょうから、Blu-Ray で映画を見る機会も少なくなっていくでしょう。UHD Blu-Ray にしたからと言って目が覚めるような美しさを感じることは無いと思います。多分、8K になったとしても家庭のリビングで見る限りにおいて HD映像との違いは余りないかもしれません。画質より映画の内容の方が重要ですね。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/04/13

ケーブルTVモデムの交換にあわせて、AVシステムの配線を整理してみました

Panasonic AX900-65 S

今やほとんどの AV機器はインターネットに接続するのが当たり前です。うちは、ケーブルテレビにしているので、マンションに引き込んだケーブル回線から分岐した有線LAN回線を、まず Apple AirMac Time Capsule(有線/無線LANルーター)に入れています。有線LANケーブルと各部屋の端子、集中配線盤は既設なので、そこへ AirMac からケーブルを戻す形で全部屋に配線しています。少々面倒ですが、ケーブル回線の場合は端子がリビング(テレビを置く付近)にしか無いのでしかたありません。テレビの端子は各部屋にあるものの、ケーブルモデムを接続できるのは一箇所だけなのです。

ケーブルテレビ会社も統廃合が進んで、最初に契約していた会社はもうありません。契約内容は変わらず統合した会社が継続してくれていましたが、新しいサービスを受けられずに多少割高感があったので、新契約を結ぶことにしました。以前は Blu-Ray レコーダー付きのセットトップボックスで重宝していましたが、レンタル料が発生していて、その分が割高だったのです。

ほとんど使いもしなかったのに、レコーダーが無くなるのは何となく不安になって Blu-Ray レコーダーを購入しました。まぁ、これからなら UHD の方がいいかな・・と、金額差もさほど大きくなかったので、Panasonic UBZ2030 にしました。うちはテレビもパナソニックだし、以前のレコーダーもパナソニックだったこともあり、同じメーカーで揃えていた方が何かと便利なのです。

久しぶりにテレビとAV機器の裏側を見ました。もう何がなんだかわからないほど配線がごちゃごちゃしていて・・・(笑)。テレビにレコーダー、AVアンプ、スピーカー、Apple TV、セットトップボックス、使ってない PlayStation、外付け HDD を一箇所にまとめているので致し方ありません。

中途半端にごちゃごちゃ接続していた配線を見直して整理しました。HDMI ケーブルには相性というか性能差があって、Apple TV 4K とUHD Blu-Ray をテレビに接続するケーブルは 4K 60p 対応の高級品を使わないと上手く動作しません。

180413_配線図

以前は AV Amp に映像と音声を全て集めて、そこからテレビに出力するようにしていました。けれど、Apple TV 4K で 4K映像を出力する際に、AV Amp 経由だと正しく表示できないことがわかり、テレビを中心に配線し直すことにしました。(AV Ampは一応 4K対応なのですが、60pには対応してないらしく Apple TV に嫌われました。)

この配線で良くわからないのは、テレビと AV Amp との接続部分です。HDMI接続だけではテレビ音声を AV Amp から出すことができませんでした。光ファイバー接続が必須で、そうすることでテレビに入ってくる全ての音声を AV Amp を通してスピーカーから出力できます。もちろん、サラウンド信号もちゃんと送られます。(映像信号を AV Amp に入力してテレビで見る場合には HDMI 経由で信号が送られます。)AV Amp はビエラリンクに対応しているので、電源の ON/OFF などは HDMI 経由で信号が送られているようです。テレビの電源を入れると AV Amp にも電源が入り、スピーカーから音声が流れます。

AV Amp には Apple TV から直接入力はありませんが、AirPlay により AV Amp経由で音を出すことはできます。(私の持っている AV Ampは AirPlay対応なのです)ただ、iTunes から AV Amp に直接音声出力すると、何故だかビエラリンクの設定がリセットされてしまうようなので使っていません。

テレビ外付け HDD に録画した映像は、UHD Blu-Ray レコーダーに直接ダビングできます。おそらく、 Blu-Ray に直接書き込みもできそうな雰囲気でした。同じメーカー同士なので接続は安心です。

ケーブル TV から HDMI 経由でテレビに流す映像は、外付けのレコーダーに出力できない仕様です。当然と言えば当然のことなので余り気にしません。ただ、Cable TV の番組を録画したいときはどうするか。LANケーブルを繋ぐと、Cable TV セットトップボックスからBlu-Ray レコーダーが録画先として認識されました。これは DLNA (Digital Living Network Alliance) のおかげですね。

と、色々とごちゃごちゃしていて、この配線がベストなのかどうか良くわからない部分はあります。が、今のところ特に問題なく動いています。

4K YouTube を見るときは、テレビ内蔵のアプリを使っています。Apple TV の YouTubeアプリだと 2K までしか再生できないらしいですが、確認はしていません。

LAN HDD 上の 4K映像(m2ts, mp4)はテレビと Blu-Rayレコーダーから直接見ることができます。Apple TV の場合は VLC Player を使えば見ることができます。

Apple Quick Time Player で m2tsファイルの再生ができるようになったことは別記事で書きました。そのうち、Apple TV でも直接読めるようになるのでは・・と期待しています。iTunes から AirPlay で全てのフォーマットの映像が Apple TV に流せるようになると便利なのですけどね。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。