2018/06/22

タバコのお話(2) 空港ターミナル内での喫煙事情

TM_CS100_1178.jpg
パリ・シャルルドゴール国際空港 ガラス張りの所に階段があり、トイレと喫煙室があります

タバコを吸わない人はタバコ臭にすぐ気づくと言います。私もどちらかというと鼻が効く方で、喫煙スペースを探り当てるのが得意です。空港ターミナル内でも喫煙ルームを設けている所はそこそこあって、そう言う場所に近づくと私の鼻は敏感に反応して場所とすぐに突き止めることができます(笑)。まぁ、タバコの臭いというのはそれだけ広範囲に拡散してしまっていると言うことなので、嫌煙者が声をあげるのもわからないわけではありません。

日本ではほとんどの空港に喫煙ルームがあります。日本の喫煙率は OECD諸国平均とほぼ同じ約20%ですが、男性の喫煙率が高いのが特徴です。文化的背景もあって女性は外でタバコを吸う人が少ない上に、働き盛りの男性の約40%が喫煙者なので、空港内での喫煙需要はかなり高いのではないでしょうか。

海外では、ターミナル内は完全禁煙のところも結構あります。地域によって差はありますが、私が最近 5, 6 年の間に行った場所では、アメリカはほぼ全滅でヨーロッパは寛容な印象です。アジアもかなり厳しくなってきています。

【アジア】
・クアラルンプール国際空港 ▲ International Flight C-Gate のみ
・シンガポール・チャンギ国際空港 ● 各ターミナルにあり
・バンコク・スワンナプーム国際空港 ● 各コンコースにあり
   ※ JALラウンジにも喫煙室があります
・北京首都国際空港 ■ 全滅
・上海浦東国際空港 ● あり
・上海虹橋国際空港 ● あり
・香港国際空港 ● あり

【ヨーロッパ】
・ロンドン・ヒースロー国際空港 ▲ Terminal 3, 4 にのみあり
・パリ・シャルルドゴール国際空港 ● 各ターミナルにあり
・フランクフルト国際空港 ● 各エリアにあり
・チューリッヒ国際空港 ● 多数あり
   ※ タバコ企業がスポンサーになった立派なラウンジが多数
・ウィーン国際空港 ● あり(Camel smoking roomもあり)
・ヘルシンキ国際空港 ● あり(Finnair lounge にもあり)

【アメリカ】
・ニューヨーク JFK 国際空港 ■ 全滅
・ニューアーク国際空港 ■ 全滅
  ※ 以前はターミナルのテラスが喫煙場所でしたがクローズ
・ボストン国際空港 ■ 全滅
・ワシントン・ローガン国際空港 ■ 全滅
  ※ 以前は日本行き出発ゲート近くに喫煙室がありました
・デンバー国際空港 ■ 全滅
  ※ 以前は Smoking Lounge Barがありましたが閉店
・ソルトレークシティー国際空港 ■ 全滅
  ※ 以前は書くコンコースにありましたがクローズ
・サンフランシスコ国際空港 ■ 全滅
・サンジエゴ国際空港 ■ 全滅

TM_IP5_0290.jpg
チューリッヒ国際空港の Camel Smoking Lounge

空港ターミナルビル内での喫煙は全面禁止されているアメリカの空港ですが、ターミナルを出ると喫煙スペースが設けられています。

今では考えられませんが、2000年頃までは機内でも喫煙席が設けられていて皆さんモクモクやってました。国内線で全面禁煙になったのは 1999年です。その後、国際線も一気にに禁煙化が進んで、日本発着便で最後まで喫煙可だったエアーフランスも 2001年に全面禁煙になりました。その頃のエアーフランスに乗ったことがありますが、座席は禁煙になっていたものの、少し離れた場所に喫煙スペースが設けられていたので、近くに座っていた人は大迷惑だったに違いありません。飛行機内という密室ですからね、たとえ隅っこの方でタバコを吸ったとしても全体に臭いが広がっていたに違いありません。

ちなみに、最新鋭の飛行機でもトイレには灰皿が付けられています。実はこれ、灰皿の設置が義務づけられていて、不届き者が万が一タバコを吸ってしまったとしても、直ぐに消して火災を未然に防止するためなのだそうです。決してトイレでタバコを吸うことを容認しているわけではありません。煙探知機で直ぐに発見されて、罰金など厳しい罰則が科せられます。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/06/20

タバコのお話 タイでは電子タバコはアウトです

pUc6jZ0adFin10-pCX4QuBO0W8sS67q-rKVLCD-I6hg.jpg

肩身の狭い思いをしながらもなんとか喫煙を続けている私です。自分でタバコを吸うのに、実はタバコの煙が大嫌いなのです。厳密に言うならば、嫌な匂いがするタバコの煙やタバコの煙自体が煙いので嫌いです。タバコを吸わない人からすると、そこまでしてタバコを吸う理由はなんなの? と言われてしまいそうですが。

そんな私ですから、タバコを吸う時はかなり気を使っています。まず、車などの煙がこもる密室では全く吸いません。当然ながら、外出時は喫煙場所以外で吸うことはありません。煙嫌いなので、屋内の喫煙部屋で吸うことも多くはありません。

最近は、自宅マンションのベランダでも喫煙禁止になるなど、喫煙者の居場所はますます狭くなるばかり。ゆっくりと落ち着いて、美味しいコーヒーを飲みながらタバコが吸えるのは自宅のリビングだけなのです。ただ、何度も書きますが、タバコの煙とか匂いが嫌いなので、自宅リビングにはエアコンを含めて空気清浄機が4台も常時動いています。全てに、タバコの煙も吸着して取れるフィルターも追加で取り付けています。さらに、匂い消しに絶大な威力を発揮してくれる東芝のエアリオン(デオドライザー)も設置しています。これが有ると無いとではタバコ臭が全然違うのです。

TM_P1020283.jpg

タバコの種類によって煙の量や匂いがそれぞれ異なります。タバコを楽しむ人は煙の量が多い方が好まれるのでしょうか、私が好んで吸ってた煙の量が少ないタバコは次々となくなっていってしまいました。現在吸っているのはトップ写真のもので、煙量はやや少なめで嫌な匂いもあまり気にならないので気に入っています。

これだけ注意していても天井や壁の隅にうっすらとヤニが付いてしまいます。私の肺の中も汚くなっているのは間違いありません(笑)。多少は健康を考えて、電子タバコに換えていたこともあります。アイコスや煙をくゆらすだけのベイパーですが、アイコスはあの独特な臭いにめまいがして直ぐに使うのを止めました。ベイパーはグリセリンとプロピレングリコールの混合物を加熱して水蒸気にしているだけなので健康被害は少ないと思っていましたが、何故だか私には全く合わずに体調を崩してしまいました。

さて、タバコ事情は各国さまざまです。私は20カ国くらい訪問していますが、ほぼ全ての国で屋内商業施設内の喫煙は認められていません。その代わりと言うか、屋外で喫煙規制している国は少なくて、うるさいのは日本の都市部の一部くらいじゃないでしょうか。厳しいと言われるシンガポールでさえ、歩きタバコをよく見かけますし、ちょっと隠れた場所には吸い殻が捨てられてたりして。ヨーロッパの国々ではそこら中に吸い殻が捨てられている感じがします。ですが、レストランや飲み屋での禁煙は当然として受け止められています。

余談ですが、WHO本部があるスイスは喫煙に関してかなり寛容です。空港内や駅構内にもタバコ企業がスポンサーになって喫煙スペースが設けられていますし、街中にも駅のホームにもゴミ箱兼灰皿が沢山置かれています。

そして、タイですが、2008年頃に飲食店やホテルでの喫煙が規制されました。公園内など公共施設でも同様で、タバコのポイ捨てに罰金が科せられるようになりました。これ、厳密には、公園内は全て禁煙、でも路上でタバコを吸うのは違反では無くて、吸い殻をポイ捨てするのが見つかると罰金でした。

規制法が施行された頃、私が路上でタバコを吸っていると遠くで警察官が私を監視しているのです。そして、吸い終わったら近づいてきて「吸い殻捨てただろ、罰金500バーツだ」って言ってきたので、私がさっと携帯灰皿を見せると警察官は何も言わずに居なくなったものです。あの頃、警察官は小遣い稼ぎに "ポイ捨て取り締まり強化" してましたねぇ(笑)。昨年から喫煙規制と罰則が強化されたので、喫煙者はご注意ください。街中では、灰皿が置かれている場所以外では吸わないことです。

タイの喫煙事情で知らないと大変なことになるのは、タイではアイコスなどの電子タバコや加熱式タバコを持っているだけで違法です。違反した場合、最高で10年の懲役、または50万バーツの罰金のいずれかが科せられます。使わなくても個人的に持っているだけで違法なのです。これは要注意です。

このようにタイの喫煙規制はかなり厳格です。コンビニではタバコを見える所に陳列してませんし、日本のように飲み屋でこっそり喫煙することももちろんできません。でも、街中で路上喫煙者は結構多い印象なんですよね。しかも、日本人相手の飲食店では法の目をかいくぐり、かつ賄賂作戦(?)でグレーゾーンとして屋根がある店の一部で喫煙できたりもします。この店、日本人には有名な店で、禁酒日でもビール飲めたりするので重宝しています。

喫煙者は世界中何処に行っても肩身の狭い思いをします。タバコは嗜好品。そう嗜好の一つなので、マナーを守って人に迷惑をかけない範囲で楽しめればと思っています。

2020年の東京オリンピックに向けて法的に禁煙規制が始まります。私は、全ての公共施設、公園、飲食店など屋内は完全禁煙とすべきだと思います。店の規模によって喫煙可にするなど中途半端な対策では不十分でしょう。その代わり、アメリカなどで行われているように、一定の距離を置いた屋外に喫煙スペースを設ければ良いのです。「喫煙=悪」ととらえる禁煙教の方々からすれば、それすら認められないと言うかもしれませんが、様々な考えの人々が共存していくには妥協点を探すしかありません。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/06/18

Internet Neutrality ネットの中立性って?

Net Neutrality

最近、時々耳にする言葉ですが、あまりにも当たり前すぎて気にもしていませんでした。昨年末、アメリカ連邦通信委員会(FCC)がネット中立性の撤廃を決定しました。オバマ政権の時は「ネットワーク中立性保護のための法律」まで整備されていたのに、トランプ政権になった途端「ネットワーク中立性の保護は企業の成長を阻害する」として “撤廃” を表明したのです。オバマ政権の遺産を次々と “ちゃぶ台返し” するトランプさん、本当にいいんですかね。強い者はより強く、弱者は切り捨てられる方に向いている気がしてなりません。

ネットの中立性ってなに?
私たちがインターネットを使うときは、必ずネットワークプロバイダーを経由しています。簡単に言うと、このプロバイダーに「ネット上のコンテンツをわけへだてなく中立に扱いなさい」と言うこと。なにを今更感があるものの、現実を考えるとすごく重要なことなのです。昔と違って現在では動画配信がコンテンツの多くを占めるようになりました。ネットワーク回線には容量があるので、動画配信が多くの容量を占めてしまうと、一般的に使える回線容量が圧迫されてしまうわけです。プロバイダーは通信品質確保のために設備増強をし続けないといけなくて、それはたまったものではない・・と言うことなのです。

現在でも、プロバイダーは動画などのコンテンツ配信業者に対して容量によって課金はしているでしょうが、インターネット上に繋がってしまえばインターネット回線の上で制約はありません。中立に扱われているわけです。プロバイダーが持っている回線品質が悪ければ(遅ければ)、視聴者は Netflix や Hulu のような動画配信を不具合無く受けることができなくなります。つまり、ここまでは、プロバイダーもコンテンツ業者も我々も Win-Win-Win な関係になり喜ばしいことなのです。

では、何故、中立性を訴える人達も多いかというと、コスト負担の一部が間違いなく我々ユーザーにもかかってくることと、さらに重要なのは、プロバイダーにコストを払える事業者は良いですが、払えない小規模事業者は淘汰されてしまい、また新規事業者の参入障壁にもなりうるからです。

賛否両論あるのは間違いありません。ですが、消費者目線で考えるなら、より良いサービスを受けるために追加費用を負担するのは自然ですし、動画配信業者による回線圧迫なしにメールやネットを使えるに越したことはありません。モバイル通信では通信制限という形でそれに近いようなことが既に行われていますからね。インターネットの世界でも通信速度・容量課金制になっていく方向にあってもおかしくありません。

日本では幸い、プロバイダーが地域を独占している状況は少ないと思います。競争原理が働くことでユーザーへの負担は最小限に抑えられるのではないでしょうか。(国土の広いアメリカではケーブル回線のみという地域がけっこうあるらしい)

「中立性」という言葉は一見良く聞こえますが、言い換えれば、実は皆に制約を課していることのように思えます。インターネットの普及段階では「中立性」は重要でした。ですが、もはや普及段階を越えてしまって、更に発展させていくには「中立性」がむしろ障害になっているのではないかなぁ・・・と思ったりしています。費用負担が増えるのは嫌ですけどね。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/06/11

エスカレーターで左に立つか右に立つか エスカレーターの歴史

エスカレーター東西

関西では、エスカレーターに乗る時は右に立ち左を空けるのが主流であるのは余りにも有名な話です。全国的に見ても何故か関西だけが右立ち左空けなんですね。新幹線や飛行機で大阪に移動すると、東京では左に立っていたはずの人達までが、一斉に右立ちになるのはなんか滑稽です。

何故関西では右立ち左空けが主流なのか、その理由をまとめた記事は沢山あります。でも、実は、世界的にみると、東京で主流の左立ちの方がマイナーなのです。だから、何故東京では左立ちになったのかを探る方が意味あるように思います。

エスカレーターはもともと商品名でした。エレベーターと似ていますが、その語源は全く異なるそうです。1900年にパリで行われた万国博覧会に出品されて1等を取ったことで注目を集めました。それから遅れることわずか14年、1914年に上野で開催された東京大正博覧会で日本にも初めて紹介されました。当時は「自動階段」と呼ばれていたようです。(開催日の3月8日は現在でもエスカレーターの日とされています)

世界で初めてエスカレーターが設置されたのはニューヨークの高架鉄道駅だそうです。1900年なのでパリ万博とほぼ同時期です。その後、地下鉄駅にも直ぐに導入されました。別記事で書きましたが、ニューヨーク・メーシーズデパートには木製のエスカレーターがあり現在も動いています。デパートの建設が1902年なので、1900年代のかなり早い時期にエスカレーターが設置されたのではないかと思います。

TM_1102 NYC_201

日本で初めて駅にエスカレーターが設置されたのは1925年に開業した新京阪天神橋駅(現在の阪急天神橋筋六丁目駅)だそうです。東京では1932年の秋葉原駅が最初です。地下鉄駅では1933年に大阪市営地下鉄で導入されたのが最初です。

本来は、自動で動く歩道であったり階段なので、その上を歩く必要はないように思います。ですが、中にはやはり急いでいる人もいるわけで、1944年頃にロンドンの地下鉄で自然発生的に片側空けが生まれ、それがエスカレーターに乗る時のエチケットと考えられるようになりました。

日本で片側空けが始まったのは先進の地である大阪で、大阪万博や梅田駅で右立ち左空けが呼びかけられてからだと言われています。東京ではその逆が定着していますが、そのきっかけは地下鉄千代田線の新御茶ノ水駅に設置された長いエスカレーターだったようです。1989年頃のことなのでわずか30年ほど前なのです。近くに階段がなかったことからエスカレーターは混雑し、急ぐ客もイライラしながら待つしかなかったところ、職員の呼びかけにより左立ち右空けが広まったと言われています。1990年に開業した京葉線東京駅では、乗り場までの長い地下通路の動く歩道で、JRが初めて左立ち右空けの呼びかけを始めています。もしもこの時、右立ちを案内していたら東京でも大阪と同じ右立ちが主流になっていたかもしれません。

何故東京では左立ちなのか。諸説あるようですが、私的最もしっくりいく答えは、「日本では車は左側通行なので、追い越す時は右側から」ということ。大阪の場合は世界標準をそのまま取り入れて案内を始めたからでしょう。

現在は、不均一な劣化による安全性の面から、片側立ちは推奨されていません。駅やデパートのエスカレーター付近では、片側を空けずに二人乗りするようアナウンスされています。混雑解消にもつながると言われるものの、急いでいる時はイライラするのですよね。今のままでは二人乗りは定着しないのではないでしょうか。

理由は簡単、遅いからです。海外に行かれた方は経験していると思いますが、海外のエスカレーターは日本のそれより1.5倍くらい早いです。階段を歩いて登るよりも明らかに早いのです。ですが、日本のエスカレーターは階段を歩いて登った方が早いくらい遅い。

つくばエクスプレス秋葉原駅には高速エスカレーターと普通速エスカレータが並んで設置されています。あれくらい高速なら登らずに立ち止まってもいいかな・・・と思うのですが、ラッシュ時だとみなさんせっせと登っています(笑)。

500_15322545.jpg

安全性を考えると高速エスカレーターが良いとも言えないかもしれません。ですが、海外では高速で運用しているので、もう少し早くしてもいいのではないでしょうか。

遅い例は、成田空港のエスカレーターですね。前につっこけそうになるほど遅いです。大きな荷物を持ってるので安全性を考えてのことでしょうが、あの遅さにはイライラさせられます(笑)。

※ 大阪で何故右立ちかの面白い理由として、右にバッグを持つことが多いのでひったくり防止のためというのもありました。それで言うなら東京は、バッグを持っていても手すりを持つことができるよう左立ちになった可能性もありますね。

エスカレーターのどちら側に乗るかは海外でも話題にあることあるらしい。例えばこれ。

ed967-escalators_v2.png

大阪は、ロンドン、ベルリン、香港、バンコク、ニューヨークなどと同じで主流派。
東京は、シンガポールとオーストラリアなどと同じで少数派です。

両サイドに乗れば1分あたり25人以上も多くの人を運べて混雑解消につながるとのことですが、同時に、乗る側を定着させるのは何年もかかると書かれています。国民性や文化によるものではなさそう・・・と思いきや、北京や上海では乗る位置はバラバラなんですね。なんとなくわかる気がします。

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/05/15

和歌山の熊野古道も Google Street View で見られるようになったのだそうです

Google Street View には Google Map と共に大変お世話になっています。行く前にその場所の詳細確認や、撮った写真の場所確認に使わせていただいています。昔は車の上に積んだカメラで撮っていたので、車が入れない場所の様子を見ることはできませんでしたが、カメラや機材も小型化して人が背負って歩くこともできるようになってるので、撮影範囲が飛躍的に拡大しています。Google は機材を貸し出ししています。

ふと見たニュースで、世界遺産にも登録された熊野古道が Google Street View で見られるようになったとか。和歌山県の職員が機材を背負って 21km もの山道を歩いて映像を撮ったのだそうです。サッカーボールのような 360度カメラで連続撮影していくようで、機材の重量はなんと 20kg 以上。観光振興の為なのでしょうが、ご苦労様です。

wst1805150016-p1.jpg
360度撮影できるカメラを背負って大辺路ルートを歩く県職員=すさみ町の長井坂(和歌山県西牟婁振興局提供)

タイの歴史を色々と調べていると、スコータイやピーマイの遺跡にも行ってみたいと思うようになりました。それ以外にも歴史公園はあるので、全部行こうとすると、時間的にも経済的にも、そして何より体力的にも困難です。現地に行かないと味わえない感動があるのはわかりますが、やはり現実的では無くて Virtual に頼るしかないのです。

Google Map を調べてみました。スコータイ遺跡やピーマイ遺跡は詳細にストリートビューが作られています。これを見るだけでも何となく行った気分になります(笑)。

Google_Street_View_Sukhothai_Historical_Park.jpgGoogle_Street_View_Phimai_Historical_Park.jpg

これら、実際に行くとなると、1〜2日では回りきれないほどの広さがあります。遺跡ですから、周りに日陰も無さそうだし、炎天下に何時間も歩き回るのは年寄りには自殺行為に近い。(笑)

ですが、画像で詳細を見て、知れば知るほど行って自分の目で気がすむまで見てみたい願望が膨らみます。人間の「欲」とは不思議な物ですね。

バンコク市内でもまだ行ってない場所や行きたい寺院などがあるというのに、情報が増えれば増えるほど興味も深くなって・・・ 多分、近いうちにスコータイ歴史公園には行ってみるだろうと思います。画像でも十分楽しめるけど、やっぱり現地の空気感と “征服感” にも似た満足を味わうには現地に行くしかなさそうです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。