2018/03/13

ワット・トライミット Wat Traimit 世界最大の黄金仏が発見されるまでの物語

TM_P1020088.jpg

この寺院の最大の特徴は、ギネスにも登録されている世界最大の黄金の造形物、黄金の仏像です。高さ3メートル、重量は 5.5トンもあります。それを祀るモンドップ Mondop(仏塔)は、金色の屋根(尖塔)を持つ大変豪華なものです。私は1990年代の後半から中華街をたびたび訪問していましたが、当時はタイ寺院にはあまり興味が無かったので全くノーマークでした。ですが、もしも中華街門から金色の尖塔が見えていたら、必ず訪問していたはずです。それもそのはず、モンドップは 2010年に完成したようで、まだ10年も経ってないのです。

TM_IP7P_2221.jpg TM_P1020081.jpg

黄金仏の歴史については諸説あるのか、書物やネット上の記事により記述が異なります。だいたい共通しているのは、1953 ~ 1955年に黄金仏が偶然に発見されたということです。その後の調査で、この黄金仏はスコータイ朝時代、約700 ~ 800年前に作られた物で、アユタヤを経て、現王朝のラーマ I世がタイ全土から仏像を集めた際にバンコクに移されたのだそうです。1767年にアユタヤ王朝がビルマに屈した前あたりに、略奪を防ぐために漆喰で表面を覆って質素に装ったと考えられています。その後もしばらくはアユタヤに置かれていて、その間に黄金仏は忘れ去られてしまいました。ラーマ I世が仏像を集めた際、貴重なものはワット・ポーに置かれ、漆喰やブロンズの像はそれ以外の寺院に置かれました。

元々、漆喰で覆われた黄金仏が祀られていたのは、バンコクから少し河口側、ヤンナワ地区の川沿いにあったワット・プラヤクライ Wat Phraya Krai です。ラーマ III世は寺院を改修してワット・チョタナラーム Wat Chotanaram と命名しました。しかし、ラーマ IV世、V世の時代には寺院は修復できないほどに荒廃してしまい廃寺になってしまったのです。

1931年、East Asiatic Company が寺院境内を木材置き場として借り受け、その時に本堂にあった二つの仏像を他の寺院に移すことになりました。一つはブロンズ製の仏像で、もう一つが漆喰で覆われて見かけ上質素な黄金仏だったわけです。ブロンズ仏像は近くの Wat Phai Ngoen Chotanaram に移設され、漆喰仏像は現在のワット・トライミット(当時の名前はワット・サムチーン Wat Samcheen)に移されることになりました。

漆喰仏像はワット・サムチーンの本堂東側にあった古い仏塔の隣に鉄板を敷いて、その上に置かれていました。バンコクでは洪水が頻繁に起きていたので、チャオプラヤ川とクルンカセム運河に挟まれた場所にある寺院はいつも水浸しになってて、そんな時でも漆喰仏像は放置されたままだったそうです。

1939年、本堂の改修にあわせて寺院名が現在の名前ワット・トライミットになりました。その後も仏像は15年間も野ざらしにされたままでしたが、1955年にようやく仏像を祀る為の新しい礼拝堂が完成しました。

1955年5月25日、作業員が仏像を礼拝堂に引き上げる際、漆喰仏像なのに異常に重かったため、ロープが外れて仏像を地面に落としてしまいました。雨の中、作業は中断して翌日、割れて削られた漆喰の奥から黄金に輝く仏像の一部が現れたのです。200年近くも漆喰に覆われたままだった黄金仏が世に現れた瞬間です。

TM_P1020086.jpg

TM_P1020088.jpg TM_P1020092.jpg

黄金仏は貴重な文化遺産なだけでなく大変高価なものでしたが、ワット・トライミットでの保管は必ずしも厳重では無かったようです。現在のモンドップができるまでは、すぐ隣にある二階建ての礼拝所の奥に置かれていました。屋根はあるので野ざらしとはいいませんが、時価総額数百億円もする高価な仏像を祀る場所としては危険極まりない場所のように思えます。ですが、5.5トンもある仏像は簡単には動かせないので盗難の危険性は低いと考えたのかもしれませんね。その場所は現在も残っており、小さな仏像とともに、垂れ幕に描かれた黄金仏が壁に飾られています。

TM_P1020079.jpg

世界的にも有名な黄金仏寺院ですが、観光客が大幅に増加したのは現在のボンドップが完成してからのようです。ネット上で、ワット・トライミットの昔の写真を探してみてもほとんど出てきません。数少ない写真を見ると、今は作り替えられていますが、本堂奥には仏塔と火葬場があったそうです。寺院内には Yaowarat Chinatown Heritage Museum もあるので、次回はゆっくり時間をかけて見学したいと思います。

TM_P1020096.jpg



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/03/07

チャチュンサオの町の守護神を祀るための柱 Chachoengsao City Pillar Shrine

TM_DSC07175.jpg

タイの多くの町には City Pillar Shrine あるいは ラック・ムアン Lak Mueang と呼ばれる、町の守護神を祀る寺院(柱)があります。バンコクから東に約50km離れたチャチュンサオにも立派な市柱寺院があります。

「チャチュンサオ」とはクメール語で「深い運河」を意味します。チャチュンサオはアユタヤ王朝時代からあったそうで、バーンパコン川 Bang Pakong と運河沿いを中心に町が開けてきました。 ラーマ III世の頃 1833 - 1847年には、カンボジアの覇権をベトナムと争っていたため、チャチュンサオは重要な前哨基地になっていました。その頃、町と人々を守るために最初の市柱寺院が1834年に建立されました。

ラーマ V世の治世時、寺院が破損して1895年に修復されました。また、1999年に現在の寺院に再建されました。寺院の形はワット・ソートンを真似たのでしょうか。寺院屋根の形と色は同じです。境内には中国かベトナムの影響を強く受けた建物もあります。

 

寺院に入ると、一段下がった場所に市柱が二本あります。バンコクの市柱に比べると小さいですが、花で綺麗に飾られています。また、入口には沢山の鶏の置物が。。。なにか特別な意味があるのかどうかわかりません。

TM_DSC07183.jpg 



場所は官庁地区にほど近く病院の隣にあります・バーンパコン川沿いには公園が作られているので、夕暮れ時は涼むのに丁度良いです。



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/03/04

チャチュンサオの巨大なブロンズガネーシャ ガネーシャ国際公園

TM_DSC06759.jpg

ちょっと前までは Google Map にも Utthayan Prapikkhanes と書かれていましたが、いつの間にか Ganesh International Park と記載されるようになりました。私が訪れたのは昨年の夏です。Instagram でも話題になったピンクのガネーシャの観光とあわせて行きました。鮮やかなピンクのガネーシャは2箇所あり、その派手な雰囲気に比べると、こちらはブロンズ製で茶灰色で地味です。


チャチュンサオ三大ガネーシャの位置関係は次の通り。チャチュンサオまでは、バンコク市街地から車で2時間くらいです。

3大ガネーシャ

2008年に建設が始まり、2012年頃に完成しました。ガネーシャの高さは約30mで台座を含めると39mにもなります。854個のブロンズ製パーツを積み上げて作られており、総重量は 200トンにもなるそうです。周辺には何もないので、結構遠くからでも見ることができます。

 

この派手な門が入口のようですが、辺りには何も無くまだ建設中のようでした。遠くに、小さく、ガネーシャが見えます。

公園の奥には川があります。タイでは川や運河に面して寺院が作られていることが多く、水運が大切なんですね。ここも、川に降りる階段があって、川からもアクセスできるようになっていました。階段を上がると目の前にガネーシャが大きく聳え立っています。

 

ガネーシャとはヒンドゥー教の神の一柱で、サンスクリット語で「群衆の主」を意味するそうです。顔は像、片方の牙は折れています。そして、4本の腕を持つのも特徴です。障害を取り去り、財産をもたらすと言われています。ここのガネーシャは、4本の手にはそれぞれ、チャチュンサオの名産品であるマンゴー、ジャックフルーツ、バナナ、サトウキビを持っています。



バンコクから日帰り圏内です。ピンクガネーシャとともに見学してみてはどうでしょうか。チャチュンサオにはワット・ソートンという大変美しい寺院もあります。チャチュンサオまではバンコクから列車も出ています。2時間くらいだったかな。料金はたしか13バーツ。のんびりと列車の旅もなかなか良いです。そこからタクシーで回ると、バンコクからタクシーをチャーターするより割安です。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/03/03

ワット・ラチャプラディット Wat Ratchapradit ラーマ IV世が眠る寺院

TM_DSC06355.jpg

ワット・ラチャプラディット Wat Ratchapradit Sathitmahasimaram Rajawarawiharn は、王宮の直ぐ隣にあるこぢんまりとした寺院です。第一級の王室寺院で、本堂にはラーマ IV世の遺骨が安置されています。境内には細い通路と建物以外にスペースが全く無いよ言って良いほどコンパクトです。運河を渡って隣にあるワット・ラチャボピットと比較すると、敷地面積は1/3もありません。

サテライト写真 Wat Ratchapradit

寺院が建立されたのは1864年です。当時の王モンクット王(ラーマ IV世)がタマユット族の修道士の為に建てました。この寺院の見所は、大理石のタイルで覆われた大きな仏塔と本堂です。また、本堂両側にはクメール朝風の “顔” を彫刻した建物も見物です。東側は寺院の図書館 Ho Trai で、西側は Hor Phra Chom塔と呼ばれ、中には実寸大の王の像が建てられているそうです。

 
 

ご本尊はシンプルですが、細かい装飾が沢山されていて豪華な印象があります。また、本堂内の壁画も見物です。江戸時代に長崎から運ばれたとされる漆絵などの装飾が施されているそうです。

 

私は ワット・ラチャボピットを見学した後にこの寺院に行きました。ワット・ラチャプラディットとワット・ラチャボピットはどちらも第一級王室寺院で運河を挟んで向かい合った場所にあります。運河側に「裏口」があります。私はそこから中に入ったのですが、ちょっと怪しい雰囲気で本堂エリアに入る門の前で犬が出迎えてくれました。(野犬ではないので恐れる必要はありませんが、じっと見られてると・・・、でも、目はあまり合わせない方が良いそうです)

 

由緒ある寺院なのですが、観光ガイドにはほとんど載っていません。美しい本堂と仏塔は必見です。



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/03/02

ワット・ベンチャマボピット Wat Benchamabophit 大理石寺院とも呼ばれる美しい寺院

TM_DSC06067.jpg

何層にも重なるオレンジ色の屋根と大理石でできた壁の白が美しく、バンコク観光では絶対に外せない寺院です。王宮エリアの東の端、マハカーン砦から北に約2km行ったドゥシット地区にあります。近くにはチットラダー離宮やアナンタサマーコム宮殿、ウィマーンメーク宮殿、ドゥシット動物園がありますが、広大なので歩いて回るには距離があってちょっと大変です。王宮エリアの寺院からは離れているので、タクシーで向かって、この寺院を見学するだけでも損はないです。(アナンタサマーコム宮殿、ウィマーンメーク宮殿は、2017年から修復のため非公開で外観を見ることもできません)

この場所には元々ワット・レームと言われる寺院がありましたが、ラーマ5世がドゥシット宮殿群 Dusit Palace を完成させた後、1899年にワット・ベンチャマボピットに改修されました。寺院の正式名は Wat Benchamabopit Dusitwanaram Ratchaworawihan(意味は、Monastery of the fifth King near Dusit Palace ドゥシット宮殿近くの王の僧院)で、第一級王室寺院です。寺院を建立したラーマ5世の遺骨がご本尊の台座の中に安置されています。

寺院周辺には高いビルもなくて開放的なエリアにあるので、寺院全体が広々と見えます。正面入口から入ると、まず目を引くのは、この寺院の最大の特徴である大理石でできた白亜の本堂です。左右対称に作られていて形も大変美しいです。左手には運河が続いていて、それを渡った先には僧院があります。

 

本堂脇の入口から中に入ると、回廊に多くの仏像が並べられています。中庭から見る本堂は圧巻ですね。仏立像が祀られた脇には白亜の獅子が置かれています。

TM_DSC06074.jpg 

 
 

この本堂はラーマ5世の異母兄弟にあたる Narisara Nuvativongse王子が設計したとされています。使われている大理石はイタリアから取り寄せたもので、窓にはステンドグラスがはめ込まれています。

ご本尊はスコータイ様式の Phra Buddhajinaraja と呼ばれ、タイ北部のピサヌロークの Wat Mahathat にある本尊を模して作られたものです。1920年に設置されたこのご本尊の黄金の台座の中にラーマ5世の遺骨が納められています。



現王朝の王政最盛期と言ってもよい時代に作られた豪華な寺院です。建造物や装飾品の一つ一つが大変贅沢に作られています。境内はさほど広くないので、ゆっくり時間をかけて回るとよいでしょう。寺院の外にはいつもタクシーが待っているので帰りも心配ありません。



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。