FC2ブログ
2020/01/09

ワット・テワラット クンチョン Wat Thewarat Kunchorn, Bangkok ゴールデンチーク博物館がある第三級王室寺院

TMH_SNA08978R.jpg
左側が本堂 Ubosot で、右に見えるのが仏堂 Mondop

よほどタイ寺院好きでもない限り観光客がわざわざ訪れることは無い寺院の一つでしょう。カオサン通りの北側、チャオプラヤーエクスプレスボートの Thewet Pier で下船すると左手に見えます。が、運河で隔てられている上に入口は反対側にあるので、小さな橋を渡って入口までは少々距離があります。目の前に見えているのに入れないのです。メジャーな寺院では無いし、さほど期待もせずに行ったのですが、良い意味で完全に期待を裏切られてしまいました。

ワット・テワラット クンチョン Wat Thewarat Kunchorn Worawihan は、アユタヤ王朝期に建立された古い寺院とされていますが、境内にあった寺院の説明では元々の僧院の由来は1307年に遡るとのことです。1307年というと、アユタヤ王朝(1351 - 1767)が誕生する前になります。

ラーマ1世の時代に再建され、当時はワット・サモークレン Wat Samo Khraeng と呼ばれていました。ラーマ2世の王子 Kunchorn王子が完成させたため、王子に敬意を表して現在の名前になりました。そして、ラーマ4世の時代に第三級王室寺院に指定されました。

入口を入ると目の前にあるのが Triple Gem Hall で、奥に本堂 Ubosot の大きな屋根が見えます。

TMH_SNA08921R.jpg

まず向かったのは仏堂モンドップ Mondop。内部には仏像が安置されているだけで無く、様々な古い仏像も展示されていて博物館のような感じがします。嬉しいことに、多くの説明書きには英語の表記もあり助かりました。タイ語オンリーの寺院が多い中、中心部から離れ観光客もほとんど訪れないような寺院で英語表記があるのには驚きました。また、寺院建築のほぼ全てがオープンになっているのも訪れる者にとって有り難い限りです。

TMH_SNA08939R.jpg
本堂側から見たモンドップ全景

TMH_SNA08930R.jpg
モンドップ内部

本堂のある場所は低い塀で囲まれていて5箇所に門が設けられています(上写真)。その塀の中には、中心に本堂 Ubosot があり北側に礼拝堂 Viharn、東西にパビリオンがあります。通常、本堂は東向きなのですが、この寺院では入口は南側にあります。

境内の詳細な案内板がありました。石造りの立派な案内板はラーマ3世を祀る第一級王室寺院 ワット・ラチャオラサラームでも見かけたことがあります。もちろん英語でも表記されているのでわかりやすいです。

TMH_SNA08936R.jpg

境内はさほど広くないので、建物全体を写真に収めるのに苦労しました。壁脇にへばりつくようにして撮った本堂と仏塔の写真がこちらです。

TMH_SNA08933R.jpg

本堂の形はワット・プラケオのそれに似せているとの説明を何度か目にしましたが、私にはとても似ているとは思えず、タイ寺院の一般的な形のようにしか思えませんでした。内部にはご本尊が祀られており、ラーマ9世により Phra Buddha Thewaratpatimakorn と名付けられています。

TMH_SNA08943R.jpg

本堂 Ubosot に比べて大きく立派な礼拝堂/仏堂 Vihara を持つ寺院が多いのですが、この寺院の礼拝堂はかなり小ぶりです。本堂の北側に作られています。入口は西側なので方位は関係ないということでしょうか。

TMH_SNA08959R.jpg

やや簡素な造りの中は、赤から紫調の内装で美しく、9体の仏像が祀られています。

TMH_SNA08963R.jpg

本堂両側にあるパビリオンにも仏像が祀られており、私が訪れた時は僧侶による「説教」が行われていました。邪魔にならないよう正座して、カメラの合焦音とシャッター音を消して撮影しました。

TMH_SNA08937R.jpgTMH_SNA08957R.jpg

境内には寺院関連建築と敷地を隔ててゴールデンチーク博物館があります。残念ながら今回は入館できませんでしたが、内部には500年も前のチーク材の柱や数々のアンティーク家具類、そして寺院の歴史、博物館の建物、タイの仏教の歴史が展示されているとのこと。博物館の前には三頭の象に乗ったインドラの像があります。

TMH_SNA08975R.jpg

また、この博物館の隣にはタイの古い建築様式で建てた礼拝所 サーラー Sala もあります。

TMH_SNA08980R.jpg

驚いたことに、この寺院境内にはカフェがあるのです。入口近くに大学があり、また何故か警察関係者も多く居るようで、彼らが利用していました。もちろん、私もここで休憩を取ったわけで。。。境内を散策して見て回り疲れたところで丁度良いです。

TMH_SNA08987R.jpg

私はアイスラテを頂きました。甘ったるいコーヒーなのかと警戒しましたが、チョコの装飾トッピングまであって美味しかったです。

TMH_IMG_5126.jpg

そして、更に有り難いことに、本堂からモンドップが綺麗に見える場所に休憩所がありました。

TMH_SNA08991R.jpg

12月とは言え晴天続きのバンコクでは昼間はかなり暑くなります。この場所は建物の影になっていることもあり、風が心地良くて長時間椅子に座り込んで休憩しました。おかげでもう一つの目的地には行くことができませんでした 😅

市街地中心部の寺院巡りに飽きたなら、是非ともお薦めしたい寺院の一つです。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/12/25

プラサムットチェディー Phra Samut Chedi, Samut Prakan チャオプラヤ川河口近くに建つ白い仏塔

TMH_SNA08751R.jpg

チャオプラヤ川の河口から10kmほど上流に入った場所にプラサムットチェディーはあります。元々、ラーマ二世が「川の中の神殿」を構想したものの、その数年後に亡くなったため、息子にあたるラーマ三世が後を継いで1828年に完成させたそうです。当初の仏塔は高さ20mで今よりも小ぶりでした。現在の仏塔(高さ38m)に改装されたのはラーマ四世の時代です。

現在、プラサムットチェディーはチャオプラヤ川西岸にありますが、建立当時はチャオプラヤ川の中州の上に建つ「川の中の仏塔」だったわけで、長い年月の間に中州は陸続きになったのだそうです。

プラサムットチェディーへはバスで行くこともできますが(ワット・ソンの記事参照)、お薦めは BTSで Pak Namまで行き、そこから渡し船で行く方法です。Pak Namはアユタヤ王朝時代から続く古い港町で、タイ初の鉄道 PakNam線 の終点としても知る人ぞ知る場所です。機関車を模したようなモニュメントの前がプラサムットチェディー行き渡し船の発着点です。

TMH_SNA08739R.jpg
写真右下が市場になっていて、その奥が桟橋です。

TMH_IMG_5037.jpg
一番奥が桟橋、船は15分間隔で運行されていて、片道5.5THB(夜は6THB)約10分の船旅です。

チャオプラヤ川は海上輸送の一大拠点なのでクローントーイ港に行く大型貨物船も通ります。桟橋をでるとパクナム Pak Nam の町並みや近づいてくるプラサムットチェディーを川側から見ることができます。

TMH_SNA08743R.jpg
Pak Nam Tower がシンボルです・・・が、随分前に閉鎖されています。

TMH_SNA08748R.jpg
TMH_SNA08756R.jpg
サムットプラカーン側に停泊中の渡し船

船を下りると、バンコクではよくある光景、長いマーケットが続いています。これを抜けて右にしばらく歩くとプラサムットチェディーの入口が見えてきます。のどかなバンコクの田舎町の風景って感じでしょうか。

TMH_IMG_5046.jpg
ここで腹ごしらえもいいですし、ちょっと小洒落たテイクアウトカフェもあります。

TMH_SNA08757R.jpg
プラサムットチェディーの入口。道はここまでで折り返しです。

以前から行きたいと思ってた場所なので、チェディ全体が見えたときは少し興奮を覚えました。けれども、正直言ってそれだけ。。。観光客や参拝客はほとんど居なくて閑散としていました。掃除は行き届いているものの、期待した「真っ白な巨大仏塔」とまではいかず全体的に薄汚れた印象を受けました。

TMH_SNA08759R.jpg

仏塔は3階部分まで階段で登ることができます。1階部分には象の彫り物なども。。。

TMH_SNA08773R.jpg

仏塔の隣には普段は使われて無さそうな古い建物もあります。案内板は設置されているものの全部タイ語だけなのでなんなのか良くわかりませんでした。

TMH_SNA08774R.jpg

そして本殿の中に入ると、建物自体は大きいので天井が高いです。かなり質素な内装と飾り付け、そしていくつかの仏像が安置されていました。写真なども掲示されていましたが、説明が全部タイ語なので。。。

TMH_SNA08770R.jpg

チャオプラヤ川河口付近の開放的な空間に建つ白い仏塔・・・期待値が高かった分、ちょっと疲れが出てしまいました。写真を整理してみると、わずか10枚程度しか撮ってなかった。。。多くの時間を仏塔の上から遠くを眺めてたり、ベンチに座って休んでいました。😅

TMH_SNA08780R.jpg
仏塔3階から見た Pak Nam の町並み

タイ国政府観光庁のWEBによると、
「バンコク王朝歴代王が毎年必ず御座舟でプラ・サムットチェディを参拝に訪れていたため、現在も毎年10月9日から9日間にわたって、それにちなんだ祭が開催されます。祭では水中仏塔にかぶせるための赤い布をお披露目するためのパレードなどが行われ、参拝者はろうそくに灯りをともし、水中仏塔の周りを歩いて回ります。」

街中の寺院巡りでは味わえない楽しみがあります。ちょっと郊外まで足を伸ばしてみようと思うなら、BTS も延長されたて移動が便利になったので、ここは絶好の場所であることに間違いはありません。帰りは 20番のバス一本で街中まで戻ることができます。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/12/24

ワット・ソン Wat Son, Bangkok 長い階段があるモンドップが特徴的な寺院

TMH_SNA08810R.jpg

タイには色々な寺院があります。数多く訪問していると、写真を見ただけでは何処だったかわからなくなるほど同じに見えてきてしまいます。そんな中で一度見たら忘れられないほど特徴的な寺院の一つがワット・ソン Wat Son です。バンコク市街地中心部から遠く離れたトンブリ地区南部(ラットブラナ地区 Rat Burana)にあり、観光客がわざわざ行くような場所ではありません。ですが、ネットで初めてこの寺院の写真を見たとき、いつかは必ず行ってみたいと思ったものです。

寺院の建立年は 1857年頃と言われています。この辺り一帯は低地帯で松の木(Ton Son)が多くあったため、いつしか寺院はワット・トンソンと言われ、短縮されてワット・ソンになったのだそうです。

この寺院の最大の特徴は冒頭写真のモンドップ Mondop です。五頭のナーガが天から舞い降りてきているような長い階段、そしてその先に建つ左右対称の白亜の建物。ネットにあった写真では屋根は赤茶色をしていましたが、現在は真っ白に塗られて幻想的な感じすら受けます。残念ながら入口は施錠されていたため中に入ることはできませんでした。

本堂 Ubosot も美しく、ブルーを基調にした屋根飾りや本堂周りのタイルは他ではあまり見かけません。本堂の外までは入ることができたので、結石 Sema や外観の写真を撮ってきました。

TMH_SNA08784R.jpgTMH_SNA08789R.jpg
真っ青なタイルの中に建つ本堂は、まるで水に浮かんでいるかのようです。

本堂の中には入ることができませんでしたが、窓のガラス越しに中を覗いてみると・・・強烈な日差しをたまたま持っていたパンフレットで遮って何とか中の写真を撮ることができました。ここも前記事に書いたワット・ブッカローと同様に大変美しい。壁全体に仏教画が描かれています。

TMH_SNA08803R.jpg

なんとか天井まで撮りたかったのですが、これが限界。ご本尊様の後ろに鮮やかに描かれた絵のすばらしさはこれからでも良くわかります。いつか、是非とも本堂の中に入って全体を見てみたいものです。

TMH_SNA08798R.jpg

さて、ワット・ソンへの行き方ですが、私はプラサムットチェディーから向かったので 20番のバスを使いました。プラサムットチェディーからは20番のバスしか無さそうなので乗り間違う心配はありません。

Wat Son Bus2

20番のバスはチャオプラヤ川の Din Daeng Pier からウォンウェイヤイ Wongwian Yai を通って Suk Sawat 通りを南に進む路線です。ワット・ソンに行くだけなら MRT Sanam Chai 付近から出る 82番のバスなどの方が便利かもしれませんが、プラサムットチェディーに行くには 20番バスの一択です。

バスはプラサムットチェディーまでは来ません。寺院入り口からは200mくらい離れた場所で折り返し運転します。近くにセブンイレブンもあるので、バスが来るのをゆっくり待ちました。田舎の方なので赤バスが来たらどうしよう・・などと思っていると、来たのは青色の最新鋭バスでした。このバス、車内には英語も表示するディスプレイが備わっていて、タイ語が読めない人にも安心です。とは言え、次のバス停名を表示してくれるだけなので、目的の場所に近づいたかどうかはスマホの Google Maps で確認した方が良いです。料金は 20THB、バスにしては高めの運賃ですが、最近のバンコクでは普通です。かつて、どこまで乗っても 3~5THBだった赤バスとは、綺麗な車両とエアコン装備など比べものになりません。

TMH_IMG_5059.jpg TMH_IMG_5058.jpg

最近は英語を話せる車掌さんも増えてきました。私が乗ったバスの車掌さんは英語で普通に会話できるレベルだったので、目的地を伝えて着いたら教えて貰うことにしました。「ワット・ソンに行くんだけど・・」と言うと、あまり有名な寺院では無さそうで、その寺院には何かあるのか・・と逆に聞かれてしまいました。確かに、私が行ったときは参拝客ゼロでした。

Suk Sawat通りのバス停からワット・ソンまでは少し離れています。バス停から Soi Suk Sawat 35  を通って約500m、Chaeng Ron運河沿いに寺院入り口があります。この付近、繊維・布などの問屋さんが多く立ち並んでいました。

TMH_SNA08781R.jpg
Soi Suk Sawat 35 正面突き当たりがワット・ソンの入口

TMH_SNA08808R.jpg

決して有名寺院では無いし、多分、この寺院についてのブログや記事は他に無いのでは・・・と思えるほど。でも、ちょっと変わった美しい寺院を見たいなら訪れてみる価値はあると思います。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/12/23

ワット・ブッカロー Wat Bukkhalo, Bangkok チャオプラヤ川沿いに建つ美しい寺院

TMH_SNA08811R.jpg

つい先日クランクアップした映画「ぬくもりの内側(田中壱征監督)」の撮影にも使われた寺院です。この寺院を初めて見たのは 2014年、チョンノンシーからBMTに乗ってチャオプラヤ川を越えるラーマ三世橋を渡っているときです。美しい寺院があるなぁ・・いつか行ってみよう・・と。それまでは、ただ何となく観光地化したバンコクの有名寺院を見て回るだけだったのが、タイ寺院の美しさに初めて気付かせてくれた寺院だった・・と言っても良いかもしれません。

TM_DSC03604.jpg
2014年、チャオプラヤ川にかかるラーマ三世橋から見たワット・ブッカロー

場所はトンブリ南部のチャオプラヤ川添いですが、チャオプラヤーエクスプレスボートの終点より更に南側になります。ラーマ三世橋やクルンテープ橋の近くです。公共交通機関はバスだけなのでアクセスは容易ではありません。transit Bangkok WEB で調べてみると、Silomから Sathon大通りを通って Saphan Taksin付近で南下する 17番のバスが使えそうです。

Bukkhalo Bus Map

ワット・ブッカローの歴史について記述がほとんどありませんが、アユタヤ王朝末期頃に建立され、ラーマ四世の時代に大規模な修復が行われた後にワット・ウボンワン Wat Ubon Wanと呼ばれるようになったとありました。

最初の写真の左手に見える大きな建物が本堂 Ubosot です。この寺院はすごく開放的なようで、本堂内部も見ることができました。内壁には様々な美しい絵画が飾られており一見の価値があります。

TMH_SNA08814R.jpg
本堂入り口、右側に少しだけ結石 Sema が写っています。

TMH_SNA08815R.jpg
これでもか! と言わんばかりに豪華に飾られたご本尊様

TMH_SNA08816R.jpg
内装の仏教画は色鮮やかで美しいです

礼拝堂 Vihan は奥にあり、白いナーガで取り囲まれています。入口にはナーガの下で瞑想する仏像がおかれており、堂内には多くの仏像が祀られていました。礼拝堂の奥は僧侶達のプライベート空間。この寺院にも「意識高めの犬」が居て、不用意に近づこうものなら吠えられ襲いかかられそうになります。幸いにもそこまで凶暴ではなかったので、僧侶の一声で退散してくれました。

TMH_SNA08834R.jpgTMH_SNA08833R.jpg

ワット・ブッカローの最大の特徴は、礼拝堂横の階段を登った上です。屋上にはいくつかの仏堂 Mondop があり開放的です。

TMH_SNA08848R.jpgTMH_SNA08837R.jpgTMH_SNA08843R.jpgTMH_SNA08849R.jpg

ここからはラーマ三世橋やクルンテープ橋の全体を見渡すことができます。手前の低い橋がクルンテープ橋で、中央部は大型船が通れるよう上に開くそうです。そして奥の高い橋がラーマ三世橋、BMTはこの橋を通ります。チャオプラヤ川に面して船着場もありますが、残念ながら渡し船は出ていません。ただ、心地よい風が吹くのでベンチで一休みするのも良いかもしれません。

TMH_SNA08850R.jpg

バンコク中心街から離れていて、さほど有名でも無さそうな寺院なのですが、かなりの数の参拝客がいました。地元の人達の間では人気の寺院なのでしょう。特に、屋上からの眺めが心地良いし、のんびりと涼みに来ている人達も多かった印象です。

5年間の思いがやっと晴れました。期待して少々ガッカリする寺院も多いのですが、ワット・ブッカローはお薦めの寺院の一つです。(境内が駐車場化してるのは超有名寺院以外では普通です)

TMH_SNA08865R.jpg

ちなみに今回は、BTSで Pak Namまで行って、そこから渡し船で Phra Smut Chedi まで渡り、20番のバスで ワット・ソン Wat Son へ、そしてタクシーでワット・ブッカロー Wat Bukkhalo まで行きました。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/03/23

【バンコクの寺院】ワット・ソマナス Wat Somanas Rajavaravihara, Bangkok

TMH_SNA03588R.jpg

ラーマ IV世(King Mongkut 1851 - 1868)の時代に建立された寺院です。ラーマ IV世は古都アユタヤに習い、王宮を取り囲む城壁・壕の外側に寺院を建てることを決めました。そうしてできたのがワット・ソマナスと前記事に書いたワット・マクートです。両寺院ともラッタナコーシン島の北東に位置し、約600m離れて建てられました。ワット・ソマナスは 1853年に、ワット・マクートは 1968年に建立されて、どちらも第二級王宮寺院です。

寺院名は、ラーマ IV世が即位して直ぐに他界した王妃 Somdej Phranangchao Sommanat Wattanawadi に捧げられたことから、この名前が付けられました。タイ語の発音は難しいです。英語表記では Wat Sommanat Wihan あるいは Wat Sommanat Ratchawora Wihan と書かれたものもあります。(Wihan は Vihan とも表記)

同時期に建立されたこともあり、ワット・ソマナスとワット・マクートは全体的によく似ています。境内の広さはほぼ同じで、いずれもクルン・カセーム通りに面しており礼拝堂は北東向き、その後ろに回廊で囲まれた中に大きな仏塔、そして一番奥に本堂が配置されています。違いは、ワット・マクートでは本堂の向きが礼拝堂と仏塔の並びとは90度回転した東南方面なのに対して、ワット・ソマナスでは礼拝堂・仏塔と同じ向きで本堂入り口は北東を向いています。また、仏塔の色も異なります。ワット・ソマナスの仏塔は黄金色です。

TMH_SNA03592R.jpgTMH_SNA03598R.jpg

この二つの寺院だけに見られる特徴があります。通常、聖域とされるのは結界石で囲まれた本堂だけなのですが、この寺院では二重に結界石が置かれていて、外側の結界石で囲まれた中にある礼拝堂でも神聖な儀式を行うことができるのです。

私が訪問した時は本堂の中を見ることはできませんでしたが、礼拝堂から回廊に入り仏塔を間近で見ることができました。こちらの本堂には、かつてラーマ IV世が修行を積んだワット・ラチャチワット Wat Rachathiwat に安置されていた仏像 Phra Budha Siri が 1856年に移設され、ご本尊として祀られています。

TMH_SNA03603R.jpgTMH_SNA03606R.jpg

タイの寺院は遺跡を含めて数多く見てきました。色々な構造を持つ寺院がありますが、私の中では、礼拝堂・仏塔とそれを取り囲む回廊・本堂が直線的にゆったりと配置され、ごちゃごちゃと数多くの仏塔や礼拝堂、サーラなどが無い方がシンプルで美しいと思っています。そういった意味では、このよく似た二つの寺院は最も好きな寺院で、何度も訪れたいと思うお薦めの寺院なのです。主要アトラクションから離れているので観光客も少なく、ゆっくりと落ち着いて見て回ることができます。

TMH_SNA03613R.jpgTMH_SNA03611R.jpg





★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。