FC2ブログ
2018/12/27

サワンカローク Sawankhalok という気になる町に寄ってみた

TMH_SNA02591R.jpg
サワンカローク駅舎

スコータイ旧市街からシーサッチャナリ歴史公園に向かう途中、少し寄り道になるけれどちょっと気になっていた町サワンカローク Sawankhalok に寄ってみました。何故気になっていたかというと、この町には鉄道駅があるのです。チェンマイまでの北本線から短い支線を作ってまでも駅を作ったのは何故なのだろうかと不思議に思ったからです。

クルンテープ(バンコク)駅からアユタヤ駅までが開通したのが1897年です。それから少しずつ北に延びていって1908年にはピサヌローク駅まで開通しました。チェンマイ駅まで開通したのは1922年のことです。サワンカロークに向かう支線が開通したのはピサヌローク駅まで開通した翌年の1909年です。北本線から別れる支線はサワンカローク支線だけです。このことからサワンカロークは余程重要な場所だったんじゃないかと想像できるわけです。スコータイもシーサッチャナライもあるのに何故サワンカロークなの・・・と。しかも、北本線の分岐駅バーンダーラー駅からわずか30kmも離れてないのです。

色々と調べてみましたが確定的な理由はわかりませんでした。ただ、当時のことを考えると、スコータイやシーサッチャナライの遺跡が発掘され始めたのは1950年代なので、サワンカロークはこの地域で最も栄えていた町だったのではないかと。また、支線はサワンカローク駅で止まっているけれど本来はミャンマーとの国境に近いターク郡まで伸ばす予定だったらしい・・との記述を見たことがあります。

TMH_SNA02590R.jpg
サワンカローク駅、線路はここで行き止まり

現在のサワンカロークという町が昔からあったのかどうかはわかりませんが、Wikipediaによると、13世紀以前からヨム川のほとりにチャリエンという町がタイ族により作られていたようです。現在の場所はシーサッチャナライ歴史公園の東側にあるワット・プラシーラッタナマハタート Wat Phra Sri Rattana Mahathat がある一帯のようです。北部のチェンセンから南下してきた中国人も住み着きクメール王朝時代には重要な貿易の中心地になったとあります。

中国人はこの地に陶器の製造技術を持ち込み、現在のシーサッチャナライ歴史公園の西北域ヨム川沿いの西側に大規模な窯跡群を作りました。サッカローク焼として有名なこの陶磁器は日本にも輸出されて、安土桃山時代に宋胡録、寸胡録、すんころく焼の名で広く知られるようになりました。(近年、シーサッチャナライの陶器はスコータイ王朝の1,000年以上前から作られていたとする証拠が見つかり、中国人が伝えたという説は疑問視されています)

スコータイ王ラームカムヘーンは中国から陶磁器の製法を輸入し、シーサッチャナーライ周辺では陶器産業が盛んになった。」 との記述もありますが、これは多分、大王を称えるための逸話と言ってもよいのかもしれません。ですが、援助したのは間違いないでしょう。

Wikipedia をはじめネット上の情報を見ていると、この地の呼び方に多少混乱していました。時代によって町の呼び方が変わっているのではないか・・と。その答えとなるような記述が Wikipedia にありました。

シーサッチャナーライとは「吉祥なる銀の出るところ」を意味する。旧称・チャリエン (タイ語: ชะเลียง) 、ハートシアオ (タイ語: หาดเสี้ยว) 。サワンカローク (タイ語: สวรรคโลก) 、サンカローク (タイ語: สังคโลก) とも称したが、現在、この名称はサワンカローク郡のものとなっている。

現在はシーサッチャナライ、サワンカロークは別々の町ですが、昔の記述ではどちらも同じ町(地域)を指していたのではなでしょうか。「現在のサワンカロークという町が昔からあったのかどうかはわかりませんが」・・・と上述しましたが、多分、現在のサワンカローク市街地は歴史上の記載にあるサワンカロークとは異なると思っています。直線距離で約13km、スコータイ旧市街と新市街の距離も13km位なので現在のサワンカロークが新市街であってもおかしくなさそうです。(笑)

余談ですが、現在のスコータイ郡は1932年にサワンカローク県に編入されています。1949年にサワンカローク県がスコータイ県と名称変更しスコータイ郡が県庁所在地になりました。このことからも以前はサワンカロークが中心だったことがうかがえます。

現在、サワンカローク駅に停まる列車はというと、たったの1本しかありません。
バンコクを 10:50 に出発した列車は北本線の分岐駅バーンダーラー駅から逆走してサワンカローク支線に入り、サワンカローク駅に 17:46 着。15分間停車して 18:01 にシラーアー駅に向けて出発します。この列車はシラーアー駅に 19:15 着で、19:45 に折り返してバンコクに向かいます。その時はサワンカローク駅には行かずに北本線をそのまま南下するのです。つまり、サワンカローク駅の営業時間はわずか 15分のみ。変則的な運行ですが、この列車はタイ国鉄の中でもチェンマイ行きの花形列車、第1特急、第2特急についで第3特急と第4特急の名前を与えられた由緒ある(?)特急なのです。

TMH_SNA02587R.jpg
サワンカローク駅の切符売り場。時刻表は緑色のパネルで、右の大きなパネルは価格表。

駅前の様子はこんな感じ。そこそこ車通りもありますが、ごく一般的なタイの地方町といった感じです。

TMH_SNA02595R.jpg

タイの鉄道駅は市街地中心から離れた場所に作られている場合が多いのですが、ここは市街地中心に近いようです。もしかしたら、100年以上前に鉄道駅ができてから栄えてきた場所なのかもしれません。

TMH_SNA02593R.jpg
駅構内の売店

一日に一本しか列車がないのに売店は営業していました。行ったのは朝9時頃です。まぁ売店と言うよりも普通の店と言った方が良いのかも。オジサンは暇にしていました。

 

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/12/25

マハナコーンビル展望台に行って来ました

TMH_SNA04179R.jpg

2016年に完成したマハナコーンタワー(現在の正式名称は King Power Mahanakohn)の最上階展望台が約2年遅れで先月オープンしたので、早速行ってみました。この時期のバンコクは大気汚染が激しくて晴れていても見晴らしは良くありません。空を見上げると綺麗な青空なのに、街のビルをみると薄ら黄色いモヤがかかったよう。滞在中にスッキリしてくれるのを待ちましたが一向に改善する気配がなかったので諦めて行くことにしました。

バンコクの展望台と言えばこれまでバイヨークタワー II があって、高さは304mでした。マハナコーンビル展望台はそれよりも10m高いので、バンコクで最も高い展望台と言うことになります。場所は BTS チョンノンシーの目の前なのでアクセスは良好です。特徴的な変わったデザインのビルなのでランドマークとして目立ちます。

ビルの上部を見ると少し出っ張りがありますが、ガラス張りの床になっていて歩くことができるのです。約310mの高さに浮いたような感じを味わえると思います。

TMH_SNA04181R.jpg

さて、入口ですが・・・まぁ、値段が高いこともあって客はまばらです。私は昼過ぎに行きましたが待ち時間なし(笑)。正規料金は75階までで 850THB、最上階の78階に上るには 1,050THBですが、1月末まではプロモーション価格として 765THBで最上階まで上がることができます。それでもタイの他のアトラクションの入場料と比べると破格に高いです。

TMH_IMG_4193.jpg TMH_IMG_4195.jpg

直通エレベーターで 74階まで上り、最上階の78階に行くにはガラス張りエレベーターに乗り換えます(階段を上ることもできます)高所が苦手な人は、多分この段階で足がすくんで動けなるかもしれません(笑)。

TMH_SNA04186R.jpg TMH_SNA04188R.jpg

このエレベーターを降りた階が最上階の78階です。オープンエアなので開放感は抜群です。周りは分厚い強化ガラスで墜ちる危険性は無いものの、ビルの際まで寄って地上を見ることができるので慣れるまではかなり恐怖心がありました。

地上から見えた出っ張り部分ですが、次の写真のようになっています。私はとても歩く気にはなりませんでしたが、楽しんでる人はそれなりにいました。

TMH_SNA04223R.jpg

そして、この展望台の売り 314mの高さへは階段で上ります。ご丁寧に高さも表示されています。

TMH_SNA04224R.jpg TMH_SNA04198R.jpg

周囲の景色を眺め写真を撮るなら 314m からの方が良いです。こちらのガラス壁は少し低くなっているので写真が撮りやすいです。クッキリと晴れ渡っていたらかなり遠くまで見ることができるはずですが、この日は大気汚染によるモヤがかかっていて遠くまで綺麗に見ることはできませんでした。次の写真は Adobe Lightroom でかすみ除去処理などをかけて何とか見られる状態にしたものです。実際の写真は全体が薄らと白けて黄ばんだ感じでした。

ルンピニ公園方面を撮った写真
TMH_SNA04215R.jpg

トンブリの ICON SIAM方面を撮った写真
TMH_SNA04202R.jpg

チャイナタウン方面を撮った写真
TMH_SNA04219R.jpg

プラトゥーナム市場方面を撮った写真、かつての最高峰バイヨーク・タワー II が見えます。
TMH_SNA04218R.jpg

最後はシーロム通りからチャオプラヤ川方面を撮った写真
TMH_SNA04226R.jpg

バンコクに始めて行ったときに泊まったナライホテルや、その後しばらく定宿にしてた当時のタワー・イン(現在はフラマシーロム)が写真真ん中下辺りに小さく見えます。

眺望の良さを考えると、市街地中心に近いバイヨーク・タワー II からの方が良いと思います。スクムビット方面のビル群や王宮方面も見ることができますからね。

ちなみに、マハナコーンビル展望台は深夜12時まで営業しています。最上階にはバーもあるので夜景を楽しむことができます。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/12/20

タイ旅行もあと一日だけ ICON SIAM に行って来ました

TM_SNA03828.jpg

今回の訪タイの一番の目的は、スコータイの遺跡巡りでした。毎日ブログを書こうと考えていたものの、ホテルに戻るのがやっとなくらいに疲れてしまいサボってしまいました。バンコクに着いても同じ事で歩き疲れて九時過ぎには就寝の毎日。

バンコクでの予定は・・・もうあと一日しかありませんが、タイ政府観光局発行の Walking Bangkok を参考にして行ってない場所に行くことにしていました。実際に行ってみると何も無かったり、行く価値が全くないような場所もかなりありました。Google Map はぼちぼち更新していますが、記事は帰国後にゆっくり書いていくことにします。

バンコクではこれ以外にも予定していたことがあります。
1. トンブリにできた ICON SIAM に行く
2. マハナコンの最上階展望台に行く
3. BTS 延長でパクナムに行く ← 明日の予定ですが体力的にどうするか、明日朝決めます。

今回は、ICON SIAM について書くことにします。
私は日頃からショッピングセンターに行くことがほとんど無いので、バンコクに新しくできた商業施設についても同様で、実は Siam Paragon ですらできた頃に行ったきりです。とにかくバカデカいので何処に何があるのかさっぱりわかりませんでした。

TM_SNA04136.jpg

ICON SIAMもとにかくデカいです。しかも構造的にわかりづらい。(私だけかもしれませんが)
8階建てのはずなのに最上階は5Fなのです。英国的に地上階を Grand Floor として2階を1F表記するのはよくあることです。(日本人にとっては慣れないので混乱することあります)

TM_SNA04110.jpg

ところが、ICON SIAM では GF の上に UGF なるものがあり、更にその上に MF があって、その上の階がようやく1F なのです。自分がどの階にいるのかわからないと、全体が広いので無駄に歩き回って時間を使うことになります。タッチパネルの案内板はところどころにあるものの、文字が小さく薄いので目の弱った老人には見えません(笑)。

各階の紹介をしますと。。。
GF: SOOK Siam が大部分を占めていて、SIAM 高島屋、日本の飲食店などがあります
SOOK SIamはタイ各地の名産品などを集めた物産展みたいなものですが、高級感を持たせた屋台街と言ってもいいですね。至る所に食品屋台がありテーブル席もあるのでその場で食べることが出来ます。
UGF: ここは SOOK Siamの一部??
MF: 長いエスカレーターを上がった先は・・・一転して、BVLGARI, VUITTON, HERMES などなど高級ブランドショップが建ち並びます。一階に比べると客は皆無と言っていいかな。
1F: アクセサリーとメンズファッションのフロアで、ここもブランドショップ街
2F: ファッションとライフスタイルのフロアで、ここに Apple Store や Uniqlo などがあります。
3F: スポーツとテクノロジーのフロアで、TOYOTA とか BMW など車屋さんがあります。
4F: テクノロジー家電とホーム用品のフロア
5F: 女性と子供用品中心のフロア

TM_IMG_4115.jpg TM_IMG_4129.jpg

ショッピングモールというと女性客向けのブランド店が中心のところが多いですが、ここはそれを満たしつつ男性客もターゲットにしたテクノロジー指向のフロアが特徴的だと思いました。タイ初出店の高島屋は、シンガポール高島屋に行ったことある方はわかると思いますが、まぁ高級デパートって感じですね。

GFの日本飲食店は、どこも高い!です。日本で食べるよりも高い感じですねぇ。デパ地下のフードコートみたいな感じなのに、2,000THB(約7,000円)もするステーキ定食をカウンター席で食べる人は本当に居るのでしょうか。道に面した入口にはセブンイレブンがあってそこはさすが定価ですが、普通のセブンには無い高級デリなども販売していました。

ICON SIAM の場所はチャオプラヤ川沿いリバーシティーの対岸トンブリ側にあります。アクセスは必ずしも良くはありません。BTSの駅からも離れているので、無料のシャトルバス、シャトルボートが交通手段になります。

BTS駅からのシャトルバスは、BTS Krung Thonburi から10分おきに出ています。その他にもタクシン王像で有名なウォンウェンヤイからも30分おきに出ているようです。

メインの交通手段はシャトルボートです。
BTS サファンタクシン駅そばの Sathorn Pier からシャトルボートが 10分おきに出ています。専用乗り場があるのですが・・・とにかく混んでます。ボートを2~3台待つ覚悟が必要です。

TM_IMG_4170.jpg

比較的すいていそうなのは、リバーシティー隣の Si Phraya Pierで、ここからも10分おきにシャトルボートが出ています。CATタワー Wat Muang Kae のPierからも10分おきに出ています。あとはチャイナタウン外れのRatchawongse Pier から15分おきです。

BTS Krung Thonburi 駅からはモノレールの建設が進んでいて、来年頃には完成するらしいです。頃というのは予定ということです(笑)。ともあれ、工事は進んでいました。

TM_SNA04142.jpg TM_SNA03787.jpg

ちなみに、今回私は ICON SIAM の直ぐ隣にある Millenium Hilton Hotel に泊まったのですが、Hilton のピアからは川沿いに歩いて行くことが出来ませんでした。一旦、通りまで出て大回りしないと行けない。。。隣のクローンサン市場へは川沿いに歩いて直ぐ行けるのに、ICON SIAM に行けないなんてどういう大人の事情なのでしょう。。

ま、一通り見て回ったので、多分もう行くことは無いでしょう。

※ チャオプラヤ川には沢山の無料シャトルボートが運航されています。Millenium Hilton のシャトルボートは結構お薦めです。クローンサン方面に行くのに便利です。宿泊確認などされないので勝手に使ってもバレません。もしも何か言われたら、ロビーで待ち合わせと言えば問題なし。

※ 船上から写真を撮るのは難しい。特に夜だとシャッター速度が遅いのブレブレ写真ばかり。沢山撮った写真の中でブレのなさそうなものだけ選びました。

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/12/12

スコータイ旅行 二日目

TM_IMG_3823.jpg

二日目の記録・・・ですが、実は今日は四日目が終わって明日バンコクに戻る予定です。一日目は昼から自転車を借りてスコータイ歴史公園内を三時間半くらいかけて一通り見て回りました。日頃の不摂生がたたってそれだけでも体中が悲鳴を上げてしまいました。

一日目:公園内を自転車で見学(レンタル自転車 30THB, 入園料 100THB, 自転車 10THB)
二日目:北部、西部、南部を見学(Tuk Tuk 貸切 1時間 200THBフラット料金で4時間、入園料 100THB x 2)[東側にも行く予定でしたが体力の限界を超えたのでパス]
三日目:シーサッチャナイ歴史公園見学(タクシー貸切 1,800THB, 入園料 100THB + 20THB)
四日目:カンペーンペット歴史公園見学(タクシー貸切 1,800THB, 入園料 100THB)
最終日:晴れたら、もう一度自転車を借りてワットマハタート見学予定 → 夕方便でバンコクへ

タクシー貸切1日料金が 1,800THBが高いか安いか。レンタカーを借りても 1日 1,000THB位なので運転手付きだと考えれば安いと思います。バンコクだったら 3,000THBは下らないのでは。ちなみに、以前チャチュンサオまで一日貸切したときは4,000THB(朝7時から夕方6時過ぎまで)以上かかりました。一人旅はこういうときにほんと割高です。4人だと一人 1,000THBですからね。

と言うことで二日目の話に戻すと、午前中は曇りで昼から少し晴れる予報だったので午前中にラムカムヘン国立博物館に行って、午後からTuk Tuk を貸し切って周辺の遺跡を回りました。

入場料は 150THBだったかな。500THB札を出したところ、おつりが無いと言ってレジを見せてくれました。なんとそこには 100THB札が一枚だけ。まぁタイらしい微笑ましい光景ですが。。。50THBのおつりならあると言うことだったので、予備に取っておいた 100THB札二枚でお支払い。

本館に入るとなんとも悩ましい雰囲気の仏立像がお出迎えしてくれます。

TM_SNA02224.jpg

中庭には色々な遺跡から移設したバイ・セーマー(結界石)が置かれています。二階建ての本館内には沢山の仏像や陶器が展示されています。が、多くの仏像はレプリカのようでした。それでも仏像好きにはたまらないほど有り難い場所だと思います。(笑)

Tuk Tukはバンコクで見かけるものとちょっと変わっていて、運転手の前に座敷がありました。進行方向に遮るモノが何も無いので心地よい風を受けて快適です。

TM_IMG_3832.jpg

二日目のコースでお目当てだったのは、細い隙間から覗く巨大仏で有名な Wat Si Chum と、丘の上に立つ仏立像の Wat Saphan Hin です。Wat Si Chum にはさすがに写真を撮る順番待ちができるほど観光客が結構沢山居ました。隙間から見える仏像写真も特徴的ですが、内部に入って真下から上を見るのもなかなか迫力があって良いです。

TM_IMG_3834.jpg

Wat Si Chum は遺跡だけで無く現役の寺院もあります。道沿いの少し離れた場所に本寺院の入口がありますが、遺跡の左手奥にある小さな橋を渡っても行く事ができます。そこにちょっと変わった仏塔があり、内部には仏像が祀られていました。

TM_SNA02391.jpg

階段脇の隙間を中に入ると・・・ 閉所恐怖症の人にはかなり危険な場所です。

TM_SNA02384.jpg 

こんな感じで小さな仏像が置かれています。更にその先、とにかく狭い隙間を通り抜けると、そこには立派な仏像が安置されていました。隙間はほんとに狭いです。太めの方は多分通り抜けることできないでしょう(笑)。

TM_SNA02385.jpg

続いて向かったのは丘の上に立つ Wat Saphan Hin です。この遺跡がある道は Google StreetView にも載っていません。舗装されてない道が・・・と思いきや、現在は綺麗に舗装されていてチケットを購入して中に入るシステムです。ここも歴史公園のようなものなので仕方ないですね。Wat Si Chum で買ったチケット(100THB)が使えたのではないかと思いましたが、Tuk Tukの運転手がここは別みたいなことを言ったので、ここでも 100THB支払いました。

この道に入って最初の遺跡が Wat Saphan Hin です。直ぐに着きましたが一瞬のためらいがありました。体力に自信の無い私としては、これをほんとに登るのか・・・と。

TM_SNA02401.jpg

200m の丘の上にあるらしいです。麓の道路から遠くに小さく立仏像が見えます。この写真の中にも登っている人が居るのですが見えないくらい小さいです。意を決して登り始めましたが、私は途中で3回も休憩を取りました。Apple Watch で心拍数を計りながら、心拍数が 135を越えたら休憩を取ることにしています。

そして頂上。下界が見渡せます・・・が、何もありません(笑)

TM_SNA02406.jpg

この小さな仏像の後ろから下界を見ると、こんなかんじ。

TM_SNA02409.jpg

このあとも山登りは続きます。Wat Khao Phra Bat Noi と Wat Chedi Ngarm でも遺跡にたどり着くためには丘の頂上まで登らないといけません。Wat Saphan Hin ほどではないのでここまで来たら登るしか無いです。

この後の見所は、Wat Mangkorn と Wat Tuk、南部に移動して Wat Chetuphon とそのすぐ近くにある Wat Chedi Si Hong です。

二日間も遺跡を見続けていると、正直言って全部同じに見えてきます。よほどの特徴が無い限り見分けるのは困難なのでは無いでしょうか(笑)と思いつつも、あと3日間も遺跡巡りは続きます。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/12/10

スコータイに来ました 【1日目】

TM_IMG_3822.jpg
Wat Tha Phang Thong

バンコクから地方に移動するときは羽田発のJAL深夜便を使います。バンコク着が朝5時頃で、チェンライ、スコータイなどへの乗り継ぎ7時頃なので丁度良いのです。夜の11時頃に羽田空港に到着して、まずはいつもの儀式。ラウンジでカレーを食べること(笑)JALカレーは無難なな味だけど美味しいのです。

TM_IMG_3771.jpg

チェックインカウンターでスコータイまでのチケット発券ができなくてスワンナプーム国際空港に着いてからカウンターに行けと言われました。イミグレを通って外に出る必要は無いと言われたのですが、スコータイ行きは一旦外に出ないと国内線に乗り換えできません。JALのお姉ちゃん、しっかり勉強しておいてくださいね。ちなみに、チェンライに行ったときは外に出なくてもターミナル内のイミグレを通ることができました。

バンコクに着いたらネットワークのチェック。事前に購入しておいたSIMに切り替えて接続を確認しました。Speed Test で速度確認すると約10Mbなので悪くはありません。

IMG_3772.jpg

スコータイ行きの出発カウンターはこちら。搭乗ゲートではなくてバスで飛行機まで向かいます。たしか、チェンライ行きの時は隣のカウンターでした。

TM_IMG_3774.jpg

う〜ん、バンコクは雨。iPhone 天気予報によると、残念ながらスコータイも雨のようです。

飛行機はプロペラ機です。日曜日の早朝便なのにそこそこ満席でした。何故だか、私の周りには日本人が多く乗っていたようで子供が泣き叫ぶ声が眠い頭に刺さりました(笑)。

TM_IMG_3781.jpg

バンコクエアは飛行時間が1時間でも軽食を出してくれます。CAさんは休む暇も無いほどバタバタと働いています(笑)

TM_IMG_3776.jpg

窓から外を見ていると、ハートの島が見えるでは無いですか。急いで iPhone でパチリ。スコータイ新市街から12kmの所にある新名所なのだとか。ハートの形は空からしか見えないので行っても何か楽しいことあるのでしょうか。

TM_IMG_3780.jpg

スコータイ空港に到着。ここはサムイ空港と同様にバンコクエアのプライベート空港です。コードシェア便は飛んでるけど基本的に運航はバンコクエア PG のみです。ターミナル(?)は凄く簡素です。荷物は飛行機から降ろしたカートから直接取るみたいです。私は可能な限り荷物を預けない主義なので最後まで見届ける前にミニバンでホテルに向かいました。

TM_IMG_3787.jpg

空港から新市街、旧市街までは均一料金のバス(ミニバン)です。一日に数便しかないので、到着時間に合わせて待っているのでしょう。新市街までなら 150THB、旧市街(スコータイ歴史公園)までだと300THBです。ホテルの名前を伝えるとホテルの目の前で降ろしてくれます。

ホテルに着いたのは10時前でしたがチェックインできたのでシャワー浴びてから観光に出かけました。泊まったのは歴史公園入口から歩いて数分の場所。立地条件が良いしネットでの評判も上々だったので即決しました。一泊 1,000THBちょっとかな。

TM_IMG_3815.jpg

歴史公園前でレンタサイクルを借りて(15:30までで 30THB)公園内へ。チケットは 100THB、自転車は10THBだったかな。結構広いので徒歩で回るのは現実的ではありません。自転車で回っても老体には結構こたえました。

自転車に乗ったのは20数年ぶりです。最初のうちは多少ヨタヨタしましたが慣れると風を受けて快適でした。

写真やGoogle StreetViewで見てても凄いなと思っていましたが、実物を見ると迫力が全然違います。ワット・マハタートだけで1時間くらいも時間を使いました。写真は帰国後に整理して紹介します。同時に Flicker にも上げる予定です。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。