FC2ブログ
2020/06/15

初めてタイを訪問したのは25年も前のこと

タイは不思議な魅力を持つ国だと言われることがあります。一度行くと二度と行きたくないと思う人がいるかと思えば、ハマってしまって何度も何度も訪タイし、沈没してしまう人まで居ます。私は前者でもあり後者でもあります。コロナ騒動で旅行できない今、また、愛用の iMac が突然逝ってしまって大量の写真データが飛んでしまったので、昔を思い出しながら元写真からスキャンし直すことにしました。

さて、初めてのタイ訪問は約25年も前のことです。ただ誘われるがままに、南国リゾートとして日本でも知名度が上がり始めていたプーケットに行ったのが最初です。当時は何処に行っても観光客も少なくてのんびりしていました。初めてのタイで、正直、もうこの国には来ること無いだろうな・・と思った記憶があります。

  • 全体的にだら〜とした雰囲気
  • 気だるい暑さ
  • 激辛の食べ物と超甘いスイーツ
  • 日本人からすると決して衛生的では無い町
  • 空港に着いたときの独特の匂い

どれをとっても、再訪問を思い立たせない十分な理由でした。

プーケットはビーチリゾートな訳ですが、ビーチの写真は一枚も撮っていませんでした。今流行の「夜の繁華街」は当時も健在でしたが、ビールを飲んだ事くらいしか覚えていません。そんな中、何故だかタイ寺院の写真だけは何枚もありました。実は、それらの写真があったからこそ、数年後に再びタイに行ってみようと思ったのです。二回目の訪タイはチェンマイで、バンコクにはほとんど魅力を感じていませんでしたね。

プーケットで写真に収めていた寺院は Wat Shalong ワット・シャロン、プーケットで最大のタイ式仏教寺院です。当時は寺院名も知らず、ただ日本では見ることが出来ない絢爛豪華、派手な寺院だなと思って写真を撮ったのだと思います。

TM_9507 Phuket_14

色あせた古い写真を復元するのは大変。これが精一杯で、どうしても何となく絵のようになってしまいます。次の写真も同様です。

TM_9507 Phuket_06

日本には無い珍しさに感激してたのでしょう。境内にあったこんな象の像も写真に収めていました。

TM_9507 Phuket_11

寺院を後にして向かったのは象園(多分、Elephant Jungle Sanctuary Phuket という場所)。日本では、象を動物園以外で見ることはないので、策の無い場所をのしのしと歩く姿に驚いたものです。もちろん、象の上に乗って園内を回りました。想像以上に高く、歩くたびに座席がゆっさゆっさと揺れて振り落とされそうで、慣れるまでは怖かったかなぁ。

TM_9507 Phuket_19

この写真の少年は見るからにまだ10代半ばくらいに思えましたが、しっかりと象を操ってて感心しました。そう言えば、ゾウ使いを目指してタイに留学し修行を積んだ少年の実話が柳楽優弥主演で映画化されたこともありましたね。

プーケット島内での移動は軽四輪トラックの荷台を改造したもの。今でも似たようなものは走ってるので、それは25年経っても変わらないということでしょうか。(笑)

TM_9507 Phuket_18

二度目のタイ訪問以降は、タイという国、文化、風土になんとも言えない魅力を感じて何度も行きました。何度行ったのか覚えてないほどですが、パスポートの出入国記録を整理してみると約50回以上も訪タイしていました。

タイの魅力ってなんだろう。。。

  • 全体的にだら〜とした雰囲気
  • 気だるい暑さ
  • 激辛の食べ物と超甘いスイーツ
  • 雑踏のような古い市場や路地裏
  • 空港に着いたときの独特の匂い

あれ?
二度と行きたくないと思った理由とほとんど同じなのです。(笑)

ここ数年はタイ寺院と仏像、遺跡に興味があって、写真を撮るために何度も足を運んでいます。訪問した寺院や遺跡は、全てではありませんが、既にこのブログで記事にしています。

今年は4月のソンクランに行く予定でしたが、コロナのせいでキャンセルしました。この状況がいつまで続くのか誰にもわからない。秋のロイクラトンまでには収まっていて欲しいと祈るばかりです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/12/03

バンコク BTSスカイトレイン開業から間もなく20年 - 都市交通システムの発展が止まらない !

TMH_9912 Bangkok_010
開業当時のBTS車両(1999年12月撮影)

私がバンコクに行き始めたのは今から約20数年前、ちょうど BTSスカイトレインの工事が始まった頃です。バンコクの主要幹線道路 Sukhumvit や Silom通りを車線規制して高架鉄道を建設していたので車の渋滞が半端なかった記憶があります。当初は1998年12月のアジア大会に間に合わせるために建設が始まったもののアジア通貨危機などの影響もあって間に合わず、結局は1年遅れの 1999年12月に完成、12月5日に開業しました。

TMH_9905 Bangkok_50M
試運転中のBTS @ Silom~Chong Nonsi 交差点付近(1999年5月撮影)

TMH_9909 Bangkok_044
試運転中のBTS @ Silom通り(1999年9月撮影)

昔の写真を見ていると、1999年5月に高架の上を走る BTS車両が写っていました。おそらく、開業の半年くらい前から試験走行を始めていたのだと思います。

TMH_9912 Bangkok_032
開業当時のBTS路線図(1999年12月撮影)

開業当時は3両編成で路線も短かかった。Silom Lineなんて、わずか7駅しか無かったのですから。新し物好きのタイ人にしても乗ってる人はほとんど居ませんでした。なにしろ、バスだと数バーツのところ、BTSは5倍以上も高かったので、車内はいつもがら〜んとしてて観光客だけが乗っていた印象です。冷房だけは半端なく効いていたので少し長距離を乗ると風邪を引きそうでした。😝

あれから20年。バンコクの都市交通システムの発展は止まりません。
ざっくりまとめてみると・・

1999/12/05  BTS Silom line (National Stadium – Saphan Taksin) 開業
         BTS Sukhumvit line (Mo Chit – On Nut) 開業
2004/07/03  MRT Blue line (Tao Poon - Hua Lamphong Station) 開業(地下鉄)
2009/05/15  BTS Silom line (Saphan Taksin - Wong Wian Yai) トンブリ地区乗り入れ
2011/08/12  BTS Sukhumvit line (On Nut – Bearing)南へ延長
2013/12/05  BTS Silom line, Bang Wa まで西へ延長、現在の終着駅でMRTに接続
2016/08/11  MRT Purple line (Tao Poon - Khlong Bang Phai) 開業
2018/12/06  BTS Sukhumvit line, Kheha Samut Prakan まで東へ延長
2019/09/29  MRT Blue line (Hua Lamphong - Lak Song) 西へ延長
2019/12/05  BTS Sukhumvit line, Kasetsart Univ. まで北へ延長
2020/03     MRT Blue line (Tao Poon - Tha Phra) 開業、Blue line環状化

これだけでもバンコクの東西南北主要エリアに行くことができるので十分すぎるのですが、更に Orange line, Pink line (monorail), Yellow line (monorail), Gold line (monorail) の建設が進められています。2022~2023年頃までの完成が予定されていて、完成後は更に便利になります。

予定線を含めて全体像は次の通り。【2019年12月23日に Blue Line 全線開通しました】

Bangkok BTS_MRT

ちなみに、今回延長される Sukhumvit line の4駅は来年1月2日まで運賃無料だそうです。おそらく、現在の路線からの直通運転は無く、現在の終着駅 Ha Yaek Lat Phrao で乗り換えになるのでしょう。【Kasetsart University行き直通電車が走っています。】

2021年には、バンコク中央駅が現在の Hua Lamphong 駅から Bang Sue 駅に移ります。それに併せて SRTタイ国鉄線も高架鉄道が新たに作られ、Dong Mueang 空港方面(Rangsit行き)や Taling Chan 方面への移動が便利になります。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/02/07

タイの喫煙事情 ついに主要空港も全面禁煙に

時代の流れだから仕方ないのでしょうか、喫煙者はどこの国に行っても肩身の狭い思いをします。2020年の東京オリンピックを前にして日本も禁煙の波が襲ってますが、飲食店などでの禁煙対策は甘いというかどうもはっきりしない。タイでは随分と前から屋内飲食店やバーは全面禁煙です。もちろん、そこはタイ、私がよく行ってるレストラン・カフェは何故だか喫煙できますが。。。

今週 2月3日から施行された禁煙規制では、タイの主要空港(スワンナプーム、ドンムアン、プーケット、チェンマイ、ハジャイ、チェンライ)が全面禁煙となりました。空港内にあった喫煙室だけでなく屋外の喫煙場所も撤去されるとのことです。スワンナプームのJALラウンジには喫煙室があったのですが、きっとあれも無くなるのでしょうね。残念です。

違反者には罰金 5,000THB です。少ない額ではないので注意したい。

路上でたばこの吸い殻のポイ捨て規制がされた頃、罰金 500THB は警察官のポケットに入ることが多かったらしいです。その場で徴収されれば当然そうなるでしょうね。私もタバコを吸ってるところを警察官に遠くからじ〜っと見られて、吸い終わったところで近寄ってきて何か言われたことがあります。何かって、タイ語なので全くわかりませんでしたが、罰金だ!と言ってたに違いありません。私は規制のことを知ってたから、携帯灰皿を見せてポイ捨てしてないこと言うと警察官は退散しました。

5,000THBもその場で徴収なんでしょうかね。だとすると、小遣いとは言えないほどの大金稼ぎの警察官が現れても不思議ではありません。喫煙者への監視の目が強化されるのは間違いないです。

ちなみに、タイでは電子タバコも禁止です。見つかれば相当額の罰金を支払わないといけません。おそらく、Vapor などは覚醒剤の吸引と見分けが付かないからじゃないでしょうか。

環境美化の名の下に、路上屋台が撤去されています。観光客にとっては楽しみが一つ減るのと同じです。歓楽街での売春や覚醒剤の取り締まり強化は歓迎すべきことですが、色んな規制が強化されるとギスギスしてしまうし、観光客は『知らなかった』ことで罰金なんてこともあり得ます。注意が必要ですね。

タバコ関連の過去記事はこちら

10年ほど前にバンコクの街角で撮った写真ですが、もうこんな感じのバーも無くなりましたし、ビール飲みながらタバコを吸うなんて光景も見られない。

TMH_0908 BKK_28



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/12/27

サワンカローク Sawankhalok という気になる町に寄ってみた

TMH_SNA02591R.jpg
サワンカローク駅舎

スコータイ旧市街からシーサッチャナリ歴史公園に向かう途中、少し寄り道になるけれどちょっと気になっていた町サワンカローク Sawankhalok に寄ってみました。何故気になっていたかというと、この町には鉄道駅があるのです。チェンマイまでの北本線から短い支線を作ってまでも駅を作ったのは何故なのだろうかと不思議に思ったからです。

クルンテープ(バンコク)駅からアユタヤ駅までが開通したのが1897年です。それから少しずつ北に延びていって1908年にはピサヌローク駅まで開通しました。チェンマイ駅まで開通したのは1922年のことです。サワンカロークに向かう支線が開通したのはピサヌローク駅まで開通した翌年の1909年です。北本線から別れる支線はサワンカローク支線だけです。このことからサワンカロークは余程重要な場所だったんじゃないかと想像できるわけです。スコータイもシーサッチャナライもあるのに何故サワンカロークなの・・・と。しかも、北本線の分岐駅バーンダーラー駅からわずか30kmも離れてないのです。

色々と調べてみましたが確定的な理由はわかりませんでした。ただ、当時のことを考えると、スコータイやシーサッチャナライの遺跡が発掘され始めたのは1950年代なので、サワンカロークはこの地域で最も栄えていた町だったのではないかと。また、支線はサワンカローク駅で止まっているけれど本来はミャンマーとの国境に近いターク郡まで伸ばす予定だったらしい・・との記述を見たことがあります。

TMH_SNA02590R.jpg
サワンカローク駅、線路はここで行き止まり

現在のサワンカロークという町が昔からあったのかどうかはわかりませんが、Wikipediaによると、13世紀以前からヨム川のほとりにチャリエンという町がタイ族により作られていたようです。現在の場所はシーサッチャナライ歴史公園の東側にあるワット・プラシーラッタナマハタート Wat Phra Sri Rattana Mahathat がある一帯のようです。北部のチェンセンから南下してきた中国人も住み着きクメール王朝時代には重要な貿易の中心地になったとあります。

中国人はこの地に陶器の製造技術を持ち込み、現在のシーサッチャナライ歴史公園の西北域ヨム川沿いの西側に大規模な窯跡群を作りました。サッカローク焼として有名なこの陶磁器は日本にも輸出されて、安土桃山時代に宋胡録、寸胡録、すんころく焼の名で広く知られるようになりました。(近年、シーサッチャナライの陶器はスコータイ王朝の1,000年以上前から作られていたとする証拠が見つかり、中国人が伝えたという説は疑問視されています)

スコータイ王ラームカムヘーンは中国から陶磁器の製法を輸入し、シーサッチャナーライ周辺では陶器産業が盛んになった。」 との記述もありますが、これは多分、大王を称えるための逸話と言ってもよいのかもしれません。ですが、援助したのは間違いないでしょう。

Wikipedia をはじめネット上の情報を見ていると、この地の呼び方に多少混乱していました。時代によって町の呼び方が変わっているのではないか・・と。その答えとなるような記述が Wikipedia にありました。

シーサッチャナーライとは「吉祥なる銀の出るところ」を意味する。旧称・チャリエン (タイ語: ชะเลียง) 、ハートシアオ (タイ語: หาดเสี้ยว) 。サワンカローク (タイ語: สวรรคโลก) 、サンカローク (タイ語: สังคโลก) とも称したが、現在、この名称はサワンカローク郡のものとなっている。

現在はシーサッチャナライ、サワンカロークは別々の町ですが、昔の記述ではどちらも同じ町(地域)を指していたのではなでしょうか。「現在のサワンカロークという町が昔からあったのかどうかはわかりませんが」・・・と上述しましたが、多分、現在のサワンカローク市街地は歴史上の記載にあるサワンカロークとは異なると思っています。直線距離で約13km、スコータイ旧市街と新市街の距離も13km位なので現在のサワンカロークが新市街であってもおかしくなさそうです。(笑)

余談ですが、現在のスコータイ郡は1932年にサワンカローク県に編入されています。1949年にサワンカローク県がスコータイ県と名称変更しスコータイ郡が県庁所在地になりました。このことからも以前はサワンカロークが中心だったことがうかがえます。

現在、サワンカローク駅に停まる列車はというと、たったの1本しかありません。
バンコクを 10:50 に出発した列車は北本線の分岐駅バーンダーラー駅から逆走してサワンカローク支線に入り、サワンカローク駅に 17:46 着。15分間停車して 18:01 にシラーアー駅に向けて出発します。この列車はシラーアー駅に 19:15 着で、19:45 に折り返してバンコクに向かいます。その時はサワンカローク駅には行かずに北本線をそのまま南下するのです。つまり、サワンカローク駅の営業時間はわずか 15分のみ。変則的な運行ですが、この列車はタイ国鉄の中でもチェンマイ行きの花形列車、第1特急、第2特急についで第3特急と第4特急の名前を与えられた由緒ある(?)特急なのです。

TMH_SNA02587R.jpg
サワンカローク駅の切符売り場。時刻表は緑色のパネルで、右の大きなパネルは価格表。

駅前の様子はこんな感じ。そこそこ車通りもありますが、ごく一般的なタイの地方町といった感じです。

TMH_SNA02595R.jpg

タイの鉄道駅は市街地中心から離れた場所に作られている場合が多いのですが、ここは市街地中心に近いようです。もしかしたら、100年以上前に鉄道駅ができてから栄えてきた場所なのかもしれません。

TMH_SNA02593R.jpg
駅構内の売店

一日に一本しか列車がないのに売店は営業していました。行ったのは朝9時頃です。まぁ売店と言うよりも普通の店と言った方が良いのかも。オジサンは暇にしていました。

 

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/12/25

マハナコーンビル展望台に行って来ました

TMH_SNA04179R.jpg

2016年に完成したマハナコーンタワー(現在の正式名称は King Power Mahanakohn)の最上階展望台が約2年遅れで先月オープンしたので、早速行ってみました。この時期のバンコクは大気汚染が激しくて晴れていても見晴らしは良くありません。空を見上げると綺麗な青空なのに、街のビルをみると薄ら黄色いモヤがかかったよう。滞在中にスッキリしてくれるのを待ちましたが一向に改善する気配がなかったので諦めて行くことにしました。

バンコクの展望台と言えばこれまでバイヨークタワー II があって、高さは304mでした。マハナコーンビル展望台はそれよりも10m高いので、バンコクで最も高い展望台と言うことになります。場所は BTS チョンノンシーの目の前なのでアクセスは良好です。特徴的な変わったデザインのビルなのでランドマークとして目立ちます。

ビルの上部を見ると少し出っ張りがありますが、ガラス張りの床になっていて歩くことができるのです。約310mの高さに浮いたような感じを味わえると思います。

TMH_SNA04181R.jpg

さて、入口ですが・・・まぁ、値段が高いこともあって客はまばらです。私は昼過ぎに行きましたが待ち時間なし(笑)。正規料金は75階までで 850THB、最上階の78階に上るには 1,050THBですが、1月末まではプロモーション価格として 765THBで最上階まで上がることができます。それでもタイの他のアトラクションの入場料と比べると破格に高いです。

TMH_IMG_4193.jpg TMH_IMG_4195.jpg

直通エレベーターで 74階まで上り、最上階の78階に行くにはガラス張りエレベーターに乗り換えます(階段を上ることもできます)高所が苦手な人は、多分この段階で足がすくんで動けなるかもしれません(笑)。

TMH_SNA04186R.jpg TMH_SNA04188R.jpg

このエレベーターを降りた階が最上階の78階です。オープンエアなので開放感は抜群です。周りは分厚い強化ガラスで墜ちる危険性は無いものの、ビルの際まで寄って地上を見ることができるので慣れるまではかなり恐怖心がありました。

地上から見えた出っ張り部分ですが、次の写真のようになっています。私はとても歩く気にはなりませんでしたが、楽しんでる人はそれなりにいました。

TMH_SNA04223R.jpg

そして、この展望台の売り 314mの高さへは階段で上ります。ご丁寧に高さも表示されています。

TMH_SNA04224R.jpg TMH_SNA04198R.jpg

周囲の景色を眺め写真を撮るなら 314m からの方が良いです。こちらのガラス壁は少し低くなっているので写真が撮りやすいです。クッキリと晴れ渡っていたらかなり遠くまで見ることができるはずですが、この日は大気汚染によるモヤがかかっていて遠くまで綺麗に見ることはできませんでした。次の写真は Adobe Lightroom でかすみ除去処理などをかけて何とか見られる状態にしたものです。実際の写真は全体が薄らと白けて黄ばんだ感じでした。

ルンピニ公園方面を撮った写真
TMH_SNA04215R.jpg

トンブリの ICON SIAM方面を撮った写真
TMH_SNA04202R.jpg

チャイナタウン方面を撮った写真
TMH_SNA04219R.jpg

プラトゥーナム市場方面を撮った写真、かつての最高峰バイヨーク・タワー II が見えます。
TMH_SNA04218R.jpg

最後はシーロム通りからチャオプラヤ川方面を撮った写真
TMH_SNA04226R.jpg

バンコクに始めて行ったときに泊まったナライホテルや、その後しばらく定宿にしてた当時のタワー・イン(現在はフラマシーロム)が写真真ん中下辺りに小さく見えます。

眺望の良さを考えると、市街地中心に近いバイヨーク・タワー II からの方が良いと思います。スクムビット方面のビル群や王宮方面も見ることができますからね。

ちなみに、マハナコーンビル展望台は深夜12時まで営業しています。最上階にはバーもあるので夜景を楽しむことができます。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。