FC2ブログ
2019/01/17

スコータイ歴史公園 Sukhothai Historical Park(1)

TMH_IMG_3815.jpg

スコータイ歴史公園はスコータイ旧市街(城壁内)を中心とした広大な範囲に広がります。世界遺産に登録されたエリアはラムカムヘン国立公園の一部を含む東西約10km、南北約6kmの約7,000haにも及びます。ここでは旧市街(城壁内)の遺跡について紹介します。

Google Map の衛星写真に主な遺跡とルートをマッピングしました(クリックすると拡大画像が表示されます)。公園の入口は中央右手の「家」マークで、その南側60m位の場所にチケット売り場があります。園内バスのカウンターが目立ってますが、チケットカウンターは左手奥です。入園料は 100THB、自転車は 10THBです。園内は広大なので徒歩で回るのは無理があります。入口前辺りにレンタサイクル屋が沢山あるので好みの自転車を借りましょう。一般的なものなら30THBです。

Sukhothai Historical Park Route

入って最初に右手に見えるのがワット・マイ Wat Mai です。大きなビハーラ Vihara(僧院)の土台部分だけが残っています。北側に100m程離れた場所にチェディ(仏塔)の後もあります。
TMH_SNA02067R.jpg 

次に向かうのはラムカムヘン大王のモニュメント King Ramkhamhaeng Monument です。言うまでも無くスコータイ王朝の3代目国王でスコータイ王国の黄金期を作った大王です。ここには園内で唯一土産物屋や出店があります。飲み物を買い忘れた場合はここで買っておきましょう。
TMH_SNA02085R.jpg

南に進むと右手にワット・チャナソンクラーム Wat Chana Songkhram があります。チャナソンクラームはバンコクにもありますが「戦勝の寺院」です。大きな仏塔が先端まで綺麗に残っています。
TMH_SNA02090R.jpg

道を挟んで直ぐ南側にはワット・ラックムアン Wat Luk Muang があります。町を造るときに最初に建てる柱(City Pillar)を祀る寺院です。バンコクはじめシーサッチャナライやカンペーンペットでも王宮の直ぐ近くに隣り合うように建てられているので、スコータイ王朝の王宮もこの辺りにあったと思われます。スコータイ王朝の王宮の場所は定かではありませんが、ノーエンプラサートがその一部だったと考えられています。
TMH_SNA02095R.jpg

次はスコータイ観光のハイライト、ワット・マハータート Wat Mahadhatu です。が、その前にノーエンプラサート Noen Prasat をちらっと見てから向かいます。高さ約2mの大きな土台(約52 x 28m)が残っています。
TMH_SNA02096R.jpg

ワット・マハータート Wat Mahadhatu はスコータイ様式の特徴とも言える蓮のつぼみ型をした大きなチェディ(仏塔)が有名です。もちろん仏塔だけではありません、衛星写真で見ても周囲に数多くの建築物があるのがわかります。大小合わせて200塔以上の仏塔、ビハーラ(僧院・礼拝堂)は10箇所、モンドップは8箇所あります。寺院の中心になるウボソット Ubosot(本堂)は大仏塔の北側にあり基壇と共に仏像が残っています。
TMH_SNA02101R.jpg

ワット・マハータートの南西側にはスコータイで最も古い寺院の一つワット・シーサワイー Wat Si Sawai があります。アンコールワットで見られるようなトウモロコシ型の仏塔はスコータイ朝以前のクメール文化の名残です。
TMH_SNA02147R.jpg

ワット・シーサワイーをぐるっと一回りしてから北上し、道無き林の中を突っ切って池の畔まで出ます。左手に見えるのがワット・トラパンゴン Wat Trapang Ngoen です。スコータイは水に恵まれてなかったのでトラパンあるいはタパンと呼ばれるため池が沢山あります。この寺院の名前もそこからきています。寺院本堂は池の中の小島にあります。
TMH_SNA02170R.jpg
TMH_SNA02155R.jpg

池の畔を通りながら更に北上したところにワット・サシー Wat Sa Si または Wat Sra Sri があります。大きなチェディと礼拝堂、そして本堂は池の中の小島に造られています。小さなチェディの前には近年になって造られたと思われる立仏像があります。本堂側から礼拝堂を見ると、白い仏像の後ろにベル型のチェディーが綺麗に見えます。
TMH_SNA02188R.jpg

池の畔を回るように東に進みラムカムヘン大王モニュメントを右に見て北上すると、幅広い道の手前にワット・トラクアン Tra Kuan があります。この辺りまで来ると疲労はピークに達していて、バザールをやってたのでコーラを飲んで一休みしました。うかつにも写真を撮り忘れて・・・。

車道を渡った所に、スコータイで最も古い建造物と言われるサンタファデーン San Ta Pha Daeng があります。12世紀頃に建てられたと言われる元ヒンドゥー教寺院です。
TMH_SNA02193R.jpg

更に北上して城壁の近くにワット・ソンカーオ Wat Son Khao があります。仏塔の基台に黒石になった米(カーオ)が発見されたためその名が付いたと言われています。何とも安直な感じはしますが、他の寺院も実は形や地域の特徴から名付けられたものは多いです。
TMH_SNA02195R.jpg

ここから南下して直ぐのところにワット・ソラサック Wat Sorasak はあります。この寺院からは石碑が発見され、それには1412年に建立されたとあります。目に付くのは像に囲まれたスリランカ様式のチェディで、ワット・チャンロームなどと比べると少し小ぶりですが、ここの像はまだしっかり形をとどめています。
TMH_SNA02197R.jpg

左手に池が見え、その中の小島に寺院があるのがわかります。ワット・トラパンソー Wat Tra Phang So です。残念ながら雨が本降りになってきたので行くのを諦めました。
TMH_SNA02200R.jpg

あとは最初の衛星写真に記した黄色のラインに沿って入口まで戻りました。
Google Map によると、この黄色のラインだけで総延長約5kmになります。それぞれの寺院で足を止めて歩き回るとかなりの距離になるはずです。筆者はワット・マハタートを一通り見て回るのに1時間以上もかかりました。

遺跡見物は体力勝負。しっかり体力を付けてから観光することをお薦めします(笑)
レンタバイクもありましたが、私はバイクに乗ったことが無いので自転車にしました。その自転車も実は20年以上ぶりに乗ったように思います。歩くより格段と楽だけど、自転車をこぐのも結構疲れました。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/01/16

シーサッチャナライ歴史公園 Si Satchanalai Historical Park, Thailand(2)

TMH_SNA02676R3.jpg
公園内に掲示されている遺跡マップ。旧市街地は壕で囲まれた部分です。

公園入口から右手にあるワット・ナンパヤー Wat Nang Phaya までは前の記事で紹介しました。この寺院と並んで建てられていて、公園のほぼ中央に位置するのが ワット・チェディーチェッタオ Wat Chedi Chet Thaeo とワット・チャンローム Wat Chang Lom です。


ワット・チェディーチェッタオ Wat Chedi Chet Thaeo
TMH_SNA02698R.jpg

ラテライトでできた壁(カンペーンケーオ)の中に33もの仏塔が所狭しと建ち並んでいます。寺院の名前を直訳すると「7列の仏塔」となりますが、発見されたときは7つの仏塔だけが見えていたからだとも、7と言う数字は仏教の世界観を表しているとも言われています。確かに、チェンマイのワット・ジェットヨードも7つの塔をもつモンドップに名前の由来があります。

現在は見ることができないかつての王宮のすぐ近くにあり、スコータイ・プラルアン王朝の王立墓地だったと言われている重要な寺院です。

ワット・チャンローム Wat Chang Lom
TMH_SNA02707R.jpg

ワット・チェディーチェッタオから道を挟んですぐ隣にあります。目に付くのはスリランカ様式の大きな仏塔で、ラムカムヘン大王の命により1286年に建立されたと言われています。同名の寺院はスコータイにもありますが、こちらの方が規模が大きいです。39体もの像がベースの四辺を固め、2階部分には仏像を収める20個のニッチがあります。2階のテラスのような場所からはワット・チェディーチェッタオを一望できます。

TMH_SNA02716R.jpg

上の写真中央の道を左(北東方向)に進むとワット・スアンケオウッタヤーンノイ Wat Suankaew Utthayan Noi があります。

TMH_SNA02726R.jpg

この寺院は唯一王宮内にあった王宮寺院と考えられており、地元に人達にはワット・スラケオ Wat Srakaew とも呼ばれています。後世、アユタヤ王朝や現在のチャクリー王朝でも王宮内に一つだけ寺院がありますが、その原型(モデル)になった重要な寺院です。スコータイ時代の特徴の一つ、蓮のつぼみ型の仏塔とその前に仏像を安置したモンドップが比較的良い保存状態で残っています。

北西に道を進むと突き当たり(丘の麓)がワット・カオパノムプリォーン Wat Khao Phanom Phloeng です。

TMH_IMG_3911.jpg

市の中心に位置し、スリランカの影響を強く受けた聖火崇拝の場所でした。写真の階段を上ると仏塔があります。実は、ここまで辿り着いたとき、自転車もこげないほど疲れていて階段を上るのを諦めました。よって、この上がどうなっていたのかネット上の写真でしか知りません。シーサッチャナライで重要な寺院遺跡の一つなので、次回訪問するチャンスがあれば是非行ってみたいと思っています。

ワット・カオパノムプリォーンの西側にはワット・カオスワンナキーリー Wat Khao Suwankhiri があります。こちらも小高い丘の上に位置する寺院で、ワット・カオパノムプリォーンから歩道で繋がっています。

公園入口まで戻り、そこから車で西に進んで Wat Sa Pathum, Wat Yai Ta の前を通ってワット・カオヨート Wat Kao Yod に向かいました。地図上では Wat Chedi Chet Yod と書かれていますが現地の案内板には Wat Chedi Kao Yod となっていました。 モンドップの上に7つの尖塔があったことから(実際は9つあった)かつては Wat Chedi Chet Yod と呼ばれていたようです。戦争に向かう際に気勢を上げるために軍人たちがこのお寺で聖水式を行っていたと言われています。

TMH_SNA02741R.jpg

この寺院は道沿いにありますが、西側に歩道が繋がっており、奥の方に Wat Chedi Ain, Wat Khao Yai Lang, Wat Khao Yai Bon があります。奥までは行かなかったけれど Wat Chedi Ain が見えたので写真に撮りました。

TMH_SNA02733R.jpg

最後に向かったのはワット・ホアコーン Wat Hua Khon です。この寺院で特徴的なのは三面が壁に囲まれた中に立仏像があるモンドップです。ホアコーンの名前の由来は定かではありません。多くの寺院はその形状や特徴から名付けられていますが、ここではホアコーン(タイ伝統舞踊で見られるマスク)などは発見されていません。ですが、様々な証拠から、民俗芸能などのイベントが開催された場所であったかもしれません。

TMH_SNA02743R.jpg

遺跡巡りは体力勝負です。シーサッチャナライに行ったのはスコータイに到着して三日目。スコータイ歴史公園の広大な敷地内を回った後だったので疲労がピークに達していました。日頃の不摂生がたたって直ぐに足腰痛くなって疲れてしまう。次回訪問のチャンスがあれば事前にトレーニングして向かおうを思います。

スコータイの観光シーズンは雨期が終わった11月から2月頃までです。11月にはスコータイ発祥と言われるロイクラトンがあるので、また行きたい。

それぞれの寺院遺跡には歴史があります。気が向いたら個々の寺院のうんちくを書くつもりです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/01/09

シーサッチャナライ歴史公園 Si Satchanalai Historical Park, Thailand(1)

TMH_SNA02674R.jpg

スコータイ旧市街に滞在して3日目に、直線距離で約45Km北にあるシーサッチャナライ歴史公園に行って来ました。途中サワンカロークに立ち寄ったので車で1時間ちょっとの距離でしょうか。スコータイ空港はシーサッチャナライとスコータイのほぼ中間点に位置します。

シーサッチャナライはスコータイ王朝の副都として栄えた町ですが、実はスコータイ王朝時代以前からあって旧名チャリエンと呼ばれていました。日本では宋胡録、寸胡録、すんころく焼の名で広く知られるサッカローク焼が生まれたのもこの地で、ヨム川を数キロ上流に遡った場所に窯跡群が残っています。残念ながら、アユタヤ王朝が終わる頃までにはシーサッチャナライの町と共に無くなってしまいました。ヨム川が大きく蛇行する場所チャリエンの中心に最初に訪れたワット・プラシーラッタナマハタートがあります。


シーサッチャナライ歴史公園は、スコータイ歴史公園やカンペーンペット歴史公園とともに 1991年にユネスコ世界遺産に登録されました。ワット・プラシーラッタナマハタートからサッカローク焼の窯跡群までのかなり広い範囲なので自転車で回るのはちょっと無理があります。

TMH_Map of SiSachanalai 003
主な遺跡の場所(数字)を薄赤で示しています。

ワット・プラシーラッタナマハタートから西に向かって最初の遺跡はワット・チョムチェン Wat Chom Chuen です。ベル型の仏塔と比較的良く保存されたモンドップがあります。スコータイ王朝時代以前からこの地には人が居て、発掘調査の結果3〜4世紀頃の痕跡も見つかっているそうです。遺跡の前には博物館があります。

TMH_SNA02661R.jpg

次に向かったのは直ぐ近くのワット・チャオチャン Wat Chao Chanです。スコータイ王朝時代以前の特徴的な建築様式を残したプラーン(塔堂、クメール時代はプラサート)が見物です。発掘調査によると6〜10世紀には既にこの場所に何らかの建造物があったそうです。

TMH_SNA02662R.jpg

川沿いの道を更に西に向かって進むとワット・コークシンカラーム Wat Khok Singkharam があります。スコータイからアユタヤ王朝時代に建立されたと言われており、三つの並んだ仏塔は特徴的なアユタヤ様式です。この遺跡では柱だけでなく壁も残っているのが珍しいです。

TMH_SNA02669R.jpg TMH_SNA02673R.jpg

そしていよいよシーサッチャナライ歴史公園の中心、王宮があった城壁内へ。入口はトップ写真の通りで、ここで自転車を借りました。入場料は 100THB

城壁を通り過ぎて最初に目に付くのはワット・ナンパヤー Wat Nang Phaya。女王の修道院とも呼ばれシーサッチャナライ歴史公園の中では比較的新しくアユタヤ時代初期に建立されました。どの寺院も同じですが、ラテライトの壁で囲まれておりチェディ、ヴィハーン、ウボソト、そして2つの従属チェディで構成されています。

TMH_SNA02679R.jpg

正面から見ると次のようになり、屋根が付けられた左側の建物には当時の壁が残っています。ほとんどの遺跡では壁が崩れ落ちて無くなっているので、当時の壁の模様などが見られる貴重な場所です。

TMH_SNA02678R.jpg

ワット・ナンパヤーと並んで奥にあるのがワット・スアンケオウッタヤンヤイ Wat Suan Kaeo Uthayan Yai です。王宮側の少し北側にはワット・スアンケオウッタヤンノイもあります。

TMH_SNA02690R.jpg

シーサッチャナライ歴史公園の目玉はワット・チャンロームとワット・チェディチェッテウなのですが、その手前で道を挟んで反対側にワット・ラックムアン Wat Lak Mueang の標識があったので行ってみました。Lak Mueang は町を作るときに最初に建てる柱 City Pillar を祀る寺院です。シーサッチャナライの町はそこから始まり、王宮が建てられました。残念ながら現在は王宮の痕跡は全く残ってないようです。次の写真の右手奥あたりに王宮があったと思われます。

TMH_SNA02692R.jpg

建物の中には City Pillar が祀られていました。

TMH_SNA02694R.jpg

この記事はここまで。つづく





★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/01/07

サワンカローク Sawankhalok の第三級王室寺院 ワット・サワンアローム Wat Sawang Arom Worawihan

TMH_SNA02562R.jpg

サワンカロークの鉄道駅から約500m離れたヨム川沿いにワット・サワンアロームはあります。ラーマ1世の時代に建立されたと言われており、このエリアでは最も古くかつ最も重要な寺院です。

サワンカロークの町を現在の地に移すにあたり、当時の統治者 Phraya Wichitphakdee は寺院建立の為の土地と宿泊施設を寄贈しました。当初は Wat Chuan とも呼ばれており、またチャオプラヤの寺院と呼ぶ人もいるそうです。

境内には礼拝堂 Viharn 、旧本堂 Ubosot と仏塔、涅槃像、奥の方に真新しい本堂 Ubosot があります。現在の二つの礼拝堂はいずれも 1787年に建てられたとされていて、トップ写真の奥側の僅かに大きい方が本堂 Ubosot です。

TMH_SNA02558R.jpg

涅槃像を正面から見ると奥の方に真新しい建物が見えます。周囲は結界石 Sima で囲まれていていることから、現在の Ubosot はその建物ではないかと思われます。大きさは旧本堂に比べるとかなり小さめです。

TMH_SNA02561R.jpg

(旧)本堂には大きな仏像が安置されています。ご本尊は Buddha Ruangrith と呼ばれ、横幅 2.3m、高さは 2.8m もあり、かつてはシーサッチャナライ Si Satchanalai のワット・プラシーラッタナマハタート Wat Phra Sri Rattana Mahathat に祀られていたものだそうです。現在のシーサッチャナライはサワンカロークの旧市街にあたるので、新市街を作るにあたり重要な仏像を持ち込んだのでしょう。そのことからもこの寺院の重要性がわかります。

TMH_SNA02564R.jpg

本堂から仏塔を挟んで反対側に木造の古そうな建物もありました。おそらく、かつては僧院か僧侶の宿泊施設だったのかもしれません。階段を上がって中を見てみましたが、現在は半分物置のような感じで使われていました。

TMH_SNA02578R.jpg

観光客が来るような場所ではないので、カメラをさげた日本人は珍しかったのかもしれません。階段の所で数名のお年寄りが話していましたが、手招きして誘い入れてくれました。

全体的にこじんまりした綺麗な寺院でした。

TMH_SNA02556R.jpg

※ この寺院については英語の資料も見つからなかったので、タイ語の資料を Google翻訳して記事を書きました。誤翻訳による記載内容の間違いがあるかもしれません。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2019/01/06

シーサッチャナライにある第一級王室寺院 ワット・プラシーラッタナーマハータート Wat Phra Sri Rattana Mahathat

TMH_SNA02607R.jpg

タイに25箇所しかない第一級王室寺院のうちの一つ ワット・プラシーラッタナーマハータートに行きました。1958年、前国王ラーマ9世と王妃シリキットが訪れた後、この寺院はは第1級王室寺院に格付けされ王室の庇護を受けることになりました。同名の寺院はピサヌロークにもあり、そちらも第一級王室寺院です。

この寺院はシーサッチャナライ歴史公園から東側に約2km離れた場所にあり、旧名チャリエンという町の中心にあります。町と言っても現在はこの寺院以外に何もありません。チャリエンはヨム川が蛇行した所にありクメール王朝時代に中国などとの交易で栄えた町です。その時代、12世紀末から13世紀にかけて建立されたと言われています。

特徴的なトウモロコシ型の大きな塔堂 Prang はアユタヤ時代に作られたものです。また、壁内入口ゲートは石造りでクメール朝時代の名残を残しています。塔堂前の大きな仏像はスコータイ様式で作られたものです。

TMH_SNA02618R.jpg

この塔堂には登ることができて内部には仏舎利が納められているという「柱」があります。私が訪問したときはお坊さんの集会?(研修)が開かれていたようで例のオレンジ色の服を着たお坊さん達が沢山お参りしていました。階段が狭く段差も一定じゃないので気をつけないと・・・(笑)

TMH_SNA02625R.jpg TMH_SNA02635R.jpg

塔堂の裏側(西側)には、このエリアで最も古い建造物と言われる仏塔 Phra Dhatu Mutao があります。上部は壊れてしまっています。

TMH_SNA02639R.jpg

仏塔の西側にあった礼拝堂 Viharn には比較的良く保存された二体の仏像があります。そして、その脇には柱で囲まれた立仏像。スコータイで見たものと比べると顔つきがちょっとキツい感じがします。

TMH_SNA02655R.jpg TMH_SNA02653R.jpg

最後にこの寺院の本堂 Ubosot です。寺院の大部分は遺跡が占めていますが、この寺院は今でも僧侶が居るアクティブな寺院です。トップ写真の右側に見えるのが本堂です。第一級王室寺院なのでもっと立派な本堂と仏堂があるのではと期待していましたが、バンコクで見る第一級王室寺院と比較するのは酷なこととは言え、ちょっと簡素過ぎでした。本堂内部には自由に出入りできるのは有り難い。

TMH_SNA02606R.jpg



シーサッチャナライの高解像度写真は Flicker に保存しています。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。