FC2ブログ
2018/09/21

バンコクに巨大商業施設 ICON SIAM が11月9日オープン

icon-siam-magnolias-bangkok.jpg

チャオプラヤ川のトンブリ側、巨大商業施設 ICON SIAM の開業が 11月9日と発表されました。昨年秋の工事進捗状況からすると年内オープンは難しいかなと思っていましたが、タイにしては珍しく(?)計画より約1年遅れでオープンにこぎつけたようです。チャオプラヤ川沿いに立ち並ぶ高級ホテル群(ペニンシュラとミレニアム・ヒルトンとの間、川を挟んで目の前にはオリエンタル、シェラトン、シャングリラホテル)のど真ん中と言ってもよい場所にあります。ただ、モノレール(Gold Line)の開業は遅れているため行くにはボートを使う必要があり必ずしも便利とは言えません。

BTS サイアム駅の目の前に SIAM Paragon がオープンしたとき、なんて巨大な商業施設なんだろうと驚きました。ICON SIAMも同じ系列のモールで、総床面積はなんと SIAM Paragonよりも広いのだそうです。ちなみに、タイで一番広いモールは、2015年にオープンした Central Plaza WestGate(地下鉄パープルラインの終点の一つ手前タラードバーンヤイ駅)で、ICON SIAMも同じくらいの広さになるようです。日本最大のモールは越谷市のAEONレークタウンですが、その倍近い広さです。

余談ですが、世界最大とされる商業施設は中国の広東省中部の東莞市(とうかんし Dongguan)にあって、その広さはなんと約66万平方メートル、越谷AEONレークタウンの2.5倍くらいの広さです。さらに驚くのは、2005年にオープン以来ほとんどの店舗スペースが空き家なんだそうです。世界最大の廃墟と言っても良いくらいで、さすが中国ですねぇ。(笑)

ICON SIAMの目玉と言っても良いのは、タイ初出店となる高島屋デパートです。地下1階から地上7階までの3.6万平方メートルを占める巨大な店舗で、おそらく、シンガポール高島屋と同様に富裕層をターゲットにした高級感漂うスペースになるのでしょう。その他、Apple Store もタイ初出店になるのではと噂されていますが、公式ページにはなにも記載されていません。

SookSiam - 11_ICONSIAM

観光客にとって楽しみなのは、SookSiamとヘリテージ・ミュージアムでしょうか。
SookSiamはタイ全国の中小企業や職人、アーティストなど 3,000を越える団体・個人が製品やサービスを提供する場所になります。バンコクに居ながらにして主要地域の文化遺産、地方の歴史、芸術、
手工芸品、舞台芸術などに触れることができ、タイ全県からの製品や作品を見て回れるのは有り難いです。

ICONSIAM Logo



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/09/02

Walking Bangkok Map を使って Virtual Trip(8)クローンサーン、タンディンデーン地区

DNtkO98WkAAAC7e.jpg
LHONG 1919

タイ政府観光庁発行の Walking Bangkok では第13章にあたります。
このエリアは主要な観光スポットが無いためアクセスするのも容易ではなく、観光客はほとんど居ないと言っても良いかもしれません。ですが、最近は開発が進んでおり、昨年秋には古い倉庫を改装した LHONG 1919 がオープンし、早ければ年内には大型商業施設 ICON Siam も完成します。その隣にはキャンドル型の展望タワー(459m)の建設も計画されています。 


08_Bangkok Map クローンサーン地区

スタートはミレニアム・ヒルトン・ホテル横のクローンサーンピアです。リバーシティー横のピアからボートで渡ることもできますが、簡単なのは BTSサファンタクシン駅そばのサトーンピアからミレニアム・ヒルトン・ホテル行きの専用ボートで行くのが簡単です。ボートはミレニアム・ヒルトン・ホテルの専用ピアに到着しますが、クローンサーンピアに歩いて抜けることができます。ホテル専用のボートですがチェックされることは無いので無料で乗れます。

クローンサーン市場は元々鉄道のクローンサーン駅に作られたものなので、今でも鉄道駅を思わせる細長い形をしています。市場から真っ直ぐ伸びる道の先に現在の終着駅ウォンウェイヤイ駅があります。

TMH_DSC07749.jpg
TMH_DSC07476.jpg

ジャムファクトリーは古い倉庫を改装した観光商業施設です。最近、バンコクでは LHONG 1919 を始めとして古い倉庫を改装した商業施設がぞくぞくとオープンしています。06. バーンラック地区で紹介したコースにある Warehouse 30 も倉庫をリニューアルしたギャラリーです。

歩いて直ぐの所には、現在バンコクに残る4つの砦の一つ、ポーンパッチャーミット砦があります。

ポーンパッチャーミット砦 

次に向かうのは泰国徳教会紫真閣 Che Chin Khor Temple。チャオプラヤ川からは見たことはありますが、陸路では行きづらい場所にあるので私は行ったことありません。

TMH_DSC07628.jpg 

近くにはワット・トーンノップンがあります。

ワット・トーンノップン

次は昨年11月にオープンした今注目の商業施設 LHONG 1919 です。かつては火船廟と呼ばれ中国貿易の中心で、そこにあった古い倉庫や歴史建造物を改装して作られています。現在は陸路で行くしか方法は無いようですが、ピアが整備されればリバーシティーからアクセスできるようになるのではないでしょうか。

Wat Thong Thammachat Worawihan を見学した後に Somdet Chao Phraya 大通り戻って、バスかタクシーでワット・ピッチャイヤートに向かいます(約1km)。

ワット・ピッチャイヤートは白亜の仏塔が美しいです。大通りから細い運河を挟んだ先に黄金の仏像と仏塔を見ることができます。中国風の装飾を取り入れた仏堂の屋根も美しいです。

TMH_DSC07469.jpg

大通りを挟んで反対側にはワットーアノンカーラームがあります。クローンサン区郷土博物館もあるので興味があれば訪れると良いです。通りをチャオプラヤー川方面に向かうと左手にシーナカリン王太后記念公園があります。中国装飾が美しいチャオポー・クワンウー廟はその先にあります。

TMH_DSC07623.jpg

シーナカリン王太后記念公園には古い建物が残っており、木々の奥には王太后の像があります。

Princess Mother Memorial Park

その後は、チャオポースア廟の前を通って プラポークラオ橋 Phra Pokklao を歩いて渡ります。ゴールはメモリアルブリッジピアですが、その先のフラワーマーケットにも立ち寄ると良いでしょう。地下鉄が延伸されれば駅ができるので、このエリアへのアクセスは格段と良くなります。





★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/08/22

Walking Bangkok Map を使って Virtual Trip(7)タラートプルー、ジョムトン地区

TMH_P1010962.jpg

タイ政府観光庁発行の Walking Bangkok では第15章にあたります。
トンブリ側を少し入ったエリアで、市街地や王宮方面と比較すると観光客は圧倒的に少ない場所です。見所は、何故か Walking Bangkok では取り上げられてないワット・パクナムでしょう。Instagram で一躍有名になりました。幻想的でカラフルな礼拝堂内部は必見です。

スタート地点は BTS ウォンウィエンヤイ駅です。コース全長は11km以上に及ぶので、途中、タクシーかバスを使って効率的に回りましょう。バンコクの人達、500m位の短い距離でも平気でタクシーを使います。暑くて歩きたくないと思ってるのでしょうか。この距離なら50バーツ(150円)程度なので安いものです。乗車拒否も日常茶飯事。手をあげてタクシーを停めたら、前ドアを開けて行き先を告げましょう。スマホで、行き先を記した Google Maps を見せてもOK。良心的な普通の運転手ならメーターを使って行ってくれますが、いきなり 100バーツとかふっかけてきたら要注意です。(笑)

07_Bangkok Map タラートプルー地区

 BTS ウォンウィエンヤイ駅を降りて、BTS路線下に作られた高架歩道を約500mほど進むとタイ国鉄 MRT のウォンウィエンヤイ駅方面の出口があります。そこからウォンウィエンヤイ駅までも約500m。Walking Bangkok には10分で乗り換えできると書かれていますが、景色を見ながらゆっくり歩くと20分程度はゆうにかかります。1kmを10分ってかなりの早足で歩かないと無理です。(笑)

ウォンウィエンヤイとは「大きなサークル」を意味します。そう、近くにタクシン王の像がある大きなロータリーがあり、それが名前の由来になっています。MRT ウォンウィエンヤイ駅はマハチャイや折りたたみ市場で有名なメークローン方面の列車のターミナル駅です。以前はチャオプラヤ川添いのクローンサーンまで路線が延びていましたが、交通の妨げになるということから一部廃止されました。ローカル駅なので日本のターミナル駅を想像して行くと唖然とするのは間違いありません。時間があるなら列車が到着する様子を見るのも楽しいです。古い日本製の気動車が走っています。

TMH_DSC06508.jpg


駅から歩いて数分の所にタクシン王の像がある大きなロータリーがあります。近くに歩道橋があるので、そこから見ると全体を見渡すことができます。

TMH_DSC03910.jpg

ここから次に向かうワット・インタラーラーム Wat Intharam Worawiharn までは約 1.3kmです。躊躇せずにタクシーを使いましょう。ワット・インタラーラームはタクシン王ゆかりの有名寺院なので地元のタクシー運転手も間違いなく知っています。ほとんどの寺院は運河か川沿いに建立されています。ここも道路から見て奥にバンコク・ヤイ運河が流れていて、運河から見る寺院が正面なのだと思います。タクシン王時代から続く古いお堂があるのでお見逃し無く。

Wat Intharam Worawiharn

歩いて直ぐの所に次に向かうワット・チャンタラーム Wat Chantharam Worawihan があります。こちらもアユタヤ時代から続く古い寺院で、元々はワット・タラートプルと呼ばれていました。正面入口は運河側で、小道を入って市場にさしかかる左手に小さな門と、門をくぐった正面に中国風装飾を施した本堂があります。

Wat Chantharam Worawihan

古く雑然とした市場の中に創業1942年のスリヤー珈琲店があります。知らないと入っていくのが躊躇われるような場所です(笑)

ワット・ラーチャカル Wat Ratchakhue Worawithan は直ぐ隣にあります。インドの王舎城から送られた仏舎利が祀られています。涅槃仏や仏足石もあるので運河沿いまで見学して回りましょう。

Wat Ratchakhue Worawithan

250mほど離れた場所に MRT タラートプル駅があります。鉄道に興味の無い方はここはパスして、ワット・ラーチャカルからワット・パクナム入口までタクシーで行くと良いでしょう。約900mなので、街を散策したいなら歩いても行けない距離ではありません。

Talat Phlu Station

次はこのコースのメインと言っても良いワット・パクナム Wat Pak Nam です。パクナムとは河口を意味していて、この寺院はバンコク・ヤイ運河からパーシーチャルン運河が分岐する場所に建立されています。

入口は次の写真の場所です。が、この門はワット・パクナムのものではありません。隣に立つワット・クンチャンの入口なのです。ワット・パクナムへは運河を渡る橋を通ってショートカットして行く事ができます。

TMH_IP7P_2167.jpg

「チャン」とは像のこと。ワット・クンチャンには像の台座の上に立つ仏像があります。その左脇にワット・パクナムに続く細い道と橋(写真右下)があります。

TMH_P1010972.jpg
ワット・パクナムの仏塔最上階からの眺め

ワット・パクナムでひときわ目立つのは巨大な白亜の仏塔です。BTSの駅からも見えます。この仏塔の内部に講堂、資料館、そして幻想的な天井絵で有名な礼拝堂があります。上の写真はそこから眺めたものですが、見晴らしも良く、そして心地よい風が流れてまったりした気分になります。中国人団体観光客のツアールートにまだ含まれていないらしく、観光客もまばらなのでゆっくり見学することができます。

TMH_IP7P_2164.jpg


次に向かうジョムトン地区までは約2km離れています。ウタカート大通りまで出てタクシーでワット・ナーンノーンまで向かいます。ワット・ラーチャオーラサーラーム Wat Ratcha Orasaram Ratchaworawihan(旧名ワット・ジョムトン)を中心としたこのエリアについては、次の記事に詳細記載しているので、そちらを参照ください。


ワット・ナーンノーン Wat Nangnong Worawihan
TMH_DSC00381 HDR

ワット・ナンラート Wat Nang Ratchawihan
TMH_DSC00510 HDR

ワット・ラーチャオーラサーラーム Wat Ratcha Orasaram Ratchaworawihan (Chom Thong)
TMH_DSC00612 HDR






★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/08/20

Walking Bangkok Map を使って Virtual Trip(6)トンブリ地区

TMH_DSC00751 HDR

タイ政府観光庁発行の Walking Bangkok では第3章を中心としたエリアにあたります。
チャオプラヤ川西側で最大の観光名所はワット・アルン(暁の寺)でしょう。このコースはワット・アルンを出発して対岸のフラワーマーケットまでの約5kmです。ボートで渡ることの多いチャオプラヤ川ですが、橋から眺める川沿いの景色は壮観です。

ワット・アルンまではチャオプラヤーエクスプレスボートでサトーン・ピアから行くのが簡単です。ツアーリストボートもオレンジボートもどちらとも停まります。(対岸のターティアン・ピアが閉鎖されているため暫定的なのかもしれません。要確認)

06_Bangkok Map トンブリ地区

ワット・アルンはアユタヤ王朝時代から続く由緒ある第一級王室寺院です。トンブリ王朝が築かれたときは王室寺院となり、ヴィエンチャン攻略の戦利品として持ち帰ったエメラルド仏がしばらくの間祀られていました。仏塔があまりにも有名で寺院本堂は素通りされることが多いですが、この本堂も大変素晴らしく堂内の壁絵やご本尊など一見の価値があります。十分に時間を取って見て回るべきでしょう。

TMH_DSC00805 HDRTMH_DSC00826 HDR


次は、タクシン王ゆかりの寺院ワット・ホンラッタナーラームに向かいます。(この寺院はWalking Bangkokではワンラン地区の章に記載されています)名所から少し離れているので観光客はほとんどいません。タクシン王朝時代は第一級王室寺院だったそうで、古さを感じるけれど良く整備されていて、本堂内は花飾りを付けた柱が大変美しいです。この寺院入り口前にタクシン王を祀った建物があります。

TMH_DSC07512.jpg


チャオプラヤ川方面に戻ると、ワット・モーリーローカヤーラームがあります。この寺院もアユタヤ時代から続く古い寺院で、トンブリ王朝の宮殿敷地内に位置します。この寺院の北西側隣に王宮本殿があったそうですが、現在はタイ海軍の本部になっていて中に入ることはできません。Wang Derm Palace とはオリジナルの王宮(Phra Racha Wang Derm)の意味です。チャオプラヤーエクスプレスボートからは建物とウィッチャイ・プラシット砦を見ることができます。

TMH_DSC00898 HDR


この寺院から次の目的地ワット・カンナヤラナミットへはバンコク・ヤイ運河のポンプステーションに架かる橋を渡っていきます。道ではないので地図には載っていませんが、ちゃんと渡ることが出来ます。

TMH_DSC00948 HDR

ワット・カンナヤラナミットは巨大な仏像で有名です。境内は改装中だったため、巨大仏像を安置したひときわ大きな仏堂の両側にある仏堂と本堂の中を見ることはできませんでしたが、チャオプラヤ川側から見ると左右対称に配置された仏堂と仏塔は見応えあります。川沿いの堤防からはウィッチャイ・プラシット砦を見ることができます。

TMH_DSC01005 HDR


この寺院の前には小さな船着き場があります。30分に1度位の頻度で客が居れば運行しているみたいです。ここから対岸にショートカットして渡り、フラワー・マーケットに行ってコースを終わるのも良いです。

船着き場近くにキアン・アン・ケーン(建安宮)があります。タクシン王がトンブリに来た頃に福建省系の華人により立てられた中国廟です。中に入って写真を撮ろうとしましたが、どこからともなく “No Photo !” と怒鳴られてしまいました。この辺りからサンタクルーズ教会まではリバーウォークがあり涼みながら歩くのに良い場所です。

TMH_DSC01064 HDR

対岸にはゴールのフラワー・マーケットが見えます。

TMH_DSC01066 HDR

サンタクルーズ教会に着く前にはウィンザー・ハウスがあります。博物館にする計画もある(あった)らしいですが、現在はまだ単なる朽ち果てそうな木造の家です(笑)。

TMH_DSC01070 HDR

リバーウォークはサンタクルーズ教会あたりまでで、その先は工事中で通ることはできません。

TMH_DSC01076 HDR


次に向かうのはワット・プラユラウォンサーワートです。ラーマ III 世の時代に建てられた寺院で大きな仏塔が有名です。私的にはそれ以外に特に目を引くものは有りませんでしたが、この寺院の直ぐ脇に面白い場所を見つけました。Khao Mo と呼ばれる「想像上の理想郷」のミニチュアで、池には亀が沢山居ました。時間があれば一回りしてみるのも面白いです。

TMH_DSC07431.jpg


この次は、いよいよチャオプラヤ川を渡ります。メモリアル・ブリッジ  Memorial Bridge/Saphan Phut は歩道があって歩いて渡ることができます。対岸にはラーマ I 世の像を祀った公園があります。

TMH_DSC03871.jpg
ボートから見たメモリアル・ブリッジ。通行する人の姿も見て取れます。

川沿いに戻って少しあるくとゴールのヨートピマーン・リバーウォーク / フラワー・マーケットです。ここからチャオプラヤーエクスプレスボートに乗って王宮方面やサファンタクシン方面に戻ることが出来ます。現在、地下鉄の工事が行われていて、開通後はここにも駅ができるそうです。2019年完成予定らしいですが、タイのことなので2019年度内に完成すれば上出来でしょう(笑)。市街地へのアクセスが格段と良くなります。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/08/19

Walking Bangkok Map を使って Virtual Trip(5)バーンラック地区

TMH_DSC07359.jpg

タイ政府観光庁発行の Walking Bangkok では第7章にあたります。
バーンラック区のチャオプラヤ川添いのエリアは、かつて多くの外国人が住み新市街と呼ばれていました。タイで最初の舗装道路チャルンクルン通り Charoen Krung Road(チャロエンクルン通り、ジャルンクルン通りとも表記)はニューロードと呼ばれ、バンコク近代化において大きな役割をはたしました。今ではバンコクの繁華街はスクムビット方面に移ってしまいましたが、オリエンタルホテルを始めとした有名ホテルが建ち並び、フランスやイギリスの大使館もこのエリアにあることからも、海外貿易で栄えたかつての繁栄が見て取れます。

このルートは BTS サファンタクシン駅(黄色丸)を出発してリバーシティーまでの約5kmのコースです。見所は、船の寺院で有名なワット・ヤンナワ廃墟です。

05_Bangkok Map バーンラック地区

BTSサファンタクシン駅で降りてホームからまず目に付くのは巨大な廃墟ビル、サトーン・ユニーク・タワーです。一見、建設中かと思えますが、1990年代後半のアジア通貨危機のあおりで1997年から建設が中断してしまいました。かつては中に忍び込むこともできたようですが、現在は全く入り込むことはできません。

TMH_DSC06145.jpg


駅を出てサトーン船着き場に向かいます。その後、サトーン・ユニーク・タワーを目前に見ながら公園の中を通り抜けてワット・ヤンナワへ。門をくぐって目の前に飛び込むのは船の形をしたお堂です。かつて中国貿易が盛んだった頃に航海の安全を期して作られたのだそうです。

TMH_DSC07684.jpg


次に向かうのはバーンラック廟。駅のホームからも中が見えるので私は入ったことありません。

TMH_1208 Thai_512

チャルンクルン通りを2ブロックほど北上すると左手にワット・スワンプルーの入口があります。大変美しい仏堂があるので必見です。

TMH_DSC06185.jpg


寺院を出てチャルンクルン通りを少し北上したところになる大きな交差点はシーロム通りの入口です。シーロム通りを700mほど行くと右手にインド寺院がありますが、少し離れているので今回のコースから除外しました。チャルンクルン通りを更に進んでアサンプション大聖堂とかつて貿易の中心だった旧イースト・アジアティック・カンパニービル(廃墟)に向かいます。

アサンプション大聖堂はタイ・カトリック教の総本山で、ミサの時間外以外は内部に入ることができます。とてもタイに居るとは思えないような静寂さと荘厳な雰囲気を味わうことが出来ます。

TMH_DSC06199.jpg

この教会と連なるように廃墟ビルが立っています。ここ、あの超有名な高級ホテル、マンダリン・オリエンタルの入口目の前なのです。下の写真の奥に見えるのが旧イースト・アジアティック・カンパニービルです。チャオプラヤ川まで出ると、ビルの正面を見ることができます。

TMH_DSC06209.jpg


人と車通りの多いチャルンクルン通りから脇道を少し入っただけなのに、この辺りはタイムスリップしたかのように静まりかえっています。少し道を戻って古そうなマーケットの角を左折。左手にフランス大使館があるので、その角を左折した先に旧税関ビルがあります。

知らなければ入るのを躊躇してしまいそうな場所に旧税関ビルはあります。暗くなってからはとても怖くて行く事は出来ないでしょう(笑)。ですが、映画のロケ地にもなったことがあり、観光客をチラホラ見かけることがありました。

TMH_DSC06218.jpg


来た道を戻り、フランス大使館前の道を左に入るとハールーン・モスクです。この小道も露店が沢山ありちょっと入りづらい雰囲気だったかなぁ。チャルンクルン通りとの角には小洒落たモールがあります。その一角に高級タイレストランで有名な Mango Tree があるので優雅に昼食を。(笑)昼間はほとんど人影有りませんでしたが、夜になると外交官とかオリエンタルホテルに滞在している富裕層あたりで混み合うことでしょう。

チャルンクルン通りに戻って150m程歩くとワット・ムアンケー Wat Muang Kae の入口門があります。小さな寺院ですが、美しく装飾された鐘楼(Ho Rakan)は一見の価値ありです。この寺院も境内は駐車場になっているのでごちゃごちゃしていて厳かな雰囲気はありません。(笑)

TMH_DSC06231.jpg

寺院の先、チャオプラヤ川にはピア Pier Wat Kae がありますが、ローカルライン(灰色旗)だけなので日中にボートは停まりません。

再びチャルンクルン通りに戻って北上すると旧中央郵便局ビルがあります。ここにはタイ・クリエイティブ & デザインセンターがあるとのことですが、私は知らなかったので行ったことはありません。

この先は、Walking Bangkok の第12章「ヤワラートでアートの街を攻略」に書かれているエリアです。旧中央郵便局ビルをスタートして、「ストリート・アート・フェスティバルの作品群」に続くのですが、以前に一度通ったことある通りなのに全く記憶にありません。フェスティバルの時は作品が沢山あったのかもしれませんが、現在ではどうなんでしょうか。Google Street View で探してみましたが、それらしきものはほとんど見つけることは出来ませんでした。とは言え、リバーシティーに行く途中なので探しながら歩くのも悪くないかな・・・と。

バンラック Art

前後しますが、チャルンクルン通りとソイ30の角から東側に鮮やかな中国廟があります。Google Maps には 24 Shrine 7 と書かれています。特に何もないのですが、色彩が美しいのでちょっと立ち寄っても良いかな。

TMH_DSC06238.jpg

ソイ30 をチャオプラヤ川方面に歩いて行くと、右折するあたりがポルトガル大使館です。その先、右手に元アルコール蒸留所だったソーイ・キャプテン・ブッシュがあります。現在は王室所属なので中には入れないと思います。シェラトンホテルの前を通って Krung Kasem運河を渡ったところにリバー・シティーがあります。

リバー・シティーって、出来た頃は繁盛してた雰囲気でしたが、現在は客もほとんど居なくて静かです。カフェでゆっくりしたり、チャオプラヤ川を行き交う船を見たりしてまったりとした時間を過ごすことが出来ます。ここからは、サトーンやワット・アルン方面にツアーリストボートが出ています。




★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。