FC2ブログ
2021/01/23

Apple Watch を使い続ける理由

Apple Watch 6

2016年に購入した先代 Apple Watch Series 2 の調子が悪くなってきたので、衝動に負けて新機種に買い換えました。これまで一度も落ちることなかったのに、1週間ほど前にコンビニで Suica 支払しようとレジでかざしたら画面にリンゴマークが出てしばらく立ち往生。幸い、他の客が居なかったので白い目で見られることも無く・・・

2016年秋、Series 2 が発売されたとき、購入を決めた理由は Suica が使えるようになったからです。当時は腕をかざすだけで改札を通る人などほとんど居なくて、腕に付けた Apple Watch はスーツの袖の中で見えないので不思議そうに見られたものです(多分)。時計は常に身につけてる物なので忘れる心配も無く大変便利でした。もちろん、母艦の iPhone を忘れても Suica はちゃんと機能します。

Apple Watch に助けられたこともあります。旅行で街歩きするのが好きなのですが、年を取ってくると心肺機能が弱ってきて、ゆっくり街歩きしてるときでも心臓がバクバクすることがありました。そんな時に役立ったのが心拍数測定機能です。常に自動的に測定してくれるので、心拍数を見ながら適度に休憩を取り安全に街歩きを楽しむことができたのです。大体の目安として、心拍数が120になると休憩して80~90まで落としてから再開する・・といった感じ。タイなど暑い国では心拍数上昇も早く、熱中症でボーッとする前に Apple Watch を見ながら休憩を取るようにしています。

Apple Watch は毎年新製品が出ています。正直、Series 3 〜 5 は魅力的ではありませんでした。ハード的に性能アップしたのは間違いないのでしょうが、私の使用目的(Suicaと心拍数測定)に関するならほぼ何も変わってなくてマイナーチェンジでしかなかったのです。なにより、Series 2 に何の不具合も無く買い換える必要が無かったのが一番です。
※ Series 4 から電気心拍センサーが搭載されハード的には心電図測定が可能になりましたが、日本は医療機器認証が取れて無くて非対応。

昨年秋に登場した Series 6 は買い換えを考えるだけの十分かつ重要なアップデートが行われました。Series 6 には 光学式心拍センサーと電気心拍センサーの他に血中酸素濃度測定センサーが搭載されました。

嬉しいことに、近日中に発表される次期 WatchOS 7.3 アップデートで、心電図測定、心房細動のチェックもできるようになるとのことです。これでようやく日本でも Apple Watch の全ての機能が使えるようになります。


Apple Watch SE も同時発売になりましたが、こちらは Series 3 に近いハードウェア構成で、電気心拍センサーが搭載されていないので心電図の測定はできません。血中酸素濃度測定センサーも非搭載です。

Watch Compare US

Series 6 の技術仕様を見てみると、現時点では用途不明の U1チップが新たに搭載されているのがわかります。このチップは iPhone 11 から搭載された超高域無線通信(通信距離数十メートル程度)の為のチップです。Apple Watch でどのように使われているのかは良くわかりませんが、今後、新機能が発表になるかもしれません。接続しているデバイスの三次元位置情報を数センチの精度で特定出来る優れものだそうです。U1チップ搭載の iPhone となら、置き忘れや盗難防止、Watch や iPhone を探したりするアプリが登場するかもしれません。いずれにせよ、大きな可能性を秘めたチップなわけで、正真正銘の次世代 Apple Watch と言ってもいいのではないでしょうか。

表題に戻って、Apple Watch を使い続ける理由
1. 腕をかがすだけで Suica が使える
2. 心拍数を常時モニターすることで安全に街歩きができる
3. ワークアウトなど iPhone のヘルスケアアプリと連携できる
4. iPhone を取り出さなくてもメールや LINE のチェックができる
5. 睡眠の状態をモニターできる

更に、今後は
6. 血中酸素濃度をモニターできる
7. 心房細動など不規則な心拍の有無を監視できる
8. Plus α

Apple Watch にはまだまだ沢山の機能があります。Apple Watch は手首に付けるセンサーで、母艦の iPhone と連携することで健康管理に関する様々な情報を提供してくれます。一度使い出すと手放せなくなるのです。

Series 5 から液晶画面が常時表示になり時計としても使いやすくなりました。バッテリーの持ちが気になるところですが、先代の Series 2 と比較するとバッテリーの消耗は早いような気がしています。ですが、充電性能が大幅にアップしているようで、短時間の充電でも意外と長時間使用できます。デスクに居るときは5分でも10分でも短時間充電し、あとは入浴中など時計を外さないといけないときに充電するようにしています。これだけでも就寝中を含め Apple Watch を付けたままの生活が可能です。

Series 2 の時は光沢感あるステンレスボディーでで重量が 52.8g、そして今回購入した Series 6 は最軽量なアルミボディーで重量わずか 36.5g。わずか 16.3g の違いですが、手首に装着したときの感覚は全然違い軽いです。しかも画面表示は約30%大きくなって見やすくなりました。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/10/25

Apple Watch 使い続けている理由は三つ

AppleWatch S

iPhone は毎年のように買い換えても、時計を毎年買い換えるのも変です。もちろん、昨年購入した Apple Watch Series 2 を今も毎日使っています。出かけるときはいつも iPhone と一緒なので LTE には全く食指が動きません。(笑)

1年が経って、現在もごく普通に使っています。時計なので、使い続けている理由を考えるのも変な話ですが、強いて上げるなら次の三つでしょうか。

1. 普段から常に時計をしていたので違和感が無い。
充電が面倒と思うかもしれませんが、以前から自宅でパソコンの前に居るときは時計を外していたので、置き場所を充電器の上に換えるだけです。習慣になれば面倒くささは全くありません。

2. 駅の改札で Suica を出さなくて良いので便利。
買って直ぐの頃は多少違和感ありましたが、もう完全に慣れました。一時期は右手に付けてタッチしていましたが、今は普通に左腕に付けていて、ゲートでさっと腕をクロスしてタッチしています。その方が誤動作が少ないかな。私の使っている駅ではまだ余り見かけませんね。

3. 心拍数測定でカラダの状態のモニタリングができる。もしかして、これが決定的!?
普通の時計じゃ無理です。常に身につけているので、心拍数を常時モニタリングできて、健康状態が把握できる。寝ているときも付けていると、睡眠状態もモニターできるので、ちょっと気休めになります。(笑)

ヘルスケアで使っているアプリは、HeartWatchAutoSleep です。純正アプリではまだ詳細なモニタリングができません。どちらも Tantsissa という会社のアプリで有料(¥360)です。アプリは二つでも HeartWatch から AutoSleep を開くことができます。AutoSleep は日本語化されていますが、HeartWatch は英語です。記載内容的には HeartWatch の方を日本語化した方が良いと思うのですが。。そのうち、日本語化されることを期待します。

HeatWatch 690 

良いアプリなのに、ちょっと残念なのは、データの説明があまり無くてグラフ化されている上に、日本語も???だったりするのでちょっと理解しづらい。

HeartWatch のポイントは、心拍数を平常時、起床時、座っている時、就寝時に分けて測定し、異常があった場合に通知してくれることです。iPhone のアプリ画面で状態を視覚的に見ることができます。例えば、起床時の心拍数が80以上あった場合は動脈硬化などで危険な状態なのだそうです。
こんな記事も出ていました。

私も、町歩きの際には心拍数を見るようにしています。知らない町で突然倒れたりすると困りますからね、もうそんなに若くはないので。(笑)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/08/25

猛暑です。Apple Watch が役に立つ

IMG_2500.jpg 

年を取ると熱中症のリスクは高くなるわけで、炎天下の街歩きは殺人的です。タイのバンコクに良く行く私ですが、正直、東京の猛暑はバンコクより厳しい。バンコクは暑いという先入観があるのでカラダも覚悟していますが、実際はそこそこ平均してて32〜34度くらいなんですね。

旅先だとついつい頑張ってしまいます。大丈夫かなぁとカラダに相談しながらの街歩きは、正直、危険をはらんでいます。知らない町で倒れでもしたら誰も助けてくれないかもしれないし(笑)

IMG_2564.jpg 
(オヤジの汚い腕でごめんなさい)

前回のバンコク旅行では Apple Watch が活躍してくれました。歩き疲れてきたら「心拍計」を常時起動して心拍数をモニター。130位になったら木陰をみつけて一休み。頑張るのではなくて、心拍数が100を切るまで・・と決めて休憩します。暑い中で歩いていると意外と心拍数は直ぐに上がるんです。しかも、10分程度の休憩では100以下まで落ちない。頭ではもういいかなと思っても、Apple Watch が “まだ!” と教えてくれます。

旅先でのたれ死にたくはないので、文明の利器にほんと助かってます。

Apple Watchから緊急連絡もできます。サイドボタンを長押しすると緊急画面になります。緊急連絡先を iPhone のヘルスケアアプリで登録していたら自動的に連絡することもできます。この画面になるとカウントダウンが始まって、ブイブイと音が出ます。最初はビックリするので、練習しておいた方が良いかもしれません。

5807e27913a89.jpg 

Apple Watchの デジタルクラウンとサイドボタンを同時に押すとスクリーンショットを撮ることができるのですが、注意しないと緊急画面が開いてしまうこともあります。スクリーンショットを撮らないなら、設定で OFF にしておくことをお薦めします。

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。

★ ご協力有り難うございます。
2017/08/19

LTE Apple Watch は iPhone の代替になるか?

Apple Watch 1-2 

こんな感じのコメントが 9to5mac に出てました。
著者は Apple Watch についてずっと懐疑的で、ずっとほったらかしてたけれど Apple Watch Series 2 / watchOS3 が発売されてから考えが変わったとのこと。で、次なる疑問は、年内発売とも噂される LTE Apple Watch について、iPhone といつも繋がってるのに何故 Apple Watch に LTE が必要なのか。ですが、Apple Watch の次なるステップとして LTE通信機能が搭載されるのは自然の流れで、それでもって、iPhone に依存せず何処に居ても完全に機能する Apple Watch が完成する。

LTE Apple Watch が発売になっても、当面、電話機能は搭載されないだろうとのこと。ただし、 Skypeや FaceTimeなどは通信機能で使えます。iPhoneとペアリングしてなくても、iPhone にかかってきた電話の通知を Apple Watch で受け取れるようにはしてもらいたいな、と。

問題はいくつかあって、まず最初に本体価格と通信費。(LTE Apple Watch いくらだったら買いますか?)そして、バッテリーの持ち具合。また、今の Watchより重く分厚くなるなら歓迎できない。

などなど、、、ごく普通に考えられることが述べられていましたが、多分、確実に言えるのは iPhone を携帯できないとき、例えばランニング中とかなら確実に iPhone の代替に成り得るのではないでしょうか。もちろん、Apple Watch / watchOS 4 の出来映え次第ですが。iPhone には出来ないプラスαの機能も見逃せません。健康管理です。時計は常に身につけるものなので、心拍数や、将来的には血糖値なども常時モニターしてくれるのは有り難い。そして何かあったときには、Apple Watchから緊急メッセージを送られるようになれば安心です。Appleもその辺の事情は十分にわかっているわけで、Apple Watch のヘルスケア機能を強化しているのです。より多くの人が使えるように・・・やはり、価格が一番のネックになるのかな。

私は外出の際はいつも iPhone を胸ポケットに入れています。ですが、画面がデカくなって、iPhone 7 Plus だと大きくはみ出してみっともないのです。しかも、最近の流行として胸ポケットがないシャツもありますからね。仕方なく iPhone はバッグの中に。。。そんなとき、Apple Watchは便利です。メッセージが来た時には直ぐに知らせてくれるし、天気やニュースも簡単に見ることができます。Felica機能で電車やバスに乗るとき、コンビニで買い物するときにも重宝します。

一度だけ、会社に行くときに iPhone を忘れて出てしまったことがあります。Apple Watchを買う前までは、たとえ不格好になろうとも iPhoneを必ず胸ポケットに入れていたので忘れることはなかったのですが、バッグに入れるようになってからは気を付けないと忘れてしまいます。(iPhoneが胸ポケットから飛び出していると、盗撮しているように思われて不審がられることもありました)

朝、駅の改札でいつものように Apple Watch をかざしたら、はじかれてしまいました。ロック解除されてなかったのです。その場は暗唱番号を手入力して難なく開札を通ることは出来たのですが、気になって鞄の中を見てみると、iPhone も財布も忘れてきたことに気付いた。でも、まぁ、Suica機能は iPhoneなしでも、通信できなくても使えるわけで、その日はなんとか財布なしでも乗り切ることができて、Apple Watch の恩恵を受けた一日になりました。

Apple Watch series 2  まだ買って一年も経たないわけだし、もっともっとヘルスケア機能が充実するまで “待ち” かな。LTE機能? 今の通信費にオプション的に追加できて 500円位ならあってもいいかな。

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。

★ ご協力有り難うございます。
2017/08/12

LTE Apple Watch - いくらだったら買いますか?

apple-watch-series-640.jpg 

こんな記事が 9to5mac (2017/08/11) に出ていました。
Bloombergは Apple LTE通信機能を持つ Apple Watch を今年後半に発売するだろうと報告しています(前から言われてますけどね)。発売前なので、もちろんまだ価格や通信費などについてわかっていません。iPad の  Wifi と LTEモデルを比較すると、USでは $130 の違いなのだそうです。(日本では ¥15,000)これをそのまま Apple Watch に当てはめると、42 mm Aluminumモデルで $399(¥40,800) が $529(¥55,800)になります。これは現在のステンレス Apple Watchに近い金額になります。

他の可能性としては、LTE Apple Watch を現在の Apple Watch と同じ価格で提供して、Wifi モデルを値下げして Watch series 1 と同等の価格にすることも有り得るとのこと。アンケート結果では、価格を現状維持にして欲しいというのが圧倒的です。当然のことですけどね。

Apple_Watch_questionnare.jpg 

もう一つ気になるのは通信費です。アメリカと日本では価格が大幅に違うので参考にはならないでしょうが、現状 15GB/month で $10 ~15 なので、$5 /month 位だといいのにな・・・という感じ。他社ウェアラブルで $5 ~ 10 /month らしいので、同じくらいになるのではないでしょうか。

日本だとどうなるのでしょうね。Apple Watch だけで通信できると便利になることもあるでしょうが、所詮ウェアラブル端末なので母艦になる iPhone と共に使われることが多いのではないでしょうか。Apple Watch用特別通信費として ¥2,000 くらいまでが現時的な線かもしれません。ですが、私だったら、LTE Apple Watch に通信費がかかる上に、更に価格も高くなるのだったら購入を見合わせますね。iPad も Wifi モデルを使ってて全く不便はないですから。(モバイル Wifi も持ってますので。これ、海外旅行の際に現地SIMを入れて使うのに必須なのです)

よかったら、こちらも


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。

★ ご協力有り難うございます。