2018/05/13

タイフェス 2018 に行って来ました

TM_P1020275.jpg

昨日と今日、代々木公園で開催されている「タイフェスティバル 2018」に行って来ました。今年は天候に恵まれたので、例年以上の人手で賑わっていたのではないでしょうか。陽が当たっている場所では少し汗ばむこともありましたが、日陰は心地よい気温で、暑いタイ料理をいただくにはもってこいの環境でした。

いやぁ、とにかく人が多い。JRの表参道駅はいつも大混雑なので、今年は地下鉄を利用して代々木公園駅から行くことにしました。距離はどちらも同じくらいかな。人混みも無く、散策するようにゆっくり歩くことができました。

とにかく会場内は、人・人・人。会場に用意されている椅子とテーブルはほぼ満席で、それ以外にもいたるところにマットを敷いて座り込み盛り上がっている人達。必要以上のスペースを確保している人達も居て、はっきり言ってちょっと邪魔ですね。

TM_P1020281.jpgTM_P1020279.jpg

例年通り屋台も沢山出ていました。ほとんどの店がワンコイン(500円)でメニューを作っているので、量的に少なくて食べ歩きにはもってこいです。缶ビールまで 500円均一というのはちょっと高いですね。まぁ、お祭り価格ですから仕方ありません(笑)。

TM_P1020280.jpgTM_P1020277.jpg

40万人が来場して、一人当たり 2,000円くらい飲食するとするなら、それだけでなんと 8億円です。出店料はかなり高いと聞きますが、人気店ともなれば二日間で数千万円も売り上げるらしいので、タイ料理屋にとってはかなり美味しい商売なのでしょうねぇ(笑)。はっきり言って美味くは無い。作る量が多いので仕方ないのかもしれませんが、適当な味付けなので、美味しいタイ料理の酸味と辛さがいかされてない。まぁ、これもお祭りの屋台料理ですから(笑)。それにしても人が多すぎます。屋台で料理を買っても座って食べる場所すらありませんからね。立ち食い、立ち飲みは当たり前です。

ステージではタイから来日した歌手やバンドが場を盛り上げていました。人気歌手も来ているらしく、一緒に歌っている人も居たり、在日タイ人達が大勢集まっていたのだと思います。ステージのトークはタイ語なのですが、笑いや拍手が一斉にあがる様子からも、あの場は多くのタイ人達で占められていたのがわかりました。

今日もまた盛り上がるのでしょう。私は歩き疲れたので今日はパスです。

地下鉄代々木公園駅方面からなら、少し寄り道をすると、民家をそのまま改築したような FUGLEN という美味しい珈琲屋さんがあります。小さく洒落た店内は雰囲気も良く、なんか落ち着きました。店を囲むように置かれた椅子席でゆっくり珈琲をいただくのも良し、テイクアウトするのも良し、酸味のきいたコールドブリュー珈琲はなかなか美味しかったです。

TM_IMG_3481.jpg


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/05/10

今週末は代々木でタイフェス

タイフェス 2017

今年で19回目を迎えるタイフェスティバル。昨年は確か天候が余り良くなかったように思いますが、天気予報によると今年は晴れて暑くなるようなので夜まで盛り上がるのではないでしょうか。年々規模が拡大してきて来場者数は40万人にも及ぶそうです。同様な各国フェスティバルの中でも最大級、そして世界各地で行われているタイ物産展のなかでも最大なのだそうです。

代々木公園のイベント広場では、夏にかけての週末、多くのフェスティバルが予定されています。そのうち、いくつかピックアップしてみました。

【5月】
【7月】
【8月】
スリランカフェスティバル 2018 (8/4〜5)
【9月】

タイフェスは、代々木公園イベント広場からケヤキ並木通り全体で行われ、多くの露店が広がります。ステージではタイから来日するタイ舞踊団やライブ演奏もあって、ゆっくり休憩する場所もないほど人で埋め尽くされます。本場・・とまではいかないけどタイ料理とタイビールを満喫できます。

今年クローズアップされるのは、タイ北部のプレー県とナーン県なのだそうです。ランナー文化が色濃く残る地域なので、バンコクとはちょっと違った雰囲気を味わえるのではないでしょうか。「藍染め」「切り紙飾り」「ランナー文字」「ランナー音楽と舞踏」などが紹介されるそうです。



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/04/26

暑くなるとタイ料理が食べたくなる

top_img01.png

今週末から始まるゴールデンウィーク、AEONさんが本州、四国、沖縄の各店舗で「タイフェア」を開催するそうです。様々な食材、レトルト、カップ麺などを販売してタイ気分を盛り上げてくれるのでしょう。越谷のレイクタウン店では、タイの屋台や雑貨店も開かれるようなので、プチタイ気分を味わえるかもしれませんね。特に予定もなく暇なので、週末に行ってみようかな。

日程:4月27日(金)~30日(月)
時間:9:00~19:00 (※最終日のみ18:00まで)
場所:1F 水の広場・水~噴水広場・噴水広場・噴水広場前駐車場・イオンスタイルレイクタウン

写真で見ると、タイ料理ってほんとに美味そうですよね。

top_img04.png top_img03.pngtop_img02.png

タイフェスと言えば、毎年5月に代々木公園で開かれています。以前は、タイフードフェスティバルと言っていたように思いますが、いつの頃からか「タイフェスティバル」になったのですね。


今年は 5月12日(土)と13日(日)です。
thaifestival2018webjp.jpg

ちなみに、
大阪は、5月19日と20日(大阪城公園、太陽の広場)
名古屋は、6月2日と3日(久屋大通公園「久屋広場」)
仙台は、6月16日と17日(仙台勾当台公園)
このほか、静岡でも開催されるそうです。(福岡は未定で、色々あったようで無理かもね)

激辛飯にタイビール。天気良いと最高ですね。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/02/08

私流 美味しい珈琲の楽しみ方

TM_DSC04922M.jpg

「美味しい珈琲を飲みたい」という気分になることは良くあります。毎朝、そして1日に何度も珈琲をいれて飲みますが、時々、「美味しい珈琲ってなに?」と考えたりもするのです。まぁ、暇なので。

考えてみると、「不味い珈琲」というのもよくわからない。食事の場合は「美味い」か「不味い」はわりとはっきり区別できます。でも、珈琲となるとなかなか難しい。もちろん、明らかに不味いと思って最後まで飲み切る気がしない珈琲もありますけどね。その時の状況を思い出すと逆説的に「美味い珈琲」とは何なのかわかるような気もします。もちろん、あくまで私にとって、と言うことですが。

不味いと思った珈琲の特徴
1) 色は濃いのに、白湯を飲んでいるように味がしない
2) 苦みだけが感じられて、飲んだ後に不快感が残る
3) 珈琲の香りがしない
4) 薄くて冷めている
5) 飲んだ後、舌にざらつきが残る
6) 色も味も全体的に濃すぎる

まぁ、他にもあるかも知れませんが、これら全てに当てはまらない珈琲は「美味い」と言ってもいいのではないかと思ったりしています。

コーヒー専門店や昔ながらの喫茶店で飲む珈琲は、どこも特徴があって「美味い」と言えば美味いのでしょう。問題は自分でいれるときです。なかなか店で飲むような味が出せないのです。豆の種類や焙煎の方法によって、最適な珈琲の入れ方も変わる・・というのを読んだことがあって、これまで色々と試してきました。ネルドリップ、ペーパーフィルター、サイフォン、エスプレッソマシンなどなど。でも、結局、現在落ち着いているのはペーパーフィルターです。毎回、味がぶれないし後片付けが楽ですから。(笑)

珈琲をいれるというのは、科学でいうところの “抽出操作” そのものです。豆の挽き具合、お湯の温度、お湯を入れるスピード(時間)、お湯の量によって味が大きく変わります。これらを再現良くできなければ毎回味が変わってしまうのです。一般的に言って、苦みやエグみ成分は高温で抽出され、酸味や甘み成分は比較的低い温度で早く抽出されます。苦みはコーヒー独特の香りやコクにもなるので適度に抽出されて欲しい成分です。

コーヒーのいれかたについて、ネット上には様々な記事があります。きっと、どれも正しいのかもしれないけど、「美味さ」の感じ方は人それぞれ違うので絶対的なものではありません。豆や焙煎の仕方によって抽出温度を変える・・など、経験上、ほとんど現実的じゃ無いです。

と言うことで、やっと本題です。
私は、どんな豆でもペーパーフィルターを使って同じ方法でいれています。入れ方を変えるより豆を変える方が効果大だから。美味しくいれるために必須の道具もあります。

a) 豆を均一に挽けるグラインダー (私は VARIO コーヒーグラインダーを使ってます)
b) ゆっくりお湯が注げるコーヒーポット
c) 1穴の陶器製コーヒードリッパーとペーパーフィルター
d) 温度計(注ぐ前に温度を測ります)
e) ホットプレート(入れたコーヒーが冷めないように)
f) メジャー付きガラスコップ(入れる量を毎回同じにする)

【方法】
1) 豆は少し細かく挽きます。豆の量をケチると美味くない。でも、多すぎてもダメ。
  私は、コーヒー計量スプーンに1杯半くらいで180ml のコーヒーを入れています。
2) お湯で湿らせたペーパーフィルターに挽いた豆を均一にいれます。
3) 92~95度のお湯を少し注いで全体を蒸らします。(ドリッパーから少し漏れ墜ちてくるまで)
  蒸らす時間は30~40秒程度(長すぎると豆が冷えるので要注意)
4) 中央部分にお湯をゆっくり注ぎ入れます。(90度以下は不可、沸かし直します)
5) 抽出する量の1/3位まで溜まったら、お湯を入れるスピードを速めます
  コーヒー粉の土手を壊さないように・・・と、よく書かれているけど無視します。
6) ドリッパーにお湯が残っていても、決めた量になれば捨てます。(最後まで出し切らない)
7) 全体の操作を4分以内に終えます。時間をかけるとエグみが強くなってきます。

お湯の温度を多少低くしても(80〜85度)、時間をかけるとエグみ成分が出てきます。さっと入れるのがコツなのかな。

この方法で美味しく入れられるコーヒー豆を探して、お気に入りを常時数種類持っておきます。食事でも同じで、たとえ美味しいと思ったものでも毎日食べると飽きてきます。コーヒーも同じ。毎日、毎回同じコーヒーだと美味しさを感じられなくなるので、数種類用意していて、その時の気分によって使い分けるのが良いと思っています。味の特徴がわかってくると、自分でブレンドしたりもできますから。

ちなみに、現在の常備コーヒーは次の通り。(飽きてきたら入れ替えます)
・Starbucks Caffe Verona(これは10年来の付き合い)
・Starbucks 季節限定豆(季節により異なります。3 Region や Anniversary Blendが好きです)
・UCC スペシャルブレンド黒(単品で飲むことはありません。他の豆とのブレンド用)
・ミカドコーヒー モカ(最近はまってます。濃厚なコクで、これぞ喫茶店という味)
・ミカドコーヒー 旧軽通り(気持ち良い酸味で、Blue Bottle 3 Region から入れ替え)

独断と偏見に満ちた内容ですが、ご参考になれば


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2018/01/31

ミカド珈琲の工場直販店に行って来ました

TM_IP7P_3402.jpg

ミカド珈琲は日本橋に本店を構える老舗珈琲店です。1948年の創業なので、今年で70年になるのですね。軽井沢店が有名で、そちらは1952年に開業したそうです。かつては、ジョンレノン & オノヨーコ夫妻も軽井沢滞在時によく足を運んだ店らしいです。

そんなミカド珈琲、豆の焙煎工場はなんと埼玉県三郷市の江戸川沿いにあるのです。カーナビに電話番号入力しても「登録無し」とでるし、住所を入れても近くには何も無い。。。(笑)でも、信じて車を進めると、ありました。Apple マップには何も出てきませんが、Google さんの方だとちゃんと「ミカド珈琲商会三郷工場」と出てきます。

工場に入ると直ぐ左手に小さな直販店があります。この工場の事務所っぽいですね。来客用の駐車場の標識はありましたが、全部埋まっていたので、私は店の前に直付けさせてもらいました。

 

今回は、「旧軽通り」「ナチュレーザ」「モカ」の三種類とコーヒーラスクを購入。パッケージがいいですね。軽井沢の雰囲気が伝わってきます、行ったこと無いけど。。。(笑)

 

早々、「旧軽通り」をいただいてみました。いつもと同じように豆を挽き、いつもと同じ温度でコーヒーを入れました。豆の感じは少し浅煎りでしょうか。スタバのギラギラしたイタリアンロースト系に慣れていると、ちょっと拍子抜けします。

コーヒーを入れている時の、ほのかな香りは大好きです。コーヒー臭を押しつけることも無い。
いつも通りに少し短時間でだしたので薄めになったかもしれません。でも、上品で甘い香りはなかなか良い。ほどよい酸味も好みにぴったりです。美味しいです。

最近飲んだコーヒーで似ていたのは、Blue Bottle コーヒーでしょうか。浅煎り豆を使ったコーヒーで、やはり酸味に特徴がありました。強すぎず、そして苦みも少し残る感じ。

コーヒーラスクもなかなかイケました。コーヒー豆の粉末をそのまま生地に練り込んで作っているのでしょう。口の中で広がる珈琲の苦みと香りは癖になりそうです。砂糖がたっぷり付けられているので、カロリーがちょっと気になるところですが。

酸味系のコーヒーは、たまに飲むと凄く美味しく感じられます。毎日そればかりだと、ちょっと嫌気が差してくるのですけどね。朝は深煎り、昼は少し薄めで苦みを効かしたコーヒー、そして夕食後は酸味のあるコーヒーを香りとともにいただく・・・というのが、良いのかなぁ。。。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。