2011/08/27

ライオンの調教は続く - アップデートして良かったですか? -

バージョン番号で、わずか 0.0.2 の違いですが、Snow LeopardからLionへと大きく成長したと言われる Mac OSX 10.7 Lion。新しいOSにアップグレードするときは、いつも、ワクワクした期待と互換性という不安がつきまとうものです。1ヶ月あまり使用してみて、個人的に思った感想を書いてみたいと思います。

アップル - OS X Lion - 世界で最も先進的なコンピュータのオペレーティングシステム。

Appleによると新機能は250以上とのことです。Appleの新機能紹介の順番にあわせて話を進める前に、どこにも触れられてない互換性と不具合について最初に書きます。

1. Rosettaを廃止してPower PC時代と決別したことにより、古くから使っていたアプリが使いもにならなくなりました。今も開発が続いているアプリの場合は良いですが、すでに開発終了しているフリーウェアの場合は、使用を諦めるしかありません。記事にも書きましたが、リッピングアプリの MacTheRipper が使えなくなったのが痛いです。

2. 互換性では、Safari 5.1 と日本語入力の不具合は、かなり致命的です。少なくとも、私の環境では未だに解決していません。Flashを走らせるサイトを見ると、その後でWeb内での文字入力ができなくなります。サイトにログインすることもできなくなります。一旦、ウインドウを閉じて再度新たに開くと文字入力の不具合はなくなりますが、イライラします。他のブラウザでは、そのようなことが起きないので、おそらくは Safari 5.1 そのものの不具合と思っています。その昔、2003年に Safari が発表になったころ、日本語表示が頻繁に文字化けしたり、更にさかのぼって漢字TalkやOS7の時代に日本語インライン入力ができなかった頃の記憶が蘇りました。

そのほか、毎年のようにアップグレードを繰り返している某宛名印刷アプリなども、早々と Lion 非対応をアナウンスして、既存ユーザーへのサポートよりも商売優先を明確にしたところもあります。長年使っているATOKもそれに近いです。あたかも、OSX Lionでは ATOK に不具合がでるかのような逆説的な宣伝「ATOK 2011はOSX Lionに完全対応保証」で、Lionへのバージョンアップと一緒に購入した人も多いのではないでしょうか。ATOK は以前のバージョンでも Lion でちゃんと動きます。

Appleの QuickTime Player が動かなくなるとの噂もありましたが、Appleのサポートサイトから QuickTime Player 7.6.6 を ダウンロード してインストールすれば、Lionでもちゃんと使うことができます。Pro版を購入していた方は編集もできます。

こんな風に、今のところ利用者としてメリットを感じることができる点があまりないのが現状です。
この後、新機能についての所感を書いていきます。
スポンサーサイト

続きを読む

2011/08/09

Mac OS X Lion 復旧ディスクアシスタント

OS X Lionのシステムリカバリー用ディスクの作成ツールがアップされました。
アップルさん純正のアプリなので、一応安心して早速作成してみました。

ダウンロードはここから。

用意するディスクは、USBハードドライブとのことですが、USBメモリでもOK。少なくとも1GBの容量があればよいとのこと。
注意点は、リカバリーディスクを作る際、USBメモリのデータは全部削除されます。
そのほか、色々と細かい説明は Support.apple.com に記載されています。

まずは、Recovery Disk Assistantのダウンロードして早速ディスクの作成。

Recovery Disc

どのディスクに作成するか選択画面が出ますが、くれぐれもディスクを間違えないように。
記録されていたデータは全部綺麗さっぱり削除されてしまいます。確認はありません。
USBメモリは認識されましたが、SDメモリは当然不可でした。

復旧ディスクが無事作成されたら 結果 が表示されます。

Complete Recorery HD

復旧ディスクを使用するには、USBメモリを接続した状態で Optionキーを押しながら再起動して、復旧ディスクを選択するとのことです。

気になるファイル容量ですが、ディスクが作成されてもデスクトップにはドライブ表示されません。
ファインダーで見てもなにも見えない。

しかたないので、「このMacについて」からストレージを見てみましたが、ここにもディスク使用状況は表示されません。ハードウェアの構成概要からUSBを選択して見てみると、ありました。

Recovery Disc Size

Lionがプレインストールされている機種と、Snow LeopardからLionにアップグレードした機種では、復旧ディスクの内容は異なるのでしょう。前者では、作成した機種でしかディスクは使用できませんが、アップグレードの場合は、同じくアップグレードした他の機種にもディスク使用可とのことです。

TimeMachineも動かしてるし、どれだけこのディスクが必要かわかりませんが、まずは安心。
長年Macと付き合っていると、いつ何が起こるかわからない・・という経験を沢山しましたからね。
2011/08/09

画面のキャプチャ

スクリーンショットはあると便利な機能。マニュアル作りとかする場合は必須ですね。
昔は専用のアプリが色々とあったけれど、OS9の時代頃から(時期はさだかでない)、スクリーンショットがシステム標準装備の機能として搭載されてから、スクリーンショットアプリは注目されなくなったように思う。

とはいえ、システム標準アプリは使いづらい。必要最低限の機能しか付いてないと言った方がいい。
まぁ、使い慣れればどれも同じなのかもしれないけど。

で、今日の備忘録は、システム標準のスクリーンショットの撮り方
システム環境設定のキーボードに簡単にまとめて表示されている。
他のアプリとぶつかることも考慮して、機能をオフにしたり、他のキーにアサインし直すこともできるらしい。

Keyboad shortcut

更に便利に使うためのショートカットキーもある。
マウスをクリックして押したまま範囲選択しているときに、

Optionキーを押し続けると、選択範囲を中央から拡大
Shiftキーを押し続けると、縦あるいは横幅を固定したまま拡大
Spaceキーを押し続けると、選択範囲を移動
Shift + Spaceキーを同時に押し続けると、縦か横方向にのみ移動
Escキーを押すと、キャプチャ解除

これくらいでしょうか。
慣れると、これだけでもかなり使えるかもしれません。

サイズを指定してのスクリーンショットはできないので、決まった範囲を連続して撮影する必要がある場合は、やはり専用のキャプチャアプリを使わないと難しいです。
2011/08/08

ライオンの調教

Version番号は0.1も上がってないけれど、Lionはひと味違う。
不具合もまだまだあるし、PowerPC互換環境がなくなって使えないソフトも出てきた。

致命的なダメージを受けたアプリは、
1. MacTheRipper 266 : ICONに禁止マークがべっとり張られて起動不可。
Macでは数少ないDVD Rippingソフトだっただけに使えなくなり残念。
MacTheRipperX.jpg

2. Constrictor : 起動するので一見動作しているように思えたが、クリップボードにコピーした画像は乱れて全く機能してない。長らく愛用してきた画面キャプチャソフトです。古いアプリですが、動画画面をそのままカシャッと取ることができる優れものでした。

3. Shupapan 5.9.0.5 : 予期せぬエラーとのことで全く起動しません。Renameアプリは色々ありますが、使いやすいソフトでした。今年になってからもUpdateされているので、Lion対応版がリリースされることを期待しています。

Shupapan.jpg


決定的に使えなかったのはこれらのアプリですが、早々にUpdateされて使えるようになったものもあります。
Default Folder X は、即Updateされて使えるようになりました。感謝ですね。

DVD Rippingは、Win7/VMware Fusionの助けを得てWinアプリを動かしています。
画面キャプチャは、システム標準装備の機能を使っているが、やはりちょっと面倒くさい。
ファイル名変換は、NameChangerというアプリに代えましたが、慣れるのにちょっと手間取ったかなぁ。


ま、こんな感じで、ぼちぼちと気まぐれに書き込みしていきます。