2017/08/20

iOS 11 で iPhone 7 Plus のポートレートモードが進化する

IMG_2550.jpg 

appleinsiderの記事(2017/08/10)によると、iOS 11ではポートレートモードに変更が加えられるのだとか。ポートレートモードは、iPhone 7 Plus に搭載されたデュアルカメラを使って擬似的に背景のボケを演出する機能で、その名の通り人物撮影などで背景をボカして被写体をくっきりさせた写真を撮ることができます。

iOS 11になると、撮影した後にカメラロールの中でボケ効果の ON/OFF が可能になるようです。もちろん、ポートレートモードで撮った写真に限られますが、効果を OFF にしても画像データに変更が加えられるわけではありません(非破壊的)。

iOS 11から画像フォーマットとして HEIF が採用されます(iPhone 7 以降の機種についてのみ)。これ、読み方は色々あるみたいですが、個人的には「ヘイフ」がわかりやすいのですが、おそらく英語では「ヒーフ」って発音されるのかもしれません。ちなみに、このフォーマットは Nokiaが開発したもので、フィンランド語なら「ヘイフ」なんだそうです。HEIFの特徴は、同画質ならファイルサイズがJPGに比べて約半分になるとうたってますが、新しいフォーマットなので現時点では全く普及していません。Appleが採用することで対応アプリも増えていくでしょうが、競合他社も独自フォーマットを提唱していたりして先行きは見えません。JPGやPNGほど一般的に使われるフォーマットにはならないでしょうね。(大昔、Appleは PICTフォーマットを、MSさんは BMPフォーマットを使っていたけど、今では見かけません)

話は横道にそれてしまいましたが、背景ボケ効果は非破壊的ということからして、情報は HEIF ファイルに書き込まれるのでしょう。つまり HEIF に対応する最新機種(iPhone 7, iPad Pro以降)なら効果の確認はできるけど、それ以外の機種ではJPGに変換した画像しか表示できないので・・・おそらく、背景ボケさせた画像しか表示できないのでしょう。

私はポートレートモードで写真を撮ったことありません。正確には、試してみたことはあるけど何となく不自然な感じがして。。。先ほど、ちょっとだけ試してみた画像を紹介します(左が普通写真、右がポートレートモード)。背景ボケの効果は素晴らしくて、Instagram的に撮ってアップロードするには十分な品質ですが、やはり、iMacの大画面で拡大表示すると細かい部分が アレ? ってな感じになります(下の画像の赤丸)。あくまで疑似画像なので、被写体と背景の境界部分の処理がまだまだだなぁと感じてしまいます。例えるなら、フォトショで曖昧に切り取った画像を貼り付けてるような。。(笑)

Portrait Test_S 

一眼レフとスマホ写真の最大の違いは「ボケ」にあります。焦点距離が短いと背景がボケない。スマホの焦点距離の短さは物理的にどうしようもありません。それをソフト的に解決しようという Apple の努力には感謝しますけどね。iPhoneカメラの焦点距離については別記事で書いたので、よかったらそちらもご覧ください。

2017/08/14

iPhone カメラの焦点距離がどれくらいか調べてみた

iphone7-camera.jpg 

前回、iPhone カメラのことを書いたので追加です。

美しい写真を撮るためにはセンサーが大きいに越したことないけど、スマホの場合は色々と制約があります。まず、大きなセンサーが使えない。せいぜい 1/2.3 inche 位まで。しかも、厚さが薄いので焦点距離を長くすることもできません。では何ができるのか・・・。普通のデジカメと同じ発想だとおそらく美しい写真は撮れないのかもしれません(笑)。

iPhone のカメラ特性を手持ち画像の Exif データから読み取ってみました。
iPhone_焦点距離640 

これを見たらわかるように、iPhoneがやったことは、f値を下げる(明るいレンズに変える)ことと ISO感度を落とす(より美しい写真が撮れる)ことですね。iPhone 7S Plusはデュアルカメラなので、2x望遠カメラ側では焦点距離も伸ばしています(実際の距離をさほど変えなくても、小さなセンサーを使えば35mm換算焦点距離を伸ばすことができます)。画素数は 4K撮影(830万画素)には十分すぎる 1,219万画素として必要以上に画素数を上げない

明るいレンズを使って f値を下げれば、通常のデジカメなら「ボケ」味を出すことができますが、焦点距離が短いといくら f値を下げてもボケ味を十分に出すことはできません。スマホで「ボケ」を出せない理由です。iPhone 7 Plus では、デュアルカメラにすることで「ボケ」の実現に迫ってる・・・(35mm換算 57mm程度ではまだ不十分ですが)

センサーが小さいため、ISO感度を落として少しでも綺麗な画像にする。それを補うべく明るいレンズを使っているという感じでしょうか。明るい場所だとシャッタースピードも落とさなくて良いので、“ブレ”を抑えた鮮明な写真が撮れると言うわけです。

iPhone が間違いなく得意とする被写体は、ボケを抑えたい商品写真とか記念写真、ボケの必要が無い風景写真でしょうね。実際、町の景色とか風景なら手持ちのミラーレスカメラと変わらないくらい高画質です。弱点は言うまでも無く暗所での撮影。できるだけ ISO感度を落として撮影する傾向があるようですが、ISO感度を200以上にしないといけない状況になると、画質は一気に落ちてとても見れたものではありません。

街歩き、カフェ巡り、料理写真を撮ったりするなら、間違いなく iPhone は素晴らしいカメラになります。(他社製スマホもだいたい同じようなコンセプトで作られてると思います)

以上、独断と偏見に満ちた説明で申し訳ないです。間違ってたらごめんなさい。m(__)m
2017/08/14

旅の必需品 iPhoneだけでは物足りない、やっぱりデジタルカメラは必須

旅行に出るとき iPhone, iPad などマックが欠かせません。たとえ使う機会が少なくても持っていかないと不安でしょうがないのは何故なんでしょう(笑)。結構な重量になるので、重さを調べてみました。
iPhone 7 plus (188g)
iPad Pro 10.5 inch (469g)
iPad Pro Smart Keyboard JIS (224g)
MacBook Pro (1,620g)
MacBook Pro 充電器 (241g)
Mobile Wifi MR05LN (115g)
ANKER PowerPort 4 (140g)
Panasonic QE-PL201 バッテリー (150g)

IMG_0027s.jpg  旅行支度はこんな感じ

ここまでで、なんと 3,147g  3kg越えです。
旅先で持ち運ぶのは MacBook Pro 以外なので、実質 1,286g

街歩きの時、バッグに入れているのはこれだけではありません。ミラーレスカメラ(480g)、望遠レンズ(525g)と DJI OSMO Mobile(490g)、さらに予備バッテリーで合計約1.5kgも一緒に持ち運んでます。望遠レンズを抜いても約1kgになります。カメラ固定用の小型三脚(580g)や夜景撮影では大型三脚(1.3kg)を入れると相当な重量です。

iPhoneのカメラ性能が向上したとは言え、まだまだ高級コンデジや一眼レフにはかないません。せっかく旅の記憶・記録として写真を残すので、より綺麗に撮りたいと思うのはしかたないですね。多少の重さに耐えるのはエクササイズ・・ということで。

iPhoneのカメラ性能が飛躍的に良くなればデジカメを持ち歩くこともなくなるかもしれません。でも、スマホに搭載可能なセンサーの大きさ(1/2.3~1/3 inch)を考えると受光面積がネックとなり限界があるでしょう。1,900万画素などとうたってる製品もありますが、解像度が上がっても高画質になるわけではありません。画質を考えるなら、同時期に販売されたカメラの場合、同じセンサーサイズなら画素数が少ない方が綺麗に撮れる・・・と言われています。センサー市場は SONY のシェアが圧倒的に高くほとんどの高級スマホに搭載されているので、センサー自体の性能差よりも撮影制御と画像処理エンジンによってスマホ写真の見栄えが変わると言っても良いのではないかと思ってます。

写真として美しいもの。その一つは「ボケ」具合で写真に奥行き感を出してくれます。スマホの場合はレンズからセンサーまでの焦点距離がどうしても短いので、この ボケ を出すことが難しいのです。iPhone 7 plus の場合はデュアルレンズを使ってポートレートのボケを作っています。アプリ的にボケを作ることもできるでしょうが、やっぱりちょっと不自然な感じがするのは私だけでしょうか。

iPhoneで撮った写真は何故綺麗に見えるのか。独断と偏見で言うと、
ISO感度を落として画像の“荒さ”を抑えている。(iPhone 7だとISO20〜だけど、一般的なデジカメは 100〜)
f値が小さく、より多くの光を取り込むことができる。俗に言う“明るいレンズ”で、一眼レフ用だと非常に高価(iPhone 7 の f値は 1.8)
・小さな f値のおかげで、シャッタースピードを上げられる (被写体ブレを防ぐ)
HDR処理(High Dynamic Range) 暗いところは明るく、明るいところは暗くして、潰れのない見た目に近い映像にすることができる。
・必要以上にシャープネスをかけず、細部はぼんやりしたまま。(シャープネスが効いていると一見綺麗に見えるけど拡大すると不自然な感じがする)

ま、色々あるけれど、写真アプリで写真を管理し、iPhone か iPad で写真を見たり、SNSへの投稿が主な目的なら全く不満のない品質だと思います。Apple はそういう人を対象にしてるのでしょうし。


2017/08/11

Apply Pay 使ってますか?

6_3.jpg 

iPhone 7(日本仕様)の発売に合わせて2016年10月25日から Apply Pay が利用できるようになりました。ここであえて日本仕様と書いたのは、Felica対応 iPhoneは日本だけで発売されているから。海外の主流は NFC Type A/B という非接触通信技術(NFC)なのですが、日本はソニーが開発した Felica (Type-F) が主流です。日本仕様の iPhone には Felica が採用されているので、海外の iPhone とは残念ながら互換性がないのが現状です。つまり、私の持っている iPhone 7 plus では、海外で Apple Pay を利用できないということです。もちろん逆もそうで、海外仕様の iPhone 7 では Suica が使えない。

日本でも Apply Pay が使えるとアナウンスされたときは嬉しかった。ですが、私のメインカードは VISAで、大人の事情から当面の対応は無い・・・と聞かされてガッカリ。早々に JCB カードを作りました。海外に行くことも多いので JAL カードを使っていますが、なんと JAL JCB カードは当初対応してなかったのです。iPhone 7 plus を手に入れて、Wallet から JAL JCB カードを登録しようとするとはじかれてしまい愕然としました。が、ようやく2017年1月27日より対応してくれました。(JAL VISAカードはもちろんまだ未対応)

90daaafb8c3c7ba64845502a197b2a0f.png 

Apply Pay 対応クレジットカードって、滅茶苦茶複雑でついていけません。現状を網羅した素晴らしいサイトがあるので、詳しく知りたい方はどうぞ。

実は、私は Apply Pay で支払ったことありません。と言うより、使える機会がこれまでありませんでした。iPhoneだけを持って出かけた場合は別でしょうが、普通はクレカを入れた財布を持ち歩いているわけで、iPhoneかざして払うよりクレカで支払う方が楽ですから。しかも、デパートなどではクレカの読み取り機はあっても Felica 読み取り機はまだまだ普及してないので、Apply Pay で支払いたくてもできない。

海外ではクレジットカードを店員に手渡して処理してもらうのに抵抗があります。随分前ですが、一度スキミングにあって酷い経験をしました。被害金額は保険で戻ってきたけれど、カードは再発行まで使えなくなりました。幸い、予備のカードをホテルに置いていたので、それでホテルの支払いなどを済ませることできましたが結構面倒でした。

Apple Payだとクレジットカード情報は店側に渡らないのでスキミングの被害はありません。そういったセキュリティーの面で非常に優れているので、海外でこそ使いたいのですけどね、ほんとうは。

Apply Payは使ってないけど、iPhone 7 plus の恩恵は大きいです。iPhone 7 plus と Apple Watchには Suica を入れてます。JR、地下鉄、バス、コンビニなどでの支払いは Suica で全部済んでしまうのです。現金を使う機会はほんとに減りました。Suicaへのチャージは Suicaアプリからできます。Apply Payでチャージもできるけど、クレジットカードから直接チャージもできます。iPhone 7 plus と Apple Watch の Suica は共有できないので、結局 Suica を二枚持っていることになります。エキスプレスカードとして登録しておけば、パキ〜ンとタッチするだけなので便利です。(これで Android端末への浮気心は100%なくなりました)

最後に、ここでも日本はガラパゴスかぁ〜と思うかもしれませんが、日本でも Type A/B は使われています。タバコ購入時に必要な Taspo は Type-A。マイナンバーカードや住民基本台帳、パスポート、運転免許証などの国の機関では Type-B が主に使われています。どこかの大臣さんが、マイナンバーカードでお買い物が出来るようになるとか言ってましたが、多分無理でしょう。ま、購入履歴などの個人情報を吸い上げられないよう NFC形式が異なっていた方がいいのかもしれませんね。

あと、嬉しいかもしれない話としては、Type A/B/F チップなるものがあって、海外含めて全ての iPhone に搭載されているらしい。つまり、将来的にはアプリから Type A/B と F を切り換えて使えるようになるかもしれません。日本仕様 iPhone でも海外で Apply Pay が使えるようになるかなぁ。

2017/08/11

iPhone のウザい広告を消す デスクトップ用サイトを表示

iPhoneでブログなど見ていると様々な広告が出てきます。画面の一部を占拠する固定された広告はさほど厄介ではないけれど、もわ〜っと沸き上がってくるようなフローティング広告(オーバーレイ広告)には閉口します。無料で場所を貸して頂いている FC2 さんに文句言うわけではないですが、少しでも多く、間違ってでもクリックさせようとする策(商売ですから)なんでしょうが、あまりにウザすぎるとアクセス数が下がって逆効果なんじゃないでしょうか。

ポップアップや追跡型と言われる広告は純正の Safari を使えば「設定/Safari」である程度防ぐことが出来ます。ポップアップブロックとコンテンツブロッカーがそれです。AdBlockerアプリなどをインストールすると、たちまち広告は表示されなくなります。(広告のあった場所は空欄で真っ白になりますが)Java Scriptをオフにするという手もありますが、これでは一部のサイトが表示できなくなるのでお薦めしません。

話を戻して、一番厄介なフローティング広告をどうやって消すか。これ、厄介なことに AdBlockerなどを ON にしていても消えないんです。

消す簡単な方法があります。このフローティング広告はスマホだから表示されるのであって、デスクトップでは見たことないですよね。だったら、デスクトップ表示にすると消えるのではないかと。

Safari でデスクトップ表示に切り替えるのは簡単です。FC2ブログを iPhone で表示すると、もわ〜と沸き上がるように広告が表示されます。

IMG_2530.jpg 

IMG_2532.jpg 

もっと簡単に表示変更することもできます。

IMG_2533.jpg 

上の図は、デスクトップ表示に切り替えた後です。広告がなくなるだけでなく、むしろ見やすいかも。もとに戻すときは、別タブでブックマークから開くか、Safari を再起動してブックマークからひらくとスマホ用表示に戻ります。デスクトップ用表示でリンクをクリックするとスマホ用表示で表示されます。

万能とはいなかかもしれませんが、少なくともFC2ブログではフローティング広告消えました。