2018/01/16

Toyota が Apple CarPlay を採用 と言ってもアメリカの話でまだ先のことですが。

pioneer-sph-da120-appradio-4-smartphone-receiver.jpg

Cult of Mac の記事によると、米国 Toyota が 2019年の Toyota Avalon から CarPlay を採用するとのことです。Avalon とは、日本未発売の米国現地生産モデルです。米国で Toyota ブランドで販売される車種では最上位に位置して、日本のクラウンと比べても同等か大型らしい。日本では 2000年頃まで逆輸入車として販売されていたようですが(トヨタ・プロムナード)、クラウンやマーク II などと競合するため販売終了しました。

Avalon 2019

Toyota Avalon の 2019年モデルから CarPlay を採用し、同年に他の車種にも拡大するようです。Ford, General Motors, BMW, Audi, Mercedes-Benz などは既に採用を決めているので、Toyotaもようやく・・・と言った感じです。CarPlay を採用するにあたり、9-inches の Toyota’s Entune 3.0 or Lexus’ Enform 3.0 multimedia systems が必要なのだそうです。CarPlay の他にも、Qi 準拠ワイヤレス充電機能、Wi-Fiホットスポット、スマートウォッチ連携機能に加えて、 Amazonの「Alexa」の採用も発表されました。

で、CarPlay ってほんとに便利なのか・・・という疑問。現時点で言うならば、日本のカーナビは機能豊富で CarPlay でできることはほとんど出来てしまう。いや、それ以上の機能があります。でも、将来的にはどうでしょう。何となく、ガラケーの歴史を思い出してしまいます。日本のカーナビは独自の進化をたどって超高機能なナビゲーションシステムになっています。一方、海外のカーナビは凄くシンプルなのです。

CarPlay でできることは、
1) Map によるナビゲーション
2) iTunes 音楽再生
3) 電話
4) Siri による音声アシスタント
5) CarPlay 用アプリの実行   など

これ、どれも iPhone 無くして実現しません。ほとんどの機能は iPhone が担当するわけです。別に CarPlay が無くても iPhone さえ持っていれば困らない(笑)

私の L-ブランド車の純正カーナビの場合、地図は頻繁に自動更新して最新に保たれるので、Apple の Mapよりも新しくて正確です。多少、物覚え悪くておバカなところもありますが、音声ナビも親切です。iTunes 音楽再生、電話、Siri アシスタントは Bluetooth 経由で iPhone とカーナビが繋がっているので問題なく使えます。DVD/Blu-Ray Disc の再生もできますしね。CarPlay にするよりも、iPad の置き場所をメーカー純正で作ってくれた方が有り難いかな。(笑)

日本車の場合はハンドルが右側になるので、当然、CarPlay の操作は左手ですることになります。左利きでもない限り、タッチパネルを左手で操作するのは結構大変です。Siri にお願いすることもできそうですが、今のところはまだそこまで賢くありません。L-ブランドのケアプランに入っていれば、スイッチ一つ押せばサポートに繋がってお姉さんが答えてくれます。事故やトラブルが起こった場合には心強い機能なのです。

でもです。ガラケーは便利だったけどスマホに駆逐されてしまいました。同じ事がカーナビの世界でも起きないとは限りません。使う使わないは別として、CarPlay 接続機能は無いよりもあった方が良いのかな。

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/12/13

Apple AirPort Time Capsule ファームウェア・アップデート

airport_utility.jpg

我が家では 2013年に購入した AirPort Time Capsule 802.11ac が現役で動いています。3TB の HDD が入っているので、Time Capsule として使っているわけですが、4年経った今でも古さを感じません・・・というか、新しい Wifi ルーターの必要性を感じていません。何かと便利なのです。ただ、Apple は今後 Wifi 製品を販売しないらしいので、この機種で終わりです。Apple TV に無線 LAN ルーター機能が統合されるといいのですけどね。

今、何故、 AirPort Time Capsule なのか。最近、WPA2 規格の暗号キーに脆弱性が見つかり、それに対応するアップデートが昨日配布されました。対象機種は AirPort Express, AirPort Extreme を含む Apple の Wifi ルーターほぼ全てです。

アップデートの方法は、AirMacユーティリティーを開いて対象機種をクリックすると「アップデート」ボタンが表示されます。それをクリックするだけ。AirPort Time Capsule 802.11ac の場合だと、 version が 7.7.8 から 7.7.9 になりました。

今回の WPA2 脆弱性はかなり深刻なようです。WPA2 規格を採用している全ての WiFi 機器に影響が及びます。WiFi ネットワーク設定するとき、セキュリティーとして WPA2 を選択するのが普通です。これはもう10年以上変わっていません。まぁ、それだけ安全とされてきたわけです。

今になって、WPA2 の暗号化プロトコールに欠陥(KRACK, Key Reinstallation Attack)が見つかり、状況によっては、悪意を持った者が WiFi ネットワーク上のデータを操作したりウイルスなどの不正データを送り込むことも可能なのだそうです。これは困ったことです。ただ、同一 WiFi ネットワーク上に居る場合に限られるようですが。

今や、WiFi ネットワークを使っているのはパソコンだけではありません。スマホやテレビなどの家電も WiFi ネットワークに繋がっています。これらも全て脅威にさらされてしまうのです。より深刻なのは、市中に WiFi が飛び交い多くのスマホがそれに繋がっていることです。無料 WiFi って、そういった面では大変危険です。ホテルや公共施設などの無料 WiFi ネットワークも、機器に正しくパッチがあてられてないと危険性をはらみます。

有り難いことに、Apple と Microsoft はこの問題に既に対応しています。現状では、iOS と Windows の最新バージョンに脆弱性はないと言っても良いようです。他の OS を搭載した機種では、対応パッチが当てられるまで気をつけた方が良いのかもしれません。まぁ、理由は深刻でも、実被害がどれくらいあるかはわかりません。でも、被害を被ってからでは遅すぎるので、アップデートするにこしたことはありません。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/12/07

Apple TV に Amazon Prime がやってきた tvOS 11.2

Amazon Prime の会員になったのは10年以上前です。購入記録メールで一番古いのが2007年1月で、その時には既に会員になっていたから、それよりも前になります。当時は、とにかく配送料が無料(厳密には年間で¥2,900 かかっていたわけですが)になると言うことでお得感から入りました。現在は年会費¥3,900です。年間で数十回は購入しているので配送料無料は大変お得です。

それが今や、配送無料だけでなく様々な特典が付いてきて、お得感は半端ないです。Amazon Web に記載されている特典は次の通り。

Amazon_co_jp__Amazon_Prime.jpg

音楽、本、ビデオ、写真保存、クラウドドライブなどなど、そしてもちろん配送料無料。これらの特典が全部 ¥3,900 で付いてくるのです。Amazonの回し者ではないけれど、これはもう入らないと損です。はっきり言って、Amazon Prime 会員になった頃は、ここまで付帯サービスが増えるとは期待してませんでした。Amazon って、凄い! としか言いようがありません。

そして、いよいよ、かねてからアナウンスがあった Amazon Prime Video が Apple TV にやってきました。無料だしコンテンツは大したことないのだろうと思っていたら、意外にも見逃してた映画やテレビ番組などもかなり含まれていて使えます。もちろん、有料コンテンツを入れると時間がいくらあっても足りないくらいの量になります。4K動画もあって、Apple TV 4K ではちゃんと4Kで見ることができます。

Amazon Prime 01
Amazon Prime 03 Amazon Prime 02

Amazon の品揃えは近所のスーパーの比ではないです。ネットで見つけて Amazon で買う。日用品や食品でも Amazon の方が安いことが多い。もちろん、割高だと買うことはないですけどね。PC関連や家電もほとんど Amazon で買ってますね。お店に行って探すのも面倒ですから。

Amazon が Google 製品の販売を取りやめたり、Google は YouTube の Amazon への提供を止めたりと両社の関係悪化が伝えられていますが、今のところ、Amazon と Apple は良好な関係を続けていると言うことでしょう。でも、いつ何時、この状況が変わって、Amazon が Prime Video の提供を止めると言い出さないとは限りません。いち消費者からすると、こういった「大人の事情」は理解できても不便きわまりないです。(笑)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/10/24

ニューヨークの MetroCard が廃止の方向に - NFCへの切り替えを来年度から開始

NYC MetroCard 690 
ニューヨークに着いたら、まず最初に購入するのが MetroCard です。NYCの地下鉄とバス(Express除く)が1週間乗り放題で$32、毎回Cardを買うと基本料金が$2.75なので、手間を考えると絶対にお得です。短期滞在の観光だからタクシーで・・・という人も多いでしょうが、タクシーは結構面倒くさかったりします。

MetroCardが導入されたのは1993年からで、それまではトークンというコインが使われていました。トークンは、約10年間の併用期間を経て2003年に廃止されました。(全ての駅とバスでMetroCardが使えるようになったのは1997年頃)

MetroCardの自動販売機は2000年頃から設置が始まり現在でも使われているのですが、日本のクオリティーからすると最悪で、故障で使えなかったり、クレジットカードを受け付けてくれなかったり、何度もトラブルを経験しました。更には、あの改札。昔ながらのガラガラと回転して中に入る改札です。設置されているMetroCard読み取り機も品質が悪くて、ここでもトラブルがよく起きます。

と、まぁ、色々とありますが、ニューヨーク市は今後2023年頃までに現在のMetroCardを廃止して Apple Pay などの NFC に切り替えることを決めたそうです。MetroCardの登場から約30年、時代の流れに沿った、当然と言えば当然の決定です。市当局からしても、NFCリーダーさえ設置すれば、カードや自販機を作らなくて良いのでコスト的にもペイするのでしょう。

NFC方式の詳細は発表されていませんが、もちろんNFCチップを埋め込んだCardも発行されます。

NFC事情については、日本の場合はちょっと複雑です。日本で最も多く使われているのはFelica方式ですが、海外では皆無です。チップそのものが対応してないと無理なのですが、iPhone 7(日本仕様)からは海外で主流の NFC type A/B に加えて Felica も使えるチップが搭載されました。ですが、これ、日本仕様の iPhone 7 のNFCが海外で使えることを意味しないのです。今後、ソフトウェア的な対応を期待しますが、ちなみに、iPhone 8 からはGlobal ModelでもFelica対応チップが搭載されているとのことです。

私が持っている iPhone 7 Plus の Apple Pay が海外で使えるかどうか・・・多分、無理だと思いますが、ネットで色々と検索してみても決定的かつ確実な情報はありません。これが、iPhone 8 と iOS 11 の登場で変わった、あるいは変わっていく可能性はあります。Apple Pay に登録できるクレジットカードも何ができて何ができないのか複雑怪奇です。いずれにしても、ユーザーの立場からすると、難しいこと考えずに世界中どこにいてもNFC決済ができるようにしてもらいたいものです。

ちなみに、私が持っているクレジットカードの多くは Apple Pay に登録できませんでした。JCBなら・・・と思ってカードを緊急発行してもらったのに、当初は JCB JAL Card も登録できず(その後登録できるようになりました)、メインカードにしていた VISA JAL Card は今でも弾かれて使えません。同じVISAカードでも、VISA ANA Card は登録できます。弾かれてしまうと思わぬ余波もありました。なんと、Apple の Online Store や App Store の決済口座としても登録できなくなってしまいました。(以前から非対応カードを登録していた場合は、変更しない限り継続使用できるようですが)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。
2017/10/07

iOS 11.1 で使えるようになる新しい絵文字 Emoji

DSCF5845.jpg 
絵文字はもう完全にグローバル化しましたね。ガラパゴスと言われた日本の携帯で始まった絵文字。今のように綺麗な絵でなかった時代から、日本では (^_^) こう言うのが使われてました。パッとみただけで表情がわかる優れた表現方法だと思います。英語圏だと :D とか、:) でハッピーを表すのですが、それに比べると日本の絵文字は表現力がすごいです。日本語入力では単語登録できるので、複雑な文字の組み合わせでも簡単に入力することができました。英語だとそうはいかないので、上のように簡易的な表現になったのでしょう。
嬉しい時は :) 悲しい時は :( ウインクは ;) びっくりした時は =) なんです。初めてみただけでは何のことなのか意味がわかりません。

新しい絵文字 Emoji は、iOS 11.1 から使えるようになります。文字の国際規格である Unicode 10 に含まれます。規格なので機種依存性は基本的にありません。もちろん、デザインは各機種で多少は違うでしょうが意味が同じなので同様な絵になるはずです。
new-emoji-for-ios-11-1.gif 今週中に配布が始まる iOS 11.1 のデベロッパー向けプレビューに搭載されるようで、今月末頃までには iOS 11.1 が正式版としてリリースされる予定だとのことです。もちろん、Mac でも使えるようになります。おそらく、watchOS 4.1 でも表示できるようになるそうです。

ガラパゴスって言葉、それが悪いかのように使われること多いけど、独自の進化を遂げるという意味では素晴らしいことだと思います。便利で優れたアイデアであれば世界中で使われるようになってもおかしくありません。Emoji もそうですが、ガラパゴス方式と言われた FeliCa も他のNFCに比べて優位性があるのでグローバル化しそうですよね。iPhone 7 では日本販売モデルだけ Type A/B & F Chip が搭載されましたが、iPhone 8 からはグローバルモデルでも採用されました。Suica 方式は今後海外でも採用されて行くのではないでしょうか。(海外の鉄道で採用されている NFC は Suica に比べると酷いです)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。