2012/02/22

iTunes in the Cloud が発表になったけれど・・・

本日、2012/2/22 に Apple が iTunes in the Cloud を開始しました。
今のところ、App や ブックと同じように購入した製品のみが対象ですが、年内に ITunes Match にも対応するらしいです。

iTunes を立ち上げると、右側のナビリンクに『購入済み』が表示されるようになっています。これをクリックすると購入履歴が表示され、ここに『ミュージック』も加わりました。既にインストールされている製品は『ダウンロード済み』のボタンが表示され、購入したけれどインストールされてない製品は、iCloud アイコンが表示されます。

120222 ナビリンク 120222 iTunes 新機能

ついでに、iTunes Plus が表示されているのに初めて気づいたのでひとこと。以前ダウンロード購入した曲は 128Kbps だったわけで、iTunes Plus にするためには、一曲当たり 50円かかります。ビデオだと 100円です。

120222 iTunes Plus upgrade

たしか、iTunes Match では購入してない曲でも自分が持っている曲なら 128Kbps のものが 256Kbps AACの iTunes Plus に無料でアップグレードされるという記事を読んだことがあります。『特別提供』とか書かれてるけど、何が特別なんだろう・・・と思ってしまいました。128kbps でも特別困っているわけでは無いので、当面、今のままにしておくことにしています。

ところで、日本の曲は 128kbps のままなのですが、US の曲はいつの間にか 256Kbps になっています。

iOS の方も『設定』→『Store』に『ミュージック』が表示されるようになっています。これを “オン” にしておけば、購入した曲は自動的にダウンロードされるようです。

たぶん、iTunes in the Cloud は便利な機能なのでしょうが、相変わらず自宅の iMac を母艦にして毎日繋いでいる者からすると、現状と何も変わらないように思います。

アップル、2012年後半に「iTunes Match」を国内展開 -Store全楽曲がDRMフリー/256kbpsに(AV Watch)
アップル、日本でiTunes in the Cloud開始 -iTunes購入曲をiCloud経由でiOS/PC同期(AV Watch)
スポンサーサイト
2011/09/14

iPhone5の需要は前例無いくらい凄そうだ・・という分析 [Cult of Mac]

10月には販売開始されるとも言われているiPhone5。米国の市場調査では、30%以上がAppleの最新Smartphoneを購入したいと答えているらしいです。2,200人を対象に8月初旬に実施されたアンケートでも、13%の回答者がnew iPhoneをほぼ買うだろうと答えています。Cult of Mac

あるアナリストは、現在のiPhoneユーザーのかなりの人がnew iPhoneにアップグレードするだろうと予想しています。世論調査によると、66%余りの人がアップグレードするだろうと答えています。SprintとT-Mobileのユーザーの場合は、過半数以上がiPhone5を買いたいと答えているらしいです。

このような高い需要のため、アナリストはiPhoneの売り上げ予測を引き上げて、2012年のiPhoneの売り上げは1億2,000万台にも上るのではないかと予想しています。

市場調査では、iPhoneだけでなくiPadの好調も示されており、タブレット購入者の85%がiPadを購入したいと答えているとのことです。市場にはiPad対抗機種も多く出てきているにもかかわらず、2月の調査(82%)よりも高い数字になっています。

このように、iPhone, iPadの売り上げを妨げる唯一の要因になるのは、これら機種の供給量であるのは明白でしょう。

iPhone5は現在のiPhoneと見た目はほとんど変わらないとする噂もありますが、この図のように薄く軽そうになるだけでも買い換えの価値はあるかもしれませんね。もちろん、CPUにA5チップを採用して高速化すればですが。

Cult of Mac iPhone 5
2011/09/13

HTCは "iPhoneキラー" と呼ばれることを好んでない by "Cult of Mac"

HTCは "iPhoneキラー" と言われてきましたが、HTC社長のMartin Fichterはそう言われることを好んでないようです (Cult of Mac)。Fichterによると、HTC SmartphoneはApple iPhoneと異なるお客様をターゲットにしているとのこと。

もしも顧客がiPhoneと全く同じ機能を求めるなら、そのようなお客様はApple Storeに行けばいい。iPhoneとは異なるニーズを求める顧客がいるはずで、そのような人がHTC Smartphoneを買っていただければいい・・というようなことを言っています。

つまり、HTCはAppleとはコンセプトが異なることをアピールして市場をつかもうとしているのでしょう。「iPhoneもいいけど、他の選択肢もあった方がSmartphone市場は盛り上がるでしょ」といった感じでしょうか。偽iPhone扱いされているどこかの韓流Phoneとは路線が違う印象を受けます。実際、見た目も、結構クール。明らかにiPhoneとは異なりますね。

HTC_ Cult of Mac


2011/09/10

ドイツでGalaxy Tab販売禁止の裁決 [AppleInsider]

A German district court ruled on Friday that Samsung cannot sell its Galaxy Tab 10.1 in Germany because it infringes on the design of Apple's iPad 2. [AppleInsider]

金曜日(9/9)、ドイツの法廷は、Samsung Galaxy Tab 10.1がApple iPad2のデザインを侵害しているとして、Samsungに対してGalaxy Tab 10.1の販売禁止の裁決を下しました。

以前から一時的な決定は下されていましたが、金曜日の決定では「Galaxy Tab 10.1がApple iPad2にあまりにも似すぎているのは明白」としているとのことです。

Appleのデザインは、タブレットPCを作る上で技術的な解決策の必然的な結果だけでは無く、他のデザインを採用することもできた。実機同士の比較をするのではなく、Appleの提出したデザインに注視してみると、Samsung Galaxy Tab 10.1はiPad2から十分に差別化(区別)できるものになっていない。

要するに、マネしたのは明白・・・という判断ですね。

Samsungさん、日本でもAppleに訴えられています。庶民感覚からすると、Samsung GalaxyがApple iPhoneやiPadあまりにもそっくりなのは明白です。“模造品”でも“一流”企業が製造販売すれば、そのブランド品にできる・・・なんて言う風潮は受け入れがたいです。某お隣の国でも「マネ」が横行していますが、経済的にのしてきている上にあの国民性というか“人民性”ですから、価値観の違いというのは恐ろしいです。

samsung_suit041811_001.jpg
2011/09/07

huluをめぐる最近の噂

映画やテレビ番組を定額料金で見放題なサービスhuluの買収に関する噂です。huluは日本でもつい先日サービスを開始しました。hulu.jp

なんと言ってもhuluの魅力は、多くのコンテンツを見ることができるだけでなく、それをテレビやPC, iPhone, iPad、その他スマートフォンなどでも見ることができることです。しかも、テレビで見ていた続きをiPhoneで見ることもできます。今後、日本語コンテンツが増えると、他の既存VODサービスを圧倒するんじゃないでしょうか。

注目のhuluですから、買収の噂は絶えません。その額は、15〜20億ドル(1,500億円あまり)とも言われています。現時点で表明しているとされるのはAmazon, Yahoo, the Dish Networkの3社ですが、Appleも名乗りを上げると噂されています。また、Cult of Macによると、Googleも興味を持っているとのことです。GoogleはYouTubeも持っているので、動画投稿からテレビ、映画の有料配信まで全てを包括的にカバーすることに競合企業は脅威を感じているわけです。

視聴者からすると、便利になるならどうでもいいことですね。

現在、hulu.jpは限られたテレビからしか見ることはできないようですが、今後はPS3なども含めて視聴環境の充実が図られるとのことです。

ちなみに、AppleのiTunesを中心とした動画配信(iTunesコンテンツと有料配信)は、テレビでの視聴にAppleTVが必須です。逆に、AppleTVさえあれば、huluと同様の機能を既に楽しめます。Appleユーザーからすると、huluのコンテンツがiTunesやAppleTVから購入視聴できるようになるのが一番楽ですね。