2017/10/07

iOS 11.1 で使えるようになる新しい絵文字 Emoji

DSCF5845.jpg 
絵文字はもう完全にグローバル化しましたね。ガラパゴスと言われた日本の携帯で始まった絵文字。今のように綺麗な絵でなかった時代から、日本では (^_^) こう言うのが使われてました。パッとみただけで表情がわかる優れた表現方法だと思います。英語圏だと :D とか、:) でハッピーを表すのですが、それに比べると日本の絵文字は表現力がすごいです。日本語入力では単語登録できるので、複雑な文字の組み合わせでも簡単に入力することができました。英語だとそうはいかないので、上のように簡易的な表現になったのでしょう。
嬉しい時は :) 悲しい時は :( ウインクは ;) びっくりした時は =) なんです。初めてみただけでは何のことなのか意味がわかりません。

新しい絵文字 Emoji は、iOS 11.1 から使えるようになります。文字の国際規格である Unicode 10 に含まれます。規格なので機種依存性は基本的にありません。もちろん、デザインは各機種で多少は違うでしょうが意味が同じなので同様な絵になるはずです。
new-emoji-for-ios-11-1.gif 今週中に配布が始まる iOS 11.1 のデベロッパー向けプレビューに搭載されるようで、今月末頃までには iOS 11.1 が正式版としてリリースされる予定だとのことです。もちろん、Mac でも使えるようになります。おそらく、watchOS 4.1 でも表示できるようになるそうです。

ガラパゴスって言葉、それが悪いかのように使われること多いけど、独自の進化を遂げるという意味では素晴らしいことだと思います。便利で優れたアイデアであれば世界中で使われるようになってもおかしくありません。Emoji もそうですが、ガラパゴス方式と言われた FeliCa も他のNFCに比べて優位性があるのでグローバル化しそうですよね。iPhone 7 では日本販売モデルだけ Type A/B & F Chip が搭載されましたが、iPhone 8 からはグローバルモデルでも採用されました。Suica 方式は今後海外でも採用されて行くのではないでしょうか。(海外の鉄道で採用されている NFC は Suica に比べると酷いです)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/09/20

iPhone 7 Plus を iOS11 にアップデート 難なく無事完了

IMG_3116.jpg      IMG_3111.jpg

iPad Pro 10.5 inch のアップデートは問題なく完了したので、iPhone 7 Plus のアップデートも行いました。こちらも、わずか10分ちょっとで完了です。全体的に文字がくっきりして見やすいし動作ももっさり感なく普通です。

一通りアプリを立ち上げてみて動作確認しました。特に問題は無さそうです。モバイル通信がデフォルトになるって話もあったので、一応、設定を開いて全て確認しました。確かに App の更新やら iCloud 同期などでモバイル通信 ON になってたような気がしますが、全て OFF に設定しました。

計算機のアイコンとか操作画面のデザインは前の方が良かったなぁ。。とかありますが、ファイル App ができたので iCloud も Dropbox も Google Drive もいちいちアプリを立ち上げ直さなくて良いので便利かも。色々と機能追加されて便利になっているのに操作方法自体は全く変わらないので、今まで通りに使えるのが嬉しいですね。

新しい画像フォーマット HEIF が採用されましたが、PCなどへの書き出しは自動的にJPGに変換されるので、特に気にする必要は無さそうです。設定はいたって簡単、「フォーマット」を高効率するか互換性優先にするかだけ。そして、写真設定で「自動」にするだけです。

IMG_3120m.jpg     IMG_3119m.jpg

ここまでは良かったのですが、覚悟はしていたものの、Apple Watch のアップデートには超時間かかります。先ほどアップデートを始めましたが、まだ画面上には「残り約1時間」と出ています。時間の無いときには間違ってもアップデートしないように。と、書いてる間に、いきなりダウンロードが終了しました。(笑)
ダウンロードにかかった時間は約35分でした。その後、更新準備に約8分、AppleWatch がブルッと震えて確認作業に約2分、AppleWatchにAppleマーク  が表示されてインストールに約35分、そして最後の仕上げと再起動に約10分。結局、合計で約90分もかかってしまいました。不可解なことに、AppleWatch は更新されて時計が表示されているのに、iPhone の画面はインストール中のまま。使えてるのでいいですけどね。(笑)
AppleWatch の Doc が横スワイプから縦スワイプになって使いやすくなりました。

IMG_3118.jpg 

iOS11 の不具合情報でググってみると、沢山出てますねぇ。中には不具合情報というより、不具合が起こった場合の考えられる対処法をまとめてるだけのものもあります。私には不安をかき立てるだけの記事としか思えません。何事も起こらずアップデートできた私が幸運だったのか・・・、そんなことはないです。普通にアップデートできるんじゃないでしょうか。

こちらも、どうぞ。

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/09/20

iPad Pro 10.5 inch を iOS 11 にアップデート - Safari とマルチタスキングに不具合?

ios-11.jpg 

iOS 11 のダウンロードができるようになりました。今回は大幅なアップデートなので何が起こるのかわかりません。まだ、ちょっと様子見ですね。ということで、メインの iPhone は使えなくなると困るので、まず iPad Pro 10.5 inch の方からアップデートしてみました。

アップデートにかかった時間はわずか10分程度。
意外と早かったので驚きました。
最初にハッとした違いはフォントで、多少太くなり、くっきり見やすくなりました。オヤジには洒落た感じの文字より、実用的ではっきり見える方が有り難い。。(笑)

色々と触ってみて、純正アプリにはほぼ不具合は無いのかなぁ。。。と安心し始めた時、Safari を立ち上げた状態で次の純正アプリ、たとえばメモとか連絡先などを Doc から開いて二画面同時表示して閉じるとほぼ確実に固まります。画面は Safari のままになりタッチ操作を全く受け付けません。Homeボタンを押しても Safari を消せません。仕方なく電源/スリープボタンを押してみると画面は真っ黒に。

何度か試してみたところ、この状態では、画面は真っ暗ですが iPad はまだ生きてるようです。Homeボタンを長押しすると Siri が立ち上がったようなピポッという音はしますが、画面は真っ暗なまま。

電源/スリープボタンを長押ししても何も起こりません。

強制再起動するしか方法はないと考え、Apple サポートページにある「画面が真っ黒な場合またはフリーズした場合」を試してみることに。

画面が真っ黒になったりフリーズしたりしても、デバイスを強制的に再起動できる場合があります。強制的に再起動しても、デバイスにあるコンテンツは消去されません。画面が真っ黒の場合やボタンが反応しない場合でも、デバイスを強制的に再起動できます。以下の手順に従ってください。
・iPhone 7 または iPhone 7 Plus の場合:スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。
・iPhone 6s 以前、iPad、iPod touch の場合スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

無事、強制再起動できました。再起動するまでの10秒って意外と長いです。(汗)

iPad Pro 9.7 inch を使っていたときに、iOS 更新時に立ち上がらなくなり、おそらくはハード的な問題だったので、iPad Pro 10.5 inch に買い変えるはめになりました。この苦い経験から OS更新は慎重なんです。

ちなみに、マルチタスキングによる画面分割表示は対応したアプリ(純正アプリ)にしかまだ使えません。例えば、SafariとChromeを同時に表示することはできません。アプリ側の対応はこれからですね。二画面同時表示して作業するには、やはり iPad Pro 10.5 inch 画面は小さすぎます。便利ですが、普段は使うこと無いかな。

と言うことで、まだ何らかの不具合はあるようですが、とりあえず問題なく使えるようですね。
(32bit App は予想通り全く立ち上げることできません)


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/09/19

macOS High Sierra - 新しいファイルシステム APFS はFusion Driveをサポートしない

MacBook_Pro.jpg 

いよいよ来週に迫った macOS High Sierra へのアップデート。日本では26日からダウンロードできるようになります。ファイル管理システムを含めて大幅なアップデートになるので、不具合が起きてないかどうか確認してから作業を進めた方が良さそうです。

macOS High Sierra の特徴の一つ APFS(Apple File System)がサポートされるのは、フラッシュメモリーを搭載した Mac のみです。Fusion Drive を搭載する iMac や Mac mini では、残念ながら恩恵を受けられません。読み飛ばしてしまいそうですが、Apple の Web にもはっきりと書いています。

Cursor_と_macOS_High_Sierra_-_Apple(日本) 

フラッシュドライブ搭載の Mac では、ファイルシステムは HFS+ から APFS に自動的にコンバートされるそうです。「Fusion Drive や HDD ではコンバートされない」と Apple は言っているようですが、はたして全く問題が起きないのかどうかはわかりません。ファイルシステムが壊れたら復旧は困難なので、アップデート前には全てのデータを外付けHDDやCloud Driveなどにバックアップしておくのが安全ですね。もちろん、インターネット回線以外の外付けデバイスを切り離してからインストールするのは言うまでもありません。

将来的には Fusion Drive もサポートするかもしれないと言っているらしいですが、“could be added for Fusion Drives” という表現からすると、まず無いでしょう。

これまでの Mac の進化を思い起こすと、現状のしがらみに囚われすぎないのも Apple の良い点で、それが Apple の強さになっていたように思います。CD/DVD Driveを無くしたり、iPhoneではイヤホンジャックをなくしたり、先進的なことを色々とやってきました。64bitへの完全移行を目指して、32bit アプリのサポートを間もなく完全終了するのもその一つです。次に亡くなるのはなんでしょう・・・、マウスかな? いや、ハードディスクかも。(笑)

iPhone や iPad では既に APFS が採用されています。APFSの利点を考えると、macOS High Sierra が HDD をサポートする最後のOSになるのかもしれませんね。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/09/16

App Store が iTunes から独立

iTunes_New.jpg 
iPhoneが世に出たときには iPhone と iTunes の関係は密接でした。音楽だけでなくアプリも全て iTunes経由で管理されていたから。でも、2008年頃でしたか、iPhone に App Store アプリができて iPhone だけでも App のダウンロードや更新ができるようになりました。それでも当時は iTunes 経由で App をダウンロードしたり更新するはスピードの面でもメリットがありました。

最近はというと、iTunes で App をダウンロードして iPhone や iPad をわざわざPCに接続して更新するのはむしろ面倒で、iTunes に App Store の機能の必要性をほとんど感じていませんでした。ようやく iPhone や iPad が PC から独立したと言っても良いのじゃないでしょうか。Apple的合理性からすると、「何故いまごろ?」 という感じすらします。


IMG_3109.jpg 

不都合はほとんど思い当たりませんが、App の並べ替えは少し面倒になるかもしれませんね。
ブック  ==>  iBooks
iTunes U  ==>  Podcast
インターネットラジオ  ==>  ミュージック
着信音  ==>  iOS 設定/サウンドと触覚(iOS11)
(iTunes で着信音ファイルを iPhone にドラッグして移動することも可能)

iTunes の App 管理機能は削除されましたが、マニュアルで強引に iTunes から iPhone に App をコピーすることはできるようです。PCのミュージック /Mobile Applicationsフォルダには App ファイルが残っています。これを iTunes のサイドバーにドラッグすれば強制的にコピーはできるらしい。この操作の意味は良くわかりませんが。(pdfなどが同様の操作で iBooks にコピーできているのと同じかな)


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。