2014/11/15

Yosemite用 オリジナル フォルダー アイコンを作る(1)

Mac OSX Yosemiteでは鮮やかなフォルダーアイコンに変更されました。
好みにもよりますが、慣れればMavericksよりも綺麗でいいかな・・・と。
フォルダーのアイコンを変更する方法は前バージョンまでと変わりません。

こんなフォルダーアイコンを作ってみました。
141114_Folder_Sample.png

用意するものは、Mac標準のPreviewアプリとフォルダー作成アプリ。
簡単に使えて便利なので、Folders Facotryアプリを使っています。
141114_Folders_Factory.png

アプリからpng透過画像を抽出してFolders Factoryの画面に重ねるだけで、上記のようなフォルダーができあがります。もちろん、アプリだけでなくpngファイルさえあれば、どんなアイコンも作れますが。

ということで、まず Folders Factory の使い方から。
アプリを立ち上げるとフォルダー画面とInspectorが表示されます。
左上のボタンで『Image』を選択して、フォルダー部分にpngファイルをドラッグして重ねるだけでフォルダーアイコンが出来上がります。どのような画像からでもフォルダーアイコンはできますが、大きな画像だとScaleタブで調整しても収まりきれないので、1,024 x 1,024位が限界かな。

141114_Folder_Factory_画面 141114_png取込

141114_JPG取込

141114_Stamp.png

141114_Texture.png

そして、Textだとこんな感じで文字入りのオリジナルフォルダーを作ることができます。
もちろん、どのフォルダーも下地の色の変更も可能です。

141114_Text.png

最後の仕上げは、Folders Factoryで作ったアイコンをフォルダーに貼り付ける作業ですが、これも至って簡単で、アイコンを変更したいフォルダーをドラッグして Folder Factory の上に重ねるだけです。

フォルダーアイコンがうまく置き換わらないときは、『情報を見る』から左上の小さなアイコンをクリックして選択し、deleteキーを押して一度初期状態に戻してから再挑戦してみてください。

LiteIconというアプリを使うと、デフォルトのアイコンセットを一括変換することもできます。
ネット上には色々なアイコンセットがアップロードされています。.icnsファイルとして入手できますが、使い方は簡単で、変更したいフォルダーの情報を表示して、左上の小さなアイコンの上にドラッグするだけ。Folders Factoryから.icnsファイルとして書き出しておけば、情報を表示してドラッグするだけで簡単にフォルダーを変更できます。

次回は、Previewアプリを使って、jpgファイルをpngに変更する方法を紹介します。
また、Previewを使ってアプリのアイコンを簡単に抽出し、pngファイルにする方法もあわせて紹介する予定です。


スポンサーサイト
2014/11/10

iMac Retina

長らく冬眠していましたが復活です。

iMac Retina 5Kにしてから約2週間。
慣れてしまえば、以前のiMacと何も変わりません。
デスクの上に2台並べて、真正面から見ると何一つ変わらない。
強いて言うなら、同じ光沢ディスプレイでも新iMacの方が映り込みが目立たないかな。

もともとMacの画面はWindowsなどに比べると文字の美しさは比べものにならなかったわけですが、iMac Retina 5Kでは、美しさに更に磨きがかかって、まるで印刷物を見ているようにシャギーが全く目立ちません。

旧iMacの画面とiMac Retina 5Kの画面を比べてみると・・・

旧iMac画面を2倍に拡大
iMac Standard

iMac Retina 5K画面を2倍に拡大
iMac Retina

Desk Top画像だとこんな感じ

iMac
iMac Desktop

iMac Retina 5K
iMac Retina Desktop

画像だと違いがいまいち良くわかりませんが、シャギーが無く明らかに高解像であることがわかります。特に文字の美しさは、初めて立ち上げたときに感動しました。

でも、まぁ、最初にも書きましたが、慣れてしまえば普通に思えてしまうかな。
2011/10/08

 Steve逝く

いまだに信じられません。

先週まで、iPhone4後継機種の予想と期待、KDDIからiPhone発売の噂で世の中もちきりでした。
そして、ついに10月4日にiPhone4Sの発表。KDDIからの販売も現実となりました。

物語はまだ終わっていませんでした。
翌日、10月5日にSteveの訃報という衝撃が全世界を駆け巡った。

あまりにも劇的で、最後まで格好良すぎます。

信念を貫き通して、瀕死のAppleを時価総額世界一の企業にまで成長させた凄さ。
そして、その達成を自ら確認した直後に逝く。

もう何も言葉がありません。

ほんとうに、ほんとうに、ありがとう。
Appleユーザーで良かった。そして、多分、これからも。

ご冥福をお祈りします。

iPhone for Steve [iPhone 4S]

111008 steve jobs - Google 検索
2011/09/19

Mac OSX Lion / iMacで起きるグラフィックの不具合 

Cult of Macに、iMacをMac OSX Lionで使うと時々映像が乱れることが報告されています。下記の機種で確認されているとのことですが、これって、うちの環境と全く同じなのです。

2011 27-inch iMacs configured with a 3.4GHz quad-core Intel Core i7 and AMD Radeon HD 6970 graphics processor with 1GB of GDDR5 memory.

症状は、不定期に時々画面が乱れること。うちでも全く同じで、メニューバーとDocは下の画像のようにカラー部分の表示がおかしくなります。また、アプリによってはウインドウ全体が虹色の波模様になり使えません。再起動すると元に戻るのですが、何故起こるのかわからないし、どういう場合に起こるのかも特定できません。(なんとなくですが、ウインドウをドラッグして移動したりデスクトップ操作の時に起こるような気がします)

110919 iMac

当初は、Apple Mini DisplayPort VGAアダプタを使ってサブディスプレイも接続していたので、それによる不具合かと思っていました。この組み合わせ、Snow Leopordでは全く不具合はありませんでした。サブディスプレイを外すと、頻度はぐっと下がりましたが、やはり同じ状況が表れます。Snow Leopardでは問題なかったので、ハードの問題では無くてソフトウェア的に解決できるのではと思っています。

Cult of Macの記事によると、最初、AppleCareに聞いたら「問題は一度も見られてない」との返答だったそうですが、バグ報告をAppleに送ったら全く違った返答が来たそうです。

「AppleのエンジニアはiMacのこの問題に気づいており、読者のコメントを見ると、上記のiMacに限った問題では無いかもしれない。ただ、iMacのハード的な問題では無く、Software Updateによって解決されるかもしれない。」 この問題がいつ修復されるかはわからないけれど、常にOSを最新にUpdateしておいた方が良い・・・。

画面が乱れるだけで、アプリの動作そのものに影響が出たわけではありませんが、メニューバーの文字が読めないくらいに乱れるので不快です。再起動すれば直りますが、いちいち再起動というのも困ったものです。

Cult of Macによせられたコメントでは、iMac (early 2009), Mac Book Pro (Mid 2010) モデルでも同様な症状が出ているとのことです。

この問題は、Appleからすると "Safariで日本語入力がおかしくなる" 問題以上に重大なバグだと思います。Safariの場合は、Flashを使った後に問題が出ているようなので、Apple自体がサポートしないと言っているプラグインを使って起きている問題だとすると、今後もサポートが無くてもおかしくありません。Safariの場合は、再起動は必要なく、単にウインドウを新たに開けば解決しますので(アプリを立ち上げ直す必要もありません)。

20年余りもMacを使ってきて、OSのアップデートでアプリの互換性はいつも気にしてきました。でも、今回のような画面が乱れる症状、そして再起動しないといけないような問題を経験したのは初めてのような気がします。
2011/09/04

 Apple Store いろいろ - 最初のApple Store から10年 -

今や世界中に360店舗以上あるAppleStore、その第一歩は2001年5月19日にオープンしたVirginia州McLeanのTysons Cornerから始まりました。ちょうど今年が10周年ということです。当時までは、パソコンと言えば秋葉原あたりの小売店か通販で買うしか無く、オタクの元祖のような店員にお伺いを立てながら機種選定したものです。オタク用語を並べて煙にまくような高慢な態度は、とても客商売をしているとは思えない状況でした。3つのNOを売りにした量販店もありましたね。

Appleが直販店を作るのは、当時としてはある意味、時代に逆行するような方向性だったのですが、ユーザーに取っては有り難いものでした。秋葉原の“あの”店員の態度が記憶に残っていたので、初めてアメリカのAppleStoreに行ったとき、衝撃を受けました。お洒落なカフェのような雰囲気で整然と配置されたパソコンやアクセサリー、何よりも、店員がすごくフレンドリーで丁寧に説明してくれて、欲しい製品を一緒に探してくれたりもしました。

今や時価総額で世界一の会社になり、Steve JobsもCEOから退き、Appleも変わっていくと思いますが、ユーザーが“あったらいいな” と潜在的に期待しているアイデアをいち早く具現化し、期待以上の形で提供してくれる会社であり続けてもらいたいものです。

私感はこれくらいにして、AppleStoreの歴史というか、1番をまとめてみました。

Apple Retail Store - Store List

続きを読む