2011/10/03

今日はやっぱり iPhone の話

いよいよ、US時間の明日10月4日、Apple "Let's Talk iPhone" イベントが開かれます。
iPhone4SやiPhone5など、ここ最近は話題に事欠きません。

Vodafone GermanyがiPhone4SをWebsiteに掲示してしまったらしい。[Cult of Mac]
それによると、iPhone4Sは、16GB, 32GB, 64GBのラインナップがあるとのこと。iPhone5についての記述は無いので、もしかしたらiPhone5は無いのかも・・・

iPhone5にはA5 Chipが搭載されるとの噂がありますが、A5になるとどれくらい早くなるのか、iPadの場合を例に紹介されていました。驚くことに、A5 ChipはA4 Chipに比べてグラフィック性能が8倍にもなるらしいです。

111003 Apple’s New iPhone Will Have Significantly Faster Graphics Performance Thanks to That A5 Chip | Cult of Mac

iPhone5では消費電力の関係でUnder-Clockされるかもしれませんが、それでもA4 Chipに比べて格段と早くなるのは間違いなさそうです。Samsung Galaxy SIIも目じゃ無くなりますね。

いずれにしろ、明日、明らかになるのを楽しみにしましょう。
2011/09/22

iPhone5は発表から発売まで2週間以下? とすると、10月半ばというのはリーズナブル。

9TO5Macに、これまでのiPhoneからiPadについて、発表から販売までの日数をまとめたグラフが表示されています。これによると、初代iPhoneが最も長くて201日。次いで長いのが初代iPadで66日、そしてiPhone 3Gの32日と続きます。それ以外は、2〜3週間以内に発売されています。理由としては、iPhoneもiPadも発売開始時期には競合になる製品がなかったので、ある意味、ゆっくり販売開始までの時間が取れたこと。ところが、今では、競合製品も出てきているので、発売までの日数は短くなるだろうとの推測です。

110922 screen-shot-2011-09-21-at-9-39-08-am

このグラフからすると、発売までのリードタイムは2週間以下ということでしょうか。

ちまたでは、10月4日に発表されるのではと言われています。だとすると、10月20日頃までには市場に投入されるだろうというのは理にかなっているかもしれません。楽しみです。
2011/09/16

iPhone5用のケースデザイン、Case-MateのHPでリークか。 [Cult of Mac]

Cult of Macによると、Case-Mateの製品情報ページに次世代iPhone (iPhone5) のケースが掲示されていたとのことです。そのページは既に削除されています。何らかの事故だったのでしょう。とすると、この情報は信憑性があるのかもしれませんね。

このアルミケースのデザインを見ると、これまで噂されてきていたように、iPhone5は完全に新しいボディーとなり、更に薄く・軽くなるのでしょう。また、背面は、iPad2のアルミバックを採用し、エッジはiPhone4のような角張ったものでは無く丸みをおびているのもわかります。

10月半ばには市場に出るとされているiPhone5。薄く軽く、しかもCPUも強化されるなら即買いかな。

Case-Mate May Have Just Accidentally Leaked The New iPhone 5 Design | Cult of Mac
2011/09/14

iPhone5の需要は前例無いくらい凄そうだ・・という分析 [Cult of Mac]

10月には販売開始されるとも言われているiPhone5。米国の市場調査では、30%以上がAppleの最新Smartphoneを購入したいと答えているらしいです。2,200人を対象に8月初旬に実施されたアンケートでも、13%の回答者がnew iPhoneをほぼ買うだろうと答えています。Cult of Mac

あるアナリストは、現在のiPhoneユーザーのかなりの人がnew iPhoneにアップグレードするだろうと予想しています。世論調査によると、66%余りの人がアップグレードするだろうと答えています。SprintとT-Mobileのユーザーの場合は、過半数以上がiPhone5を買いたいと答えているらしいです。

このような高い需要のため、アナリストはiPhoneの売り上げ予測を引き上げて、2012年のiPhoneの売り上げは1億2,000万台にも上るのではないかと予想しています。

市場調査では、iPhoneだけでなくiPadの好調も示されており、タブレット購入者の85%がiPadを購入したいと答えているとのことです。市場にはiPad対抗機種も多く出てきているにもかかわらず、2月の調査(82%)よりも高い数字になっています。

このように、iPhone, iPadの売り上げを妨げる唯一の要因になるのは、これら機種の供給量であるのは明白でしょう。

iPhone5は現在のiPhoneと見た目はほとんど変わらないとする噂もありますが、この図のように薄く軽そうになるだけでも買い換えの価値はあるかもしれませんね。もちろん、CPUにA5チップを採用して高速化すればですが。

Cult of Mac iPhone 5
2011/09/13

Appleは年内に3,000万個のiPhone5を作る計画らしい [AppleInsider]

う〜ん、iPhone5はiPhone4と見た目変わらないのかも。

アナリストが本日AppleInsiderに話した内容によると、

いわゆる"iPhone5"は、iPhone4と同じく512MBのDRAMを採用し、不具合のあったアンテナのデザインを変更したもので、iPhone4と見た目はほとんど変わらないだろう。年内に3,000万個生産する計画で、すでに60%が組み立て完了してる。メインカメラは8M pixelではないかと噂されてるが、カメラモジュールの大きさはiPhone4のものとほとんど同じ。

他の報告によると、iPhone5は、BlackとWhiteが同時に発売になるだろうとのこと。メモリも変更無く、16GBと32GBモデルだけで、iPod touchやiPadにある64GBモデルは用意されなさそうです。
また、気になるiOS5については、9月23日よりマスターディスクの配布が始まるだろうとのことで、10月中旬の販売開始とも一致します。

これらの噂が事実で、本当に見た目もiPhone4とさほど変わらなかったら、待ち望むファンとしては、裏切られたような気持ちにもなりかねませんね。Appleさん、なにか驚かすようなことをやってください。(CPUはA5になるらしいので、動作スピードは上がりそうですけど)

AppleInsider | Apple set to build 30M iPhone 5 units with 512MB RAM, improved antenna