2017/10/10

iPhone 8 のカメラは、iPhone 7 からどれだけ進化しているか

iPhone 7 Plus ユーザーとしてはあまり見たくない記事ですが、iPhone 7 と iPhone 8 との比較記事は色々と出ています。AppleInsiderも iPhone 8 Plus と 7 Plus で撮った写真の “質” を比較していました。1年も新しい製品なので、カメラセンサーの性能が良くなってるのは当然ですけどね。



こちらの比較記事の方が動画含めて色々と試しているのでわかりやすいです。


カメラセンサーの解像度や f値はどちらも同じです。ですが、ダイナミックレンジは iPhone 8 の方が優れているようです。また、iPhone 8 で撮った方がクリアに見えます。おそらくエッジの処理が違うのでしょう。嫌味にならない程度にシャープネスがかかっているように思えました。また、色表現も iPhone 8 の方が綺麗です。“綺麗” は必ずしも “高品位” を意味しません。見た目が綺麗ということなので、印象色に近い色作りなのではないでしょうか。典型的な例だと思ったのは次の画像。

比較1

明らかに右側 iPhone 8 Plus の写真の方が綺麗です。が、ほんとにこの人の肌ってこんなにピンク色で綺麗なんだろうか・・って思ってしまいます。 Photoshop でトーンカーブを少しS字型にして明るくして、カラーバランスを整えると同じような画像を作ることができます。カメラセンサーの性能が良くなっているのは間違いないですが、画像処理というか、センサー制御の改良によるところが大きいのかもしれません。

静止画で決定的な違いはフラッシュ撮影です。これはもう、iPhone 7 Plus ではかないません。スローシンク・フラッシュにより背景もそれなりにしっかり写って、要は見た目に近い感じの写真を撮ることができます。

比較2

 動画では、iPhone 8 なら 4K 60p で撮影できます。 30p だと、どうしても少しガクガクした映像になるので、60p で記録できるのは大きいです。デジカメでも 4K 60p 対応はほとんどないので、どうしても綺麗な動画を撮りたいなら iPhone 8 はアリだと思います。

iPhone 8 のカメラ性能はかなり向上してきましたが、それでもまだ、写真を撮るならデジカメにかなわないでしょう。解像度の問題もありますが、一番は焦点距離の短さ。これはどうしようもありません。と、今は思ってますが、そのうち、また、Apple流音作りに慣れてしまったように、iPhone 写真の多少べっとりした画質を綺麗と思うようになるのかなぁ。。。便利さにはかないません。



★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/10/05

HEIF vs JPEG - iOS 11 で新フォーマット採用、写真はどちらで保存しますか? どっちが良いか試してみた。

AppleInsider に、iOS 11 で採用された HEIF は写真品質を損なうのか? という記事が出ていました。結論から言うと、「写真品質はほとんど変わらず容量は半分程度」という Apple の発表と変わりませんでした。厳密に見ると、HEIF は低照度でちょっと弱いかなと感じられたらしいですが、気のせいなのかもしれません(笑)。容量が小さくて高圧縮であることは間違い無いので、それくらいの差なら十分に許容範囲かもしれません。ただ、できるだけ高画質で・・というなら JPEG を選択した方が良いかもしれないとのこと。
Does HEIF in iOS 11 kill iPhone 8 photo quality? HEIF vs JPEG Compared


YouTube の中でいくつか写真の比較がありますが、アップロード際に圧縮されているので比べてもあまり意味ないかもしれません。ぱっと見る限りにおいて HEIF と JPG で違いはわかりません。ファイルサイズは JPG の方が 80 ~ 95% 大きくなっていました。

iPhone で HEIF フォーマットで写真を撮っても「iPhoneの設定/カメラ/フォーマット/互換性優先」、SNSなど対応してないアプリに書き出したり、AirDrop で他のデバイスにコピー転送するときは自動的に JPG に変換されます。「iPhoneの設定/写真/MACまたはPCに転送」で元のフォーマットのままを選択して、iPhone を iMac に繋いでイメージキャプチャでファイルを読み込むと、HEIF (HEIC) ファイルを取り出すことができます。

どっちがいいのか、どっちでもよいのか(笑)、試してみました。まず、ファイルサイズ。被写体により大きく変わるので、全く同じ条件下で撮影してみました。

JPG_vs_HEIC.jpg 
なんと、この場合は HEIF に比べて JPG は 130%も大きくなりました。HEIF は JPG に比べて約60%も圧縮されていました。HEIF の効果絶大ですね。色空間は、AppleInsiderの記事では JPG は sRGBになっていましたが、こちらでは HEIF, JPG とも同じ P3 でした。

画質については、パット見る限り違いを探すのは難しい。ファイルサイズが倍以上も違うにも関わらず、画質が変わらないのは凄いことです。むしろ、HEIF の方が少しエッジが効いていて鮮明に見えるくらいです。撮影条件や被写体によっても異なるので断定的なことは言えませんが、HEIF か JPG か気にせず撮影して良い・・のではないでしょうか。iPhone の容量が気になるなら HEIF にすれば良いのかな。動画の場合は HEIC の一択でしょう。

とりあえず、iPhone 7 Plus で撮影した画像を添付しておきます。上の二つの写真ファイルを写真アプリで開いて1x表示した画面をキャプチャしました。(HEIFファイルはそのままアップロードできないので)画像の大きさは、一部分のみ切り抜いて 2,409 x 1,355 pix にしています。
何となく違いがわかるのは、全体の色合いを除くと、左上の家の木製ドアの青い窓かなぁ。HEIF の方がくっきりしています。圧縮アルゴリズムの差でしょうね。個人的には HEIF で撮った写真の方がメリハリがあって好きかなぁ。
最初の写真が JPG で、次が HEIF です。

JPG.jpg
HEIC.jpg 

違い、わかりますか? 


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/10/02

Tap Forms 5 Mac用 パーソナル・データベース

Tap Forms 2 

個人で使いやすいデータベースはさほど多くありません。アカウントやシリアル番号、クレジットカード情報、レシピ、写真入り観光情報、日記、ワインコレクション、DVD/BluRay情報など、様々な情報の一括管理に適したパーソナル・データベースが Tap Forms 5 です。Macで作ったデータベースを iPhone や iPad に自動で同期してくれる優れものです。

Mac/PC だけでデータベースを使うなら FileMaker などが良いと思うのですが、高機能すぎるて・・・。業務用にも使える品質なので非常に安定していますし、データベースの構築も慣れれば難しくありません。iPhone, iPad 用のアプリも出ていますが、Macのデータベースと簡単には同期できません。基本的に、Macから iPhone への一方通行なので、自動同期してデータを双方で持つことはできません。データベース・サーバーを介して使うことを前提にしているようです。データベースが巨大になると、デバイスにいちいち同期されては困りますから。(笑)

Tap Forms 5 は個人でデータ管理するのに向いています。EvernoteMS OneNote、そして使いやすくなった Mac メモアプリなどと似通った使い方もできますが、これらは所詮データベースではありません。Tap Forms 5 は、データベースの利点とメモアプリの良さを融合したようなアプリではないかと思います。いずれも Cloud にデータを置くことになりますが、Tap Forms 5 のデータはWebで見ることはできなくて専用のアプリを使わないといけません。暗号化されているのでセキュリティ対策も万全です。Mac用、iPhone/iPad用共にそれぞれ有料です。iPhone/iPadだけでデータベースを作ることもできます。

Tap Forms Lineup 

私は iMac でデータベースを作って、iPhone, iPad、そして MacBook Pro に同期しています。もちろん、iPhone などで変更した内容は他のデバイスに自動的に同期されます。個人使用において二つ以上のデバイスを同時に使うことはないので、同期について難しいことを考える必要はありません。

使い方には少し慣れが必要です。また、最初のセットアップで、Cloudとの同期設定が難しい場合がありますが、一旦同期されるようになれば比較的安定しています。同期用のCloudはいくつか選択できて、私は iCloud経由で同期しています。

まず、データベースを作り、それぞれのデータベースの中に「フォーム」と呼ばれるサブ・データベースを作ります。そして「カテゴリー」をそれぞれのフォーム設定すれば、カテゴリー別に分類管理できます。ピックリスト(値一覧)はデータベース内で共通です。データベース毎にCloudからダウンロードするかどうか設定できるので、必要の無いデータを iPhone で持ち歩くこともありません。

FileMakerでデータを作って、iPhone用の FileMakerにデータをコピーして使用するのも良いですが、私が Tap Forms 5 で一番気に入っている機能は、データの写真をタイル状に並べて表示できることです。FileMakerの Bento データベースで同様のことができたのに、なぜ FileMakerではできないのか・・・。iPhone で見るときは、タイル状に配置した写真でデータ選択する方が簡単です。

Tap_Forms_iPhone.jpg 

Mac版では Map表示もできて、旅行記や観光データを整理するのに便利です。

Tap_Forms_Map_View.jpg 

便利なアプリなのですが、問題もなくはありません。FileMakerなどと比較すると安定性が低い。データ入力中にフリーズするし、同期エラーになることも良くある。Versionアップで改善はされているのでしょうが、安心して使えるか・・と言うと、まだちょっと不安があります。また、容量が大きい画像データベースを作ることは難しいと思います。まぁ、画像に関してはビューアーをデータベース代わりにするのが簡単で便利ですけどね。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/09/20

iPhone 7 Plus を iOS11 にアップデート 難なく無事完了

IMG_3116.jpg      IMG_3111.jpg

iPad Pro 10.5 inch のアップデートは問題なく完了したので、iPhone 7 Plus のアップデートも行いました。こちらも、わずか10分ちょっとで完了です。全体的に文字がくっきりして見やすいし動作ももっさり感なく普通です。

一通りアプリを立ち上げてみて動作確認しました。特に問題は無さそうです。モバイル通信がデフォルトになるって話もあったので、一応、設定を開いて全て確認しました。確かに App の更新やら iCloud 同期などでモバイル通信 ON になってたような気がしますが、全て OFF に設定しました。

計算機のアイコンとか操作画面のデザインは前の方が良かったなぁ。。とかありますが、ファイル App ができたので iCloud も Dropbox も Google Drive もいちいちアプリを立ち上げ直さなくて良いので便利かも。色々と機能追加されて便利になっているのに操作方法自体は全く変わらないので、今まで通りに使えるのが嬉しいですね。

新しい画像フォーマット HEIF が採用されましたが、PCなどへの書き出しは自動的にJPGに変換されるので、特に気にする必要は無さそうです。設定はいたって簡単、「フォーマット」を高効率するか互換性優先にするかだけ。そして、写真設定で「自動」にするだけです。

IMG_3120m.jpg     IMG_3119m.jpg

ここまでは良かったのですが、覚悟はしていたものの、Apple Watch のアップデートには超時間かかります。先ほどアップデートを始めましたが、まだ画面上には「残り約1時間」と出ています。時間の無いときには間違ってもアップデートしないように。と、書いてる間に、いきなりダウンロードが終了しました。(笑)
ダウンロードにかかった時間は約35分でした。その後、更新準備に約8分、AppleWatch がブルッと震えて確認作業に約2分、AppleWatchにAppleマーク  が表示されてインストールに約35分、そして最後の仕上げと再起動に約10分。結局、合計で約90分もかかってしまいました。不可解なことに、AppleWatch は更新されて時計が表示されているのに、iPhone の画面はインストール中のまま。使えてるのでいいですけどね。(笑)
AppleWatch の Doc が横スワイプから縦スワイプになって使いやすくなりました。

IMG_3118.jpg 

iOS11 の不具合情報でググってみると、沢山出てますねぇ。中には不具合情報というより、不具合が起こった場合の考えられる対処法をまとめてるだけのものもあります。私には不安をかき立てるだけの記事としか思えません。何事も起こらずアップデートできた私が幸運だったのか・・・、そんなことはないです。普通にアップデートできるんじゃないでしょうか。

こちらも、どうぞ。

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/09/16

App Store が iTunes から独立

iTunes_New.jpg 
iPhoneが世に出たときには iPhone と iTunes の関係は密接でした。音楽だけでなくアプリも全て iTunes経由で管理されていたから。でも、2008年頃でしたか、iPhone に App Store アプリができて iPhone だけでも App のダウンロードや更新ができるようになりました。それでも当時は iTunes 経由で App をダウンロードしたり更新するはスピードの面でもメリットがありました。

最近はというと、iTunes で App をダウンロードして iPhone や iPad をわざわざPCに接続して更新するのはむしろ面倒で、iTunes に App Store の機能の必要性をほとんど感じていませんでした。ようやく iPhone や iPad が PC から独立したと言っても良いのじゃないでしょうか。Apple的合理性からすると、「何故いまごろ?」 という感じすらします。


IMG_3109.jpg 

不都合はほとんど思い当たりませんが、App の並べ替えは少し面倒になるかもしれませんね。
ブック  ==>  iBooks
iTunes U  ==>  Podcast
インターネットラジオ  ==>  ミュージック
着信音  ==>  iOS 設定/サウンドと触覚(iOS11)
(iTunes で着信音ファイルを iPhone にドラッグして移動することも可能)

iTunes の App 管理機能は削除されましたが、マニュアルで強引に iTunes から iPhone に App をコピーすることはできるようです。PCのミュージック /Mobile Applicationsフォルダには App ファイルが残っています。これを iTunes のサイドバーにドラッグすれば強制的にコピーはできるらしい。この操作の意味は良くわかりませんが。(pdfなどが同様の操作で iBooks にコピーできているのと同じかな)


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。