2017/08/18

iPad Pro 10.5 inch をしばらく使ってみて

iPad Pro 10.5 inch を購入して約2ヶ月が経ちました。しばらく使ってみてと言っても、実はあまり使う機会はなかったのです。自宅では、iMacをメインマシンとして使ってるし、メッセージアプリは基本的に iPhone のお仕事だから。iPhoneで長文を打つのは大変ですが、iMacでテキストを打ってコピペすれば簡単なので苦になりません。自宅にパソコンがあれば iPadの出番はない・・・ですよね。

旅先ではどうかというと、まだまだ iPadにできることが限られているので、MacBook Proを使ってます。旅の持ち物は別記事で書いたとおりです。

ですが、将来的には、iOS 11が出れば変わるかもしれません。MacBook Proって、結構ずっしりと重いのです。

iPad Pro 10.5 を一番使ったのは、ゲーム。。。勿体ないと思われるかもしれませんが。
iPhone のゲームを 2x表示でやってるんですけど、画面がデカくなると迫力は倍以上です。しかも、画面が美しい。更にうれしいことは、リフレッシュレートが 120Hzにアップしたことで、画面タッチしたときの反応が全然違う。iPad Pro 10.5 の前には iPad Pro 9.7 を使ってましたが、差は歴然です。画面のほんとになめらかに動く・・・感じがしました。iPad用に最適化したゲームの場合だと、それはもう・・・全然違う。 (半分は悔し紛れ)

※ iPad Pro 9.7 が OS更新時に死んでしまったため、泣く泣く 10.5を買いました。Apple Careに入ってなかったので修理費用が 4万円以上もかかると聞かされて、そして、Apple Store Ginzaのお姉ちゃんにうまく言いくるまれて即買いしてしまいました。

ゲームに関して色々と調べてみたけど、120Hzで動くものはまだ無いらしい。それでも、60Hzの先代と全く違った感じを受けるのは何故なんでしょうね。iPad Proになってから登場した True Toneの影響もあるのかなと思ったけれど、これも色々調べたけど Update されたとの情報はないのです。比較サイトを見ると、iPad Pro 10.5 の画面は 9.7 より忠実に色再現されている・・・とだけ書かれてます。もちろん、CPUも変わりましたし、メインメモリも増えた。当然ながらグラフィックボード関連も良くなったからなんだろうな、と一人思ってます。

さて、iPad Pro 10.5 の購入を決定的にしたのは、Smart Keyboad (JIS) の登場でした。やっと、JIS キーボードに対応しました。これまでのキーボードは、配置が違って使い辛い上に、特に漢字変換がスムーズにできなかった。Apple Watch や iPhone 7 に Felicaチップ入れて日本仕様の製品を出す方向に舵を切った Apple ですからね。iPhone シェアが 6割を越すような国は世界中で日本だけですから、これまで対応してこなかったのが不思議なくらいです。

P1020153.jpg 

Smart Keyboad (JIS) を使うと、iMac や MacBook Pro とほぼ同じ感覚でキーボードを使えます。物理的に多少小さいのは仕方ありませんが。パコパコ感は以前の Smart Keyboadと変わりません。¥ 17,800もするので、もう少し高級感だしてくれてもいいのでは? と思ったりも。がっちりハードになると重くなるので、それはそれで困ります。iPad Pro 10.5 inch と Smart Keyboad で 693g。バッグに忍ばせるには丁度良い重さかと。

キータッチは全然期待してないので、可も無く不可も無く。全体がファブリックで覆われてる感じなので軽く防水仕様になってそうです。ゴミも溜まりにくくて掃除も楽です。
拡大してみると、こんな感じです。

P1020155.jpg 

iPad Pro 10.5 が使えるかどうか、iOS 11 にかかっているように思います。多分、MacBook Proの買い変えはないかな。

2017/08/13

iOS 11 コントロールセンターはより使いやすく変わる

Control Center 比較 640 

2013年に発表された iOS 7 で初めて搭載された「コントロールセンター」。画面下からスワイプするとスルッと現れるパネルです。機内モードに切り換えたり、Wifi/Bluetoothの ON/OFF、カメラや計算機の呼び出しもワンタッチで行えるので重宝しています。このコントロールセンター、iOS 10 まではほとんど変化ありませんでしたが、iOS 11 でようやく大幅に機能強化されます。(iOS 10 では Music コントロールは二画面目になり使いづらくなった)

ios11controlcenter-600.jpg 

iOS 11 からコントロールセンターは全画面表示できます。そして登録項目も大幅に増加し、しかも表示と非表示を「設定」で選択できるのです。選択できる純正アプリは下記の通り。
iOS11_Control 600 
3D Touch もコントロールセンターで使えるようになります。たとえば、Musicアプリでは大きなパネルが開いて曲情報を見ることもできるし、操作オプションが表示されます。

iPadではコントロールセンターの表示は異なっていて、画面左側に App Switcherも表示されます。

iOS 11 に関しては、下記のブログもご覧ください。

2017/08/12

ユニバーサルクリップボードを使う - Apple ってやっぱり凄い

iCloud logo 

我が家には複数台の Apple 製品があります。母艦として使っている iMac、外出時に使う MacBook Pro、リモコンと化した iPad mini、そして iPhone 7 plus。iPhoneは 6 と 5s もあってゲーム機として使ったりしています。更に、OS を更新してない iMac。これは2年間くらい使う必要が無かったら廃棄することにしています。これだけデバイスがあると同じ環境にするのは大変になるわけですが、そこは Apple、iCloud 経由で全て勝手に更新してくれるので助かっています。

macOS Sierra と iOS 10 からはユニバーサルクリップボードが使えるようになりました。サードパーティー製のアプリはありましたが、純正でのサポートは信頼性が全然違います。要件を満たせば、それぞれのデバイス間でテキスト、画像、動画を簡単に Copy & Past できます。

【デスクトップ:macOS Sierra に更新した下記の機種】
・iMac (2012 late ~ )
・MacBook Pro (mid 2012 ~ )
・MacBook (early 2015 ~ )
・MacBook Air (mid 2012 ~ )
・Mac mini (late 2012 ~ )
・Mac Pro (late 2013 ~ )

【モバイル:iOS 10 に更新した下記の機種】
・iPhone 5 以降
・iPad Pro
・iPad 4th 以降 (2012 ~ )
・iPad Air
・iPad mini 2nd 以降 (2013 ~ )
・iPod touch 6th (2015 ~ )

【共通設定】
・全てのデバイスにおいて同じ Apple ID で iCloud にサインインする
Wifi、Bluetooth を ON にする

これで、デバイスが近くにあればユニバーサルクリップボードが使えます。いずれかのデバイスでコピーして、別のデバイスでペーストすればいいだけです。デバイス間でのコピペ、かなり便利です。

もしもうまく動作しないときは、iCloud の ログアウトして再度ログインをすると繋がることがあるとのことです。ユニバーサルクリップボードにコピーされたアイテムは、しばらくしたら自動的にクリアされるそうです。

Apple 製品では、これ以外に AirDrop でファイルを共有する方法、Handoff でアプリ操作をデバイス間で共有するして途中から作業を引き継ぐこともできます。複数台のデバイスを持っている者にとって便利な機能です。ちなみに、AirDrop は同じ Apple ID で iCloud にサインインしている必要は無いので、近くにいる人にファイルを簡単に転送できます。

2017/08/12

iOS 11 で変わる iPad - PCの代わりになる?

ios11dock-640.jpg 

iOS 11はこの秋に登場しますが、数々の新機能の中で一番注目しているのが Filesアプリ、iPadのDock、そして Drag & Dropです。これにより、iPadをよりPCライクに使えるようになるのではと期待しています。iOS 10 ではほとんど無視されていた iPad なので、今回のバージョンアップで Apple製品の中での iPadの位置づけが明確になるのではないでしょうか。じり貧続きだった iPadの売上も上半期は久しぶりに増加したようですし、タイミングとして良い感じかな。

まずは、画像のような見栄え。これって、まさに iOS と macOS を合体したような感じです。これまでの Dock は Home 画面からしかアクセスできなかったのが、iOS 11 ではいつでもスワイプして呼び出せます。しかも、Dock に入れられる App もご覧の通り(iOS 10 では6個までだったかな)。画面をスプリットしたマルチタスキングではアプリを3個まで表示できます。それぞれのウィンドウサイズを変更するのも簡単です。アプリの立ち上げも簡単、画面下からスワイプして Dock を表示し、アプリアイコンをドラッグするだけです。アプリの切替はコントロールセンターからできます。

iOS11dock 2-640   iOS11dock 3-640

マルチ画面表示できるので、画像やテキストなどを Drag & Drop でコピーするのは簡単です。写真やファイルをメールに添付するときも、アプリから呼び出すのではなくて Drag & Drop できると便利ですね。macOS と同じ感覚で操作できるのは有り難い。

これ以外にも重要な特徴があります。これまで Apple Pencil は限られたアプリでのみしか有効に使えなかったのが、iOS 11 では様々なアプリで使えるようになります。PDFにマークアップ(Instant Markup)したり手書きノート(Inline Drawing & Instant Notes)をメールに添付したり、使える場面は格段と増えるとのことです。

ファイル管理については iPhone と共通で、iCloud Driveアプリは無くなり PCライクは Filesアプリになります。iCloud だけでなく、Dropbox, One Drive, Google Drive などのサードパーティー Cloud もシームレスに管理できるようです。

このように、iOS 11 on iPad は、iOS と macOS のいいとこ取りした感じです。もちろん、まだ macOS にしかできないことはあるでしょうが、MacBookを脅かす存在になることは間違いなさそうですね。鍵はアプリ側の対応ってところでしょうか。デベロッパーさん、期待してます。

2017/08/10

iOS 11 で iPhone/iPad はどう変わる?

iOS11s.png 

iOS 11 は6月のWWDCで発表されました。OSが毎年毎年アップデートされるのは嬉しいのだけど、せっかく慣れた操作が変わってしまうのはちょっと困りものです。でも、でも、早く使ってみたいという気持ちは抑えられません。

AppleのWebでもiOS 11の新機能は紹介されていますが、MacRumorsにもう少し詳しく何が変わるのか整理した記事があったのでまとめてみます。全体的にみるとインターフェースのデザイン変更はわずなようです。文字デザインが少し変わって読みやすくなり、計算機や電話アプリは全く新しくなって、コントロールセンターとロック画面が大幅に変更になることくらいです。何が新しいかをざっくりまとめると。。。

1. コントロールセンター(画面下からスワイプするとヌルっと出てくるやつ)は全画面になり、表示項目をカスタマイズできる
2. Finderのようなファイル管理アプリで iCloud, Dropbox, Google Driveなど横断的にファイルにアクセスできる
3. Drag & Drop が iPad できるようになる。iPadのスプリット画面で、文字、リンク、写真、ファイルのコピーが簡単になる
4. iPad に macOS のような Dock が表示され、よく使うアプリに素早くアクセスできる
5. Siri に出来ることが増えて賢くなり、より自然に話しかけてくれるようになる。日本語はまだだけど、英語からの翻訳もしてくれるらしい
6. Apple Pay で 個人間の送金ができる(日本で対応できるかどうか不明)

細かい点でも色々と改善はあります。
・Apple Pencilを使えば、MailやNotesアプリで In-line Drawingができる
・片手操作用にキーボード配置を変更できる
・Apple Map が改善される(America Firstですけどね)
・カメラの Live Photo 機能改善でベストショットを選べるようになる
・動画(HEVC)と静止画(HEIF)フォーマット対応で容量を抑えられる
・AirPlay 2 で複数の端末に同時配信できる
・長く使われてないアプリはデータを残した状態で自動削除できる
・近くに居る iOS 11ユーザーと Wifi パスワードをシェアできる
・Safari で Trackingデータを取られなくできる
・Health データは iCloudに保存され、複数端末で情報シェアできる
・App Store のデザインが大幅に変更される

新機能搭載と共に忘れてはいけないというか、ちょっと痛いのは、32bitアプリのサポートが終了すること。古いアプリは使えなくなるので要注意です。設定/一般/情報/App でApp互換性を確認できます。(現在、古いアプリを開くと「アップデートの必要があります iOS11では動作しません」と表示されています)

など、気になる点のまとめでした。
気が向いたら、それぞれの機能についてもう少し詳しくサマリーします。