2018/02/17

Apple さん、酷い! 死んだはずの iPad pro 9.7 が復活

iPad復元

昨年の6月のこと。長年でも無いけれど、愛用していた iPad Pro 9.7 が OS更新の際に文鎮化しました。アップルのサポートに電話して、かなり丁寧にリカバリーの方法を教わって試したのですが、シャットダウンと起動を繰り返す症状は無くならず、結局、ハードウェアの問題だと結論づけられました。以前から突然シャットダウンするなど挙動がおかしかったので、スタッフの説明にも納得してしまったわけです。


銀座のアップルストアに持って行って修理しようかと思ったけれど、Apple Care に入ってなかったため保証期間がわずかに切れていました。修理費用は4万円以上もする・・・ということで、出たばかりの iPad Pro 10.5 を購入することにしました。そうして、iPad Pro 9.7 は机の引出の中で長年眠ることになったわけです。(安い買い物ではないので捨てるにしてはしのびなかった)

iPad の文鎮化はたまに話題になっていて、そのたびに Apple はアップデーターを提供してきました。まぁ、私の iPad Pro の場合はハード的な問題なのでアップデーターが出ても使えないだろう・・と思って完全に諦めていたのです。

ふと、今日、Apple のサポートページで iPad のリカバリー方法を見たときです。あれ?以前アップルのスタッフから教わったやり方と違う・・。ページの公開日は 2017/12/18 になってる。


暇なので、ダメ元でもう一回試してみるか。。。OSも変わったし。。。
まずは充電。しばらくすると、アップルマークが表示されて立ち上がろうと試み始める。でも、以前と同様に途中でシャットダウンして、また自動的に立ち上がる。iCloud の設定まではできても、その先に進まずに墜ちる。こういうのを何度か繰り返すだけでした。まぁ、以前と変わらないので驚きもしません。

さて、サポートページに書かれている方法で試してみることに。
1) iTunes を堕とした状態で iPad Pro を接続し、それから iTunes を立ち上げる。
iPad のロックを解除しろと言われたので、素直に従う。ここ重要で、以前はロック解除も何もできなかった。パスコードを入力してロック解除できたことで、なんだかパッと光が差したような(笑)。
2) ホームボタンと上のボタンを同時に押して強制終了する。← ここは同じ
たしか、20秒くらい長押しするとファームウェアまでリカバリーしてくれるとかだったような。短いと普通に OS のリカバリーだけ。目一杯長押ししました、もちろん。

iTunes 側でファイルのダウンロードが始まります。2.35GBもあるんですね。そして、ダウンロードが終わると普通に iPad が OS のインストールを始めます。まぁ、ここまでは依然と同じ。自動的に再起動するとアップルマークが表示されます。まぁ、これも同じ。依然と同じように言語と国地域を設定して、新規 iPad として設定して Apple ID を入力します。ここまでは同じでした。

違ったのはその先。なんと、普通に、何事も無かったかのように、設定できてしまったのです。そして、もちろん、アプリも普通に動きます。iCloud からメールやカレンダー、連絡先の住所も墜ちてきて完全復活です。

ハードの問題だと結論づけられていたのに、OS が変わるとちゃんとインストールできて完動するじゃないですか!

Apple さん、酷すぎます。iPad Pro 二台もあって、どうしてくれるんですかぁ。

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/01/16

Toyota が Apple CarPlay を採用 と言ってもアメリカの話でまだ先のことですが。

pioneer-sph-da120-appradio-4-smartphone-receiver.jpg

Cult of Mac の記事によると、米国 Toyota が 2019年の Toyota Avalon から CarPlay を採用するとのことです。Avalon とは、日本未発売の米国現地生産モデルです。米国で Toyota ブランドで販売される車種では最上位に位置して、日本のクラウンと比べても同等か大型らしい。日本では 2000年頃まで逆輸入車として販売されていたようですが(トヨタ・プロムナード)、クラウンやマーク II などと競合するため販売終了しました。

Avalon 2019

Toyota Avalon の 2019年モデルから CarPlay を採用し、同年に他の車種にも拡大するようです。Ford, General Motors, BMW, Audi, Mercedes-Benz などは既に採用を決めているので、Toyotaもようやく・・・と言った感じです。CarPlay を採用するにあたり、9-inches の Toyota’s Entune 3.0 or Lexus’ Enform 3.0 multimedia systems が必要なのだそうです。CarPlay の他にも、Qi 準拠ワイヤレス充電機能、Wi-Fiホットスポット、スマートウォッチ連携機能に加えて、 Amazonの「Alexa」の採用も発表されました。

で、CarPlay ってほんとに便利なのか・・・という疑問。現時点で言うならば、日本のカーナビは機能豊富で CarPlay でできることはほとんど出来てしまう。いや、それ以上の機能があります。でも、将来的にはどうでしょう。何となく、ガラケーの歴史を思い出してしまいます。日本のカーナビは独自の進化をたどって超高機能なナビゲーションシステムになっています。一方、海外のカーナビは凄くシンプルなのです。

CarPlay でできることは、
1) Map によるナビゲーション
2) iTunes 音楽再生
3) 電話
4) Siri による音声アシスタント
5) CarPlay 用アプリの実行   など

これ、どれも iPhone 無くして実現しません。ほとんどの機能は iPhone が担当するわけです。別に CarPlay が無くても iPhone さえ持っていれば困らない(笑)

私の L-ブランド車の純正カーナビの場合、地図は頻繁に自動更新して最新に保たれるので、Apple の Mapよりも新しくて正確です。多少、物覚え悪くておバカなところもありますが、音声ナビも親切です。iTunes 音楽再生、電話、Siri アシスタントは Bluetooth 経由で iPhone とカーナビが繋がっているので問題なく使えます。DVD/Blu-Ray Disc の再生もできますしね。CarPlay にするよりも、iPad の置き場所をメーカー純正で作ってくれた方が有り難いかな。(笑)

日本車の場合はハンドルが右側になるので、当然、CarPlay の操作は左手ですることになります。左利きでもない限り、タッチパネルを左手で操作するのは結構大変です。Siri にお願いすることもできそうですが、今のところはまだそこまで賢くありません。L-ブランドのケアプランに入っていれば、スイッチ一つ押せばサポートに繋がってお姉さんが答えてくれます。事故やトラブルが起こった場合には心強い機能なのです。

でもです。ガラケーは便利だったけどスマホに駆逐されてしまいました。同じ事がカーナビの世界でも起きないとは限りません。使う使わないは別として、CarPlay 接続機能は無いよりもあった方が良いのかな。

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/11/19

気まぐれな Mac に悩まされる

しばらく旅行で家をあけ、約10日ぶりに iMac の電源を入れました。なんとなく、いつもと違う雰囲気。案の定、周辺機器をチェックし終わったところでフリーズしたらしく何分待っても立ち上がらない。仕方なく、電源ボタンを長押しして強制再起動。今度は無事に起動しました。コンピューターなのに、上手くいったりいかなかったり。。。そんな Mac の気まぐれには慣れてしまった。。。(笑)

問題が起こったのは、iPhone を iMac にバックアップするために Lightningケーブルで繋いだときです。「このコンピュータを信頼しますか?」というアラート。信頼するもなにも、ずっと今まで使ってたじゃないか・・・なんて思っても iMac にはわかってもらえません。「信頼」をクリックしました。iMac の iTunes には、iPhone へのアクセス許可を求めるアラートが。

IMG_0028.jpg iPhone_Connection.jpg

どちらも許可したわけですが、何も起きずに iTunes に iPhone は表示されません。ケーブルを一旦外して付け直すと、再びアラートのウインドウが出たので、何度か同じ操作を繰り返しました。でも、iMac は iPhone を拒絶したまま。

試しに、旅行に連れて行った iPad Pro を繋いでみました。やはり、アラートは出たのですが、今度は「信頼」「許可」すると、iTunes に表示されました。イメージキャプチャアプリでも iPad Pro は認識されて、iPhone はダメでした。とりあえず、iPhone 内の画像と動画は、フォトストリームで iPad Pro に自動同期されものから iMac にコピーすることができました。

対処方法をネットで調べてみましたが、何が起こったのか皆目見当がつかない。OSのバージョンもどちらも最新版だし。なによりも、旅行に出る前までは何の問題もなく繋がっていたのに、何が起こったのか。強いて言うなら、iOS のマイナーバージョンアップがあったくらいです。

意外なところに落とし穴がありました。iPad Pro はちゃんと認識されたので疑うこともしていませんでしたが、どうやら原因は Lightning ケーブルにあったようです。念のために、未使用の新しいケーブルを繋いでみたところ、iPhone はサクッと認識されてバックアップを取ることができました。ケーブルの違いで iPad Pro は OK で、iPhone はダメなんて・・・。試しに古いケーブルに繋ぎ換えてみたところ、やはり同じ状況になって認識されなかったのでケーブルに問題があったのは明らかです。

Mac って、公式アップデータ意外にもこそこそアップデートしてるんじゃないかと疑いを持っています。一時期、 Safari のブックマークが勝手に並び替えられたり、同期できなかったりとおかしな動きをしていたことがあるのですが、公式アップデートはないのにいつの間にか問題が解消していたことがあります。気のせいか、OSのバージョンアップ前には動きがおかしくなることも、何度も経験しました。オーナーが気まぐれなせいか、Mac もほんとに気まぐれです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/11/01

iOS 11.1 にアップデート さらに便利に!

Emoji 690 

今回のアップデートの目玉は70を越える新しい絵文字です。絵文字を使わない人には関係ない・・ことは無いのです。セキュリティーアップデートは毎回行われていますが、それ以外にもバグかなぁと思っていた不具合も解消されていました。

復活した便利機能もあります。画面の左端を押して Appスイッチャーを起動する「エッジプレス」です。ホームボタンのダブルクリックで Appスイッチャーを開く方が慣れているので、iOS 10 の時からあまり使っていませんでしたけどね。iPhone X では「スクリーンエッジジェスチャー」という新しい機能に置き換わっているそうです。(画面下を押して切換で)

便利な機能も強化されました。設定 / 一般 / アクセシビリティ / AssistiveTouch に進むと、新たにカスタムアクションが追加されました。

AssistiveTouch.jpg

一般 / アクセシビリティ のショートカット設定で AssistiveTouch を選択しておくと、ホームボタンを3回クリックすると AssistiveTouch が ON になります。最上階メニューをカスタマイズして、消音や画面固定、スクリーンショットなどをメニュー登録しておくことができますが、カスタムアクションが追加されたことで、メニューを開かなくても設定した機能を直接実行できるようになりました。メニューに登録する機能が4つ以下の場合は、カスタムアクションを設定した方が操作がワンステップ減るので便利です。

私は、シングルタップにスクリーンショットを登録しています。ホームボタンを3回クリックでAssistiveTouch を ON にして、黒白のボタンを一回クリックするとスクリーンショットが撮れるようになります。これは本当に便利です。

新しい絵文字を使ったり見たりするには、iPhone に iOS 11.1 がインストールされてないといけません。また、 Mac 本体は macOS 10.13.1 以降が必要です。OSをアップデートしてないデバイスでは表示できません。

iOS 11.1 のアップデートと共に、macOS High Sierra 10.13.1、tvOS 11.1、watchOS 4.1 のアップデートもリリースされています。いつもながら、watchOS のアプデートには時間がかかります。1時間弱かかることを覚悟の上、時間に余裕があるときにアップデートした方が良いですね。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/10/02

Tap Forms 5 Mac用 パーソナル・データベース

Tap Forms 2 

個人で使いやすいデータベースはさほど多くありません。アカウントやシリアル番号、クレジットカード情報、レシピ、写真入り観光情報、日記、ワインコレクション、DVD/BluRay情報など、様々な情報の一括管理に適したパーソナル・データベースが Tap Forms 5 です。Macで作ったデータベースを iPhone や iPad に自動で同期してくれる優れものです。

Mac/PC だけでデータベースを使うなら FileMaker などが良いと思うのですが、高機能すぎるて・・・。業務用にも使える品質なので非常に安定していますし、データベースの構築も慣れれば難しくありません。iPhone, iPad 用のアプリも出ていますが、Macのデータベースと簡単には同期できません。基本的に、Macから iPhone への一方通行なので、自動同期してデータを双方で持つことはできません。データベース・サーバーを介して使うことを前提にしているようです。データベースが巨大になると、デバイスにいちいち同期されては困りますから。(笑)

Tap Forms 5 は個人でデータ管理するのに向いています。EvernoteMS OneNote、そして使いやすくなった Mac メモアプリなどと似通った使い方もできますが、これらは所詮データベースではありません。Tap Forms 5 は、データベースの利点とメモアプリの良さを融合したようなアプリではないかと思います。いずれも Cloud にデータを置くことになりますが、Tap Forms 5 のデータはWebで見ることはできなくて専用のアプリを使わないといけません。暗号化されているのでセキュリティ対策も万全です。Mac用、iPhone/iPad用共にそれぞれ有料です。iPhone/iPadだけでデータベースを作ることもできます。

Tap Forms Lineup 

私は iMac でデータベースを作って、iPhone, iPad、そして MacBook Pro に同期しています。もちろん、iPhone などで変更した内容は他のデバイスに自動的に同期されます。個人使用において二つ以上のデバイスを同時に使うことはないので、同期について難しいことを考える必要はありません。

使い方には少し慣れが必要です。また、最初のセットアップで、Cloudとの同期設定が難しい場合がありますが、一旦同期されるようになれば比較的安定しています。同期用のCloudはいくつか選択できて、私は iCloud経由で同期しています。

まず、データベースを作り、それぞれのデータベースの中に「フォーム」と呼ばれるサブ・データベースを作ります。そして「カテゴリー」をそれぞれのフォーム設定すれば、カテゴリー別に分類管理できます。ピックリスト(値一覧)はデータベース内で共通です。データベース毎にCloudからダウンロードするかどうか設定できるので、必要の無いデータを iPhone で持ち歩くこともありません。

FileMakerでデータを作って、iPhone用の FileMakerにデータをコピーして使用するのも良いですが、私が Tap Forms 5 で一番気に入っている機能は、データの写真をタイル状に並べて表示できることです。FileMakerの Bento データベースで同様のことができたのに、なぜ FileMakerではできないのか・・・。iPhone で見るときは、タイル状に配置した写真でデータ選択する方が簡単です。

Tap_Forms_iPhone.jpg 

Mac版では Map表示もできて、旅行記や観光データを整理するのに便利です。

Tap_Forms_Map_View.jpg 

便利なアプリなのですが、問題もなくはありません。FileMakerなどと比較すると安定性が低い。データ入力中にフリーズするし、同期エラーになることも良くある。Versionアップで改善はされているのでしょうが、安心して使えるか・・と言うと、まだちょっと不安があります。また、容量が大きい画像データベースを作ることは難しいと思います。まぁ、画像に関してはビューアーをデータベース代わりにするのが簡単で便利ですけどね。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。