2017/08/20

iOS 11 で iPhone 7 Plus のポートレートモードが進化する

IMG_2550.jpg 

appleinsiderの記事(2017/08/10)によると、iOS 11ではポートレートモードに変更が加えられるのだとか。ポートレートモードは、iPhone 7 Plus に搭載されたデュアルカメラを使って擬似的に背景のボケを演出する機能で、その名の通り人物撮影などで背景をボカして被写体をくっきりさせた写真を撮ることができます。

iOS 11になると、撮影した後にカメラロールの中でボケ効果の ON/OFF が可能になるようです。もちろん、ポートレートモードで撮った写真に限られますが、効果を OFF にしても画像データに変更が加えられるわけではありません(非破壊的)。

iOS 11から画像フォーマットとして HEIF が採用されます(iPhone 7 以降の機種についてのみ)。これ、読み方は色々あるみたいですが、個人的には「ヘイフ」がわかりやすいのですが、おそらく英語では「ヒーフ」って発音されるのかもしれません。ちなみに、このフォーマットは Nokiaが開発したもので、フィンランド語なら「ヘイフ」なんだそうです。HEIFの特徴は、同画質ならファイルサイズがJPGに比べて約半分になるとうたってますが、新しいフォーマットなので現時点では全く普及していません。Appleが採用することで対応アプリも増えていくでしょうが、競合他社も独自フォーマットを提唱していたりして先行きは見えません。JPGやPNGほど一般的に使われるフォーマットにはならないでしょうね。(大昔、Appleは PICTフォーマットを、MSさんは BMPフォーマットを使っていたけど、今では見かけません)

話は横道にそれてしまいましたが、背景ボケ効果は非破壊的ということからして、情報は HEIF ファイルに書き込まれるのでしょう。つまり HEIF に対応する最新機種(iPhone 7, iPad Pro以降)なら効果の確認はできるけど、それ以外の機種ではJPGに変換した画像しか表示できないので・・・おそらく、背景ボケさせた画像しか表示できないのでしょう。

私はポートレートモードで写真を撮ったことありません。正確には、試してみたことはあるけど何となく不自然な感じがして。。。先ほど、ちょっとだけ試してみた画像を紹介します(左が普通写真、右がポートレートモード)。背景ボケの効果は素晴らしくて、Instagram的に撮ってアップロードするには十分な品質ですが、やはり、iMacの大画面で拡大表示すると細かい部分が アレ? ってな感じになります(下の画像の赤丸)。あくまで疑似画像なので、被写体と背景の境界部分の処理がまだまだだなぁと感じてしまいます。例えるなら、フォトショで曖昧に切り取った画像を貼り付けてるような。。(笑)

Portrait Test_S 

一眼レフとスマホ写真の最大の違いは「ボケ」にあります。焦点距離が短いと背景がボケない。スマホの焦点距離の短さは物理的にどうしようもありません。それをソフト的に解決しようという Apple の努力には感謝しますけどね。iPhoneカメラの焦点距離については別記事で書いたので、よかったらそちらもご覧ください。

2017/08/13

iOS 11 コントロールセンターはより使いやすく変わる

Control Center 比較 640 

2013年に発表された iOS 7 で初めて搭載された「コントロールセンター」。画面下からスワイプするとスルッと現れるパネルです。機内モードに切り換えたり、Wifi/Bluetoothの ON/OFF、カメラや計算機の呼び出しもワンタッチで行えるので重宝しています。このコントロールセンター、iOS 10 まではほとんど変化ありませんでしたが、iOS 11 でようやく大幅に機能強化されます。(iOS 10 では Music コントロールは二画面目になり使いづらくなった)

ios11controlcenter-600.jpg 

iOS 11 からコントロールセンターは全画面表示できます。そして登録項目も大幅に増加し、しかも表示と非表示を「設定」で選択できるのです。選択できる純正アプリは下記の通り。
iOS11_Control 600 
3D Touch もコントロールセンターで使えるようになります。たとえば、Musicアプリでは大きなパネルが開いて曲情報を見ることもできるし、操作オプションが表示されます。

iPadではコントロールセンターの表示は異なっていて、画面左側に App Switcherも表示されます。

iOS 11 に関しては、下記のブログもご覧ください。

2017/08/12

iOS 11 で変わる iPad - PCの代わりになる?

ios11dock-640.jpg 

iOS 11はこの秋に登場しますが、数々の新機能の中で一番注目しているのが Filesアプリ、iPadのDock、そして Drag & Dropです。これにより、iPadをよりPCライクに使えるようになるのではと期待しています。iOS 10 ではほとんど無視されていた iPad なので、今回のバージョンアップで Apple製品の中での iPadの位置づけが明確になるのではないでしょうか。じり貧続きだった iPadの売上も上半期は久しぶりに増加したようですし、タイミングとして良い感じかな。

まずは、画像のような見栄え。これって、まさに iOS と macOS を合体したような感じです。これまでの Dock は Home 画面からしかアクセスできなかったのが、iOS 11 ではいつでもスワイプして呼び出せます。しかも、Dock に入れられる App もご覧の通り(iOS 10 では6個までだったかな)。画面をスプリットしたマルチタスキングではアプリを3個まで表示できます。それぞれのウィンドウサイズを変更するのも簡単です。アプリの立ち上げも簡単、画面下からスワイプして Dock を表示し、アプリアイコンをドラッグするだけです。アプリの切替はコントロールセンターからできます。

iOS11dock 2-640   iOS11dock 3-640

マルチ画面表示できるので、画像やテキストなどを Drag & Drop でコピーするのは簡単です。写真やファイルをメールに添付するときも、アプリから呼び出すのではなくて Drag & Drop できると便利ですね。macOS と同じ感覚で操作できるのは有り難い。

これ以外にも重要な特徴があります。これまで Apple Pencil は限られたアプリでのみしか有効に使えなかったのが、iOS 11 では様々なアプリで使えるようになります。PDFにマークアップ(Instant Markup)したり手書きノート(Inline Drawing & Instant Notes)をメールに添付したり、使える場面は格段と増えるとのことです。

ファイル管理については iPhone と共通で、iCloud Driveアプリは無くなり PCライクは Filesアプリになります。iCloud だけでなく、Dropbox, One Drive, Google Drive などのサードパーティー Cloud もシームレスに管理できるようです。

このように、iOS 11 on iPad は、iOS と macOS のいいとこ取りした感じです。もちろん、まだ macOS にしかできないことはあるでしょうが、MacBookを脅かす存在になることは間違いなさそうですね。鍵はアプリ側の対応ってところでしょうか。デベロッパーさん、期待してます。

2017/08/11

iPhone のウザい広告を消す デスクトップ用サイトを表示

iPhoneでブログなど見ていると様々な広告が出てきます。画面の一部を占拠する固定された広告はさほど厄介ではないけれど、もわ〜っと沸き上がってくるようなフローティング広告(オーバーレイ広告)には閉口します。無料で場所を貸して頂いている FC2 さんに文句言うわけではないですが、少しでも多く、間違ってでもクリックさせようとする策(商売ですから)なんでしょうが、あまりにウザすぎるとアクセス数が下がって逆効果なんじゃないでしょうか。

ポップアップや追跡型と言われる広告は純正の Safari を使えば「設定/Safari」である程度防ぐことが出来ます。ポップアップブロックとコンテンツブロッカーがそれです。AdBlockerアプリなどをインストールすると、たちまち広告は表示されなくなります。(広告のあった場所は空欄で真っ白になりますが)Java Scriptをオフにするという手もありますが、これでは一部のサイトが表示できなくなるのでお薦めしません。

話を戻して、一番厄介なフローティング広告をどうやって消すか。これ、厄介なことに AdBlockerなどを ON にしていても消えないんです。

消す簡単な方法があります。このフローティング広告はスマホだから表示されるのであって、デスクトップでは見たことないですよね。だったら、デスクトップ表示にすると消えるのではないかと。

Safari でデスクトップ表示に切り替えるのは簡単です。FC2ブログを iPhone で表示すると、もわ〜と沸き上がるように広告が表示されます。

IMG_2530.jpg 

IMG_2532.jpg 

もっと簡単に表示変更することもできます。

IMG_2533.jpg 

上の図は、デスクトップ表示に切り替えた後です。広告がなくなるだけでなく、むしろ見やすいかも。もとに戻すときは、別タブでブックマークから開くか、Safari を再起動してブックマークからひらくとスマホ用表示に戻ります。デスクトップ用表示でリンクをクリックするとスマホ用表示で表示されます。

万能とはいなかかもしれませんが、少なくともFC2ブログではフローティング広告消えました。

2017/08/10

iOS 11 で動作しない 32bit iPhoneアプリ

phtogeneX.jpg 

iOS 11 で新しくなる機能などをサマリーしましたが、長年 iPhone を使っていると昔から使い慣れたアプリもあって、それらが動かなくなるのが大変痛いです。有料アプリの中には、32bitアプリの更新をさっさと止めて、64bitアプリを同名で登録販売しているものも見かけます。更新がタダではないのはわかりますが、何となくしっくりこない。

私の iPhone 7 plus には220個ものアプリがインストールされています。そのうち、よく使うアプリはせいぜい30個程度。それで、32bitアプリは37個もあって、純正アプリを除くと実に20%が死刑宣告を受けているのです。よく使うアプリの中では5個がそれに該当していました。

 iOS だけでなく、来年には macOS High Sierra でも32bitアプリは使えなくなります。秋頃にアップデートされる macOS が32bitアプリをサポートする最後のOSになるわけです。OSがアップデートする度に動かなくなるアプリが出てくるのは昔から同じですね。うちには一世代前のiMacも置いていて、そちらはOSを2年以上前から更新していません。最新OSに更新した iMacで、一部の古いアプリが正常に動作しなくなったからです。

使用頻度の高い iPhone アプリが動作しなくなると代替を探さないといけないわけで、一番困っているのは Photogene4 というアプリ。このアプリ、確か有料だったと思いますが、Photogeneと言われていた頃から使っているので、バージョンアップを繰り返しながら相当長く使ってます。ググってみると、海外でもこのアプリの代替はないかと話題になってました。結論から言うと、SnapseedFilterStorm が良さそうだということです。どちらも Photogene の機能を完全に網羅するものでは無いけれど、大部分はカバーできそうです。

Photogene4で気に入っていた機能は、
   1) 写真のクロップ(切り抜き)操作が簡単なこと
   2) 簡単なレタッチができること
   3) 撮影日をウォーターマークで簡単に入れられること
   4) 画像解像度をサイズ指定して保存できること

1) と 2) は、いずれのアプリでもできますが、3) についてはテキスト入力する必要があって面倒
4) は、まだよく調べてないけど、リサイズ保存は出来なかったような。。カメラの解像度が上がって写真が巨大になっていますからね、メールなどに添付する際にサイズを小さくする時に重宝しています。まぁ、レタッチせずに細かいことにこだわらないなら、純正の “写真アプリ” で十分ですけど。

32bitアプリは、iPhoneの設定で一般/情報/Appと進めば App互換性を確認できます。
32bitアプリは、App Storeから既に削除されているのでアップデートできません。
こういうアプリも動かなくなります。

Xapp.jpg