2017/10/07

iOS 11.1 で使えるようになる新しい絵文字 Emoji

DSCF5845.jpg 
絵文字はもう完全にグローバル化しましたね。ガラパゴスと言われた日本の携帯で始まった絵文字。今のように綺麗な絵でなかった時代から、日本では (^_^) こう言うのが使われてました。パッとみただけで表情がわかる優れた表現方法だと思います。英語圏だと :D とか、:) でハッピーを表すのですが、それに比べると日本の絵文字は表現力がすごいです。日本語入力では単語登録できるので、複雑な文字の組み合わせでも簡単に入力することができました。英語だとそうはいかないので、上のように簡易的な表現になったのでしょう。
嬉しい時は :) 悲しい時は :( ウインクは ;) びっくりした時は =) なんです。初めてみただけでは何のことなのか意味がわかりません。

新しい絵文字 Emoji は、iOS 11.1 から使えるようになります。文字の国際規格である Unicode 10 に含まれます。規格なので機種依存性は基本的にありません。もちろん、デザインは各機種で多少は違うでしょうが意味が同じなので同様な絵になるはずです。
new-emoji-for-ios-11-1.gif 今週中に配布が始まる iOS 11.1 のデベロッパー向けプレビューに搭載されるようで、今月末頃までには iOS 11.1 が正式版としてリリースされる予定だとのことです。もちろん、Mac でも使えるようになります。おそらく、watchOS 4.1 でも表示できるようになるそうです。

ガラパゴスって言葉、それが悪いかのように使われること多いけど、独自の進化を遂げるという意味では素晴らしいことだと思います。便利で優れたアイデアであれば世界中で使われるようになってもおかしくありません。Emoji もそうですが、ガラパゴス方式と言われた FeliCa も他のNFCに比べて優位性があるのでグローバル化しそうですよね。iPhone 7 では日本販売モデルだけ Type A/B & F Chip が搭載されましたが、iPhone 8 からはグローバルモデルでも採用されました。Suica 方式は今後海外でも採用されて行くのではないでしょうか。(海外の鉄道で採用されている NFC は Suica に比べると酷いです)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/09/20

iPad Pro 10.5 inch を iOS 11 にアップデート - Safari とマルチタスキングに不具合?

ios-11.jpg 

iOS 11 のダウンロードができるようになりました。今回は大幅なアップデートなので何が起こるのかわかりません。まだ、ちょっと様子見ですね。ということで、メインの iPhone は使えなくなると困るので、まず iPad Pro 10.5 inch の方からアップデートしてみました。

アップデートにかかった時間はわずか10分程度。
意外と早かったので驚きました。
最初にハッとした違いはフォントで、多少太くなり、くっきり見やすくなりました。オヤジには洒落た感じの文字より、実用的ではっきり見える方が有り難い。。(笑)

色々と触ってみて、純正アプリにはほぼ不具合は無いのかなぁ。。。と安心し始めた時、Safari を立ち上げた状態で次の純正アプリ、たとえばメモとか連絡先などを Doc から開いて二画面同時表示して閉じるとほぼ確実に固まります。画面は Safari のままになりタッチ操作を全く受け付けません。Homeボタンを押しても Safari を消せません。仕方なく電源/スリープボタンを押してみると画面は真っ黒に。

何度か試してみたところ、この状態では、画面は真っ暗ですが iPad はまだ生きてるようです。Homeボタンを長押しすると Siri が立ち上がったようなピポッという音はしますが、画面は真っ暗なまま。

電源/スリープボタンを長押ししても何も起こりません。

強制再起動するしか方法はないと考え、Apple サポートページにある「画面が真っ黒な場合またはフリーズした場合」を試してみることに。

画面が真っ黒になったりフリーズしたりしても、デバイスを強制的に再起動できる場合があります。強制的に再起動しても、デバイスにあるコンテンツは消去されません。画面が真っ黒の場合やボタンが反応しない場合でも、デバイスを強制的に再起動できます。以下の手順に従ってください。
・iPhone 7 または iPhone 7 Plus の場合:スリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。
・iPhone 6s 以前、iPad、iPod touch の場合スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタンを同時に 10 秒以上、Apple ロゴが表示されるまで押し続けます。

無事、強制再起動できました。再起動するまでの10秒って意外と長いです。(汗)

iPad Pro 9.7 inch を使っていたときに、iOS 更新時に立ち上がらなくなり、おそらくはハード的な問題だったので、iPad Pro 10.5 inch に買い変えるはめになりました。この苦い経験から OS更新は慎重なんです。

ちなみに、マルチタスキングによる画面分割表示は対応したアプリ(純正アプリ)にしかまだ使えません。例えば、SafariとChromeを同時に表示することはできません。アプリ側の対応はこれからですね。二画面同時表示して作業するには、やはり iPad Pro 10.5 inch 画面は小さすぎます。便利ですが、普段は使うこと無いかな。

と言うことで、まだ何らかの不具合はあるようですが、とりあえず問題なく使えるようですね。
(32bit App は予想通り全く立ち上げることできません)


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/08/31

iOS 11 に更新するための準備 - iPhone の対応状況を調べる

まもなく Apple 製品の OSがアップデートされます。iPhoneは iOS 11になって完全64bit化します。Appleのサポートページに「iOS11に備える」というページが出ています。これを見ると、対応機種は iPhone 5s 以降です。なぜ iPhone 5s 以降かというと、この機種から64bit Processorが使われているからです。

iPhone 5s では Apple初の64bit processor A7 が使われています。見た目がほとんど同じ iPhone 5 や iPhone 5c は 32bit processor の A6 なので iOS 11 に対応しません。iPhone 5 の発売は 2012年9月、もう5年近くも経っているのですね。iPhone 5s の発売は2013年9月です。iPhone 5s と同時に発表された iPhone 5c は、発売後まだ4年ちょっとですが対応機種から外れます。iPhone モデルの比較表を作ってみました。

iPhone list 

iPhone 5 と iPhone 5s は見た目はそっくりですが、簡単に見分ける方法があります。

iPhone 5_5s 
違いは Homeボタン。iPhone 5 の Homeボタンには □ が書かれています。

iPhone の他に全ての Apple製品のモデル名やサポート状況は、AppleのWebで確認できます。
保証状況の確認」でシリアル番号を入力するとモデル名とサポート状況が表示されます。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。

★ ご協力有り難うございます。
2017/08/26

意外と簡単!Workflow アプリ / iOS を使ってみる

workflow-app-featured.jpg 

Workflow
アプリは iOS端末での操作を自動化してくれます。今年3月だったか Appleが Workflowの開発チームを買収して、それまで有料(¥700)だったものが無料になりました。このアプリ、2015年の Apple Design Awardを受賞した優れものなのです。知ったかぶって書いてますが、実は私は、“自動化アプリは便利そうだけど難しそう”というイメージから、ダウンロードしてみたものの全く使っていませんでした。

iOS 11 から 32bitアプリが動かなくなることは以前書いたとおりです。私は Photogene4 というアプリをよく使っていたのですが、このアプリも32bitのまま放置されているので使えなくなります。代わりを探しているときに、ふと思い出したのが Workflowアプリでした。iPhoneでレタッチをすることはないので、Crop, Resize, そして簡単なテキスト入力をして保存できれば十分です。これって、もしかしたら全部自動でやってくれるかなと思い、Workflow をトライしてみました。頭の硬いオヤジには無理か! と思いきや、サンプルレシピが山ほどあって、意外と簡単にできてしまいました。

ギャラリーを開くと、19種類のカテゴリーに分けられいて、それぞれに 4 〜 18種類ものレシピが用意されています。私は Photography を選択しました。

IMG_0025.jpg   IMG_0016.jpg

その中から「Crop Photo(s)」を選択して Get WorkFlow。よくわからないけど Flowを見ていって、Resizeしたいので Actionから「Resize」をズルズルッとドラッグする感覚で Flow に入れました。iPad だと左にActionリストを出して作業できるので楽です。(下図は iPhone画面)

IMG_2570.jpg   IMG_2573.jpg  

IMG_2574.jpg   IMG_2575.jpg

Resizeしたいサイズを 640 pic に書き換えて保存。これでレシピ完成です。たったこれだけ。

あとは、写真Appで変更したい写真を開いて、画面下のアイコンをクリックします。「その他」を選んで Run Workflow にチェックを入れます。そうすると、いつでも Workflow を呼び出せます。Workflow を選択して「Crop Photo」をクリック。

IMG_2580.jpg   IMG_2579.jpg

あとは、自動的に Editor が起動して Crop したり、Text を入力して「完了」をクリックすると、Resizeされた画像が保存されます。アプリから自由に開いて添付することができます。

Facebook, Instagram, Twitterなどに自動的にアップロードするレシピを組み合わせて作ることもできるようです。今日はここまで。また必要に応じて使ってみることにします。少し頭使うけど、非常に簡単なので使わないともったいないですね、無料だし。

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。

★ ご協力有り難うございます。
2017/08/25

Apple iPhone 8 の発表は 9月12日?

iphone-81.png 

フランスのアップル関連ブログメディア Mac4everは、iPhone 8 の発表会となるイベントの日程は9月12日ではないかと伝えています。アメリカのことなのに何故フランス? って感じですが、Appleはまだ公式には何も発表していません。事前にプレス用に案内状を出すはずだけど、それもまだです。

9月12日だとすると、iPhone 8 および iPhone 7s の予約開始はその週末 14日の金曜日からで、デリバリーは22日からではないか、としています。もちろん、これらの情報には何の具体的な根拠もありませんが、これまでの噂からすると、iPhone 8 の発売開始は製造上の理由から10月にずれ込むのではないかとも言われています。

New iPhone と同時に、LTE Apple Watch や 4K Apple TV (5th generation) の発表も行われるのでしょう。また、iPhone 8 の発表会は、現在まだ建設中の Steve Jobs シアターで開かれるかもしれない。。とも伝えています。

iPhone の更新は毎年この時期で、年中行事の一つになってますね。現在の私が使っているのは iPhone 7 Plus ですけど、パフォーマンス的には全く不満はないので、iPhone 7s や iPhone 8 と言われても直ぐに購入する気にはなれません。ある調査によると、根っからの Apple ファンでも $1,000以上とも言われる高額な iPhone 8 を直ぐにでも買いたいと答えたのはわずか18%だったのだとか。価格も大きなネックです。

日本では分割とか別の支払い方法になるだろうから、本体価格の高さはモロに出てこないかもしれません。ですが、買い変える価値が本当にあるのかどうか・・です。iPhone に代表される高額スマホ市場はハードウェア的に成熟期に入っているので、新製品が毎年発売されても実質的な違いはどれくらいあるか疑問です。OSが高機能になれば、それに見合ったハイスペックなハードが必要になるのかもしれませんが、使いづらいくらい不便になるわけでもないでしょうし。

ハード的に刷新が期待される Apple TV を除いて、注目はやはり OS の機能ですね。iOS 11, macOS High Sierra, watchOS 4 を早く使いたい・・・と思うユーザーは多いはず。

★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。

★ ご協力有り難うございます。