2017/08/21

写真のバックアップはどうしてる? - Cloud Service 比較

Cloud Photo Pic_S2 

iPhone やデジカメでバシバシ写真を撮ってると、膨れあがるデータのバックアップをどうするかが課題になります。せっかく撮った写真なので一枚たりとてムダにしたくない。HDDがもしも壊れたら・・・と思うと、色々な方法でバックアップしたくなるものです。

私は iMac(3TB)を母艦として、5TBのバックアップ専用 HDDを使っています。もちろん、iMac自体も AirPort Time Capsule 3TB に自動バックアップしているのでバックアップは万全。。と言いたいところですが、実はこの Time Capsule、ちゃんと動いてるのかどうか不明です。少なくとも1年間以上も前に iMacのご機嫌が悪くなったときに Time Machineで復旧して以来確認したことありません。

以前、バックアップ用に使っていた HDD が逝っちゃったことがあり、約1年分の写真データが無くなりました。それ以来、DVDやBluRayにもバックアップするようになったのですが、かなり面倒でした。で、最近は Cloud です。データが少ない頃は、Macですから iDisk 〜 iCoud で十分でしたが、母艦の HDDも数TBになってからは容量不足になって色々と試しているわけです。

ということで、身近な(笑)Cloud Storage Serviceをまとめてみました。それぞれ特徴があるので、目的によって使い分けるのが賢明でしょう。私は、iCloud は主に書類フォルダ、メールや各種アプリのデータ保存に使い、自分で撮ったMovieや作業ファイルは 5TB HDDにバックアップ、一部写真を含めて自宅外でも使う共有ファイルを Google Driveか Dropboxに保存しています。(iMac母艦のフォルダと同期)

Cloud_Photo_Backup.jpg 

写真についてはまとまった形でバックアップは取っていません。なので、課題なのですが。iCloudフォトライブラリーも考えてみましたが、まだ不完全な感じがして完全移行はしていません。

表中の赤字が今利用しているサービスですが、AmazonはPrimeサービスとしてのみ使っていて Cloud サービスはまだ未経験です。Flickerも Yahooに買われてから使いづらくなりました。慣れと使いやすさから Dropboxが一番のような気はしますが、Google Driveも捨てがたい。iCloudフォトライブラリーが使えるツールになったら iCloudをメインに使うこともあるかも。でも、Appleも言っているように、iCloudフォトライブラリーはバックアップではない・・と。つまり、バックアップは別にちゃんとしてね、と言うことです。

たぶん、Dropboxも Google Driveも、今は共有ファイル置き場として使ってることが多いので、純粋にバックアップドライブとして使うなら、他より割安な Amazon Driveが良いのかなと考えてます。どうするのかまだ決めてませんが。

※ Amazon Driveは容量無制限で始まりましたが、米国では100GB 〜 30TB の範囲で他社同様の 1TB単位の段階的価格に変更になりました。日本ではまだ ¥13,800で無制限ですが。いつまで続くのかわかりません。

2017/08/12

ユニバーサルクリップボードを使う - Apple ってやっぱり凄い

iCloud logo 

我が家には複数台の Apple 製品があります。母艦として使っている iMac、外出時に使う MacBook Pro、リモコンと化した iPad mini、そして iPhone 7 plus。iPhoneは 6 と 5s もあってゲーム機として使ったりしています。更に、OS を更新してない iMac。これは2年間くらい使う必要が無かったら廃棄することにしています。これだけデバイスがあると同じ環境にするのは大変になるわけですが、そこは Apple、iCloud 経由で全て勝手に更新してくれるので助かっています。

macOS Sierra と iOS 10 からはユニバーサルクリップボードが使えるようになりました。サードパーティー製のアプリはありましたが、純正でのサポートは信頼性が全然違います。要件を満たせば、それぞれのデバイス間でテキスト、画像、動画を簡単に Copy & Past できます。

【デスクトップ:macOS Sierra に更新した下記の機種】
・iMac (2012 late ~ )
・MacBook Pro (mid 2012 ~ )
・MacBook (early 2015 ~ )
・MacBook Air (mid 2012 ~ )
・Mac mini (late 2012 ~ )
・Mac Pro (late 2013 ~ )

【モバイル:iOS 10 に更新した下記の機種】
・iPhone 5 以降
・iPad Pro
・iPad 4th 以降 (2012 ~ )
・iPad Air
・iPad mini 2nd 以降 (2013 ~ )
・iPod touch 6th (2015 ~ )

【共通設定】
・全てのデバイスにおいて同じ Apple ID で iCloud にサインインする
Wifi、Bluetooth を ON にする

これで、デバイスが近くにあればユニバーサルクリップボードが使えます。いずれかのデバイスでコピーして、別のデバイスでペーストすればいいだけです。デバイス間でのコピペ、かなり便利です。

もしもうまく動作しないときは、iCloud の ログアウトして再度ログインをすると繋がることがあるとのことです。ユニバーサルクリップボードにコピーされたアイテムは、しばらくしたら自動的にクリアされるそうです。

Apple 製品では、これ以外に AirDrop でファイルを共有する方法、Handoff でアプリ操作をデバイス間で共有するして途中から作業を引き継ぐこともできます。複数台のデバイスを持っている者にとって便利な機能です。ちなみに、AirDrop は同じ Apple ID で iCloud にサインインしている必要は無いので、近くにいる人にファイルを簡単に転送できます。

2017/08/09

今秋、Appleは新製品ラッシュ?

iOS iPhone iPad 

Macファンにとっては嬉しくもあり悲しくも・・・複雑な心境ですね。今年の前半には廉価版iPadに加えて10.5-inch iPad Proが発売になりました。うちの初代iPad Pro 9.7-inchがiOSの更新と共に突然亡くなったこともあり、10.5-inch iPad Proを購入する羽目になりました。これはこれで驚くほど快適で満足してますが。

さて、6月のWWDC Special Eventでは、例年通りOSのアップデートに加えてiMac ProHomePodを年内販売開始するが発表されました。もちろん、iOSバージョンアップに併せて新iPhoneが登場するのは恒例のこと。ネット上では、iPhone 7s だの iPhone 8 のウワサが飛び交っています。またLTE対応AppleWatchが出るのでは・・という話もあり、時期はともかく現実的な情報でしょう。OSの更新に関しては、macOS high sierraiOS11, Watch OS4, tvOS11のpublic beta versionの発表が相次いでいて、開発は順調に進んでいることをうかがわせます。

    Roundup: Here’s everything Apple will release before the end of 2017 (9to5mac)


でも、私が注目しているのは・・・・たったの 2点 (笑)

一つは Apple TV  これはもう噂では無く、4K対応Apple TVがでるのはほぼ確実でしょう。iMac, iPhone, iPadをAirPlayで4Kテレビに繋ぐためには必須のデバイスです。iPhone 7 plusで撮った4Kムービーや、4Kカメラで撮ったムービーをiMacで編集し、そして4Kテレビに移す。そんな当たり前(?)の流れがいままで出来なかった訳なので、4K Apple TVは我が家にとって一番重要なハードウェアなのです。動画だけではありません、写真も解像度が上がるので綺麗になるのは間違いありません。

もう一つは、iOS11のファイルアプリ。iPadをPC的に使えるようにならないかなぁ・・・という期待。これはOSだけでは解決できなくて、iOSアプリ自体も改良されていかないとPC代わりに使っていくのは困難かもしれません。現状、旅行に行くときにはMac BookとiPadを両方持っていってます。ネットブラウジングやメール、簡単なフォトレタッチや動画編集などはiPadだけでもできます。が、ネックはiPad上のファイルに直接アクセスできないこと。いくつかのアプリではiPad上のファイルを開くことも、添付することも、そして参照することすらできません。これらが改善されれば、Mac Bookはいらなくなるかなぁ・・・と考えてます。もちろん、自宅には母艦としてiMacがあること前提ですけど。

気になる点もいくつか。動画にしろ画像にしろ新しいフォーマットが採用されます。Appleの言い分は、動画はHEVC (H.265) 採用により40%も圧縮効率が上がるとのこと。これはまぁ業界標準規格だし、従来のH.264とも互換性があるので歓迎です。が、画像フォーマット HEIF の方はどうなのでしょうか、まだ良くわかりません。同じ画質で圧縮率が50% upって凄いとは思うけど、JPGなど従来の標準フォーマットとの互換性が少し気になります。Googleも新フォーマットWebPとか言ってるわけで機種依存性が高まるのは有り難くないです。もちろん、どちらも現状を見てのことなのでJPGなりPNGに変換してシェアするのは容易なようですけどね。

Apple TV で4K  これを実現する上で重要なのが AirPlay です。動画や画像の圧縮効率を上げることは 4Kや将来の8Kに向けて必須となる技術であることは疑いようがありません。実は、Appleさん、FaceTimeでは転送効率を考えてHEVCを既に使ってるんです。
2017/06/30

街歩き 写真に位置情報を貼り付ける

iPhone誕生以来、写真の整理方法に革命が起きました。iPhoneで写真を撮るとGPSからの位置情報が自動的に追加されたファイルができます。時間と位置情報で写真を整理するという全く新しいスタイルができたわけですが、残念ながら通常のデジカメで撮った位置情報なしの写真と混在して整理するとなると問題が生じます。iPhone写真が一眼レフと変わらない品質であれば、iPhoneだけで写真を撮るのだけど、そうはいきません。

世の中にはGPSロガーなるものも販売されており、デジカメで撮った写真にあとから位置情報を付け加えることは可能です。けれど、せっかく iPhone 持ってるんだし、iPhoneアプリでなんとかならないの? と考えるわけです。App Storeを見るとGPSロガーアプリは色々と出ています。ですが、本当に使えるのか??? 別の方法は、デジカメとスマホを連携してGPS情報を自動的に追加できないのか?

これまでGPSアプリもデジカメとスマホの連携も試してきましたが、残念ながら十分に満足いくものは有りませんでした。しかも、それらのアプリ、iOS11で動くかどうかもわからない。(iPhoneのApp互換性情報にしっかりリストアップされてる! GPSRecorder, マイマップ, iTrail 及び既に消したアプリ)それぞれ良い点もあったので場合によって使い分けてましたが、バックグラウンドでの動作が不安定?で、いつの間にか止まってしまってたという経験を何度もしました。Panasonicさんのデジカメ連携アプリ(Image App)も同じ。GPS情報の追加はWifi経由なんですね、いちいち切り換えないといけないし、時間合わせ忘れるととんでもないデータが追加されてしまう。(iPhone Appで取り込んだGPSデータをデジカメに転送して書き込んでるだけ)どうも、Canonさんのアプリも同じようですね。Blutoothでリアルタイムに書き込めない仕様上の問題があるのでしょうか。

前置き長くなりましたが、ここからが本題
色々と試してやっとたどり着いたのが、定番かもしれないけど、myTracks というアプリ。(Googleがサービス終了したアプリ名前が似てるけど別物です)今もせっせいと更新されているので安心感もあります。(Version 4.0.3の更新日は 2017/05/07)

myTracks  myTracks

設定は一度してしまえば、あとはログ取り開始するだけでログの途中で途絶えることもなく、試した中では一番安定して動作しました。Apple Watch とも連動するので、iPhone を鞄の中に入れたまま動作状況を Apple Watch で確認する・・・なんてことも簡単にできます。

IMG_2297.png   IMG_2298.png  IMG_2299.png  IMG_2300.png

一番左で記録開始をクリックするとログが取れます。「精度の変更」をクリックするとGPS Chipを使うか MobileとWifiから大体の位置を取るのかを設定できます。もちろん、GPS Chipを使った方が位置精度は最も高くなりますが、バッテリー消費は大きいです。ログを取るインターバルも設定できます。
GPSログを取るときにはアプリもGPS Chipもバックグラウンドで動いてる訳で、バッテリー消費量が気になるところです。iPhone 7 Plus を使ってざっくり調べてみたところ、30分間の使用でバッテリーが約 6% 消費されました。単純計算で、フル充電だと約8時間連続して使えることになるので、あまり神経質にならなくても良いレベルだと思います。(iPhoneは充電しながらでも使えるし)

右の二枚は設定画面です。コンパスを ON にすると地図を自由に回転できるようになります。OFF だと常に北が上です。「ローカル名」は ON でないと地図上で日本語表示されません。それ以外、特筆すべき点は、iCloudにデータを置けることと、Mac 本体に myTracks アプリ(¥1,800)を入れておくとデータが同期できることです。この使い勝手は次回レビューします。
2014/11/10

iMac Retina

長らく冬眠していましたが復活です。

iMac Retina 5Kにしてから約2週間。
慣れてしまえば、以前のiMacと何も変わりません。
デスクの上に2台並べて、真正面から見ると何一つ変わらない。
強いて言うなら、同じ光沢ディスプレイでも新iMacの方が映り込みが目立たないかな。

もともとMacの画面はWindowsなどに比べると文字の美しさは比べものにならなかったわけですが、iMac Retina 5Kでは、美しさに更に磨きがかかって、まるで印刷物を見ているようにシャギーが全く目立ちません。

旧iMacの画面とiMac Retina 5Kの画面を比べてみると・・・

旧iMac画面を2倍に拡大
iMac Standard

iMac Retina 5K画面を2倍に拡大
iMac Retina

Desk Top画像だとこんな感じ

iMac
iMac Desktop

iMac Retina 5K
iMac Retina Desktop

画像だと違いがいまいち良くわかりませんが、シャギーが無く明らかに高解像であることがわかります。特に文字の美しさは、初めて立ち上げたときに感動しました。

でも、まぁ、最初にも書きましたが、慣れてしまえば普通に思えてしまうかな。