2017/10/03

iMac - macOS High Sierra アップデート後の不具合(2)セーフモード起動で解決

mac-sierra-homescreen-1.jpg 

iMac が時々起動しない」「iTunesが終了できない」ことを前回書きましたが、状況は更に悪くなってきました。iMac起動については、電源ボタンを気持ち長く押すことで、起動する頻度が高まりましたが、これって、なんだか“おまじない”みたいなものですよね。コツがわかってきただけで、再現性とか理由は全くわかりません。


一昨日、Google Drive や Default Folder が動いてないことに気付きました。「設定」の「ユーザーとグループ」で、ログイン項目を見てみたら・・・全部消えてる! 何故だ! どうして???

最低限必要なものだけ手動で追加して、Google Drive, Default Folder は使えるようにしたのですが、その夜、大きな問題が発生しました。iMac が終了できない!
「Ctrl + Command + Eject」でも、ファイルメニューから「システム終了」を選択しても何も起きません。電源ボタン長押しで強制終了すると何が起こるかわからないので、とりあえずは様子見で iMac を ON にしたまままにしていました。もちろん、Command + Option + Esc で起動中のアプリを見ても全て終了しています。

終了できなくなって今日で三日目。さすがにヤバいだろうということで、ユーティリティーフォルダーにあるターミナルから強制終了してみることに。ターミナルからの Shut Down 方法は次の通り。
sudo shutdown -h now
以上を入力してリターンすると、パスワードを聞いてきます。パスワードは入力しても何も表示されません。なんとか、無事にシャットダウンすることができました

Terminal_Shutdown.jpg 

続いて、セーフモードで立ち上げてみます。Macをセーフモードで起動すると、起動ディスクのディレクトリが自動的に検証・修復されるとのことです。その辺は Apple のサポートページに詳しく書かれています。「セーフモードを使って Mac の問題を切り分ける
Sift キーを押し続けて Mac を起動させます。ログイン画面が出てくるまで、キーを押し続けて待ちます。ログイン画面で普通にパスワードを入力してログインが終われば起動完了です。メニューから「再起動」を選択して再起動するのを待ちます。

無事に起動したら、iMac が終了できるかどうか試してみました。なんということでしょう。。。三日間も寝てなかった iMac が、サクッと終了しました。もちろん、その後、起動も問題ありません。さらに、終了しなかった iTunes も Ctrl + Q で終了できるようになりました。

と言うことで、問題解決!
もちろん、まだ不可解なことはあるので、いつまた不具合が起きるかわかりませんが、現時点で気になっていた問題はとりあえず解決しました。 ふぅ〜


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/10/02

Tap Forms 5 Mac用 パーソナル・データベース

Tap Forms 2 

個人で使いやすいデータベースはさほど多くありません。アカウントやシリアル番号、クレジットカード情報、レシピ、写真入り観光情報、日記、ワインコレクション、DVD/BluRay情報など、様々な情報の一括管理に適したパーソナル・データベースが Tap Forms 5 です。Macで作ったデータベースを iPhone や iPad に自動で同期してくれる優れものです。

Mac/PC だけでデータベースを使うなら FileMaker などが良いと思うのですが、高機能すぎるて・・・。業務用にも使える品質なので非常に安定していますし、データベースの構築も慣れれば難しくありません。iPhone, iPad 用のアプリも出ていますが、Macのデータベースと簡単には同期できません。基本的に、Macから iPhone への一方通行なので、自動同期してデータを双方で持つことはできません。データベース・サーバーを介して使うことを前提にしているようです。データベースが巨大になると、デバイスにいちいち同期されては困りますから。(笑)

Tap Forms 5 は個人でデータ管理するのに向いています。EvernoteMS OneNote、そして使いやすくなった Mac メモアプリなどと似通った使い方もできますが、これらは所詮データベースではありません。Tap Forms 5 は、データベースの利点とメモアプリの良さを融合したようなアプリではないかと思います。いずれも Cloud にデータを置くことになりますが、Tap Forms 5 のデータはWebで見ることはできなくて専用のアプリを使わないといけません。暗号化されているのでセキュリティ対策も万全です。Mac用、iPhone/iPad用共にそれぞれ有料です。iPhone/iPadだけでデータベースを作ることもできます。

Tap Forms Lineup 

私は iMac でデータベースを作って、iPhone, iPad、そして MacBook Pro に同期しています。もちろん、iPhone などで変更した内容は他のデバイスに自動的に同期されます。個人使用において二つ以上のデバイスを同時に使うことはないので、同期について難しいことを考える必要はありません。

使い方には少し慣れが必要です。また、最初のセットアップで、Cloudとの同期設定が難しい場合がありますが、一旦同期されるようになれば比較的安定しています。同期用のCloudはいくつか選択できて、私は iCloud経由で同期しています。

まず、データベースを作り、それぞれのデータベースの中に「フォーム」と呼ばれるサブ・データベースを作ります。そして「カテゴリー」をそれぞれのフォーム設定すれば、カテゴリー別に分類管理できます。ピックリスト(値一覧)はデータベース内で共通です。データベース毎にCloudからダウンロードするかどうか設定できるので、必要の無いデータを iPhone で持ち歩くこともありません。

FileMakerでデータを作って、iPhone用の FileMakerにデータをコピーして使用するのも良いですが、私が Tap Forms 5 で一番気に入っている機能は、データの写真をタイル状に並べて表示できることです。FileMakerの Bento データベースで同様のことができたのに、なぜ FileMakerではできないのか・・・。iPhone で見るときは、タイル状に配置した写真でデータ選択する方が簡単です。

Tap_Forms_iPhone.jpg 

Mac版では Map表示もできて、旅行記や観光データを整理するのに便利です。

Tap_Forms_Map_View.jpg 

便利なアプリなのですが、問題もなくはありません。FileMakerなどと比較すると安定性が低い。データ入力中にフリーズするし、同期エラーになることも良くある。Versionアップで改善はされているのでしょうが、安心して使えるか・・と言うと、まだちょっと不安があります。また、容量が大きい画像データベースを作ることは難しいと思います。まぁ、画像に関してはビューアーをデータベース代わりにするのが簡単で便利ですけどね。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/09/26

macOS High Sierra - Quick Time で Apple TV 4K に 4K出力

AppleTV01.jpg 
Apple TV 4K のトップ画面を Quick Time でキャプチャした画像

前の記事で AirPlay は Apple TV 4K への 4K 出力をサポートしてないなんて書いてしまいましたが、Quick Time からは 4K 出力されていることを確認しました。Macデスクトップを AirPlay で Apple TV 4K に送ると、どうやら1080p止まりのようです。逆も同じで、Apple TV 4K のテレビ画面を High Sierra の Quick Time でキャプチャすると 1920x1080 になります。

MacBook Pro では何故か Quick Time から AirPlay 出力できなくて、デスクトップのTopバーにあるAirPlayから出力したのが間違いだったのかもしれません。iMacを High Sierra にアップデートして、Quick Time で出力先を AirPlay にすると、テレビ画面には 4K 出力されていました。ディスプレイ設定を見てみると MacBook Pro で表示されていた 1080p は出てきませんでした。機種によって何か違うのか、よくわかりません。

いずれにしろ、iMac から Apple TV 4K に 4K出力できることがわかって、ほっとしました。

写真については、Macの写真アプリから直接 AirPlay 出力することができません。Apple TV 4K 側の写真アプリから見ろと言うことですね。そのためには、やはり写真は Mac写真アプリで管理しないと 4K解像度で見れないということ。。。iPhoneから写真を AirPlay で出力しても 4K画像で表示されません
※ 4K Photoなどの tvOS アプリを使えば 4K解像度の画像を見ることはできます。

ちなみに、High Sierra にしなくても、macOS Sierra の Quick Time でも AirPlay 4K 出力されていることも確認しました。定番の VLCアプリを入れてみましたが、もちろん 4K で再生できました。4K動画をサーバーに置いておけば、Macを立ち上げなくても VLCで見ることができて便利です。

High Sierra にアップデートした iMac でも今のところ問題は起きていません。以前から使っているアプリはほとんど普通に動いています。何故だか、 Photo Shop の立ち上がりが非常に早くなったのは気のせいでしょうか。ファイルシステムはもちろん HFS+(ジャーナリング)のままです。

アプリが普通に動くことが確認できたので、気が向いたら、ゴミの消去を兼ねてクリーンインストールすることにします。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/09/21

少しでも軽く、macOS High Sierra をクリーンインストールするための準備

macos-sierra-time-machine-preferences.png 

うちの iMac、購入してから普通にOSの更新を続けてきましたが、流石にゴミが溜まってきたようなので、macOS High Sierra はクリーンインストールすることにしました。そのための準備作業にはいったわけですが。。。最初からつまずきです。Time Machine にバックアップ取ろうとしたら Time Machine が動いてない! そう言えば、昨年末頃からエラーメッセージが出てて、原因を調べるでも無くウザかったので「切」にしたままでした。

AirMac Time Capsule 3TB を使っているので AirMac ユーティリティーで見てみると、「構成済みのAirMacベースステーションが見つかりませんでした」と表示され認識されてない。ファインダーでアクセスはできるので気にしてませんでしたが、どうやら何らかの不具合が起きていたようなのです。過去に取られていたであろうバックアップはもう必要ないので、削除して新たにバックアップを取ることにしました。手順は簡単と言えば簡単ですが、Time Machine バックアップにとにかく時間がかかる。おそらく、二日くらいかかるんじゃないでしょうか。(笑)

AirMacユーティリティーを立ち上げると、インターネットと表示された地球儀みたいなアイコンだけで、接続されているはずの AirMac Time Capsule が表示されません。

AirMac Time Capsule の復旧手順は、
1. AirMacユーティリティーの「ファイル」から「その他を構成」を選んで、Time Capsule の IPアドレスと設定済みのアクセスパスワードを入力。IPアドレスは“地球儀”をクリックすると表示されます。多分デフォルトで「10.0.1.1」かな

2. 無事に AirMac 表示されたら、とりあえずファームウェアをアップデート。最新バージョンは、7.7.8

3. AirMac アイコンをクリックして「編集」を開いて、「ディスク」を選択、「ディスクを消去」ボタンを押すと古い Data は一瞬で消えます。Time Capsule バックアップファイルは、この方法でないと消せないようです。(ファインダーからは消せません)

4. あとは Time Machine 環境設定を開いてバックアップを開始するだけ。ファイル合計容量が 2TB もあると滅茶苦茶時間かかります。

これが終われば、念のために画像、動画と iTunes のミュージックファイルを別の HDD にコピーして準備完了です。書類は全て iCloud にも置かれているので大丈夫なはずです。iTunes からダウンロードした iOS App はもう必要ないです。(とりあえず Time Machine には残るので)

どれだけアプリ関係のゴミが溜まっているかは「このMacについて」から「システムレポート」ボタンを押して、「ソフトウェア」の項目を見るとわかります。古い Adobe のファイルは保存場所が違うとは言え Creative Cloud のファイルと同名なので何か悪さをしていてもおかしくない。Microsoft 関連のファイルもごっそりありました。この際なので、全ての32bitアプリは再インストールしない予定です。

システム設定関連は iCloud から自動的にダウンロードされるし、よく使ってるアプリの大部分は App Store からダウンロードしているので、時間はかかるけど新規インストールは簡単です。(インストールDVDを探す手間がいりません)

Time Machine バックアップが無事に終了したら、macOS High Sierra のクリーンインストール準備完了です。とりあえずは、MacBook Pro の方で様子を見てから iMac をアップデートしますけどね。


★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。
2017/08/31

Apple関連の話題 まとめ


Apple TV 4K 到着(2017/09/22)

噂の 5th Apple TV(2017/08/22)



★ よろしければ、こちらをクリックお願いします。
  バナーのランキングページに移動します。

★ ご協力有り難うございます。