2011/08/27

ライオンの調教は続く - アップデートして良かったですか? -

バージョン番号で、わずか 0.0.2 の違いですが、Snow LeopardからLionへと大きく成長したと言われる Mac OSX 10.7 Lion。新しいOSにアップグレードするときは、いつも、ワクワクした期待と互換性という不安がつきまとうものです。1ヶ月あまり使用してみて、個人的に思った感想を書いてみたいと思います。

アップル - OS X Lion - 世界で最も先進的なコンピュータのオペレーティングシステム。

Appleによると新機能は250以上とのことです。Appleの新機能紹介の順番にあわせて話を進める前に、どこにも触れられてない互換性と不具合について最初に書きます。

1. Rosettaを廃止してPower PC時代と決別したことにより、古くから使っていたアプリが使いもにならなくなりました。今も開発が続いているアプリの場合は良いですが、すでに開発終了しているフリーウェアの場合は、使用を諦めるしかありません。記事にも書きましたが、リッピングアプリの MacTheRipper が使えなくなったのが痛いです。

2. 互換性では、Safari 5.1 と日本語入力の不具合は、かなり致命的です。少なくとも、私の環境では未だに解決していません。Flashを走らせるサイトを見ると、その後でWeb内での文字入力ができなくなります。サイトにログインすることもできなくなります。一旦、ウインドウを閉じて再度新たに開くと文字入力の不具合はなくなりますが、イライラします。他のブラウザでは、そのようなことが起きないので、おそらくは Safari 5.1 そのものの不具合と思っています。その昔、2003年に Safari が発表になったころ、日本語表示が頻繁に文字化けしたり、更にさかのぼって漢字TalkやOS7の時代に日本語インライン入力ができなかった頃の記憶が蘇りました。

そのほか、毎年のようにアップグレードを繰り返している某宛名印刷アプリなども、早々と Lion 非対応をアナウンスして、既存ユーザーへのサポートよりも商売優先を明確にしたところもあります。長年使っているATOKもそれに近いです。あたかも、OSX Lionでは ATOK に不具合がでるかのような逆説的な宣伝「ATOK 2011はOSX Lionに完全対応保証」で、Lionへのバージョンアップと一緒に購入した人も多いのではないでしょうか。ATOK は以前のバージョンでも Lion でちゃんと動きます。

Appleの QuickTime Player が動かなくなるとの噂もありましたが、Appleのサポートサイトから QuickTime Player 7.6.6 を ダウンロード してインストールすれば、Lionでもちゃんと使うことができます。Pro版を購入していた方は編集もできます。

こんな風に、今のところ利用者としてメリットを感じることができる点があまりないのが現状です。
この後、新機能についての所感を書いていきます。

続きを読む