2017/10/07

iOS 11.1 で使えるようになる新しい絵文字 Emoji

DSCF5845.jpg 
絵文字はもう完全にグローバル化しましたね。ガラパゴスと言われた日本の携帯で始まった絵文字。今のように綺麗な絵でなかった時代から、日本では (^_^) こう言うのが使われてました。パッとみただけで表情がわかる優れた表現方法だと思います。英語圏だと :D とか、:) でハッピーを表すのですが、それに比べると日本の絵文字は表現力がすごいです。日本語入力では単語登録できるので、複雑な文字の組み合わせでも簡単に入力することができました。英語だとそうはいかないので、上のように簡易的な表現になったのでしょう。
嬉しい時は :) 悲しい時は :( ウインクは ;) びっくりした時は =) なんです。初めてみただけでは何のことなのか意味がわかりません。

新しい絵文字 Emoji は、iOS 11.1 から使えるようになります。文字の国際規格である Unicode 10 に含まれます。規格なので機種依存性は基本的にありません。もちろん、デザインは各機種で多少は違うでしょうが意味が同じなので同様な絵になるはずです。
new-emoji-for-ios-11-1.gif 今週中に配布が始まる iOS 11.1 のデベロッパー向けプレビューに搭載されるようで、今月末頃までには iOS 11.1 が正式版としてリリースされる予定だとのことです。もちろん、Mac でも使えるようになります。おそらく、watchOS 4.1 でも表示できるようになるそうです。

ガラパゴスって言葉、それが悪いかのように使われること多いけど、独自の進化を遂げるという意味では素晴らしいことだと思います。便利で優れたアイデアであれば世界中で使われるようになってもおかしくありません。Emoji もそうですが、ガラパゴス方式と言われた FeliCa も他のNFCに比べて優位性があるのでグローバル化しそうですよね。iPhone 7 では日本販売モデルだけ Type A/B & F Chip が搭載されましたが、iPhone 8 からはグローバルモデルでも採用されました。Suica 方式は今後海外でも採用されて行くのではないでしょうか。(海外の鉄道で採用されている NFC は Suica に比べると酷いです)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/10/07

Mac Pixelmator が High Sierra にフル対応 - HEIFファイルを開けます

pixelmator-edit-with.jpg 

Mac の定番レタッチアプリ Pixelmator が version 3.7 にアップデートしました。一番の変更点は、 macOS High Sierra から採用された画像新フォーマット HEIF ファイルが開けるようになったことです。Adobe Photoshop などはまだ対応していません。HEIF ファイルは JPG と比較して、画質をほとんど落とさずに(ほぼ同等)、格段と高い圧縮率でファイルを保存できるためディスクスペースを節約することができます。一般化すれば、メール添付や画像ファイル転送などの時間節約、通信量の節約にもなります。

簡単な検証を行った結果はこちら。

もちろん、Mac 写真アプリの機能拡張にも対応しています。システム環境設定の「機能拡張」でチェックを入れると、写真アプリで使えるようになります。外部エディターではないので、オリジナルの写真はそのままに、写真アプリの中でエフェクトをかけた写真を表示できます。オリジナルに戻すのも簡単です。

ツールはこんな感じで、Photoshop と比べても引けをとりません。
Pixelmator_Tools S 
もちろん有料(¥3,600)ですが、複雑なプロ仕様のレタッチをしない限り、Adobe Photoshop と変わらない作業を行うことができます。写真の修復程度のレタッチなら、写真アプリの機能でできてしまいますけどね。

私はレタッチそのものはあまりしないので使う機会は少ないですが、持っていて損はないアプリだと思います。(そもそも私は、依然として Apature を使っているので、Apature のレタッチ機能だけで十分なのです。ですが、写真アプリの機能が上がってきたし、デバイス間での同期を考えると、そろそろ写真アプリに乗り換えないといけない時期かなぁと考えています)


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2011/10/10

VMware Fusion4上でDTCP-IPコピーは無理なのか。。

Macの上でDTCP-IPを扱うのはやはり無理なのか。
I-O DATA 製 BRD-U8DM に付属のDTCP-IP Disc RecorderアプリをVMware Fusion ver.4 にクリーンインストールしたWindows XP上で動かそうとしましたが、機能しませんでした。アプリは立ち上がるものの、『準備中』と表示されたままいっこうに先に進む気配がありません。

111008 DTCP-IP on Fusion

BootcampにインストールしたWindows7上ではDTCP-IPアプリが動いたとの書き込みを見たことありますが、やはり仮想OSでは無理のようです。以前はVMware ver.3 + Windows7で試したけど、やはりだめでした。

REGZAでHD録画した番組をBlu-Ray Discに焼く
地デジと録画

あぁ、やっぱり DTCP-IP はくせもの。
地デジのコピーは、やはり Windowsマシンに任せるしか無いようです。