2018/03/05

「Apple製品の平均寿命を決定する!」 とは、言い過ぎかな?

appleproduct2.jpg

Appleの業績情報を中心に発表し続けている市場調査会社(?)ASYMCO が、Determining The Average Apple Device Lifespan(Apple製品の平均寿命を決定する)なる記事を公開しました。元記事を読んでみましたが、まぁ数字のお遊びというか、実際の状況を反映しているとはとても思えません。鍵となるまとめのグラフが次の通り。

Screen-Shot-2018-03-01-at.png

突っ込みどころは満載です。累積販売台数から実際に使われていると思われる台数を引いた台数を使われなくなったデバイスの数とします。そして、その数が累積販売台数と同じ時期を調べて、その期間を平均寿命としているのです。あまりに大雑把すぎますが、経営指標の一つとして考えるならばわからなくもありません。なぜなら、平均寿命と言うよりも、ユーザーが平均的にどれくらいの頻度で製品を買っているかがわかると思うので。

このグラフは、Mac, iPhone, iPad, Apple Watch, iPod touch など全てのデバイスが含まれています。それぞれの販売データは公開されているので機種毎に調べることもできるとは書いていますが、ごちゃ混ぜにした上のデータでもって「平均寿命は約4年」と言い切るのは意味あるのでしょうか。記事を読んだ人からのコメントも沢山寄せられています。

製品がいつまで使えるのか「実際の寿命」を知るのに、確実なのは Apple のサポートページに出ている情報です。「製造終了後5年間はサポートしますよ」ということ。つまり、この間は寿命は尽きてないと言っても良いのではないでしょうか。このページにはサポート終了した全製品のリストが載っています。

さて、捨てられずに自宅で眠っている Apple 製品を調べてみました。
iPhone は全部残っていて、サポート終了した iPhone 3GS と iPhone 4 は電源入れても OS の更新ができなくて全く使えません(完全終了)。ですが、その次のモデル iPhone 4S は iOS 9.3.5 に更新できてまだ動きました。2011年に購入した物ですが、まだ生きています。iPhone 5 は iOS 10.3.3 まで更新できて動作しました(2012年購入)。2013年の9月に製造終了したので、今年の秋頃まではサポート対象です。買ってませんが、iPhone 5S 以降は最新の iOS にして使えるようです。

iPad は 2011年発売の第二世代があります。iPhone 4S と同じで iOS 9.3.5 まで更新できて動作しました。どちらも Apple A5 Chip を搭載しているのですが、動作は iPad の方が多少キビキビしています。

iMac はデカいので一世代前までしか置いていません。iMac 初の 27 inch ディスプレイを搭載した2009年モデルは、既にサポートは終了していますが、まだ最新OS にして使えます。ちゃんと High Sierra で動きます。動作はさすがにモッサリですけど、Webを見るだけなら何の不都合もありません。

そして初の 5Kモデルは 2014年の発売で、こちらは今でもメインマシンとして健在です。あ、健在とは言えないのかも。。。OSの更新の度におかしくなります。でも、使えなくはないです。3年以上使っているので、そろそろ買い換えの時期にさしかかっているのかもしれません。2009年モデルが最新OSに更新できなくなったら買い換えかな。

ハードウェアの寿命と製品寿命とは違う感じがします。2011年に購入した iPhone 4S はまだ生きていますが、とても使えたものではありません。iPhone 5 は多少マシですが遅くて使う気にはなりません。それを考えると、iPhone の製品寿命はせいぜい 3〜4 年と言うことでしょうか。iMac については少し長くて 7〜10年くらいはありそうです。2005年頃に販売された iMac G5 がまだ現役で動いているのを見たことありますし。

iPhone や iPad の場合、バッテリーの寿命も問題です。iPhone 4S のバッテリーはそこそこ持ちましたが、iPhone 5 のバッテリーはほぼ死んでいます。充電しても使っているとみるみるとバッテリーが亡くなっていきます。iPhone 5 を長らく使っていた知人がバッテリーが死んだので買い換えた・・という話を聞いたこともあり、この機種はバッテリーに問題があったのかもしれません。

iPhone の販売量は iMac に比べて圧倒的に多いですから・・・、あれ? ざっくりまとめた ASYMCO の結論とあまり変わりない。。。かも。「言い過ぎ」だなんて、否定的ですみませんでした。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/01/05

Mac QuickTime で HD動画 m2ts ファイルを直接編集する

QuickTime.png

QuickTime で m2ts ファイルを再生できることを書きましたが、ファイルが開けるなら、QuickTimeのトリム機能で編集もできるのでは・・・と試してみました。

久しぶりに動画を扱う - いつのまにか QuickTime で m2ts ファイルが再生できるようになっていた

結果から言うと、「できました!」

m2ts ファイルを QuickTime で開いて、「編集」から「トリム」を選択します。そして、切り取りたい部分を黄色のバーを動かして決めます。ここで選択したのは 5分41秒の動画です。

QT01.jpg QT02.jpg

あとは書き出すだけです。3種類の方法がありますが、TV動画の場合は「保存」の一択です。ファイルメニューから「書き出し」を選ぶと、TV動画は元々横方向に引き延ばされているので、圧縮されてしまうからです。「保存」を選択すると、TVで移したときと同じ縦横比で出力されます。

QT03.jpg QT04.jpg

「書き出し」を選択すると、HEVCで保存することも出来ます。ですが、圧縮し直すので滅茶苦茶時間がかかります。

5分41秒のファイルの保存時間とファイルサイズは次の通り
【保存】   33秒、591 MB
【書き出し】 49秒、457 MB
【書き出し (HEVC)】 58分、333MB
iMac (Retina 5K, 27-inch, Late 2014), 4 GHz Intel Core i7 の非力な Mac でこの時間です。iMac Pro なら、あっという間に保存できてしまいますね。

いずれも .mov ファイルとして保存されます。
【保存】と【書き出し】は短時間で保存されることから無劣化だと思われます。

今回のテストに使ったファイルは、NHKさんの某歌番組です。同じ m2ts ファイルを HandBrakeで mp4 に変換すると不具合が起きていました。どう設定をいじっても、何故だか音声がモノラルになっていたのです。ですが、QuickTime で作った .mov ファイルはちゃんとステレオ音声で保存できました。

m2tsファイルを直接操作できるなんて、QuickTime はやっぱり最高です。iPhone や Apple TV の画面も動画キャプチャできるし、Apple 純正で無料アプリなので有り難いです。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2018/01/05

久しぶりに動画を扱う - いつのまにか QuickTime で m2ts ファイルが再生できるようになっていた

QuickTime.png

6〜7年くらい前のことでしょうか、ハイビジョン映像(m2tsフォーマット)を Mac で再生するために VLC Player を使ったり、iPhone でも再生したくて HandBrake アプリで m2ts => mp4 変換したり、けっこう面倒で時間のかかる作業をやっていました。m2ts ファイルは VLC Player で見るしかないと決めつけてましたが、久しぶりにm2tsファイルのフォルダーを開いてみるとサムネイルが表示されていたのでダブルクリックしてみました。QuickTime Player が立ち上がって普通に再生できてしまいました。この Mac には VLC Player も他の再生アプリも入れてないので、QuickTime Player がついに m2ts に対応したということでしょう。。。か。(まだ、にわかには信じられないので)

ネットの情報を探してみましたが、明確な記載はありませんでした。が、macOS 10.8 の頃から、VLC Media Player をインストールした Mac では m2ts ファイルが何故か再生できるようになる・・・との記載がありました(2015年)。その後、2017年の記事でも Mac で m2ts ファイルを再生するなら .mov や .mp4 に変換しないといけない・・・と書かれてたりします。

まぁ、ともあれ、macOS High Sierra の iMac で m2ts ファイルが再生できています。TV映像だとインターレース補完しないとシャギーのある動画になるのですが、QuickTime では自動的に補完して見やすくしてくれているようです。

DVDFab Passkey

久しぶりに■ッピングも試してみました。
HDD に録画したテレビ番組が溜まってきたので、DL BluRay Disc 何枚かに焼きました。そのうちの一枚を、7年前頃にやっていた方法で開いてみると・・・ちゃんと開けることを確認しました。

DVDFab Passkey version 8.5.2.6 を放置状態の古い Win 7 Note PC にインストールして、BluRay レコーダーを接続しました。 Discを入れると、ちゃんと認識してサクサクと■ッピングしてくれました。7年くらい前に購入したアプリですが、今でもしっかり働いてくれて有り難いです。version 8 の最新版ではありません。更新しろとアラートが出ますが、以前、更新してから動きがおかしくなったので、このバージョンを使うことにしました。

DVDFab Passkey の最新版は version 9.1 だそうです。対応フォーマットが増えて最新の市販 BluRay も■ッピングできるらしいです。version 8.5 でも、少なくとも手持ちの市販 BluRay は、時々失敗するものの、なんとか■ッピング可能です。最近の BluRay Disc だとどうなるのかわかりません。

TV映像を DL BluRay にコピーして、そのバックアップの為にしか使わないので、現在手持ちの器機で Disc を作る限りにおいては version 8.5 でも使えそうです。ちなみに、現在、録画は2013年製のパナソニック BluRayレコーダーを使っています。ビエラの外付けHDDに録画した番組を簡単にダビングできるし、更にそれを DL BluRay Disc にコピーできるので重宝しています。

最近は Apple TV, Amazon, Netflix, Hulu などストリーミングが主流になってきています。今後、Discを買う機会はますます少なくなりそうです。HD動画は容量がでかいので、HDDがすぐに一杯になってしまいます。だいたい、DL BluRay 1枚(約50GB)で、TV映像だと 6〜7時間分です。

時間はかかりますが、Disc だけでなくファイルにしておくと安心です。

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/12/26

Macの不可視ファイル/フォルダを表示する方法

ユーザーが謝って操作してしまうと困るファイルやフォルダは、通常のファインダー操作では見えないようになっています。代表格は「ライブラリ」です。ここにはアプリの初期設定やシステムの重要なファイルが置かれていて、誤って操作すると最悪、起動しなくなることもあります。よって、ライブラリのフォルダー自体が「不可視フォルダ」になっています。とは言え、全く操作が必要ないかというと、アプリの不具合が起きた場合に、ライブラリにある初期設定ファイルを削除すると治ったりすることもあるので、ライブラリにアクセスする方法は必要なのです。

最も簡単な方法は、ファインダーで Option キーを押しながら「移動」を選択すること。Optionキーを押さないと「ライブラリ」は表示されません。

ライブラリ移動

常に「ユーザー/ライブラリ」を表示する設定にすることもできます。
ユーザーフォルダに移動して、右クリックで「表示オプションを表示」を開くと、真ん中あたりに「“ライブラリ”フォルダを表示」があるので、そこにチェックを入れます。他のフォルダで「表示オプションを表示」を見ても「“ライブラリ”フォルダを表示」は出てきません。

そして最後は、不可視ファイル、不可視フォルダを全て表示させる “魔法のショートカット”
実は、長年 Mac を使っていてもコレは知りませんでした。使う頻度はほとんど無いので無理もないことかもしれませんが・・・と、言い訳。

何故、これが必要になったかというと、Mac母体のユーザーライブラリを操作するなら、Option + 「移動」で何も困りません。けれど、TimeMachine でバックアップした別の Mac のシステムフォルダの中身は、この操作では見ることができないのです。もちろん「フォルダに移動」ウィンドウから適切にパスを入力すれば見ることできるのでしょうが、パス入力は滅茶苦茶面倒そうです。

TimeMachine で別の Mac のバックアップファイルを開き、その中のユーザーフォルダに移動して、
Command + Shift + [ .(ドット)] を同時に押すと・・・ 全部表示されます。

ライブラリフォルダ

薄く表示されているのが「不可視フォルダ」で、これをクリックすると中を見ることができます。必要なフォルダ/ファイルをコピーして、適切な場所に保存すれば完了です。

このショートカットを知っておけば、ファインダーから「ライブラリに移動」をしなくても、不可視ライブラリフォルダに入ることができます。便利と言えば便利です。多様は無用ですが。

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2017/11/24

HDR写真作成の定番アプリ Photomatix Pro

Photomatix Pro 

旅先で撮った写真、うちに帰って写真を見たときにがっかりすることが多々あります。良いのか悪いのか、人間の目と脳って恐ろしく優れていて、記憶に残っている光景は明るいものから暗いものまで全部の情報が含まれている。写真的に言うとダイナミックレンジが滅茶苦茶広い。一方、カメラはそうはいかなくて、明るい部分に露出を合わせると暗い部分は黒つぶれして見えない。逆もあるわけで、目で見たときは見えてて記憶には残っているのに、写真では一部の情報だけになってるから感動がない・・・のだと思います。それを解消してくれるのがHDR(High Dynamic Range)写真です。

原理は簡単で、露出の違う複数枚の写真のいいとこ取りをして合成するだけです。ですが、見栄えは全然変わってくるので、屋外で撮った写真などでは威力を発揮します。iPhone にも“なんちゃって”HDR機能があるので、意外と綺麗に撮れてたりすることがあります。ただ、経験上、元画像の方が良いこともあるので、私は元画像とHDR画像の両方を残すように設定しています。

筆者が使っているのは Photomatix Pro という老舗HDRアプリです。2009年に初めて購入して、一時期は使っていましたが、やはり面倒なのでいつのまにか使う機会が少なくなってしまいました。でも、今回の旅行では気合いを入れて、大部分の写真を3枚一組の露出ブラケット写真として撮ってきたので、ぼちぼちとまた使い始めました。現バージョンは Photomatix Pro version 6 です。以前のバージョンに比べると随分と使いやすくなってるし、簡単操作であっという間にHDR写真が出来上がります。

Pro の他に、更に簡易操作の Essentials version もあります。それぞれ ¥9,900 と ¥3,900 ですが、以前のバージョンからのアップグレードは ¥2,900 です。忘れるほど昔に購入したアプリでしたが、¥7,000もお得に最新バージョンを手に入れることができました。大変良心的な価格設定に感謝。

HDRアプリを使うと超現実的な写真・・というか、既に絵と言ってもよい画像までも作れてしまいます。HDRの設定次第で思い通りの写真を作れてしまう楽しさもあります。Version 6 では設定項目も増えて複雑そうですが、ビルトインのプリセットも沢山あるし、お気に入りのプリセットを自分で作って保存することもできます。また、カラー調整やシャープネス、ゆがみなども設定できるので、他のアプリ無しでもそのまま綺麗なHDR写真を作ることができます。もちろん、RAWデータの方が良いですが、JPGデータでも遜色ないHDR写真ができあがります。ブラケットした写真がない場合は、1枚の写真からもHDR写真ができるのは有り難いです。画質はブラケット写真に比べると劣りますが。

複数枚の写真から合成するので、撮影時のブレによる写真のズレや動きのある被写体によるゴーストが心配ですが、それらの対策もしっかりしています。

作画例です。バンコクで撮ったビル群と夕焼けの写真です。適正露出と-2EV, +2EV のブラケット写真を Photomatix Pro で合成しました。連写とは言え、車は動いているのでボケても良さそうですが、しっかり止まって見えます。写真の順番は、適正 -> アンダー -> オーバー の順で、最後がHDR合成後です。
TM_DSC01178.jpg TM_DSC01179.jpg
TM_DSC01180.jpg TM_DSC01178_79_80_HDR.jpg

Photomatix の設定次第で次のような超現実的な“画像”を作ることもできます。
TM_DSC01178_79_80_HHDR.jpg

写真を加工することに若干の抵抗はあるものの、実際に見た光景により近い写真にして楽しめることを考えると、HDR処理はもしかしたら必須なのかもしれません。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。