2011/08/28

Macライフを楽しむ便利な小物アプリ - Launchpadの整理 -「Launchpad-Control」

Mac OSX 10.7 Lionから新しく搭載された機能「Launchpad」ですが、iPad のような使い方ができるようになるので、MacBook ユーザーには有り難い機能の一つだと思います。

ただ困ったことに、Launchpad はアプリケーションフォルダに入っているアプリを全て表示してしまいます。つまり、普段は使わないアプリからアンインストーラーまで表示してしまうのです。

【注意】 Launchpad では、アプリを選択してクリック長押しすると、iPhoneiPad のようにアイコンがフラフラ揺れて、アプリを削除する × が表示されます。ここで削除すると、アプリケーションフォルダからアプリが完全に削除されてしまうようです。

これを解消して、必要なアプリだけを Launchpad に表示できるようにしてくれるのが Launchpad-Control です。ダウンロードはこちら

Launchpad-Control | chaosspace.de

操作は簡単で、インストールするとシステム環境設定に「Launchpad」アイコンが現れるので、クリックして表示されるパネルで、Launchpad に表示させたくないアプリのチェックを外すだけです。残念ながら、このパネルでアプリの移動はできないようです。

Launchpad-Control | chaosspace.de-1

使わないアプリを表示しないので、Launchpad がスッキリします。
欲を言うならば、iPhone, iPad のようにアイコン画像を見ながら変更や場所の移動ができるといいですね。
スポンサーサイト