2018/01/19

Apple QuickTime Player で m2ts HD動画を再生する

QuickTimeJ.jpg

QuickTime Player で m2ts HD動画の再生ができるようになったのは発見でしたが、定番アプリ VLC Player に比べると機能面で不十分なところがまだ多々あります。とりあえず再生はできるようになった・・と言った感じでしょうか。


QuickTime Player で色々な m2ts ファイルを再生してみると、再生できるものとそうでないものがあり安定しません。まぁ、これは VLC Player でも同じなので、iMac のパワーに依存する部分もあるのかもしれません。問題は、オーディオトラックの選択ができないため、複数のトラックがある動画ではミックスされた音が同時に再生されてしまうことです。他にも、Apple TV での直接再生にも問題があって、ビデオフォーマットによって出力できなかったりします。Apple TV へ出力するためのアイコンが出てきません。まとめると・・・

1) ほとんどの m2ts HD動画を再生できる(ただし不安定な時も)
2) オーディオトラックの選択ができない
3) PC から Apple TV への出力はビデオコーデックのフォーマットに依存する
4) TV動画(1080i)の場合、インターレースの除去ができない(設定できない)
5) m2ts のまま無劣化でトリム編集ができる(出力ファイルは .mov)
6) 無劣化で .mov ファイルに変換して保存できる

QT比較
※QuickTimeのインスペクタでビデオフォーマットを見ると MPEG-2 と表記されています。
ビデオコーデックは Apple ProRes 422 です。

TV録画番組を Blu-Ray に焼いて、DVDFab Passkey で m2ts ファイルを取り出して保存しておくと PC でも見ることができます。PC で扱えるようになると、いらない部分を削除したり編集したくなるわけで、m2ts を iMovie や Final Cut Pro X で扱えるフォーマットに変換しなくてはいけません。(QuickTime で m2ts ファイルを再生できるようになったので、そのうち Final Cut Pro X でも直接取り込めるようになることを期待)ネットで検索すると変換アプリはいくつか見つかります。動画変換の定番アプリは HandBrake ですが、それ以外にも有料で MacX Video Converter Pro や iSkysoft iMedia Converter Deluxe があります。

サクッと使ってみた感じでは、いずれも変換に時間がかかることからデコードしてエンコードし直しているように思います。よって、画質にも差が出てきます。以前試した結果と、今回ざっくり見た限りでは、HandBrake が最も綺麗に仕上がるけれど時間がかかります。MacX と iSkysoft はいずれも短時間で保存できるものの、MacX では画質がかなり劣化します。iSkysoft は HandBrake と比べても遜色ない程度です。インターレースの除去ももちろん可能です。

QuickTime Player の場合は、m2tsファイルを開いてそのまま保存すると .mov ファイルとして保存されます。最も短時間でフォーマット変換が終わり画質の劣化もありません。細かな設定などはできませんが、m2ts => mov 変換が簡単にできるのは有り難いです。mov ファイルにすれば iMovie や Final Cut Pro に取り込んで自由に編集ができます。

m2ts ファイルの再生だけであれば、ネットワークサーバーに保存しておくと Apple TV の VCL Player で再生できます。テレビの Media Player などでも再生可能でしょう。なので、m2ts ファイルの変換は編集したいときだけ必要です。(MPEG-2コーデックの場合は mov ファイルに変換しても iMac から Apple TV に出力できません。編集アプリで H.264 に変換する必要があります)。

QuickTime Player で m2ts HD動画の再生ができるようになったのは素晴らしいことですが、一番有り難いのは、無劣化で短時間に .mov ファイルに変換してくれることですね。

iMovie と Final Cut Pro X による編集について少しだけ。
いずれのアプリも、.mov ファイルを読み込んで、切り取りたい部分を選択してプロジェクトを作成、そして書き出すだけで簡単に動画編集ができます。もちろんエフェクトも加えることができます。
iMovie では細かい設定はできないけれど簡単に動画編集ができます。オーディオトラックの選択項目など無いので、複数トラックの場合はそのまま残ります。インターレースは自動的に除去されて H.264 コーデックで保存されます。よって、QuickTime Player で開くと Apple TV に直接出力できます。

一方、Final Cut Pro X の場合は、さすがプロ用のアプリだけあって設定項目は沢山あります。でも、簡単に編集して出力するだけなら iMovie と操作はさほど変わりません。出力ファイルのビデオコーデックは選択できるし、インターレース除去も設定できます。言い換えるなら、これらを正しく設定しないといけないということです。インターレース除去はデフォルトでは OFF になっています。「設定」を開いてインターレース除去にチェックをいれなければなりません。現時点で汎用性を持たせるなら、ビデオコーデックは Apple ProRes ではなくて H.264 を選択することです。

動画を扱い出すと早い iMac が欲しくなります。ま、今は写真中心なので現有の iMac でもうしばらく頑張るかな。iPhone や 4Kデジカメで動画は撮っているものの、画像の切り出しくらいにしか使ってないですから。

★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。
2012/05/23

Blu-Ray 映像、どこまで圧縮しても iPad で綺麗に見られるか

iPad の Retina Display は、肉眼ではドットが見えないくらい緻密です。そのため、大画面液晶テレビでは荒くて見るに堪えない映像でも、かなり綺麗に見ることができます。Blu-Ray の映像は 30 GB 程度はあるので、それをリッピングして iPad に入れて見るのは無理があります。ということで、どれくらいまで圧縮しても Blu-Ray Full HD 映像を綺麗に見ることができるか試してみました。

使った映像は市販の Blu-Ray です。こちょこちょと DVD Fab Passkey でリッピングした m2ts ファイルを HandBrake で Video quality を変更して確認しました。

HandBrake の Video quality 変更は RF: ○○ で行います。数字が小さいほど高画質です。また、 Picture Settings で Detelecine (Default), Decomb (Default) にしています。どのような処理が行われているのかわからないけど、経験的にこの設定にしておいた方が画質は綺麗です。特に、地デジ映像の場合は走査線間補完が必要なので必須です。

結果はこんな感じ。

120523 Bit Rate

あくまで個人的な感想なので絶対的なものではありません。参考程度に考えてください。
ちなみに、約2時間の Blu-Ray 映像を Full HD で変換した場合、RF20 なら 9GB、RF30 なら2.1GB でした。4倍もサイズが違うと、最低限満足いくレベルの RF30 の方が良いと思っています。

RF15 と RF18 は、大画面テレビで見ても全く区別できません。

RF18 と RF20 は、大画面テレビで見ると、映像の内容によっては多少の差が出ます。ですが、通常の映画の場合は無視できる程度で、Virtual Trip シリーズのような映像の美しさを楽しむものは RF18 の方が良いです。ただし、これも、静止画にすると差が出る程度なので通常見る範囲では RF20 で十分と思います。

RF25 になると大画面ではディテールが潰れて明らかな画質劣化を感じます。ですが、iPad で見る限り、RF20 とほぼ同等と言っても良いです。静止画にすると、わずかに劣化しているのがわかりますが。

RF30だと大画面では無理です。iPad でも画質を特に気にする人は厳しいですが、映画をみて楽しむだけなら問題ないレベルです。RF35 まで落とすと iPad でみてもディテールが潰れてブロックノイズも目立ち始めます。

AB2000は、Average Bitrate を2000にして試した結果です。

ということで、結論
大画面テレビで見るなら RF20
iPad で見るなら RF30


二種類ファイルを作らないといけないけど、夜中にやれば苦にはなりません。
RF30 なら Blu-Ray Full HD 映画を 10本くらいは楽勝で持ち歩けます。

HandBrake 以外の動画変換アプリも何種類か使ってみましたが、
同じ Bit Rate なら何故か HandBrake の方が高画質です。

最近は、レンタルした Blu-Ray をリッピングして HD に保存しているので、HD の使用量が半端ないです。1本でだいたい 30 ~ 40GB も占めてしまいます。また HD の増設を考えないといけなくなってきました。
2011/08/26

Xilisoft 究極DVDリッピング6を使ってみた

Xilissoftは動画変換などの様々なアプリを販売しており、前にもVideo Converter(動画変換)6 について使用した感想を書きました。マルチコアのCPUを搭載したMacでは、そのパフォーマンスを最大に発揮できるので、うちでは動画変換には欠かせないアプリの一つになっています。

Xilisoft HD Video Converter 6 による動画変換

今回、以前紹介したVideo Converterの上位バージョンである Video Converter Ultimate(究極動画変換)とバンドルで究極DVDリッピングを購入したので、使用感をまとめます。

Xilisoft究極DVDリッピング

続きを読む

2011/08/20

DVD (ARccOS) のリッピング

Windowsユーザーの場合は、DVD Shrinkなどが定番アプリでした。Macの場合、Windows環境よりもかなり制限があり、DVD Shrinkに比べても操作性に劣るMacTheRipperを使っていたものです。けれど、このMacTheRipperもOS X 10.7 Lionになってから撃沈しました。

最近、MacTherRipperでリッピングできないDVDに出くわすことが多くなりました。(Snow Leopardで使用していたとき)リッピングが途中で止まるというよりも、ファインダでDVDの中身を見てみると、ダミーのようなVOBファイルた多数入っており、何がなんだかわからない状態で、言うならば、本物が偽物の中に隠れているような感じです。HandBrakeを使っても同じ事で、多数のTitleが表示されて、しかもいずれもDVD全体のサイズと同じくらい。1枚のDVDにそんなに沢山のデータが入っているわけ無いのに。

これが ARccOS プロテクトによるものでした。
フリーアプリをいくつか試してみましたが、最善策はやはり DVDFab Passkey でした。

続きを読む

2011/08/13

m2tsファイルをApple TVで再生可能なファイルに変換

m2tsファイルは「H.264/MPEG-4 AVC」で圧縮された動画ファイルです。QuickTimeでは再生できないので、VLCメディアプレーヤーをダウンロードして使いましょう。VLCはほとんどの動画再生が可能なので重宝しています。

VLC iconHandBrake icon


DVDFab Passkeyでリッピングしたファイル(VOB, M2TS)はVLCで見ることができますが、このままではApple TVで再生することができません。また、M2TSファイルのままでは編集も難しいので、QuickTimeで再生できる形式に変更した方が良いです。

DVDからリッピングしてできたVOBファイルは、HandBrakeを使って簡単に.m4vなどApple TVで再生できる形式に変換できます。

.m2tsファイルは、4Videosoft 動画変換、とかXilisoft HD Video converterなどでmp4に変換できます。ダウンロード販売してる有償アプリですが、一つは持っていた方がいいでしょう。

4Videosoftの方は、実はいつ購入したのか覚えてないくらい前に買ったものなので最新とは言えません。
動作環境は、PowerPCあるいはIntel Processor, OS X 10.4 - 10.6となっています。けれど、Lion環境でも問題なく動作します。

Xilisoftは、わかりづらいほど様々な種類の動画変換ソフトを販売しています。編集機能までついた高機能版もありますが、私が使っているのは動画変換だけに絞った機能の「動画変換HDエディション for Mac」です。マルチコアCPUサポートによりi5, i7のパフォーマンスを最大限に活かすことができます。これから購入を考えるなら、文句なしにXilisoftを選択した方が良いです。
4Videosoft for Mac iconXilisoft HD Video icon


動画変換速度の比較
動作環境 : iMac / 3.4 GHz Intel Core i7 / 16 GB / OS X 10.7 Lion
使用した.m2ts : 地デジをリッピングした 1.12 GB (9分5秒)のファイル (解像度 1440 x 1080, フレームレイト 59.44)
変換設定 : 解像度 1280 x 720、フレームレイト 29.97、サンプルレート 6,000 kbps

4Videosoft 動画変換 for Mac : 22分17秒
Xilisoft 動画変換HDエディション : 4分6秒

なんと、変換時間に5.4倍もの差がでました。しかも、XilisoftではCPUをわずか30%しか使っていないので、マルチファイルの変換では更に差は拡大します。4Videosoftはファイルを一つずつ変換するのに対して、Xilisoftでは最大8ファイルまでを同時並行で変換します。その際には、Core i7の仮想コアまで全部使用してCPU使用率を90%以上まで使うので、単純計算で更に3倍速く変換できることになります。4Videosoftでの変換に15〜16時間かかっていたのが、Xilisoftではわずか1時間足らずで終わる・・といった感じです。この差は言うまでも無く非常に大きいです。

いずれのアプリも、VOBからの変換にも対応しています。リッピング機能はないので、市販のDVDからいきなり変換してもプロテクトがかかっていて動画を見ることはできません。

変換ビットレートについて、4Videosoftでは最大で6,000 kbps (6Mbps)です。Xilisoftは最大15Mbpsまで可能です。ビットレートを高くすると当然画質は良くなりますが、ファイルサイズも大きくなります。どれくらいのビットレートが適切かとなると、元動画の素材にもよります。

地デジの規格は、1440 x 1080i / ビットレート 17Mbps / MPEG2-TS圧縮

4VideosoftもXilisoftも地デジ規格よりも2倍くらい圧縮率が高い「H.264/MPEG4 AVC」でコーデックしているので、単純計算では地デジの半分のビットレートで十分ではないかと思います。

地デジの場合、AppleTVで再生可能な解像度 1280 x 720 で変換保存するなら、4Mbpsだと明らかに画質の劣化が見られますが、6Mbpsにすると、46 inch TVで見てもほとんど気にならないレベルになります。もちろん、テレビに近づいてみると特有のデジタルノイズは見えますが。6Mbpsと8Mbpsの違いは、はっきり言って誤差範囲程度で、動きの速い素材なのか風景のように動きが少ない素材なのかによって違いが出る程度と思っています。それでも、可能な限り画質を落とさずに保存したいという“気持ち”から、8Mbpsで保存するようにしています。