2011/08/16

Mac動画変換 - アプリの比較サイト

ちょっとネットでググれば、Mac用の動画変換(Video Conversion)アプリはいくつも出てきます。各アプリの機能比較したサイトはここ。 Mac Video Converter Review

11種類もの同様なアプリの機能をまとめています。ただ、評価項目は、各アプリのメーカーサイトが掲示している特徴をまとめただけなので、単なる機能の比較でしかありません。動画変換アプリなので、変換速度とか画質についてのレビューがないのは残念です。

多くの場合、決まったフォーマットの動画を、決まったフォーマットで保存するだけだと思うので、様々な Input, Output ができることがどれだけ意味あることなのかよくわかりません。変換したい動画、たとえば、DVDの.VOBなのか、Blu-RayやHDビデオからの.m2tsなのか、Flash .flv なのか、これらが自分の使う機器やアプリでちゃんと再生できるフォーマットに変換できればそれで良いように思います。

さて、リンクにあるReviewでは、他の記事で紹介したXilisoft HD Video Converterは11本のアプリの中で9番目という低い評価になっています。これは、サポートするフォーマットの種類はそこそこながら、オーディオ、静止画関連のファイルサポートが他のアプリよりも劣っているからに過ぎません。

私が変換アプリを使う上で重要と思うのは次の項目くらいです。

1. Batch Convert : 複数のファイルを連続あるいは同時に処理していくことができるか。これは当然のごとく、リストにある全てのアプリで可能です。
2. Crop Video : ビデオの外側の黒い部分を除くのに必須の機能。古い動画だと、4:3画面に16:9を入れていることがあり、その場合、上下に黒縁が付いてしまいます。これを除くためです。もちろん、動画の一部だけを切り取る目的にも使えます。Xilisoftには、残念ながらこの機能はありません。(XilisoftのサイトではCropできるような表現もありますが未確認です)
3. Clip, Trim Video : ビデオ長の編集です。動画変換後に編集して無劣化保存するならば、この機能は必ずしも必要ではありません。リストにあるほとんどのアプリで可能です。
4. ファイルのDrag & Drop : 操作性を考えると必須です。当然あるべき機能ですが、Aiseesoftではできません。
5. Multi core/Threding対応かどうか : 変換速度に影響するので非常に重要な機能です。iMacのi7は4つのコアをHTテクノロジーで8スレッド動すので、これにアプリが対応していれば高速処理が可能になります。多くのアプリで対応しているようです。
6. 細かい操作性では、出力ファイルの予想サイズ表示、操作終了時間の表示、出力ファイル名の変更、出力パラメータープリセットの保存、Highビットレート対応、音楽データのみの出力、オーディオ 5.1チャンネル出力など。これら、Xilisoftは全て対応しているので、操作性もそこそこ良いと思っています。

さて、Reviewのリストを見ていて気づくことは、おそらく、XilisoftImTOO, 4Media は同じアプリだと思われます。また、Aimersoft, Wondershare, Daniusoftも同じでしょう。変換アプリは色々とあっても、もしかするとベースになっているエンジンは共通だったりするのかもしれません。

いずれにせよ、Xilisoftを使っていて特に不満はありません。後は、やはり、編集機能の充実と.m4v出力対応ですね。m2tsファイルは数GB以上と巨大なので、テレビ番組などの場合はCMカットをマニュアルででもできるようになったら嬉しいです。また、クリップと言っても数値入力だけですので、グラフィックインターフェースにしてくれれば更に操作性があがります。

今は歴史的な円高です。ドル買いすればお得感があります。これだけの機能を持ったアプリが、わずか3,000円程度で購入できるのはありがたいものです。


Mac Video Converter Review で対象になっているXilisoft動画変換アプリはBasic versionで、Xilisoftからは高機能なUltimate versionまで出ています。価格は高くなりますが(6,980円あるいは$59.95)Cropなどの編集もできるようです。これから購入するなら、高機能版がおすすめです。
スポンサーサイト
2011/08/11

DVDFab Passkeyによるリッピング

DVDFab PasskeyはWindowsアプリなので当然Macでは動作しません。
けれど、Windows7 / VMware Fusionを使うと問題なく動作します。

まず、VMware FusionでWindows 7が起動すると、DVDFab Passkeyを起動するかどうか聞かれます。
放っておくと数秒後には自動的に起動します。

DVDFab opening

DVDFab Passkeyはバックグランドで常に待機している状態になります。

DVDあるいはBlu-Rayディスクを挿入すると、自動的にスキャンが始まります。
この操作はBlu-Rayでもほんの数秒しかかかりません。

DVDFab scan

スキャンが終わったら、あとはディスク上のファイルをコピーするだけです。
何がなんだか半信半疑でしたが、ファインダーからディスクを開いてコンテンツファイルを別の場所にコピーしたらそれで終わりです。DVDFabの凄いところは、これだけの操作で“なんでも”リッピング可能にしてしまいます。

ファイルの在処は、こんな感じ。

DVDFab folder

STREAMフォルダにm2tsファイルがあります。

DVDFab folder2

このm2tsファイルを選択して、そのままずずずっとMacデスクトップのほうにドラッグして適切なフォルダに保存するとリッピング完了です。DVDFabもさることながら、VMware Fusionも優れものってことですね。

次は、m2tsファイルをApple TVで再生可能なファイルに変換です。

ちなみに、DVDの場合はこんな感じでVOBファイルができあがります。

DVDFab folder3
DVDFab folder4



つづく