2018/07/18

Walking Bangkok バンコクお散歩ルートマップ

Walking-Bangkok-350x505.jpg

タイ政府観光庁が、タイ語、英語、そして日本語のバンコク・ウォーキングマップを発行したことを以前書きました。なかなかよく作り込まれていて、タイには数十回も訪れている私でも行ったことの無いスポットが多数掲載されています。当然ながら、一般の観光ガイドには書かれていない内容も沢山あります。初めてバンコクを訪問する人にとっては、どれほど役に立つのかわかりませんが、観光名所だけを回るツアーに飽き飽きしているなら読んでみるのも面白いです。


良くは出来ているのですが、マップが手書き風なので正確な場所がわからないという欠点があります。超有名な観光地はほとんど取り上げられていません。選択の基準はなんなのか、ちょっと気になったりもします。とりあえず、Google Map にスポットを落とし込んでみました。この記事を書いている現時点ではまだ完成していませんが、ぼちぼちデータを追加していきます。


赤色のスポットは Walking Bankok に掲載されている地点で、青色は独断と偏見で選択した “見るべき” スポットです。地図を拡大するとわかりますが、15ルートのエリアを色分けしています。

全てのエリアはこれまでに行ったことあります。ですが、このルートマップに掲載された名所に行ったかというとそうでもなくて、素通りしてしまった箇所は多数あります。Google Map にスポットを落としながら、自分で撮った写真を探したり、Google Street Viewで見たりしていると、また行きたくなるのは致し方ないことですね。

タイ政府観光庁のWEBページ、日本語版は更新が頻繁に行われていて、このルートマップ PDF をダウンロードすることが出来ましたが、本家本元タイのWEBはあまり更新されていません。ルートマップもどこにも載って無くて、検索しまくって何とか英語版も入手しました。(日本語版はカタカナ表記のみなので使いづらいから)掲載項目は同じですが、日本語版は英語版の翻訳というわけでは無いようです。日本語版には英語版に記載されてない内容も載ってます。個人的には、「うんちく」っぽい事が書かれている日本語版の方が出来は良いと思っています。

我々、地図を見るとき、上側が北だと普通に思ってしまいますが、このルートマップにある地図は必ずしも上が北とは限りません。90度くらい回転してるものもあってちょっと見づらい。バンコクの名所はチャオプラヤ川沿いにあるので、上記の Google Map を見てもわかるとおり、エリアが南北に延びていることが多いのです。

ルートは重なり合っている所もあります。Google Map を見ながら自分なりのルートを作ったらどうでしょうか。紹介されているスポットの中には「がっかり」以外のなにものでもないような場所もあります。過度の期待は禁物です(笑)。気に入った場所で時間を取ってゆっくり回るのが一番だと思います。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。