FC2ブログ
2021/01/23

Apple Watch を使い続ける理由

Apple Watch 6

2016年に購入した先代 Apple Watch Series 2 の調子が悪くなってきたので、衝動に負けて新機種に買い換えました。これまで一度も落ちることなかったのに、1週間ほど前にコンビニで Suica 支払しようとレジでかざしたら画面にリンゴマークが出てしばらく立ち往生。幸い、他の客が居なかったので白い目で見られることも無く・・・

2016年秋、Series 2 が発売されたとき、購入を決めた理由は Suica が使えるようになったからです。当時は腕をかざすだけで改札を通る人などほとんど居なくて、腕に付けた Apple Watch はスーツの袖の中で見えないので不思議そうに見られたものです(多分)。時計は常に身につけてる物なので忘れる心配も無く大変便利でした。もちろん、母艦の iPhone を忘れても Suica はちゃんと機能します。

Apple Watch に助けられたこともあります。旅行で街歩きするのが好きなのですが、年を取ってくると心肺機能が弱ってきて、ゆっくり街歩きしてるときでも心臓がバクバクすることがありました。そんな時に役立ったのが心拍数測定機能です。常に自動的に測定してくれるので、心拍数を見ながら適度に休憩を取り安全に街歩きを楽しむことができたのです。大体の目安として、心拍数が120になると休憩して80~90まで落としてから再開する・・といった感じ。タイなど暑い国では心拍数上昇も早く、熱中症でボーッとする前に Apple Watch を見ながら休憩を取るようにしています。

Apple Watch は毎年新製品が出ています。正直、Series 3 〜 5 は魅力的ではありませんでした。ハード的に性能アップしたのは間違いないのでしょうが、私の使用目的(Suicaと心拍数測定)に関するならほぼ何も変わってなくてマイナーチェンジでしかなかったのです。なにより、Series 2 に何の不具合も無く買い換える必要が無かったのが一番です。
※ Series 4 から電気心拍センサーが搭載されハード的には心電図測定が可能になりましたが、日本は医療機器認証が取れて無くて非対応。

昨年秋に登場した Series 6 は買い換えを考えるだけの十分かつ重要なアップデートが行われました。Series 6 には 光学式心拍センサーと電気心拍センサーの他に血中酸素濃度測定センサーが搭載されました。

嬉しいことに、近日中に発表される次期 WatchOS 7.3 アップデートで、心電図測定、心房細動のチェックもできるようになるとのことです。これでようやく日本でも Apple Watch の全ての機能が使えるようになります。


Apple Watch SE も同時発売になりましたが、こちらは Series 3 に近いハードウェア構成で、電気心拍センサーが搭載されていないので心電図の測定はできません。血中酸素濃度測定センサーも非搭載です。

Watch Compare US

Series 6 の技術仕様を見てみると、現時点では用途不明の U1チップが新たに搭載されているのがわかります。このチップは iPhone 11 から搭載された超高域無線通信(通信距離数十メートル程度)の為のチップです。Apple Watch でどのように使われているのかは良くわかりませんが、今後、新機能が発表になるかもしれません。接続しているデバイスの三次元位置情報を数センチの精度で特定出来る優れものだそうです。U1チップ搭載の iPhone となら、置き忘れや盗難防止、Watch や iPhone を探したりするアプリが登場するかもしれません。いずれにせよ、大きな可能性を秘めたチップなわけで、正真正銘の次世代 Apple Watch と言ってもいいのではないでしょうか。

表題に戻って、Apple Watch を使い続ける理由
1. 腕をかがすだけで Suica が使える
2. 心拍数を常時モニターすることで安全に街歩きができる
3. ワークアウトなど iPhone のヘルスケアアプリと連携できる
4. iPhone を取り出さなくてもメールや LINE のチェックができる
5. 睡眠の状態をモニターできる

更に、今後は
6. 血中酸素濃度をモニターできる
7. 心房細動など不規則な心拍の有無を監視できる
8. Plus α

Apple Watch にはまだまだ沢山の機能があります。Apple Watch は手首に付けるセンサーで、母艦の iPhone と連携することで健康管理に関する様々な情報を提供してくれます。一度使い出すと手放せなくなるのです。

Series 5 から液晶画面が常時表示になり時計としても使いやすくなりました。バッテリーの持ちが気になるところですが、先代の Series 2 と比較するとバッテリーの消耗は早いような気がしています。ですが、充電性能が大幅にアップしているようで、短時間の充電でも意外と長時間使用できます。デスクに居るときは5分でも10分でも短時間充電し、あとは入浴中など時計を外さないといけないときに充電するようにしています。これだけでも就寝中を含め Apple Watch を付けたままの生活が可能です。

Series 2 の時は光沢感あるステンレスボディーでで重量が 52.8g、そして今回購入した Series 6 は最軽量なアルミボディーで重量わずか 36.5g。わずか 16.3g の違いですが、手首に装着したときの感覚は全然違い軽いです。しかも画面表示は約30%大きくなって見やすくなりました。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。


★ ご協力有り難うございます。