FC2ブログ
2020/03/13

チャン王宮歴史センター Chan Palace Historical Center, Phitsanulok

Chan Palace Phitsanulok

チャン王宮は、アユタヤ王朝時代、ピッサヌロークに王都が移された頃に王宮だったとされる場所です。ナレースワン橋からナーン川沿いに約700m北上した場所にあります。王宮があったとされる場所は現在も発掘調査が進められているようです。チャン王宮歴史センターは王宮の直ぐ南側に位置しています。冒頭の写真資料では、歴史センターを中央に、右上に少し見えるのがチャン王宮、そして左上にはワット・ウィハーントーン遺跡が写っています。

TMH_SNA07705R.jpg

歴史センターにはピッサヌロークの歴史や隣接するワット・ウィハーントーン遺跡などの詳細な説明資料が展示されています。説明文を読みながらゆっくり回ると30分以上はかかります。一帯の模型などもあるので見て回るだけでも楽しいです。

TMH_SNA07738R.jpg

この模型では、右手の大きく囲われた部分がかつての王宮跡です。建物は全く残って無くて塀の跡と一部建物の外壁跡だけが見て取れます。かなり大きな住居で、ナレースワン大王はここで生まれ育ちました。

歴史センター内にはナレースワン大王の立派な銅像も展示されています。

TMH_SNA07736R2.jpg

歴史センター脇の細い通路の先(北側)にチャン王宮跡があります。ここにもナレースワン大王を祀った建物があり、多くの人が訪れていました。

TMH_SNA07665R.jpg

内部にはナレースワン大王の像があり、入口脇には大きな闘鶏の置物が置かれていました。

TMH_SNA07652R.jpg

王宮跡は現在もまだ発掘調査ならびに復元中なのでしょう。何人かの人が作業している姿が見られました。塀や外壁に沿ってレンガが積み上げられているものの、どう見ても古い物とは思えません。痕跡を元にして新たに積み上げたものなのでしょう。

TMH_SNA07659R2.jpg

現在は隣接するワット・ウィハーントーン遺跡と共に観光地化していますが、この場所も長い間土の下に埋まって忘れ去られていました。1990年代初頭に学校建設のために作業していたところ古いレンガが発見され、Thai Fine Arts Dept. により考古学的価値が再評価されました。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。