2018/06/18

バンコク 悪質なタクシー運転手らを大量摘発

TM_P1020112.jpg

タイランド・ハイパーリンクスというサイトに次の記事が出ていました。

バンコクでは移動手段としてタクシーは重要です。特に、BTS スカイトレインや地下鉄が乗り入れてないバンコク王宮周辺を観光する上でタクシー利用は欠かせません。慣れてくるとバスを使う手もありますが、初めての人には乗りづらいです。

市内を走る全てのタクシーはメーター制です。トゥクトゥクは乗る前に値段交渉しないといけないので結構面倒。それに、最近では体験目的で乗る観光客も多く、タクシーに比べても割高な料金を要求されることもあるらしいです。金銭感覚に慣れてないと高いか安いかなんて直感的にわかりませんから。まぁ、それも運転手からすると狙い所なのだと思います(笑)。

バンコクのタクシー料金は日本と比べると数分の一の安さです。渋滞にハマらなければ、王宮周辺からシーロム通りまで150バーツもあればおつりが来ます。わずか500円程度なんですね。日本だと2,000円以上取られてもおかしくない距離なのに。なので、メーター料金にチップを 10〜20バーツ追加して支払います。誰しも同じ、チップが多いと顔に出るので、10バーツでも多く渡せばタイスマイルが見られることも、、、気持ち良く観光するためのちょっとしたコツですね。ケチっても意味が無い。(笑)

タイでは乗車拒否をされることが頻繁にあります。乗車する前に前ドアを開けて行き先を告げるのも必要な作業だと思います。怖いタクシー運転手もいれば、彼らからすると怖い観光客もいるわけなので、乗る前に少しでも言葉を交わせば互いにトラブル防止にもなります。行き先の場所を告げるだけなので難しくはありません。(観光ガイドに載ってるような文章にして話す必要はありません)今はスマホで経路を確認もできるので、変な場所に連れて行かれるようなことは無くなってきてるのではないでしょうか。

さて、表題の悪質タクシー運転手とは。
記事には「時には客を脅して宝石店やスーツ店に連れて行ったり、相場より遙かに高額な運賃を請求したりする」とあります。私は脅された経験はありませんが、随分前に宝石店や土産店に遠回りされそうになったことはあります。怖い感じはしなかったので観光の一つと割り切って運転手に付き合いましたけどね(笑)

高額な料金を要求されること。これは事前に行き先を告げれば、その時にわかります。ぼったくろうとしてる悪徳運転手の場合は、即座に料金を言ってきますからね。市内の移動で500バーツとか言われたら明らかにボッタクリなわけです。普通の運転手なら何も言わずに、ちゃんとメーターを使って行ってくれます。

悪徳タクシー運転手に会わないために!
私がやってることは、観光地の入口に屯してるタクシーやトゥクトゥクには乗らないことです。流しのタクシーの方が安全だと思います。少し歩いてでも大通りに出てタクシーを拾うようにしています。乗った後で違和感があれば、車内に掲示しているライセンスカードを運転手に見えるようにスマホで撮影することも防止策として使えるかもしれません。変なことしたら、タイ観光警察のホットライン 1155 に通報しますよぉってわからせるのです(笑)。

観光で行った先で嫌な思いをしたくありませんから、注意を怠らず、多少の出費くらいは多めに見ておいた方が良いです。私は小銭がたまるのも面倒なので、50バーツ札を多めに持っておくようにしていて、タクシー料金は50バーツ単位で払っています。ギリのときは20バーツ札を一枚追加して。チップは多く渡すべきで無いという人も居ますが、タイスマイルが得られるなら安いものです。日本円にしたらたかだか100円、200円程度ですからね。

バンコクには様々な色をしたタクシーが走っています。色による違いはまずないので、どれでも安心して乗れると思います。まぁ、できるだけ新しそうなタクシーを拾うようにしていますが。時にはトゥクトゥクに乗るのも楽しいです。

随分前にタクシーで殺人事件が起こったことがあって、バンコクのタクシーは怖いので特に女性は注意した方がいいとガイドブックにも載っていました。ですが、その殺害された女性がタクシーで行ったエリアというのが・・・普通の観光客はまず行く事がないような知る人ぞ知るXXXな場所だったのです。危ない場所に自ら行くようなことをしなければ、安全で快適な観光ができると思います。ただ、全員が善人でないことも確かですけどね。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。