2017/11/20

幸運をもたらす寺院 ワット・スリブンルアン Wat Sri Bun Rueang Chiang Rai

TM_DSC09325.jpg

ワット・スリブンルアンは1439年に建立されました。寺院の名前は「幸運」を意味し、Luang Phor Sri Bun Rueang と名付けられた仏像に参拝すると、仕事の進展や成功がもたらされるとされています。本堂や仏塔 Chedi はコンテンポラリー・ランナー様式です。チェンライ城壁の東端にあるメーンライ王のモニュメントから西に200mほど行った所にあります。

本堂の入口にはナーガが居るわけですが、ここのナーガの体は茶色です。また、特徴的なのは入口を守るのが獅子ではなくてモロにライオンなのです。どう見ても伝統的な建築とは合ってないような。。。(笑)

TM_DSC09351.jpg

内部の仏像は大変美しいです。後ろに樹木が描かれているので、木の緑色と仏像の黄金色の対比がすばらしい。

TM_DSC09344.jpg

チェディは黄金色で綺麗です。古いチェディを覆うように作られているとのことです。

TM_DSC09334.jpg

大きな寺院ではないし、旅行ガイドにも載ってない寺院ですが、よく整備されていて寺院全体は美しく保たれていました。


★ よろしければ、下のバナーをクリックお願いします。
  関連したランキングページに移動します。
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ

★ ご協力有り難うございます。